海老昌

<東京 渋谷>

少し前にテレビで拝見!
えびふらい好きとしては、行っとかないと!!!
とはいえ、渋谷は遠いし、予約しないとってことで、後回しにしていました。
が、このG.W.に、渋谷に行く用事ができたので、早速電話!
できれば、ランチタイムに予約したかったのですが、20時に予約取れました。
この日の流れとしては、朝電話!
15時頃にならないと、夜受けることができる予約数がわからないとのことで、15時頃再度電話くださいとのこと!
15時に電話すると、20時に予約受付とのことでした。
G.W.中とはいえ、平日だったので、当日でも予約できたのか、それとも、普段からこんなものなのかは、よくわかりませんでした。海老の入荷次第ってところもあるようですしね。

お店は道玄坂から少し横に入ったところにあります。
Dsc03828
これが目印!うっかり通り過ぎそうになります。
エレベーターで地下に降りると、もうお店で、席に案内されます。
TVで見たはずなのですが、私のイメージでは、海老フライだけを頑張ってる元気なお店だったのですが、全然違って、めっちゃシックなバーのようなお店でした。大人のイメージ。一体何を見ていたのか(笑)多分、海老フライだけ見てたんでしょうね。

全席カウンターです。先客二人のみで空いているように見えましたが、実際は、そんなことはなく、間隔あけて予約を取っているだけのようでした。

Dsc03829  Dsc03830 Dsc03831
まずは、メニューの説明
この日は、一番大きい海老 「重明」 入荷してたみたいです。1食のみ すでに完売。
そして、次のランク、「渚」は、5食が完売。
実際に、この日あったのは、「香」、「京」、「琥珀」と普通の大昌。
お値段は、3,300円、2,900円、2,550円、2,400円。
普通のものも試した方がいいのか?とか悩んでいると、夫があっさり、
「香」と「京」でしょうと!

いやーしかし、このビジネスモデルすごいなぁ
和紙風の上等な紙に毎日の入荷ごとに海老の数を印刷して、説明も丁寧。海老好きだけど、こんな風に説明出来ない。そして、すでに売り切れてるものも出すことで、より上のメニューを選ぶ傾向があるだろうし、色々考えられてます。うまいわ!

しかも、大きな海老は、いつもあるとは限らないから、行った日にあれば、次なんて悠長なこと言ってないで、今行かなきゃってなりそう!
「重明」気になるなぁ 4,500円ってすごいお値段ですけどね。

「香」と「京」を注文すると、海老は2尾ずつあるので、シェアされますか?と聞いてくださいました。
もちろん!これは、ありがたいサービスです。食べ比べ出来ます。

Dsc03832
ドリンクメニューは結構あっさり
グラスワインの白(700)とウーロン茶(480)を注文
Dsc03835  Dsc03836_2 Dsc03837

Dsc03834 Dsc03833
テーブルセッティングはシンプル
ほんと大人な空間

Dsc03838
まずは、スープ!
ビスクスープですが、ちょっと薄めな感じ

Dsc03839 Dsc03840   Dsc03842
そして海老フライがやってきました。
おっきいです。でも、お頭付きなので、こんなもんといえばこんなもんでもあります。
手前が「香」で、奥が「京」です。
少しずつ食べ比べていきます。
正直、私は、そんなに違いがわからなかったです。身を何もつけずにそのままだと、やはり物足りないので、タルタルソースとかつけるから余計に…
夫は明らかに、「香」の方が美味しいと申しておりました。
むっ舌で負けたのか…

Dsc03843
身の断面はプリプリで食べ応えあって美味しいです。

でもね、全部食べ終わって思うことは、漣さんの海老フライには遠く及ばないってことなんです。
ボリューム感も、味も、値段も…
まあ、渋谷のど真ん中と、鳥羽の場所代とかも比べると、そうでもないんでしょうけど…
長い間、食べてないけど、漣さんは、伝説みたいになってるから、あそこを超える海老フライを発見するのは、無理なのかもなぁと思った次第です。

まあ、でもこちらのお店、海老フライ愛好家に喜ばれる店なのは間違いない!
だって、海老フライって、好きな人多いのに、トンカツみたいに専門店もないし、なんかちょっと、美味しいところを見つけるのが難しいジャンルだったのです。
なかなか渋谷は、遠いので、再訪は難しいかもしれませんが、次回は、「重明」に出会えるように、早めの予約を目指したいです。


 海老昌

 住所
  東京都渋谷区道玄坂2-22-6 CREA道玄坂ビル B1F
 電話
  03-6452-5913
 営業時間
  11:30~
20:30(L.O.)
 定休日
  水曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥繁

<千葉県 浦安市 北栄>

休日ディナー
最初に狙っていたお店がまさかの定休日で、浦安駅前まで流れて、こちらのお店へ
実は、前から狙っていたのですが、休日はランチはお休みだったのと、お正月休み等でシャッターのみをながめておりました。

Bdsc02537
すんなり入れましたが、結構賑わっています。人気店です。

カウンターとテーブルと選べたので、テーブル席へ
こちら、喫煙可のお店なので、カウンターはモクモクでした。

まずは、ドリンクオーダー
ジャスミンティーと赤ワインのハーフボトルで

Bdsc02538 Bdsc02539

つきだしは、蓮根のきんぴらでした。ちょっと火が入り過ぎてて、蓮根のシャキシャキ感が楽しめなかったのが残念。まあ、こちらのは、こういうお料理なんでしょうけど、個人的好みとしては、蓮根のきんぴらはシャキシャキ派です。

四角いお皿は、ここに焼鳥を乗せる用でした。

Bdsc02540
玉子焼き 鳥そぼろが包まれていておいしかった。

Bdsc02542 Bdsc02543
湯豆腐
ミニミニのカセットコンロが可愛いです。こういうのあると災害時に便利かもな~
豆腐だけでなく、野菜や鶏肉も入っています。
あんまり煮た鶏が好きではないので、躊躇しましたが、こちらの鶏は美味しかったです。良かった♪

Bdsc02541Bdsc02544
Bdsc02548Bdsc02545_2
Bdsc02549Bdsc02550
Bdsc02551Bdsc02552
串をいろいろ注文
ささみ(わさび)、ねぎ巻き、しいたけ、もも、だんご、プチトマト、うずら、レバー、ささみ(梅しそ)、首肉ニンニク焼
だんごは、つくねをイメージしていましたが、こちらのは、ちょっとコリコリしたのが入っていて、私好みではなかったのが残念。私は、鶏のむねやももやささみなどポピュラーな部位しか食べれないので、なかなか焼鳥屋さんは難しいです。
プチトマト、しいたけがすごく美味しかったです。
首肉にんにく焼は、香りが良くてすごく美味しかったようです(夫談)

Bdsc02553
緑茶にチェンジ

そぼろ丼大 スープ付
小もあったので、そちらにしようと思ったのに、価格差少ないから大にしたら?という夫の悪魔のささやき...
夫も食べてくれるという約束で、大注文
スープはサービスなのか二人分くださいました。感謝
Bdsc02554 Bdsc02557
こちらも、コリコリが入っていて、ちょっと好みではなかった。基本的な味とかは、好きだったんですが、食感が...
たぶん、そっちの方が好きって方のほうが多いんでしょうけどね~

エリンギバター焼き
Bdsc02558
文句なしに美味しい。


こちらのお店、何が素晴らしいって、接客がとても良かったです。
一見、やんちゃっぽく見える店員さんが多いのですが、みなさんとても、きちんとしてらっしゃいますし、よく見てます。夫がお箸を落とした時も、すぐに気づいて対応してくださいました。
お皿を下げる時の確認も丁寧だし、私の通らない声でも、ちゃんと気づいてくださいます。
ちゃんと、店全体に目配り、気配りしてる感じです。すごいわ
店長さんが、しっかり教育されてるんでしょうね~
とっても気持ち良く過ごせました。

鳥繁ってお店は、いろいろあるみたいだけど、関連あるのかな?


お会計は食べ過ぎの1万円弱(笑)

 鳥繁

 住所
  千葉県浦安市北栄1-15-27 熊川ビル 1F
 電話
  047-382-8450 1F
 営業時間
  11:30~14:00(平日のみ)
  17:00~24:00(日曜は、16:00~23:00)
 定休日
  無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

La Picada de tres(ラ・ピカーダ・トレス)

<千葉県 浦安市 当代島>

以前ディナーで伺って、気に入っていたお店
とはいえ、ディナーは結構お高いので、ランチも行ってみたいね~と話していた。

この3連休!
初日に、さっそく、行ってみようとなり、店前に行くと、なんだか開いてる感がない...
でも、営業時間を書いてある看板に、OPENとあるので、勇気を出して、扉に手をかけると、開いた!
開いてた!良かったぁ~♪と、一歩中に入ると...
キョトンとした感じのシェフ登場
開いていませんでした...

で、よくよく看板を見ると、土曜の昼は休みと書いてありました。
ガックシ
他のお店で食べて、店前通ると、ガラスのところに、張り紙してありました(笑)
私達以外にも、間違えて入ってしまった人いたのかな

気を取り直して、翌日、ランチに伺いました。

Bdsc02514
夜と同じく、お昼もセッティングされています。

ランチは、お値段失念しましたが、
アヒージョランチ
、フィデワランチ、パエリアランチ とランチコースみたいなのがありました。
内容は、に日によって変わる感じで、黒板に書いてあります。
アヒージョは、海老!
フィデワは、マッシュルームとチョリソー!
パエリアは、鶏肉か海鮮か選べました。海鮮は、ちょっとお高くて1450円
それだけお値段覚えてます。記憶力ほんとにヤバイ
全部写真に撮るか、メモしないとやっていけない...

待ってる間、まわりをみるとフラメンコディナーの案内
Bdsc02515
行けたら行ってみたいな~♪
ギターの小原覚さんって、なんか名前聞いたことある気がします。有名な方なのかな~

そうこうしてたら、お料理開始
Bdsc02516 Bdsc02517
カボチャのスープと、穴子のエスカベッシュ

Bdsc02518
サラダ

こっから、ちょっと待ち時間あります。25分ぐらい...
あらかじめ伝えられていないと、しんどい時間かもしれません。
少し時間を持て余しました。

Bdsc02519 Bdsc02520
お待ちかねの、フィデワとパエリア登場
どちらも美味しい♪
いつもパエリアを食べる時は、味を変えるために、アリオリが欲しくなりますが、まあ一人前ぐらいならレモンで変わるからOKかな

Bdsc02521
食後のドリンクもついてます。カフェオレを頼みました。

なんか、デザートも食べたくなったので、追加でチュロスも注文 
+250円だったかな
Bdsc02522
チュロスにキャラメルソースがかかっています。
フォークとかなかったけど、手でOKだったのかいまだに謎(笑)
ソースがついてると、手で食べるの少し躊躇します。
分厚いおしぼりがあるから、フキフキ出来ますけどね。
個人的には、もうちょいあっさりした甘さの方が好きかも

まあでも、ランチは、リーズナブルに楽しめるので、良いですね~♪


 La Picada de tres(ラ・ピカーダ・トレス)

 住所
  千葉県浦安市当代島1-3-10
 電話
  047-355-6209
 営業時間
  ランチ
  11:00〜14:00(L.O.) 土曜は休み
  ディナー
  18:00〜22:00(L.O.)
  バータイム
  23:00〜28:00(L.O.) 日月水は26:00
 定休日
  火曜日
 お店の公式HPはこちら 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

味わい食堂 ひねもすのたり

<千葉県 浦安市>

休日ランチは、気になっていたお店へ
浦安市堀江にある ひねもすのたりさん

与謝蕪村の「春の海 終日のたり のたりかな」
で、有名な言葉

一日中、のんびりするとか、だらだらするとかって意味
なんか私にピッタリだわ(笑)

自転車でGO!
Bdsc02206 Bdsc02207
師走のメッセージがほっこりします。

Bdsc02208
あったかいお茶と、タオルのおしぼり
寒い季節は嬉しいサービス

Bdsc02209
想像では、ランチは、固定だったのですが、いろんな種類がありました。
で、ダイエット中のはずなのに、二人とも、揚げ物に行くという...

夫は、ジャンボチキンカツ定食(830)、私は、エビフライ定食(830)
まあ、blogタイトル的にも、エビフライあればいっとかないとね

後で、ちょいたしおかずの、メンチカツ(260)と、ほたてフライ(260)に気が付いて、足さなかったことを後悔...
痩せる気あるのかな?(笑)

Bdsc02210
おせちもやってらっしゃいます。
少し前に、お節注文しちゃったので、来年のために覚えておかないと!
素朴な感じのお節です。お値段も良心的!

Bdsc02211
夜もやってらっしゃるので、アルコールメニューも豊富

Bdsc02212 Bdsc02215
クリスマスの雰囲気は、タペストリーで...

Bdsc02213 Bdsc02214
テーブル席が3つだったかな...

のたり なので、お料理が出来るまで、ちょっと時間がかかります。
急いでる方には、むいてないので、ご注意ください。
約20分で、ランチ登場

Bdsc02216 Bdsc02219
エビフライ定食

Bdsc02217
ジャンボチキンカツ定食

どちらも、小鉢2つと、ご飯、漬物、お味噌汁付きです。
小鉢はそれぞれ違って、4種類のおかずが楽しめました。ありがたい!
チキンカツとエビフライも美味しかったです。
850円は、コスパも良いですよね。

また、いろいろ食べに来たいな~♪

1人暮らしだったら、こちらで、毎日食べたくなるわ~


 味わい食堂 ひねもすのたり

 住所
  千葉県浦安市堀江3-25-1
 電話
  070-5465-2740
 営業時間
  11:30~14:00(L.O.)
  17:00~23:00
(L.O.)
 定休日
  日曜日
 お店の公式Blogはこちら(奥様が書いてらっしゃいます)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

La Picada de tres(ラ・ピカーダ・トレス)

<千葉県 浦安市>

夫が休出の日、私は日本橋でお買い物、夕飯は外食にすることに!
お休みの日なので、少し雰囲気のある近所のお店でってことで、こちらへ

引っ越し当初から、横を通ることが多く、スペイン料理も大好きなので、気になっていました。
予約なしで、伺ったので、ちょっと心配でしたが、無事入れました。
Bdsc01790 Bdsc01791 Bdsc01792
洋館風で落ち着いた外観ですが、メニューや、宴会の案内など表に宣伝しているので、てっきり、スペインバル的なお店だと想像していたのですが、意外にも、ちゃんとしたレストランでした。
Bdsc01797 Bdsc01798

ゆえに、お値段もしっかりしていて、ちょっとビビる私達(笑)

Bdsc01793
お料理もですが、アルコールがまあまあお高い印象
夫は、ビールカクテルからスタート。私は、ガス入りのミネラルウォーターを頂きました。

Bdsc01794
タパスから豚肉のお料理を!
スパイシーで美味しい♪
このお店リピートする予感!

Bdsc01795
夫は2杯目は、ワインに移行

Bdsc01796
コロッケ 内容は日によって違うようですが、この日は、生ハムのクリームコロッケ
うまうま〜
激熱で、上顎火傷。みなさま、お気をつけください。美味しいからガッついちゃうんですが…

Bdsc01799
野菜たっぷりのフラメンカエッグ
ラタトゥイユに卵を落として焼いたようなお料理。美味しいです。

Bdsc01800 Bdsc01801
ベーコンのエンヴォルヴェール ブラバスソース
野菜たっぷりで、すごく美味しかったです。初めて出会うスペイン料理でした。

Bdsc01803
〆はフィデワで!
生のマッシュルームが美味しい♪

お会計は、二人で一万弱
どの料理もとても美味しかった♪
ただやっぱり、お値段が少しお高いので、ディナーは、頑張っても月一回利用できるか出来ないかになるかな〜
バータイムなら、もう少し気軽に食べれそうだし、セットメニューならコスパ高いような気もします。
ランチも利用してみたいな

でもでも、浦安で、お気に入りのお店が見つけられて幸せ♪
そうそう、こちらのホールスタッフさん、めちゃめちゃ出来る男性でした。目の配り方がスゴイ!これぞプロって感じでした。


 La Picada de tres(ラ・ピカーダ・トレス)

 住所
  千葉県浦安市当代島1-3-10
 電話
  047-355-6209
 営業時間
  ランチ
  11:00〜14:00(L.O.)
  ディナー
  18:00〜22:00(L.O.)
  バータイム
  23:00〜28:00(L.O.) 日月水は26:00
 定休日
  火曜日
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やきとりや

<千葉県 浦安市>

よく前を通るけど、お店の名前がわからないな~と思っていたら、「やきとりや」ってのが店名でした!!!
ビックリ!!!
Bdsc01663

11月に二回お世話になりました。
口コミがないので、おそるおそる訪れます。とはいえ、前を通った感じでは、流行ってるし、良い感じだったので、ある程度は、安心しています。
とはいえ、私は、焼き鳥得意じゃないので、食べれるものがあるのかも心配だったりします。

カウンターだけのお店
大将さんと、女の子のお二人できりもりしておられます。

Bdsc01643Bdsc01644
私は工芸茶、夫はビールでスタート
工芸茶は、お湯を足してくれます。お徳だ!

串を頼んでいきます。

Bdsc01649

薄い金属のお皿に乗ってやってきます。
このお皿の収納力がすごい。重ねて置いてある山に、100枚ぐらいある気がします。

Bdsc01645Bdsc01646
Bdsc01647Bdsc01648_2
ハツ、しそ巻き、すきみおろし、ねぎま
串は、100円からあるし、1本からでも頼めるし、美味しいし、コスパ高し!

Bdsc01650Bdsc01651
うずら卵、ささみ串焼き(わさび)

Bdsc01652
工芸茶が美しく咲きました。

Bdsc01653Bdsc01654
Bdsc01655Bdsc01656
Bdsc01657Bdsc01658
ししとう、レバー、すなぎも、しいたけ、すきみ、つくねピーマン

Bdsc01659
レバーわさび

Bdsc01660 Bdsc01661
ひとめ惚れ(焼きおにぎりスープ)

結構たくさん食べたのに、お会計は、5千円弱
コスパ良過ぎ!
絶対また来るな~
と思ってたら、一週間後ぐらいに夫が行きたいと言う(笑)
さすがに、近すぎて却下

三週間後に訪れました。
メニューがバージョンアップされていました。
めっちゃ混んでました。大人気!
Bdsc01952
キャベツ

Bdsc01953Bdsc01954
Bdsc01955Bdsc01956
ねぎま、すきみ、つくね、しいたけ

Bdsc01957Bdsc01958
Bdsc01959Bdsc01960
ささみ本わさび、たまねぢ、しそ巻き、レバーわさび

Bdsc01961Bdsc01962
Bdsc01963Bdsc01964
ししとう、厚切り豚バラ、つくねスープ、ねぎ

豚バラ美味しかった♪過去に、焼き鳥屋さんで、豚食べて美味しいことが、ほとんどなかったのですが、こちらのおは美味しかった♪

Bdsc01965
ここから夫は、焼き鳥にあう日本酒に
書いていませんが、それまでは、私はもちろん工芸茶、夫は、梅酒のソーダ割りと、ビールからの日本酒
ちゃんぽんやし!

Bdsc01966
焼きおにぎり(醤油) 美味しぃ~
やっぱ、米が好きだ!

Bdsc01967Bdsc01968
ささみ(梅肉)、和風つくね

この日は、ここで〆
前より、いっぱい食べて飲んでしたので、6千円弱でした。それでも安い!ありがたい!

Bdsc01969
鶏のスープがサービスで出されました。
日々進化しています。

お店の方の人柄も良いし、ちょくちょくリピートして、顔なじみになりたいお店です。

そうそう、はじめて訪れた日、かなり高齢のおばあちゃんが、1人で飲んでらしたのですが、帰る時、足元がおぼつかなくて大丈夫かな~って思っていたら、大将さんが、スタッフさんに、送っていってって言ってて優しいな~って思いました。ご近所さんを大事にし、ご近所さんからも大事にされるお店なのかな~


 やきとりや

 住所
  浦安市当代島1-7-15
 電話
  047-353-8111
 営業時間
  17:00〜23:00
 定休日
  水曜日
 公式Facebookページはこちら
 公式Twitterはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZURRIOLA(スリオラ)

<東京 銀座>

夫の誕生日
大阪から千葉に引っ越した次の週
忙しくてお店の予約とか全然してなくて、焦る私
イタリアン、フレンチ、和食と予約するも、満席ですのつれないお返事

まあ、美味しいお店だとそうなりますよね…
で、モダンスパニッシュのこちらに落ち着きました。
ネット予約できたので、助かりました。ネット予約って、安心だし、もっと広まって欲しいです。

さて、下調べなしに、決めちゃいましたが、なんとなんと、こちらの本多シェフは、以前、サンパウさんにいらしたとのこと!ちょうど、私達が、
サンパウさんに行った時です。以前は、私の誕生日、今度は、夫の誕生日。なんか運命感じます。

Bdsc01333_3 Bdsc01369_2
銀座のビルの4階にありますが、ゴージャスで大人な空間。
場違い感半端ないですが、美味しいものが食べたいのでメゲない。

お誕生日なので、奮発して18,900円のお任せコースをお願いしていました。14,580円のコースもあるので、普通ならそちらかな〜
お祝いなので、cavaとソフトドリンクで乾杯!ソフトドリンクも頼みたいものがありました。夫は料理にあったワインを出してもらうようにして、私は、ガス入りのミネラルウォーター。飲めないと悲しいな〜

テーブルセッティング
Bdsc01334_4

アミューズ

Bdsc01339_3
丸いのは、中に液体のオリーブオイルが入っています。どうやって作るのかな?注射器で注入かな?!

1皿目 スペインらしい食材をシンプルな調理で:アンチョビ
Bdsc01342_3
アンチョビがこんなに美味しいとは!

2皿目 花愁仔豚のサラダ
Bdsc01343_3

3皿目 ペドロヒメネス香るフォアグラ 甘酸っぱいシェリービネガーのジュレを添えて
Bdsc01347_3
悶絶。フォアグラもジュレもパンも美味しすぎる!

4皿目 車海老と酸味をつけたオリーブオイル
Bdsc01349_3
何このヴィジュアル!海老が踊っています。そして、めっちゃ美味しい♪

5皿目 軽く燻したキャビアのラビオリ
Bdsc01351_3 Bdsc01353_3
このキャビアが超美味しいんですけど!
まずは、そのまま食べて悶絶し、ラビオリから出てきたソースと一緒に食べてさらに悶絶
ずっと食べていたい感じです。

こちらのお店は、パンは、魚料理まで出ません。頼めば、出してもらえるようですが、パンの食べ過ぎでお腹一杯になって、コースの最後までたどり着けないことがないようにいうお店の配慮のようです。
パン美味しいんです。食べすぎてしまう気持ちわかります。
Bdsc01354_3

6皿目 クエのオーブン焼き キノコのアロスメロッソとズッキーニのサラダ
Bdsc01357_3
クエの火入れ加減が絶妙
アロスも関西の大好きなスパニッシュレストランを思い出して懐かしい

7皿目 アカ牛の炭火焼き ピキーヨスピーマンの煮込み

Bdsc01360_3
食べ方はご自由に!とのことだったので、それぞれ単独で食べたり、一緒に食べたり…
色々楽しみました。
美味しいよ〜♪
でも、これで終わっちゃうんだなぁと少し悲しくなったり…


8皿目 3種のチーズとその付け合わせ
Bdsc01365_3
左 スペイン山羊モンテエネブロ ほおずき
中 フランス牛コンテ なすのコンフィチュール
右 イタリア牛ゴルゴンゾーラ プラリネ
サンパウさん想い出しました。私は癖のあるチーズが苦手で、でも、チーズって慣れかなって気持ちもあって、苦手と伝えていないのですが、過去のサンパウさんで出て来たチーズは、全然無理で、しかも、頼りの夫もあまり得意じゃなかったみたいで、泣きそうになりながら、頑張って食べた記憶
今回、こちらのチーズは、ゴルゴンゾーラだけ、ちょっと苦手で、私が我慢して食べるより、大好きな夫が食べた方が良いよなと思って譲りました。チーズ克服の道は遠い!

9皿目 柚子のキューバリブレ
Bdsc01367_3
柚子釜ですね。和だ!
これが、アルコールが効いてて、ちょっとほろ酔いになりました。

10皿目 イチジクの葉で包んだイチジクのロースト ローズマリーのアイス
Bdsc01372_2 Bdsc01373_2
シンプルなデザートですが、これが、美味しくて、贅沢!
夫はイチジク大好きなので、良かったわ〜♪

食後のドリンクは、私がフレッシュハーブティー、夫がコーヒーだったかな?!
Bdsc01374_3 Bdsc01375_3 Bdsc01376_3

Bdsc01380_3
お誕生日のプレートもありました。記念撮影もしてくださって幸せの時間です。
小菓子も楽しかった。チョコレートつけて食べるチュロスが美味しすぎて、お代わり欲しかったぐらい。チョコももったいなくて、舐めたくなりました。

フロアスタッフさんも気持ちの良いサービスだし、お料理は美味しいし、ありきたりじゃなく、初めての経験がいっぱいあって、とても楽しくて想い出に残る誕生日記念になりました。
シェフも最後、見送ってくださって感謝です。もっとお話しできると良いのですが、例によって、引っ込み思案が災いして、美味しかったですしか言えない悲しさ(笑)
もっと大人になりたいのにな〜

しかし、夫がまた来たいって言ってくれて良かった。私達夫婦は、同じ店をリピートするよりも、新規開拓の方が楽しいと思うタイプなので、よっぽど気にいるか、自宅の近所か、会社の近所でないとリピートしないのですが、こちらは、リピートしたい!と申しておりました。また季節を変えて!

 ZURRIOLA(スリオラ)

 住所
  東京都中央区銀座6-8-7交詢ビル4階
 電話
  03-3289-5331
 営業時間
  11:30〜13:00(L.O.) 土日祝は13:30
  18:00〜21:00(L.O.)
 定休日
  月曜日
 お店の公式ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道後やや

<愛媛県 道後温泉>

自転車のイベントで愛媛に行って、一泊目は今治、二泊目は松山(東道後)泊
一日目に、松山城を観光したので、後は、道後温泉を見に行かないとってことで、道後温泉へ
ランチは、一番人気のこちらのお店へ(お宿の中のレストランです)
Bdsc01547

ちょっと、ごちゃごちゃした所にあるせいか、「迷われた方にお詫びします」ってエントランスに書いてあります。優しい世界ですね。
Bdsc01548


11時からと勘違いしていて、フロントへ行くと、11:30からとのこと
ロビーでお待ちくださいとのことだったので、オープンの時間を待ちました。

ロビーには、みかんジュースの蛇口があります。
Bdsc01549
温州、不知火(清見+ポンカン)、清見(温州みかん+トロピタオレンジ) の3種
全部味見させてもらいました。個人的には、温州が好きでした。
待ってる間に、衝撃の事件発生
かわいい系の女子が、現れて、みかんの蛇口に気が付いたのに、お腹いっぱいになっちゃうからな~と試飲をしなかった...
あ~だから、私は太るのねと実感しました(泣)

宿泊の方には、タオルが選べる装置もあって、なんかすごく良さそう
Bdsc01555

待ってると、お客さんによって、対応が違うので、ちょっとドキドキしました。
すでに予約されている方と、飛び込みで来た方、ランチメニューを確認してたり、名前を聞いていたり...
大丈夫かな~と心配しながら、オープンの呼びかけに、まっさきに近寄ったら、ご予約は?と聞かれ、フロントに告げたのが予約なのかどうかわからずオロオロしていると、予約ではなかったようですが、2階に通されました。
早めに予約すると、1階の席が割り振られるようです。

Bdsc01564 Bdsc01566
2階のお席はこんな感じ
ルイス・ポールセンの照明なのかな?! アーティチョークに見えるけど、本物かどうかは?です。
まあ、本物なんだろうな~

Bdsc01567
席の後ろにあった冊子、メニューかなって思ったら、野菜、果物大図鑑でした。
Bdsc01570
丁寧に野菜の説明が書いてあります。なんか良いな~♪


ちなみに、口コミ一位ってだけで選んだので、内容とか全く認識していなかったのですが、こちらは、ランチビュッフェのお店でした(笑)

Bdsc01556
少し、変わっているのは、旬魚、海鮮、野菜、牛、豚、鶏 の6種類のメニューの中から一品メイン料理は選ぶしくみで、選んだものによってお値段が変わります。
いつも値段が一緒かは、わかりませんが、この日は、牛は2400円、それ以外は、1950円でした。

牛 伊予牛ステーキ 茸ストロガノフ と 鶏 元気鶏と秋野菜クリーム 変わりパイ包み焼きを選択

カトラリーと、数種類のお茶は、2階にもありますが、お料理は全て一階です。ゆえに一階の方が良いお席ってことになります。

並んでるお料理は、すごく素敵でした。
野菜の種類がふんだんにあって、料理もどれも美味しそう!
最近、ビュッフェ料理には、行かなくなっていましたが、これなら、何回でもきたいって思いました。
朝ごはんもガッツリ食べていたし、早めの昼食だったので、あんまり食べられなかったことが残念
普通は、全種類を、ちょっとずつ食べるのですが、それも無理だった
ってか、種類が多いのです。人気なの納得!

Bdsc01557 Bdsc01558
私と夫の一回目

Bdsc01559
天麩羅は、野菜を選んでお願いすると、それを揚げて、席まで運んでくれるしくみです。
揚げたて美味しい♪

Bdsc01560 Bdsc01561
お茶もたくさん種類があるし、カップがステキ

Bdsc01562
そして、圧巻の生オレンジジュース
籠からオレンジを数個彫りこんで、目の前で圧搾
フレッシュ!

Bdsc01563 Bdsc01565
メイン料理がすごいボリュームできたらどうしようとビビってましたが、そこはちゃんと考えられていて、控えめな量で安心しました。どちらも美味しかった。しいて言えば鶏の方が面白かったかな~

Bdsc01574
デザートは、ビュッフェメニューの中にも、牛乳寒やコーヒーゼリー、フルーツなどありますが、オーダー制のメニューもあります。何個でも注文可能!
フレンチトーストと、抹茶のジェラート
せっかくなので、それぞれ一つずつオーダーしました。
Bdsc01571 Bdsc01573
フレンチトースト、柔らかくて美味しいです。
夫が、高級なお店のフレンチトーストの味がすると申しておりました。

Bdsc01572
紅茶と珈琲でほっこり
コーヒーもマシンでいろいろ楽しめる感じでした。
ジュースもゆず酢ジュースとか、超美味しかったです。

今回は、価格アップの牛を選んだので、お会計は二人で、4,350円でしたが、価格アップメニューを頼まなければ2千円以内で、これだけのお料理を頂くことが出来るってすごいコスパだと思います。
近くにあったら、毎月でも通うな~
道後の人がうらやまし~

お宿の方も、サービスや外観から、高級なのかな~って思っていたら、結構リーズナブルで、我が家でも無理なく泊まれそうです。今度、道後温泉に行くことがあったら泊まりたいな~
ホームページからも、良い人感出てて、応援したくなります。

 道後やや

 住所
  〒790-0841 愛媛県松山市道後多幸町6-1
 電話
  089-907-1181
 営業時間
  朝食 6:20~10:40(L.O.)
  昼食 11:30~14:00
(L.O.)  
  夕食 17:30~23:00(土曜・祝前日24:00)
 定休日
  なし
 公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Abarotz(アバロッツ)

<奈良県 生駒市>

2回目の訪問
前回は、一昨年の12月
ご無沙汰しててすみません<(_ _)>
前回の内容はこちら

今回は、転勤で関西を離れることになったので、シェフに一言ご挨拶をと思って誕生日に予約
しかし、なんと、なんと、予約した数日後に、シェフ交代のお知らせ!
ガーン
まあ、川島シェフいらっしゃらないかもしれないけど、仕方ないねと予定は変えずに伺いました。

川島シェフは、12月頃奈良市の東大寺の近くにオープンする、アコルドゥのご準備でお忙しいようです。
あー
関西にいたら、絶対に12月に予約したのにな~
すっごく残念
でも、絶対に、いつか旅行で訪れます!

で、今回の訪問
前回と同じく、東生駒からテクテクと歩きます。上り下り...
前と違ったのは、前にケーズデンキがオープンしてたこと!
早くついたので、寄ってみましたが、ガランガランで超心配

アバロッツさんでは、懐かしい顔が出迎えてくださいました。
川島シェフは残念ながら、お留守でしたが、メッセージを頂いて感激!

Bdsc01025
窓際の席で...

Bdsc01026
このセッティングの感じ 良いな~♪

一応、誕生日でもあるので、サングリアとミカンジュースで乾杯
Bdsc01028 Bdsc01029

最初に、パン・ド・キュイソンさんのパン ロデブ がやってきました。
美味しいよ~
パン・ド・キュイソンさんにも買いに行きたかったのに、結局、行けなかったな~;;
Bdsc01030

アミューズは、オリーブと、ラッテたかまつさんのチーズの上にオリーブオイルで作った土をのせた一品
植木鉢みたいでオシャレだ!
Bdsc01031

秋刀魚の炙りコンフィと芋のガレット(生駒/奈良/天理)
ピーマンのクーリとリコッタ 無農薬サラダ
Bdsc01032
秋刀魚苦手なはずなんですが、美味しいぃ~♪

大和真菜の香りの三輪手延べパスタ(桜井/松塚)
牡蠣のタルタルとレモンエア
Bdsc01033 Bdsc01034
牡蠣も苦手なはずなんですが、美味しぃ~♪
もらえると思っていた夫はショックだったかも(笑)

パンのおかわり たまねぎのパン アコルドゥさんの時からおなじみのパン
激旨!
Bdsc01035

釣り鰆のグリル 椎茸と蕎麦の実のリゾット(月ヶ瀬/吉野/和歌山)
干し椎茸のエッセンス 吉野柿 トリュフオイル
Bdsc01036
ここに、椎茸のスープを注いで完成!
Bdsc01038
いや~もう
美味しいよ~
鰆の火入れ加減が絶妙っていうかなんていうか...

丹波地鶏のアサード かぼちゃ しろ菜(丹波/松塚/五條)
アリオリとトリ醤油、山椒とシナモン
Bdsc01039
鶏も美味しい♪ 和ですが、アリオリでスペイン

お腹はいっぱいなんだけど、もうメインまで終わっちゃったのが寂しい
コスパはめちゃめちゃ良いですけど、やっぱりアコルドゥさんと比べてしまう。
アバロッツさんが、家の近くにあったら、毎月絶対通ってると思うのですが、往復3時間弱って考えると、アコルドゥさんぐらいのボリューム感が欲しいんですよね。
ちなみに、家のご近所に、姉妹店のドノスティアさんもありますが、そちらは、バルなので、飲めない私はやっぱりちょっとハードル高くなってしまいます。大好きなお店ではあるのですが...

吉野梨のコンポート 無農薬ブルーベリーとケフィアのジェラート(吉野/室生/五條)
クリームチーズシフォン
Bdsc01040
梨がすごい!すごく薄いコンポートなのに、シャキシャキ

食後は、月ヶ瀬のほうじ茶「月香」とコーヒーで
Bdsc01042 Bdsc01043 Bdsc01044

美味しくて、素敵な時間を過ごせました。
コースは5400円 ワイン2杯、ミネラルウォーター、蜜柑ジュース、サングリア 〆て1万5千円弱
コスパ良いな~
お料理内容考えたら、すごくリーズナブルです。
ほんとに、近所に欲しかった!

奈良の地産地消頑張ってらして、元奈良県民としても、応援しています。
川島シェフからバトンタッチされた堀田シェフ シャイで真面目な感じのシェフでした。
頑張ってらっしゃいます。

この日は、平日でしたが、夜は2組のみ
なんかもったいな~い
もっともっと流行って欲しい
大阪にあったら、満席だろうな~
でも、生駒はマダムが多そうだから、夜よりお昼なのかな~

ちなみに、2016 ミシュラン ビブ・グルマン選ばれたようです。
やっとか...って感じです。
新生アコルドゥは、三ツ星なってほしいな~
選ばれないのがおかしい!
まあ、ミシュランとは関係なく、愛するレストランですが!

 Abarotz(アバロッツ)
  
 住所
  
奈良県生駒市東生駒2-207-1-111
 電話
  0743-85-6491
 営業時間
  ランチ   11:30~14:00(close)
  カフェ   14:00~17:00
(close
   ディナー 18:00~21:00(close
 定休日
  月曜日(その他不定休あり)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

がるる氷

<大阪 中崎町>

コバチカレー に行った日、本来の目的は、実は、こちらでした。がるる氷さん!!
なぜか、かき氷に目覚めた夫が、大阪のかき氷屋さんを、いろいろ検索した結果、こちらをチョイス!
確かに、魅惑的なメニューがいっぱい

14:30頃お店到着
行列出来ていました。
お店は、屋根付き商店街(天五中崎商店街)の中にあるので、並ぶしんどさは少ない方だと思います。黒崎町公園の一角なので、ご家族連れとかなら、1人並んでおいて、お子さんは公園で遊んだりしておくと良いかもしれません。近くの猫カフェのニャーニャー言う声や、お隣のカフェのディスプレイ見たりしてると、飽きずに並べます。

Bdsc09454 Bdsc09456
ロゴとか可愛いです。吹田のがるる珈琲さんが、開いたかき氷店とのことです。
古民家を改装したお店ですが、店内からは想像つかない感じです。外観みると、めっちゃ古民家なんですけどね。

並んでる間、メニューを見て悩みます。
Bdsc09455
珈琲店発祥ってことで、ティラミスは確定。
あとは...
苺か、オレンジか...
もうすぐ季節が終わる苺にひかれつつも、苺ってつきなみでもあるので、オレンジに決めました。心は揺れますが...

並んでて思ったのですが、たまたまなのかもしれませんが、育メン率高かったです。小さなお子様とパパって組み合わせが数組いらっしゃいました。しかも、セレブ感漂わせた方が多かったです。おしゃれなんですよね。
決して、安くないカキ氷、子供二人と来て、2品頼むんだから、そりゃセレブですよね。カッコいいな~
近くのタワマンとかの住人の方なんですかね~
自分とは違う世界を見た感じでした。

40分ぐらい待って入店

Bdsc09457 Bdsc09458
お水はセルフで、かき氷は、注文カウンターで注文します。注文の品は、席まで運んでくれます。
外で決めていた通り、ドリップ珈琲のティラミス(900)と、オレンジとヨーグルトのふわふわエスプーマ(850)を注文しました。

外ではたくさん待ちましたが、氷は、結構すぐやってきました。まずは、オレンジヨーグルト!
時間差がありますが、最初に持ってくる方に、スプーンを2つつけてくれているので、二人で突っつきながら待てます。う~ん爽やかで美味しい♪
Bdsc09460 Bdsc09462

数分遅れでティラミス!
おしゃれ~♪
Bdsc09463 Bdsc09464

二人で、交互に、パクパクパクパク
冷たいけど、美味しい♪
ペロリと平らげました。

見た目のインパクトもあるし、メニューも個性的だし、流行るのわかるわ~♪
5月でコレなんで、この先、どういうことになるのやら...
比較的すいてる時にこれて幸いでした。


 がるる氷

 住所
  〒530-0023 大阪市北区黒崎町5-15
 電話
  06-6147-3606
 営業時間
  12:00~19:30(L.O.)
 定休日
  月曜日(夏季営業期間は定休日なし)
 Facebookの公式ページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧