ほうせき箱

<奈良県 奈良市>

スイーツのお店を求めて商店街を歩いていたところ、最初のお目当のお店は、どうも定休日だったらしく開いてなかった…
で、周辺のランキングをみると、なんとなんと、あの有名なかき氷のお店が近い…
並んでるんじゃないのかなぁとは思いつつも、ダメ元で行ってみると、並んでないし、席も空きがある!!
ラッキーと思って、お店に入ると、すぐにお店の方が近寄ってこられて、システムを説明してくださいました。
空いてるように見えていましたが、今の時間は満席とのこと…
並ぶしくみではなくて、時間枠制の予約のしくみでした。希望の時間帯のフダを100円で購入して、その時間枠に戻ってきたら食べれるしくみです。
夕方の枠を購入しました。予約札には、時間は書いてないので、自分で覚えておかないといけません。私は、途中で完全に忘れましたが、夫が覚えていてくれて良かった(笑)

ちなみに、この日は、G.W.中の平日で、私たちがお店に行ったのは、お昼前ぐらいでした。で、まだ夕方とかは余裕で買える感じでした。なので、いっときの人気も落ち着いたのねって勝手に思っていましたが、今ちょっと調べたら、休日は、8:30にお店がオープンして、8:40に売り切れとかって状態なので、全然落ち着いてません。私達は超ラッキーでした。休日に、こちらのかき氷を食べようと思ったら、朝早くから並ばないといけないようです。

もう少し、落ち着いたら、この整理券方式は、食べてる時も行列を気にしてあせる必要もないし、すごくいいなって思えました。やっぱり、炎天下並ぶのは身体によくないし、他のお店でも導入して欲しいなって思います。

ちなみに、こちら最近移転されたようで、お店は、とてもきれいでしたし、胡蝶蘭がいっぱいありました。
Dsc07695 Dsc07696

Dsc07694

ここから、別のお店でランチを食べて、若草山まで歩いて、行きたかった窯元が空いてなくて空振りし、カフェで休憩し、奈良国立博物館で「春日大社のすべて」を見学。
なんと、ラッキーなことに、版権サービスで、ほうせき箱さんで、柿茶がいただけるとのこと!
ついてる!

時間になって、お店に伺うと、まず、整理券の札を返して、100円バックされます。
その後、注文。
春日大社のすべてとのコラボが、インスタ映えしそうでしたが、甘酒ってキーワードが私には無理だったので、普通に一番食べたかった「きうい苺ヨーグルト」(850)を選択。
夫は、「リトマス試験紙氷」に行くのかと思いきや 、これまた自分好みの「琥珀パールミルク味」(810)を選択。
キッチンを囲むようなカウンターに着席していたので、作るところをじっと眺めることができました。まあまあ待ちます。あっあれ私のかなって思ってても、他のお客さんのだったり、一喜一憂(笑)

Dsc07723 Dsc07724
きうい苺ヨーグルト
奈良産いちご、ヨーグルトエスプーマ、キウイシロップ
テンションあがるぅ
めっちゃ美味しそう!
食べるの難しい!
Dsc07730
中にも苺がゴロンゴロン入ってました。
幸せすぎる♪

Dsc07726 Dsc07725
Dsc07729  
琥珀パールミルク氷
ミルクエスプーマ、自家製カラメル、ナッツ、ミルクシロップ
これまためっちゃ美味しいです♪
奈良なのにスゴイ!
ってか、奈良は盛り上がってます。あとは、良いホテルがもうちょい出来て、リニアが来れば完璧かな?

Dsc07728 Dsc07731
柿茶も美味しかったです。
ありがたや…
試食もいただきました。
食品や、食器、雑貨なども販売されていて、趣味のいい上質なものばかりです。
お土産にも良いかも!
かき氷の器、益子焼の取っ手付きカップ買いそうになりました。
旅行中なので、重いし、また今度…
ネットでも買えるようです。

昔住んでいた奈良県が盛り上がってくれて嬉しいです♪


ほうせき箱

 住所
  奈良県奈良市餅飯殿町47番地
 電話
  0742-93-4260
 営業時間
  10:00〜19:00(整理券配布は8:30〜)
  状況によって変更あり
 定休日
  木曜日
 お店の公式Facebookページはこちら  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

café&books bibliothèque OSAKA UMEDA

<大阪 梅田>

久々の関西帰省。
帰省っていってもホテル泊まりだけど…
夫が同窓会だったので、私もその間、学生時代の友人と女子会!
1年7ヶ月ぶりの再会!
そのうち、2人は東京に来てくれた時に会ってたけどね。

ゴールデンウィーク真っ只中だったから、集まってもらえるか不安だったけど、6人も来てくれました。
感謝です♪

お店は、全員の希望を聞いた結果、高級レストランより、おしゃれカフェが人気だったので、インスタ映えなスムージーで有名な、東京にもお店のある café&books bibliothèque (ビブリオテーク)さんにしました。ネット予約できるお店はやっぱり超便利。
ただし、予約はカフェメニューはだめで、ディナーメニューを注文する場合のみOKとのことでした。

当日、予約時刻より少し早めに、お店の前を通ると、満員御礼!
あれ、こんなんで、私たちが行った時、席あるの?予約大丈夫ってちょっと不安になりました。

予約時刻に訪れると、お店の奥の方に、ちゃんと席ありました。
でも、満席状態のまま
大人気です。

コース料理もありましたが、それだと単調かなぁってことで、前菜、サラダ、パスタ、メインを2皿ずつ頼んでみんなでシェアすることにしました。


Dsc07579
乾杯はあったかいジャスミンティーで(笑)
まさかの暖かいジャスミンティーだった…
ホットドリンクで乾杯って雰囲気でないー


Dsc07578
まずはサラダがやってきました。
バジルドレッシング少なめ
いちごが入ったサラダ
なかなか家庭では出来ない雰囲気で美味しかったです。
気分がアップする!

だが、しかし、ここからが大変
どんどんお料理がやってきます。
食べるのが追いつかない…
なんか、コース的にだしてくれるのかと思っていたけど、全部出来たら速攻持ってくるスタイルでした。
こちらで、アラカルトを注文する場合は、ちょっとずつ頼んだ方が良いようです。
なんか、フードを頼まないといけないってことで、一気に頼んだ方がいいかなぁって思っちゃったのよね…
しかし、テーブルに乗り切らないし、こんなサービスがあるのか?!
と、ちょっと疑問に思ってしまった。
飲食店としての基本が出来てないように感じてしまいました。
注文時にアドバイスしてくれるとかいろいろあると思うのですが…

Dsc07580
前菜盛り合わせ
結構豪華!2セットを7人でわけて十分な量でした。
お店の意図的には二人分って気はするけど…
それだと、他のもの食べれなくなっちゃう。

Dsc07581
パスタは、ホタテのパスタ。
さっぱりしてて美味しかった♪

Dsc07582
メインはハンバーグ!
スキレットに乗ってて、ポテトも美味しかった♪
味は、問題なしなので、ほんとに、出し方だけ改善してくれたら文句ないです。

そして、そして、ここからがお楽しみのスイーツ♪
お腹一杯なので、みんなでシェア!
7人で4つのスイーツを注文しました。
外せないのは、こちらの定番 コットンキャンディーボンボンスムージー
Dsc07583
絵になる…
コーンアイスがささってるタイプも(笑)
Dsc07584

二つ並べると圧巻
とっても美味しかったです。
お値段はかわいくないけど、シェアすれば平気!
Dsc07585

もう一つは、ブリュレパンケーキを!
切り分けてから、ソースをかけたので、ソースかけたあとの写真が悲惨(笑)
こちらも、ふわんふわんで美味しかった♪
Dsc07586 Dsc07588


〆の紅茶で、いっぱいおしゃべりさせてもらいました。

Dsc07587         

注意点は、夜遅くなると地下のディアモール入り口が閉まっちゃうことです。
要注意!

総合的に考えると東京のお店に行くことはないかなぁ

でも、インスタ映えのするお店に行けて女子会出来たのは良い経験になりました。
スムージーのビジュアルは最高!


 café&books bibliothèque  OSAKA UMEDA

 住所
  〠530-0001 大阪市北区梅田1-12-6 E~ma B1F

 電話
  06-4795-7553
 営業時間
  11:00~23:30
 定休日
  不定休(E
~maに準ずる)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちどり

<茨城県 ひたちなか市>

青の絶景 ネモフィラの丘を観にG.W.に茨城県に行ってきました。
お昼前に最寄駅の勝田駅に到着。
そこから自転車で、国立ひたち海浜公園を目指す途中で、ランチと考えて、こちらのお店へ

11:30オープンとのことだったので、少し前に到着すると、ちょうど開くところでした。
オープンしてないと、ここがカフェだということに気づきにくい外観です。
オープンすると、暖簾がかかるので、それと、壁の名前が目印です。

Dsc03689_2 Dsc03690

入り口で、靴を脱いでスリッパに履き替えます。
Dsc03674

すごく素敵な店内です。順番に席を決めることができます。
ただし、予約もあるので、予定が決まっている方は、あらかじめ予約するのがオススメです。
私たちは、手前の席を選びました。
Dsc03666
Dsc03668
柔らかい接客が心地よいです。
ウェルカムドリンクで、豆乳とほうじ茶を頂きました。ほうじ茶は最初だけで、その後は、セルフのお水になります。

6種類のメニューがありました。どれも素敵で悩みますが、夫がそら豆苦手なので、選択肢が狭まって選ぶの楽になりました(笑)

ちどりのご馳走プレート(1600)
ちどり風揚げ出し豆腐(1500)
2種の味噌仕立ての熱々ドリア(そら豆、海老入り)(1500)
たけのこと海老、もやしの春巻き ピーナッツソース(1550)
生おからのハヤシライスちどり風=たけのこ編(1500)
そら豆とたけのこと厚揚げのキッシュ(1550)

揚げ出し豆腐と、春巻きを選択!

Dsc03673  Dsc03677
売店もあって、オーガニックなもの販売されていました。
時間が早くて、まだ並んでいませんでしたが、ベーグルや焼き菓子なんかも購入できるようです。

建物自体は、古いようですが、オサレにリフォームされていて、本当に素敵です。
センスがあるっていいよなぁ
Dsc03675
ランプの傘が可愛いし、天井にできる模様がまた素敵でした。

Dsc03676
エアコンの吹き出し口付近には鳥の絵が描かれていました。
こういうの大好きです。

Dsc03679  Dsc03680  Dsc03684
揚げ出し豆腐 ベーグルか玄米が選べるので、こちらは玄米にしました。
あおさが入っていて、優しい味で美味しいです。
付け合わせのおかずは、たけのこと厚揚げの煮物、ほうれん草とそら豆の白和え、無農薬ベビーリーフのサラダ、おから、りんご
とってもレベル高いカフェ!
続々と車がやってきて大人気なの納得!
こういうご飯が毎日食べられたら幸せだろうなぁ♪

Dsc03681  Dsc03683
春巻き メイン以外はほぼ同じです。こちらは、ベーグルにしました。
ベーグルホカホカでとっても美味しいです。

Dsc03685
デザートは、いちごのゼリーバニラアイスクリーム添え
これは、結構普通だったかな…

料金プラスでドリンクも頂きました。
Dsc03686  Dsc03688
アイスティー(200)とホットの珈琲(150)

Dsc03687
伝票もオサレ

素晴らしい空間と、美味しいお料理で癒されました。
茨城すごいじゃん!
早速印象良いです。
大当たり!旅の幸先が良いです。

お豆腐大好きなので、家の近所にも、こんな感じのお店があればいいのになぁと思います。


 ちどり

 住所
  茨城県ひたちなか市東石川2897-1
 電話
  029-273-1178
 営業時間
  11:00〜21:00(L.O.)
 定休日
  月曜日・火曜日(祝日の場合は営業し翌日休みの場合あり 詳しくはHP参照)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマン東京 ラウンジ

<東京 大手町>

憧れのアマン東京のラウンジに行って来ました。
アマンは、バリへの新婚旅行で泊まったアマンジヲ、アマヌサと同じ系列
その後、10年ぐらいは、新しいホテルがいろんな国にできるたびに、おしゃれなカードが送られて来ていましたが、その後、海外に行く余裕もなく、いつかいけたらいいなぁって思っているうちに、来なくなりました。日本にできるという噂を聞いて、それが、京都と千葉ってわかった時は、勝手に名前を考えたりしていました。アマンドスとかね(笑)
だがしかし、その話は、いつしかなくなってしまったようで、非常に残念がっていたら、まさかのアマン東京!しかも、アマングループ初の都会型ホテルを日本に作るなんて!なんかすごいわ!

で、オープン当初、たまたま東京に来た際に、ランチできないかなぁ〜って、近寄ってみるも、数時間待ちとのことで諦めた過去があります。

でも、今は、ネット予約できるようで、便利になりました。
さて、この度、行くことにしたのは、ラウンジ
いつもの、アフタヌーンティーが3月は特別バージョンで、いちごづくしなんです。
夫におねだりして、連れて行ってもらいました。
たまたま、有休を取るつもりだった日があったようで、平日に予約することに!
ところが、ネット予約は、アフタヌーンティーは4月からしかできなくて、電話することになりました。
4月は余裕で予約できる感じだったので、平日なら大丈夫だろうと高を括っていたのですが、お昼時を希望だったのに、17時とのこと… まあいっかと思ったら、カウンターなら14時でもOKとのことで、カウンターを予約しました。
それが10日ぐらい前だったと思うのですが、もうそこから、毎日楽しみで楽しみで♪心踊りました。

当日、夫ともども、何着てったらいいんだろう?ってとこから悩みました。ドレスコードは、特になかったようですが、大人の常識として、夫はジャケット着用を選んだようです。

アマン東京のカフェは、1階にありますが、ラウンジは、33階!
どうやって行くんだろう?
ドキドキ
カフェの前にあるホテル入り口を入って、受付で伺うと、エレベーターで33階へどうぞと…
33階についても、どうしたら良いかドキドキして、エレベータ前の受付で聞くと、ホールの真ん中に進んで、あちらで伝えてくださいと…
確かに、ちょっと入り口っぽいところあります。
とはいえ、33階は、どこまでがラウンジで、どこがロビーなのかよくわからない感じになっています。
高い吹き抜けの天井がすごく素敵です。
Dsc03197 Dsc03211 Dsc03213_2

カウンターに着席。
ドリンクを作るスタッフの方々は、忙しく行き来はされていますが、ビルの端なので、ガラス張りで、目の前に皇居と、さらに向こうに新宿が見えます。ソファ席も良いけど、カウンターはカウンターでいいなぁって思いました。椅子も、カウンターもゆったり広い椅子なので…
Dsc03179

テーブルセッティングは、普段のブラックアフタヌーンティーって名前の通り、黒で統一されています。
Dsc03180

最初に、コースの説明がありました。
アフタヌーンティーは、ドリンクは、飲みきりでの交換が条件ですが、フリーで、何種類も楽しむことができます。まずは、ドリンクを選びます。まあ、最初は、ポットティーよね〜
ブラックティー6種、フレーバーティー10種、ハーブティー4種、デカフェティー1種、日本茶3種あります。悩むぅ

マラクジャ デ グレナディージョに決定!
説明がないので、スマホで調べながら決めました。多分、伺ったら詳しく説明してくれるのでしょうが…
ちなみに、こちらは、パパイヤとパッションフルーツのフレーバーの紅茶。パパイヤもパッションフルーツも二人とも苦手なのに大丈夫なのか(笑)
Dsc03182 Dsc03181
結果、大丈夫でした。香り高くて美味しかった!
しばし、景色と紅茶を楽しみます。
そして、そして、やってきました。キャー!
Dsc03183

Dsc03187 Dsc03186 Dsc03185
素敵すぎる♪めちゃめちゃテンションが上がります。
見渡すと、ほとんどのテーブルにこれ乗ってます。まあ、そうよね。
でも、私たちと、一緒に入ってきた外国人の方二人は、普通にお酒飲みながら、違うメニュー食べてらしたし、逆にセレブなんだろうなぁって思いました。アルコールも、結構出て行ってました。すごいな!

Dsc03184
苺とピノノワールのジュレ 白苺添え から頂きます。
ちょっとアルコールが残ってるように思いましたが、食べてあげようかっていう夫を無視して、全部自分で食べました。美味しい♪
心を鷲掴みにされます。

そして、下段の食事系から頂いて行きます。普段は、ガツガツ食べる私たちですが、折角の上質な時間をゆっくり楽しまないとねってことで、かなり意識して、ゆっくり食べて行きます。

Dsc03188
苺と水牛モッツァレラチーズのカプレーゼ
ノルウェー産スモークサーモンと早摘み苺のピクルス
どちらも、超美味しいです。お食事系の苺って、日本人的には、ちょっとドキッとしますが、合うんですよね。昔、イタリアンで、苺のリゾット作りましたが、美味しかったし♪
スモークサーモンの方は、ほうれん草の入ったパンの上に乗っています。細かい所への気配りもすごい!

Dsc03190
フォアグラのプティタルト 苺のコンフィチュール
フォアグラと苺も合うぅ〜♪

Dsc03191
サンダニエレプロシュットのラップサンドイッチ 苺とバルサミコ
こちら、ガツガツしてしまったようで、切ってから写真撮ってないのに気づきました!
いかん!いかん!軌道修正せねばっ!

ここで、紅茶を変更!
夫は、あまりお茶系が飲めないのですが、もう一種類ぐらいとのことで、スモークドチャイナを選択
Dsc03192
燻製香が良いですが、味がちょっと薄めで好みではなかったかなぁ

ここで、スコーンがやってきました。熱々なので、そちらを先にどうぞってことだったので、しばし、スコーンに集中。
Dsc03193 Dsc03194
プレーンとベリーのスコーン クロテッドクリームと自家製ジャム2種
個人的には、プレーンの方が好みでした。もちろん、どちらも、私が探し求めていたスコーンです。
美味しい!美味しすぎる!
クロテッドクリームも、ハチミツも、ジャムも美味しすぎて、もっとスコーンが欲しかったぐらい!
だって、残すのもったいないけど、どうしてもこの量じゃ食べきれないし…
全体的に幸せな時間なんですが、ここは、さらに極上の幸せをもらえました。

Dsc03195
苺とライムのマフィン

Dsc03196
野バラととちおとめのマカロン

Dsc03198
あまおうとピスタチオのフィユテ

真ん中の段に突入。焼き菓子系です。
どれも、口に含んだ瞬間に幸せな笑顔がこぼれます。美味しすぎるんですけど!
特に、フィユテ まあわかりやすくいうとパイですが… パイ生地の美味しいこと!
この生地で、ミルフィーユ作って食べたいです♪
絶対、極上ミルフィーユができます。めちゃめちゃ美味しい♪
やっぱアマンはすごいなぁ〜

新婚旅行のとき、どの料理も美味しすぎて、ほぼ全ての食事をホテルで楽しんだんですよねぇ〜。
また、いつか行きたいなぁ
アンコールワットのアマンサラとか、インドネシア モヨ島のアマンワナとか 行きたい。夢のまた夢だけどね!
まあ、泊まることは不可能だけど、日本で、レストランや、ラウンジ、カフェが利用できるようになったことは、すごくありがたくで嬉しいことです。来れば、いつでも新婚旅行思い出せる!

Dsc03200 Dsc03201
ここで、ドリンクチェンジ
私は、アイスティー ガトーフレーズ!
甘かった… できるかわかりませんが、シロップ無しでっていうべきだった…
夫は、カプチーノ

Dsc03202
柚子とさちのかのダッコワーズ
中段がなくなってしまう悲しみを感じながら、パクリと一口で!
美味しい♪たまらん♪


とうとうラスト!
お皿を外して、カウンターの上に置きました。
最後は、苺本来の味を楽しむ感じなのかなぁ〜♪
Dsc03203

Dsc03204 Dsc03205
紅ほっぺのパートドフリュイコーティング
飴細工のもけもけも頂きました。

Dsc03206
シャンパンと苺のトリュフ
一口でパクリと行きましたが、かなりのシャンパン感に、半分食べて夫にあげれば良かったかもと思いました。美味しかったですけどね。やっぱりちょっとアルコールを感じると苦手感が出てきます。

Dsc03207
ホワイトチョコレートの器とスカイベリー
さあ、真打!スカイベリー!でっかい立派な苺です。
ホワイトチョコレートの器も、割りながらパリパリ一緒にいただきます。甘いけど美味しい♪

最後に、もう一回、ドリンクをチェンジ
カフェ ラッテ と エスプレッソを頂きました。
Dsc03209 Dsc03208

Dsc03210
綺麗に整列したグラス
夜は、どんどん使われていくんだろうなぁ
お酒が飲めないので、夜のラウンジに用はなさそうですが、憧れる大人の世界なんだろうなぁ
どんな方々が座っていらっしゃるのかなぁ

帰りに、ライブラリもチラ見
上の方の本は、梯子がないと見れませんね(笑)
Dsc03212

約2時間ほど、楽しい時間を過ごしました。
苺関連の食のイベントは、ニューオータニさんにもありますが、私的には、ビュッフェスタイルよりは、完全にこちらの方が満足感高いと思いました。やっぱ、食べ物のクオリティーが違います。年齢のせいもあるでしょうが、もう量は求めてないので…

また、来年も苺の季節に来たいし、普段のブラックアフタヌーンティーにもお友達と来たいなぁって思いました。お小遣い節約して、ここにパッと使う。メリハリメリハリ

またいつか、カフェやレストランも利用して見たいです。

 ザ・ラウンジ by アマン

 住所
  〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-6大手町タワー
 電話 
  03-5224-3339 (9:00am – 9:00pm)
 営業時間
  11:00〜23:30(L.O.)
 定休日
  無休
 公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ESqUISSE CINq(エスキス サンク)

<東京 銀座>

以前、テイクアウトで超絶美味しいと気に入っていたお店
テイクアウトの内容はこちら

先日、関西からお子さんの用事で上京した友人を囲んで女三人で集まった際に、銀ブラすることになり、ランチを数寄屋橋茶房さんで頂いた後、東急プラザをブラブラ
おしゃれだわ…

こちらのお店の前に来た時に、ケーキが美味しかったことを伝えると、入ってみよっかってことになりました。

オープンカフェですが、シックな空間
奥には、木が飾られています。贅沢な空間の使い方
Dsc02863

Dsc02871
メニューはシンプル
グランデセール(2000)、アシェットでセール(3241)、オリジナルパンケーキキャビア添え(3900)
ミニマムチャージが2000円で、ドリンクだけなどを頼んでもお会計は2000円になるようです。そんな人いるのかな?!
それにしても、すごい価格設定。やっぱ銀座ですね。
ちなみに、ドリンクをつけると、グランデセールは+600円でした。
アシェットデセールは、グランデセール+プレデセール+ミニャルディーズでした。

三人ともグランデセールを選択
まあ、そうですよね。
グランデセールは、3種から選べます。
シュークル または スフレ または セゾン(季節のデザート)
友人二人は、スフレに、私はセゾンを選択

ドリンクは、コーヒー、紅茶、ハーブティー、シャンパーニュ(1000)から選べます。
Dsc02868
私はハーブティーを注文

Dsc02869  Dsc02870
友人たちは、紅茶とコーヒーを注文
いちいちおしゃれなので、みんなで写真撮りまくり!

Dsc02865
セゾン 季節のデザートは、アップルパイでした。
見た目も美しいし、美味しかったなぁ
まあ、お値段がお値段なので、当然といえば当然ですが…

Dsc02867
お友達のスフレも美味しそうだったなぁ
バレンタイン期間のせいかチョコレートシフォンでした。

美味しくて、夢の世界だけど、やっぱ私にはちょっと贅沢な世界だなぁ
まあ、たまにはね(笑)


 ESqUISSE CINq(エスキス サンク)

 住所
  東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座4階
 電話
  03-5537-7477
 営業時間
  11:00~21:00
 定休日
  不定休(東急プラザ銀座に準ずる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RusaRuka(ルサルカ)

<東京都 自由が丘>

自由が丘のギャラリーguildさんで、気になる作家さんの展示会があったので、夫にそれとなく言ってみると、一緒に行こうって言ってくれたので、休日に行って来ました。
何年振りの自由が丘だろうか…
西小山に住んでた頃は、自転車で行ってたのに、千葉からだと、かなり遠いです。
渋谷で乗り換えにしたら、巨大迷路に巻き込まれたし(笑)

1時間以上かかって、やっと自由が丘駅到着
ギャラーに行く前に、腹ごしらえ!

こちらのお店と、ギャラリーはすごく近いです。ギャラリー自体がとてもメルヘンな外観だし、展示されているものも可愛いものあるので、立ち寄って見ると素敵な買い物できるかもしれません。私も、鳥さんのペンダント購入!

駅から10分ほど歩きました。10分も歩くと、おしゃれなお店も消え、高級住宅街になります。
えーほんとに、こんなところに、お店があるのかな〜と思った頃に、お店到着です。

Dsc02750 Dsc02754
お店の入り口は、階段を上がって、左に進んだところにあります。

Dsc02749
Dsc02752
自転車置き場も、お隣の駐車場の区画の中で、お店の入り口付近にあります。さすがに、サイクルラックまではありませんでしたが…

外から見ると空いていたので、安心して入ると…
「ご予約は?」とのお言葉
ヒィ〜
予約できたのね〜
もう無理か!!!と思ったのですが、「カウンターになりますが、よろしいですか?」と…
良かったぁ〜

お店は、内装がすごくメルヘン
めっちゃ好きな感じです。
コンクリート打ちっ放しの中に、ロマンチックなインテリアと、たくさんのアニマルヘッド
私も、家にあんなの飾りたいなぁ〜ってつぶやきは、夫によって完全に無視されます(笑)

Dsc02772

Dsc02755 Dsc02756

Dsc02760
 
カウンターは木のテーブル。椅子は高いので、お子様づれならテーブル席を予約するのが良いと思います。お子様大歓迎のお店のようなので、安心できますよ。
Dsc02761

こちらのお店、なんと!パンケーキ食べ放題です。
ただ、食べ放題対象外のメニューもあって、私が頼みたかったのは、それなので残念 
食べ放題には、グループ全員オーダーが必要とのことだったので…
ただ、聞いて見てないだけで、もしかしたら、行けたかもしれません。

Dsc02765  Dsc02764
ドリンクは、ホットコーヒーとアイスティー
こちらは、セット価格で300円とリーズナブル

Dsc02766_2 Dsc02767
夫が頼んだ、おかわり自由対象のパンケーキ
ふわふわほろ苦パンケーキ(1200)
重なり具合がファンタジー
パンケーキ屋さんには、こういう空気大事だと思います。
ただ、パンケーキそのものは、家でも焼ける感じで普通です。
ビジュアル重視!
でも、それでいいんだと思います。
特別に美味しいものを食べに来るのではなく、友人や恋人、家族との楽しい時間を過ごすためのお店だと思います。それを楽しむだけの味のクオリティーはあります。

しばし待って真打登場!
Dsc02770 Dsc02771
ぐりとぐらのパンケーキです。
この厚みなので、焼くのに20分ぐらいかかります。
パンケーキというか、ちょっと堅めのスポンジケーキです。
でも、来た瞬間にテンション上がるし良いんです!

夫が心の底から楽しめたかどうか疑問は残りますが、私はすごく楽しめました。
付き合ってくれた夫に感謝♪
でも、女子ばかりかと思いきや、男性のひとり客とかもいらしてびっくりでした。

こちら、自由が丘店とあったので、チェーンかと思いましたが、そうではなく、本店は、九州の小倉にあるようです。東京進出に自由が丘を選ぶって正しい選択ですよねぇ〜

メニュー価格は外税です。

 RusaRuka(ルサルカ)

 住所
  東京都目黒区自由が丘1-20-19-1F
 電話
  03-6459-5791
 営業時間
  9:30〜19:00(L.O.)
 定休日
  不定休
 お店の公式Facebookページはこちら
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数寄屋橋茶房

<東京 銀座>

大阪から学生時代の友人が上京
東京在住のもう一人の友人と3人で、銀ブラすることになりました。
ランチは、色々悩んだ挙句、東急プラザ内の数寄屋橋茶房さんに
なんかこうビジュアルにやられて…

まず二人が合流し、お店の階に行くと、カフェの隣はパブリックスペースで、同じビジュアルが堪能できるではないですか!!!
それなら、別のお店でも良かったかも(笑)

こちらがパブリックスペースから撮影した雰囲気
おしゃれだ

Dsc02855 Dsc02857 

窓からは、銀座というか有楽町の景色が見えます。
Dsc02856

ランチは4種類
野菜の煮こごり(1350)
鳥挽肉と根菜の煮こごり(1350)
五穀米と5種の野菜の海老カレー(1350)
牛丼の新しいかたち(1500)
煮こごりのビジュアルが素敵なんですが、牛丼にしてみました。

赤ワインで炊いたご飯の上に、柔らかい牛肉が乗せられています。
サラダは、生のマッシュルームを使っていました。
スープは、和風だしのかぼちゃのスープです。
どれも、お上品で美味しいですが、やっぱ、コスパは悪く感じてしまう。
Dsc02858

ちなみに、こちらは、友人が頼んだ鶏挽肉と根菜の煮こごり
不思議なことに、主食はパンです。ふんわり美味しかったとのこと!
Dsc02859

食後のドリンクも注文 300円です。
ほうじ茶のアールグレイ
あんまりアールグレイ感はなかったかなぁ
Dsc02860

まあでも、すごくおしゃれな空間なので、銀座に来たぁ〜って感じはするかも
別のテーブルに、すごくおしゃれな一団が座っていたり、ちょっと普段とは別世界でした。

Dsc02861

お値段お高いだけあって、ホールスタッフの方は親切でした。

 数寄屋橋茶房(すきやばしさぼう)

 住所
  東京都中央区銀座5-2-1東急プラザ銀座6F
 電話
  03-6264-5590
 営業時間
  11:00〜23:00(月〜土)
  11:00〜21:00(日祝)
 定休日
  不定休(東急プラザに準ずる)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫実珈琲店

<千葉県 浦安市>

11月の祝日、お店に伺うと、まさかの定休日
日曜日は、オープンしてらっしゃるから大丈夫と思っていたら、祝日はお休みでした。
気を取り直して、先日、再チャレンジ!

Bdsc02233
なんか店前にいます。

Bdsc02234
カピバラ?!

Bdsc02235
OPENしてました。良かった♪

この日は、クルマキミドリ展を開催されていました。
KURUMAKIさんと、タニグチミドリさんの作品に出会えました。

Bdsc02236

Bdsc02237
手作りのネコガシャもありました。一回400円!
めっちゃ気になるぅ~
と、思った結果、結局、最後にやっちゃいました。
戦利品は、まねきねこの消しゴムハンコ
むむっどうやって使おう...

Bdsc02238
ポストもあって、こちらで、投函すると、オリジナル消印を押してもらえるそうです。
投函しなきゃいけない手紙があったのに、持ってこなかったのを悔やみました。

先客2組で、たぶん、時間差でこられて、さらに私達ってことで、ワンオペの店主さんは、大忙しでした。
ゆったりと待ちます。

Bdsc02239
お水は、陶器のコップで...

注文もじっくり選びました。
正式な名称は失念しましたが、夫はぽかぽかカフェオレ、私は、生姜入りのチャイ
コーヒーが売りのお店なので、珈琲にしようかと思ったのですが、なんかチャイに特別感を覚えてしまって...
お菓子は、浦安名物猫実もなかは、注文するの決まってたのですが、さらに、猫型の生チョコ、スコーンをお願いすると、スコーン売切れとのこと。ガーン
ケーキは、もうガトーショコラのみとのこと!もう、ガトーショコラ行くしかっ!

あとで、みると、ちゃんと黒板に、売り切れのものは、線が引いてありました。
もっと早い時間にこないとな~

Bdsc02240  Bdsc02242
左がチャイで、右がぽかぽかカフェオレ
どちらも、ほっこり美味しかった♪

Bdsc02243
猫型生チョコ 確か一個100円

Bdsc02244 Bdsc02245 Bdsc02248
浦安名物猫実もなか
2個頼みました。
中は、どちらも同じですが、小豆餡ではなく、ゆずくるみ餡です。とっても美味しい♪
見た目も可愛いし、なんかお友達へのプレゼントとかにしたいな

Bdsc02246 Bdsc02247
ガトーショコラ
あっさりめのチョコケーキでした。

空間に癒されて、のんびりしました。
本棚にも興味があったけど、横にお客さんが座っておられたので、少し眺めるだけになりました。
次行ったら、端の席に座って、本棚じっくり眺めたいな~

お会計は、2千円ぐらいだったと思います。

サンドイッチもあるから、カフェ利用じゃなく、ランチに来てもよいかもな~♪


 猫実珈琲店

 住所
  千葉県浦安市猫実4-16-16
 電話
  047-382-8584
 営業時間
  平日 10:00~19:00
  土日 10:00~18:00
 定休日
  月曜、祝日、大四土日
  2017年からは、日月祝になるようです。営業時間も全日18:00までとのこと
 お店の公式HPはこちら


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Seven Continents(セブンコンチネンツ)

<千葉県 南行徳>

南行徳で一人ランチ
口コミに頼らずに、フラフラ歩いて、こちらのお店に決めました。
Bdsc01594 Bdsc01595

Bdsc01596
プレートランチ 950円 パスタランチ 900円 2種類のランチがありました。
この日の内容は、プレートがハンバーグのトマトチーズ焼、パスタがカルボナーラでした。
プレートランチをお願いして、着席
Bdsc01599  Bdsc01598
カウンター席と、テーブル席があります。私はテーブル席へ
素敵なお店なのに、先客なし、平日は、厳しいのかな?!

ふと、カウンターの方を見ると、キラキラしたチョコが陳列されています。
なんと、京都と神戸の職人さんが作ったチョコを販売されているとのこと!
夫は大のチョコ好きなので、お土産に買って帰ることにしました。
8個入りなら箱代かからないとのことだったので、8個選びました。
1個180円でした。こういう雰囲気のチョコとしては、お値段リーズナブルです。

そうこうしている間に、スープ登場
Bdsc01597
美味しいスープです。
スープから、ちょっと時間があいて、プレートがやって来ました。
Bdsc01600
可愛い!ご飯は、少なめでお願いしています。こんな感じなんだったら、お手間とらせちゃったな〜
m(._.)m
ちょっと、時間はかかりましたが、ハンバーグ美味しいです。ちゃんと作ってらっしゃるんだな〜
このランチで、お客さん少ないの不思議ですが、お客さんいっぱいになったら回らないかもしれないから、ちょうどいい感じなのかな?!

Bdsc01601
食後の飲み物も付いていました。950円でこれはすごいですね。

Bdsc01603
持ち帰ったチョコは、細長いおしゃれな箱に入っていました。
Bdsc01604

Bdsc01605 Bdsc01606
ジャンドゥーヤ・ラム、カライブ、メキシック、パッション、ピラミッド、ティアドロップ、タンザニア、パレ・ドールを購入。
美味しいチョコレートでした。ただ、やっぱり、ラ・メゾン・ド・ショコラとか、カカオ・サンパカとか、ジャンポール・エヴァンと比べると、特別感がないのよね〜
って、お値段全然違うから当然か!!

ランチ良かったし、チョコも、気を張らずに買える感じなので、またちょくちょく行きたいなって思っています。
夫とも一緒に行ってみたいです。
確か、ケーキはフランスから輸入してらっしゃっるとかでした。気になる!

 Seven Continents(セブンコンチネンツ)

 住所
  千葉県市川市相之川4-6-1
 電話
  047-325-9416
 営業時間
  12:00〜18:00
  19:00〜24:00
 定休日
  火曜日

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Three Chimneys(スリーチムニーズ)

<大阪 本町>

WMFの割引セールが近くであった際に、近くでお茶出来る所と検索してこちらへ

女子受けの良さそうな英国風カフェでした。
Bdsc08856
ビルの一階ですが、入口からお花の鉢に囲まれていて、少し別世界感出てます。

中にはいるとさらに別世界感
Bdsc08855 Bdsc08854 Bdsc08850
こういう雰囲気のカフェって結構あるんですね~
昔は、ロンドンティールームしか知らなかったけど、西洋茶館とか、オフィシナ・デル・カフェとか、北浜レトロとか...
他にもいっぱい
紅茶好きとしては嬉しいです。
でも、こういう雰囲気夫は好まないかも...

入口入って右が禁煙席、左が喫煙席でした。
お手洗いは、喫煙席側なのがちょっと残念

紅茶は、大好きなフレーバー ローズコングー
ムジカさんが大阪にあった頃、好んで飲んでいました。
ホームページみても、どこの紅茶って書いてないけど、ラインナップがそっくりなので、ムジカさんの茶葉なのかな~
Bdsc08852

紅茶だけでなく、もちろん、ケーキも...
Bdsc08851
二切れずつだったので、友人とシェア
ケーキによって、アイスクリームか生クリームが一緒にのっています。
それぞれのケーキに合うものをのせているので、変更は出来ないようでした。
Bdsc08853

オーソドックスで美味しいけど、ボリューム的には、一切れで良いかも
っていうか、いっそ、2種類選ばせてほしいかも
同じ味二切れはしんどい
まあ、こういうところは、大抵、誰かと来るからシェアすれば良いんですけどね

この時は、他のお客さんも全部女性でした。
しかも、皆さん、結構な量を食べてらっしゃいます。
スゴイ!

要予約のハイティーセットも魅力的ですが、すごい量な気がしてちょっと怖いです。


 Three Chimneys(スリーチムニーズ)

 住所
  大阪市中央区備後町3-1-11 メイソンビル1F
 電話
  06-6208-0177
 営業時間
  10:00~22:00(土曜日、日曜日は12:00~)
 定休日
  不定休
 公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧