Bon.nu(ボニュ)

<東京 代々木>

夫の誕生日
どこにいこうか悩んだ結果こちらへ
一度、ケーキを買いに飛び込みでいって、予約オンリーだということに愕然とした過去あり(笑)

10年ぐらい前かな?
TVで美食家として名を馳せた来栖けいさんのお店です。
いつもスゴイなぁと拝見していたので、お店に普通にいらっしゃるのがすごく不思議。

3週間前ぐらいに予約。
お祝いだし、ボニュ一番のおすすめとのことだったので、26000円のボニュスペシャルコースにしました。8品のスペシャリテのみで構成されたコースです。6時間かけて焼き上げるボニュ焼きがついています。楽しみ♪

当日、初台から歩きました。
一回来てるのでもう間違えませんが、うかうかしてると見過ごしてしまう控えめな店構えです。
Dsc05783  Dsc05784

Dsc05787
テーブルセッティングは非常にシンプル。

Dsc05788
アミューズ
ビーフジャーキー
手でつまんでポリポリと…
つかみOK!
食欲が刺激されるような気がします。

飲み物は、夫はお料理にあわせたワインを、私はミネラルウォーターで…
ミネラルウォーターは、チャージとして、一人800円入っているので、ある意味無料でした。
しらんかった。何か頼めばよかったかな…
ただ、ソフトドリンク的なものは、充実してる感じはしなかったです。
料理に合う紅茶とか、ブドウジュースとかあると嬉しいんですけどね。
夫は最初は泡で…
Dsc05791 Dsc05790 Dsc05789

自然
〜太陽・空・土・草〜
Dsc05793
リーフの下のトマトソースが太陽、お皿が空、お皿の淵が土、そして草…
食器もお料理の構成要素として、気分をあげてくれます。
こじんまりとしたリーフですが、30種類ぐらい入ってます。

パン
Dsc05794
これまた美味しい。食べ過ぎ注意!

Dsc05795
ナイフの柄がが可愛い♪

ワインは赤へ
Dsc05797 Dsc05796

体温
〜いぶさな牛・トリュフ〜
Dsc05798 Dsc05799 Dsc05800
トリュフ専用の保存箱がすごいです。
赤みのお肉の上に贅沢にトリュフを削ってくださいます。
お肉の部位はクイズでした。
全然わからんかった…
いかに手間隙をかけて、特別なお料理を提供してらっしゃるかがわかる一皿です。
こちらのお料理は、シンプルに素材の持ち味を楽しむスタイル。シンプルといっても、材料の数こそシンプルですが、そこに費やす料理技術は全然シンプルじゃないです。スゴイです。

抽出
〜オマールエビ〜
Dsc05801
活きのいいオマールちゃん
これが抽出されちゃいます。
その前に、次のワイン
Dsc05803 Dsc05802

Dsc05804
  抽出されちゃってます。
生クリームなどをつかっていないビスクスープ。
濃厚で美味しいです。磯臭さもなくマイルド。どうやって???
不思議だ!

お料理に対する来栖さんの熱い思いは、一皿ごとに、たくさんの説明があるのでひしひしと伝わって来ます。

Dsc05807
パンは違う種類に変わりました。こちらも美味しい♪

Dsc05809 Dsc05808

シンプル
〜キノコ〜
Dsc05810 Dsc05811
キノコはどんなお料理になってくるのかなぁって楽しみにしてたらリゾット登場!
これが!!!
もう、めちゃめちゃ美味しい。
個人的に、この日の一番のお皿でした。
こんなの家で作りたい
材料的には出来る感じなんだけど、技術がな…

Dsc05813 Dsc05812

収穫
〜大根〜
Dsc05814
釜を土に見立てて、収穫!!

Dsc05815
そして中には、秋刀魚さーん!
これは二人分なので、一度キッチンに戻って、切り分けてくださいます。
実は私は青魚が苦手なので、尻尾の方に、夫は頭の方。

Dsc05816 Dsc05818
さんまさんには、大根が詰め込まれています。
だからなのか、青魚苦手な私も美味しく頂けました。
これ、秋刀魚好きにはたまらない一品だと思います。
この季節だけの限定メニュー!
って、もうそろそろ終わり???

Dsc05820 Dsc05819
お肉に合わせてワインも再び赤へ


ボニュ焼き
〜いぶさな牛(イチボ)〜

Dsc05821 Dsc05822
こういう時のお肉って2口ぐらいの時ありますが、こちらは、一つの素材をしっかり味わってもらおうというお店なので、結構どっしりと量があって幸せ♪
そのままでも美味しいし、ホースラディッシュでさらに美味しさアップ♪
幸せ♪

ボニュ
〜ミルク〜
Dsc05823
めっちゃミルク!
こだわりのミルクを使用したアイスクリーム
ここで、ボニュの店名は、母乳からって説明がさらりと…
人間がはじめて口にするもの(原点)の大切さを忘れないためにと…
気づいてませんでした。
お店のホームページには、来栖さんのお店への想いが綴られています。ただただスゴイです。
一読の価値あり

Dsc05824 Dsc05825
珍しく食後の飲み物はデザートの前にやってきました。
ホットだけどグラスで!
私はお茶を、夫はコーヒーを頂きました。

ナチュラル
〜神果卵〜
Dsc05826 Dsc05827

神果卵、ミルク、砂糖のみで作られたプリン
お皿もこのプリンのためのお皿!
夫はなめらかプリン好きなので、こちらはどうかなぁと思ったけど、結構気に入ってました。
想像よりなめらかですしね。
私は、こういうプリンが大好きなのでご満悦

そして最後に、こちらのお店のスペシャリテ チョコレート
なんとクリーム類いっさいなく、水チョコ
えっ何それ?
で、食べてみて納得、カカオの味を感じた瞬間に、さーっと形が消えていきます。
衝撃!
Dsc05828


お誕生日の夫も大喜び!
また来たいねぇと話していました。
で、お会計でびっくり!
総額8万越え!

ひー
えっなんで? コースだけなら5万ちょいなんだけど…
サービス料にしても??? と思ったら、こちらサービス料ナッシン!
来栖さんのお話をあんなに聞けてサービス料なしってなんかスゴイ!
で、謎の3万弱の正体はワインでした。
グラス3800円、泡は4800円 それを6杯なので…
とても良いワインなんでしょうが、うちの夫には猫に小判(笑)
もったいなすぎる!!!
それは、本人も思っていることでしょう。
かといって、来栖さんに安いワインなんて似合わないしな…

再訪は、このドリンク問題を解決してからだな〜
まあ、ワインの味がわかって、たまには、高級ワインを楽しむって言うんならそれもアリなんですが、普段も、千円どころかもっとお安いワインで大満足なのでなんとも…

なんとかクリアしてまた行ける日を探したいです。

ちなみに、この日に、ケーキを持って帰りたいと思って、数日前に予約の電話をかけてみたのですが、お目当のケーキはこの日の分は予約でうまっていたので、この日に、あらためて予約しました。
その話は、また別の機会に!


 Bon.nu(ボニュ)

 住所
  〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-22-17 クイーンズ代々木1F
 電話

  03-6300-5423
 営業時間
  ランチ
   12:00~13:00(最終入店) 前日まで要予約
  ディナー
   18:00~20:30
(最終入店) 前日まで要予約
  バー
   22:00〜23:00
(最終入店) 
  パティスリー
   11:00〜18:00 前日まで予約がオススメ 種類によってはもっと前の予約が必要なものあり
 定休日
  不定休
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普段着のフレンチ La mignonnette(ラ・ミニョネット)

<東京 日本橋>

大阪の友人がお仕事で東京へ
午後から八重洲付近でお仕事ってことなので、早めのランチを日本橋と八重洲の間ぐらいにあるこちらのお店で!
ランチは、予約してないとのことでしたが、オープン時刻付近に行けるので、入れるだろうとのことで決めました。

少し早めの時間に日本橋駅到着
先にお店に向かいます。
すごく狭い路地の二階なので、かなりわかりにくく、一回通り過ぎてしまいました(笑)
日本橋から来ると、桜通りの幸楽苑さんの横の道を入った右手にあります。
オレンジが目印です。小さな看板も出ています。
Dsc03154

八重洲方面から来るなら海鮮丼のつじ半さんの大行列の手前を入って左手になります。
最初、つじ半さんの行列みてビビりましたが、こちらのお店は、11時前に並んでる人は私だけでした(笑)

Dsc03155
下には、ランチメニューや、夜メニューも置いてありました。

Dsc03158
Dsc03159
狭い階段
11時前なのに、OPENの看板が出ていたので、上に上がって、扉を開けてみると開いた!
念のため、声をかけて、お店の方に伺うと、まだオープンはしてないとのこと…
そうだよね
で、扉の前で、しばし待ちました。

Dsc03160

しばらくすると、どうぞ!って声をかけてくれてくれました。でも、人数揃ってないこと告げると、案内は揃ってからのようで、席への案内はありませんでしたが、中に入って、入り口のところに座らせてくださいました。
コートは、入り口のところに、かけるところがあるので、そこへ

しばらくすると、友人到着
結局1番で、奥の席に案内されました。奥は、大きなガラス窓になってて、お店はこじんまりだけど、開放感があります。

ランチメニューは、なんと、この日から、リニューアルでした。

・ロールキャベツトマト風味 ライス添え
・辛口!特製欧風カレー
・オニオングラタンスープ 自家製テリーヌのサンドイッチ添え 限定20食

全て千円! ドリンク追加(珈琲、紅茶、アイスコーヒー)は+百円 ご飯大盛りは+百円

友達3人でのランチでしたが、全員、オニオングラタンスープ選択!
だってそれがこのお店のスペシャリテだからね。

Dsc03162
まずは、ミニ前菜。野菜にコンソメジュレがのってます。これ美味しい♪
そして、そして、お楽しみのオニオングラタンスープ!!!
Dsc03163
ひゃーテンション上がるわぁ
めっちゃ熱々!
ちゃんと写真撮れてませんが、横にあるのが、テリーヌを挟んだサンドイッチ!
美味しかった!
そして、オニオングラタンスープもめっちゃ美味しい♪
中にもフランスパンがいっぱい入っていてボリューミー♪

めっちゃ美味しかったのですが、個人的には、オニオングラタンスープもうちょい少なくて良いから、野菜サラダとか欲しかったかなぁ
まあ、日本橋で、千円ランチで、そんな贅沢は言ってられないかな…

でもでも、オニオングラタンスープは、大学の調理実習で、初めて作ってものすごく美味しいけど、手間が恐ろしくかかるのにびっくりして、その後、レストランで食べたり、自分でも作ったりして大好きです。こちらのも本当にすごく美味しかった♪
ごちそうさまでした。

お店は、すぐに満席になって、大多数の方が、オニオングラタンスープ食べてらっしゃいました。女子に大人気です。


 普段着のフレンチ La mignonnette(ラ・ミニョネット)

 住所
  東京都中央区日本橋3-1-15 2F
 電話
  03-5542-1601
 営業時間
  11:00~14:30
  18:00~22:30(L.O.)
 定休日
  日曜日(変則休日あり)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRASSERIE AILES(ブラッセリ―エール)

<大阪 福島>

大阪を離れる前に、学生時代の友人達とランチ
急なお誘いに、3名集まってくれました。感謝♪
場所は、引越し準備に追われる私を気遣って、福島となりました。
悩んだけど、女子向きなこちらのお店へ
ランチ利用は初めてです。

JR福島駅で待ち合わせして、ホテル阪神の横を抜け、秘密の通路でお店に到着
ちょっと、みんなを驚かせちゃいました。
およそ道とは思えない道なので(笑)
でも、近いからね~
やめられません。

ガレットランチ、ステーキランチ、気まぐれメインランチ、パピヨットランチなど、いろんなランチがあります。日に寄ってかわるようです。今は、寒くなってきたからか、グラタンランチなんかもあるみたいです。

私達は、なぜか全員ガレットランチ(笑)
あとで、いろいろ頼んでシェアすれば良かったねと...
後の祭り
でも、ガレット美味しかったからOK

まずは、サラダから
Bdsc01229
ボリューミーで美味しい♪

パン
Bdsc01230
これは4人分
パンは普通かな

Bdsc01231
追加のパン

Bdsc01232
ガレット
美味しいわ~♪
自分で焼くと、卵の加減が全くうまくいかないのだけど、これは丁度良かった
プロだから当たり前なんだろうけど、大して道具とか変わらないハズなのに...
コツを教えて欲しい!

結構、満腹になりました。
ゆったりおしゃべりも出来て幸せ♪
2階は8名以上で貸切にも出来るので、女子会にも向いています。
大阪に引き続き住んでたら、絶対に、利用させてもらったのにな~

ディナーよりも、ランチの方が自分にとっては使いやすいなって思いました。


 BRASSERIE AILES(ブラッセリ―エール)

 住所
  〒553-0003  大阪府大阪市福島区福島5-6-46
 電話
  050-5796-9535
 営業時間
  11:30~14:30(L.O.)
  18:00~22:00(金土祝前日は23:00)
 定休日
  火曜日
 ぐるなびのページはこちら


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Point(ポワン)

<大阪 福島>

約1年ぶりの訪問
他のお店にも行かなきゃ!ってことで、連続して訪れるのをやめていましたが、大阪を離れることになり、あわてて予約して、ギリギリのタイミングで楽しんできました。

思い残すことなく、飲んで食べてするつもりなので、シャンパンと、ノンアルコールのドリンクで乾杯
ノンアルコールのメニュー増えてて嬉しかったです。
Bdsc01145 Bdsc01146

アミューズ
Bdsc01147 Bdsc01148
フォアグラのレーズンサンド
オマール海老のブラマンジェ
ツブ貝とシイタケのブルギニヨン
土佐赤牛のコロッケ

1年経つと内容が変わってますね~
ケイクサレなくなっちゃった...
フォアグラのは、あいかわらず美味しい♪
ってか、全部最高なんです。

Bdsc01151
ブラピとアンジェリーナジョリーのワインも...
どうなることやら...
ワインはとっても美味しいので、値があがるかも??!なんて話も~

秋鮭白子のロワイヤル
Bdsc01152

燻しバターは変わらず
Bdsc01153 Bdsc01154 Bdsc01156
シュクレのパンと、このバターの組み合わせが美味しすぎる。
シュクレのパンは、お店で買うより、ここで食べる方が美味しい気がするのは、私だけ?!

サンマのヒュメとクスクス
Bdsc01158 Bdsc01159
美しい...

七谷鴨と軟白白ネギのスープ
Bdsc01162

タチウオのカダイフ包み 安比高原マイタケのクーリ
Bdsc01163 Bdsc01164

広島県 梶谷農園 フルーツハーブティー
Bdsc01166

前には、みかけなかったナイフ Perceval のフラッグシップモデルとのこと
色が可愛くて好き
Bdsc01167

京都府亀岡産 七谷地鶏のロティ
Bdsc01171
あーどれもこれも全部美味しい♪
もうメインが終わってしまった...
哀しい

ゴルゴンゾーラとプルーン
Bdsc01173  Bdsc01174
夫が自信満々に、これはいけるやろ~っと言ってくれましたが、食べれなくはないけど...ってレベル
なかなか、くせのあるチーズが食べれるようにならない私です。
まあ、好きな人がいなければ食べるんですけどね。もったいなくて...

ヨーグルトのムースとピオーネ
Bdsc01176

キャラメルミルクレープ 栗のアイスクリーム
Bdsc01177 Bdsc01178
デザートどちらも超美味しい♪
幸せすぎる

そして、ラストへ
ミニャルディーズ
Bdsc01179 Bdsc01180
終わっちゃったな~
大阪離れるから、もう来れないかもしれないな~
寂しいな~
また、いつか来れますように!
シェフは、自分よりお若いから、私が生きてるうちに、店が終わることはないはずっ!

1年経って、少しお店の雰囲気が変わりました。
食器が、見慣れないものがたくさん加わっていました。
そして、男性スタッフが増えてました。ホールの男女比率が逆転
Nちゃんファイト!


 Point(ポワン)

 住所
  大阪市福島区福島3丁目12-20 ツインコート1F
 電話
  06-6455-5572
  予約電話は10:00~17:00まで受付  一か月前の予約可能
 営業時間
  12:00~13:00(L.O.)
  18:00~20:00(L.O.)
 定休日
  月曜日
 お店の公式HPはこちら  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ysaye(イザイ)

<大阪市 西天満>

遥か昔にお勤めしていた会社の可愛い可愛い後輩ちゃんが誘ってくれたので、西天満でランチ
以前から行きたくて、ブックマークしてた イザイ さんへ
最寄り駅は、地下鉄堺筋線 南森町 もしくは、中之島線 なにわ橋 もしくは 地下鉄御堂筋線 淀屋橋
どの駅からも、10分ちょい歩く感じの、あまり立地が良いとも思えない場所です。
近くには、私の大好きなピ・グレコさんもあります。

Bdsc00788
どちらかというと、古いビルが立ち並ぶ通りで、なんかパッとしないな~
ほんとに、この先に、ちゃんとしたお店あるのかしら?と心配になってきた頃に、あっこれだ!って思える、一気に安心感がよぎる佇まいのお店発見!
外観からOKです。

ランチは、2種類
1800円 前菜、メイン、食後のドリンク、小菓子
3500円 前菜、スープ、魚メイン、肉メイン、デザート、食後のドリンク
どちらもメイン料理は選べます。

食後に、カフェに行くつもりだったので、ここは、軽めのコースにしました。

Bdsc00791
みかんジュースで乾杯
カトラリーは、クチポールだった
クチポール欲しいな~

まずは前菜 秋刀魚の炙りパトー仕立て トマトと茄子のコンフィ
Bdsc00790
凝ってるし美味しいです。1800円のコースでこの前菜って、コスパ良いわ~

Bdsc00793 Bdsc00794
パンも美味しい!
バターは発酵バター(このバターはちょっと苦手感がありました。発酵食品苦手なので...)

メインは二択
鮮魚のポワレ 旬野菜 トマトのヴィネグレットとバジルのソース
鹿肉のメンチカツのところが、牛ほほ肉の赤ワイン煮
鹿肉のメンチカツがあればお肉にいったのですが、なかったのでお魚
Bdsc00795
ソース美味しいし、野菜もたっぷりだし、お魚もどっしりしてました。
ボリュームたっぷりで大満足
ほんとコスパ良い!

Bdsc00797  Bdsc00798
食後は、紅茶を選択
小菓子は、マカロンと貝型マドレーヌでした。
いや~大満足だったわ~
後輩ちゃん達も喜んでくれて良かった。

なんか、接客が...って口コミもあったようなんですが、全然、大丈夫でした。
でも、お店は、結構すいてて、なんで?って感じでした。
まあ、一番お安いランチが、1800円だと、なかなか近隣の会社の方とかのランチにはならないんでしょうけど...
もっと流行っても良いお店なのにな~って思いました。
たまたま、この日がすいてただけかもしれませんが、もったいないです。


 ysaye(イザイ)

 住所
  大阪市北区西天満4-2-12 ドムール天満 1F
 電話
  06-6363-1779
 営業時間
  11:30~14:00
  18:00~21:00
 定休日
  日曜日
 お店の公式Blogはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Le Caneton(ル・カネトン)

<大阪市 谷町六丁目>

とっくの前に終わってしまった 朝日放送の土曜日朝の番組 「見知らぬ関西新発見!みしらん」の中の、シャンプーハットのコーナー 「みしらん!グルメ」 シェフ数珠つなぎで、紹介されていたのがこちらのお店!

フォアグラ料理が絶品とのことで、さっそくブックマークしていたのですが、谷六って我が家からは、ちょっと遠いってこともあって、ずっと放置しておりました。

先日、夫は、めずらしく平日に休みをとることになり、ブックマークしてるお店の中から、どこかに行こうってことになり、こちらに白羽の矢が当たりました。Open Tableで予約できるのでありがたいです。
予約時にコースもお願いします。
ディナーコースは2種類 全5品 4000円(税・サ別)か全9品 7000円
(税・サ別)
7000円の方は、鴨肉とフォアグラ料理がつきます。
もう、これは、7000円一択でしょう!
フォアグラで、ブクマしたのに、フォアグラにいかないなんてありえない!

当日、谷町線の谷町六丁目駅から歩いてお店に向かいました。
少し早めについたので、空堀商店街を歩きました。超人気の洋食店とか、気になるお店がいくつかありました。この付近も、良いお店たくさんありそうです。

Bdsc00582
古民家改築系かな
こじんまりとお店がありました。
中に入ると、誰もいなかったので、ちょっと心配になりましたが、二階に案内されました。
二階には先客有
ほっ!

Bdsc00587
落ち着いた店内です。
ピカソの「花束を持つ手」が飾られていました。レプリカでしょうね。当たり前か(笑)

Bdsc00583
シックなテーブルセッティング

特別な日ではないので、私はペリエ(1000)、夫は白ワインのグラス(950)で...

1品目
Bdsc00588
Tomato
トマト 赤ピーマン
トマトのスープの中に、赤ピーマンのムース
つかみはOK
超美味しいです♪

Bdsc00589 Bdsc00590
バターとパン

2品目
Bdsc00593  Bdsc00592
Comcombre
胡瓜 鯛 蛸 帆立
胡瓜が苦手な夫なので、ちょっと心配でしたが、美味しい胡瓜は食べられるらしく大丈夫でした。

3品目
Bdsc00594 Bdsc00595
Potilon
南瓜 天使の海老 雲丹

ここで、夫は赤ワイン(1500)にチェンジ
Bdsc00596

4品目
Bdsc00597
Le Poisson de jour
鱸 剣烏賊 トウモロコシ
コーンがいろんな姿で...
鱸も烏賊も美味しいです。

5品目
Bdsc00599 Bdsc00600
Le Caneton
河内鴨肉 無花果
お店の売りだけあって、すごく美味しいです。
にこにこ顔になれます。

6品目
Bdsc00601 Bdsc00602_2
Le Foie Gras
フォアグラ 西洋松露
フォアグラのリゾット!うんま~
西洋松露って何?って思ったら、トリュフのことなんですね。知らなかった...

7品目
Bdsc00603
Pastique
西瓜
西瓜のグラニテ 麦チョコ入り
種のイメージなんでしょうが、ちょっと種大きすぎ
チョコベビーとかが丁度よいかなって思いました。形があれだけど...

8品目
Bdsc00604 Bdsc00605
Matty
抹茶 フランボワーズ
抹茶のガレットショコラに、フランボワーズのジェラート
抹茶のガレットショコラが美味しい!

9品目
Bdsc00606 Bdsc00607
Fruit de la passio
アーモンド ココナッツ マンゴー

このコース 7千円って、めっちゃリーズナブルです。
スゴイ!
こんなにお値打ちで良いんでしょうか?!
デザート3種も超嬉しい♪

Bdsc00608
サービスのお水のグラスがきれいです。

Bdsc00609 Bdsc00610
食後は、エスプレッソと紅茶を頂きました。
さらに、小菓子もついてました。
クッキー、ゼリー、焼き菓子
Sghrのガラス皿が、ランチョンマットの柄で打ち消されてるが、ちょっと残念かな~

焼き菓子は、包装してあったので、私の分はお持ち帰りました。
お腹いっぱい

いや~
満足♪満足♪
来て良かった~♪

お会計は、税、サービス料(5%)あわせて、2万弱
内容考えると、かなりお安いです。
フレンチは、4万ぐらいいっちゃうとこが多いですから(10万超えるお店も...いけませんが(笑))


でもでも、アラカルト料理も食べてみたいな~
HPを見る限りは、そんなものはなさそうですが...
Blogに、のってる まかない料理も美味しそうで、常連になれたらな~って思いますが、やはり、なかなかの距離がネックです。

帰りは、鶴見緑地線の谷町六丁目駅まで歩きました。遠い...


 Le Caneton(ル・カネトン)

 住所
  大阪市中央区上本町西2-6-23
 最寄り駅
  地下鉄 谷町六丁目駅 3番出口 徒歩1分
 電話
  06-6761-1717
 営業時間
  11:30~13:30(L.O.)
  18:00~20:30(L.O.)
 定休日
  月曜日(祝日でも休み)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャトルラパン

<大阪 堂島>

ランチは何回か行ってるキャトルラパンさん(ランチの様子はこちら
夜も行ってみたい!
とは思いつつ、思い立った日に、予約ページを見ると予約で満席

予約しようと思ったら、20日0時以降に、翌々月分が予約できるので、そこを狙わないといけません。
電話も可能ですが、HPからも予約できます。
ただ、その時すぐに、予約が出来たかどうかわかるわけではなく、数日後のお店からの連絡を待たなければいけません。私は、20日の0時に、HPから予約しました。アクセルフルでエラーになったりするのかな?!って想像していましたが、そこまでではありませんでした。

そして、数日後、お店から、メールと電話が来て、希望日時に予約OK!
ヽ(^o^)丿

ちなみに、友人は、予約した後、決定メールが来るまでに、ランチに行って、直談判すると言っていました(笑)
効果の程は、わかりませんが、常連さんは、次回の予約が出来るようなので、そういうつながりは大切にするお店なので、行く価値あるかもしれません。

さてさて、当日、楽しみにお店に向かいます。
エスカレーターをあがると、たくさんの人
どうやら、ギリギリまでお店の中には、入れないようです。
時間になると、順番に呼び出しがかかります。
名前を呼ばれて中へ

二人なので、カウンター席かな~と思っていたのですが、テーブル席でした。
窓際だったので、景色は良かったですが、お隣は、女性のグループだったので、ちょっと賑やかすぎました。
Bdsc00324

Bdsc00322
テーブルセッティング
カトラリーは最後まで使いまわしです。

Bdsc00323
前菜が来るまでに、ドリンク
夫は泡、私はブラッドオレンジジュースで乾杯

料理は、3500円か5000円のコース(税別)の二択
ホームページでは、7000円と10000円のコースとなっているので、混乱しますが、WEB割引として半額クーポンがあるので、半額になります。ドリンクも、500円、600円ぐらいが多くて良心的価格。

いっせいにサーブするので、待ち時間が長いです。
その間は、みなさん当然、おしゃべりするわけなんですが、この日は、たまたまなのか、女性客が大半で、オオ人数グループもいらしたので、めっちゃ煩い。夫の声が聞き取りにくくて、何回も聞き直す羽目に...
運が悪かったのでしょうが、ビストロだから、こんなもんと思わないと行けないのでしょうが、あまりにも落ち着かかなかったです。そこ残念。

ちなみに、私達は、滅多に来れないだろうしってことで、5000円のコースにしました。
前菜はどちらのコースも同じのようでした。
Bdsc00326
豪華~
どれも美味しいです♪
細かい内容の説明がなくて、あれ?って思ってたら、カウンターの方には、シェフが細かい説明されてたので、それに聞き耳を立てました。なんとなく席配分に恵まれてなかった印象。カウンターが良かったな~
そこは、常連にならないと難しいのかな~

Bdsc00327
夫は赤ワインにチェンジ

Bdsc00328
スープは、コースによって違いました。
5000円のコースは、甘海老のビスクスープです。
これめっちゃ美味しいわ~
濃厚!

Bdsc00329
私はペリエにチェンジ

魚料理もコースによって違います。
Bdsc00330
鮑、鯛、帆立が贅沢に入っています。肝バターソースがまろやかで美味しい♪
めっちゃ美味しいぃ~
ここまできて、このコースがいかにコスパ高いか実感
このお皿だけでも、数千円しそうなんですけど...

肉料理もコースによって違います。
Bdsc00331 Bdsc00332
鹿とフォアグラ
淡泊な鹿肉とフォアグラを一緒に食べると絶品です。
ちなみに、3500円のコースの方が鴨とフォアグラでした。それも美味しそ~♪

デザートは共通
Bdsc00333
タルトとソルベとたくさんのフルーツ
パイナップルが特に美味しかったな~

食後の珈琲等はありませんでした。
もしかしたら、ドリンクメニューにあったのかもしれませんが、家も近いし特に必要ないか~ってことで、そのまま帰路につきました。

ちなみに、堂島は、我が家から徒歩30分以内 歩いていくには、少し遠い
電車だと、中之島から渡辺橋へ一駅か、新福島から北新地へ一駅 どちらも、かなりもったいない感あり(笑)
ってことで、今回、カジュアル気味のレストランってこともあって、自転車で行きました。
新ダイビルには、駐輪場があります。ラッキーって思ったのですが、料金設定が、他の駐輪場と違って、1時間ごとに100円の料金がかかるタイプでした。最初の1時間は無料なので、結局、1人200円の駐輪代
四つ橋線沿いとかに停めれば、150円で済んだはずなのですが、まあそれぐらいなら誤差ですね。

キャトルラパンさんは、美味しいし、コスパ抜群でしたが、毎回、料理の内容が大きく変わることはないと思われるので、行くたびに次の予約をとってまでとは思いませんでした。オマール海老の時とか行ってみたいですが、いつその日がくるかわからないですしね~
まあまた、季節が変わって、機会があれば訪れたいです。

シェフは結構面白い方のようなので、カウンターに座れば、いろいろお話出来るかもしれません。


 キャトルラパン

 住所
  北区堂島浜1-2-1 新ダイビル2階
 電話
  06-6343-8663
 営業時間 平日
  11:30~14:00
  17:00~
22:30(L.O.)
 営業時間 土日祝
  15:00~と19:30~の二部制
 定休日
  不定休
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

La Kanro(ラ カンロ)

<大阪市 東天満>

結婚記念日ディナーで訪れました。
行ったことないお店で良さそうな所ってことで探した結果、こちらが候補にあがってきたのですが、当初考えていた9日土曜日は既に満席、その後、7月の土曜日はすべて満席。でも、なぜか、2日は、まだ空席が!!!
ちょっと結婚記念日には、早いけど、どうする?って夫に確認したら、行きたいってことだったので、予約しました。
一休レストランで予約出来たので、そちらでネット予約。ネット予約すると、事前にメールで確認くるし、いろいろ安心だったりします。お店のHPから直接ネット予約も出来るし、食べログからも予約できます。

JR東西線 大阪天満宮駅から徒歩5分ぐらいです。
2号線の南側に出る2番出口から出て、東向きに歩いて、焼小籠包のお店を右折(南行)、最初の交差点を左折(東行)して、谷町筋の少し手前にひっそりとお店があります。
外から見ただけだと、バーみたいに見えるし、通りがかりの人が、入ってみようって思う店ではない気がします。ネットで情報がわかる世の中に感謝♪

Bdsc09942

Bdsc09943_3Bdsc09991

扉を開けて中へ
端正な顔立ちのスタッフさんが出迎えてくださいました。テルマエロマエ出れそう!と思ってしまいました。

カウンター8席のみのお店です。

Bdsc09944
革のテーブルマットの上に、ナプキンとメニューがおいてあります。
カトラリーがとっても重厚
大人の雰囲気
年齢的には大人だけど、中身が伴わないので、変に緊張(笑)

お料理は、おまかせの1コースのみです。(15,000円+税・サービス料10%)

まずは、食前の飲み物を聞かれました。
夫は、スパークリングを注文。私は、アルコールがダメなことを伝えると、水出しのお茶を薦められました。こういうのなんか嬉しい。普通のソフトドリンクは、やっぱり寂しいので...

Bdsc09946 Bdsc09947
カウンターの奥の壁には、ずらっと美しいワイングラスが並んでいます。いろんなワインを楽しんでもらうために、ロブマイヤーのグラスをメインに、1人当たり20脚のグラスが用意されているとのこと!
全然しらないグラスメーカーでしたが、一脚2万以上するグラスが勢ぞろい... ひぃ~
知ってたら、手が震えたかも(笑)

お茶も、ワイングラスに入れてくださいます。嬉しい♪
そしてすごく美味しいお茶 特選凍頂烏龍茶!
たぶん、ワインを楽しまれる方がほとんどだと思うのに、こんなに素晴らしいお茶を用意してくださっているなんて感激!

一品目 Amuse 胡瓜 毛蟹
Bdsc09948 Bdsc09949
お皿が芸術的
小さな胡瓜の上に、毛蟹が!他にも素材の説明ありましたが、ほとんど覚えられず。
ちなみに、このお皿は、シェフが説明してくださいました。
そういう立て付けにしてるのかな~?!
上に乗ってるお花は、奥がボリジの花(こちらは、大好きなアコルドゥさんでよく出てきていたので最初からわかっていました)、手前は胡瓜のお花(こちらも、花だけみたら悩むけど、胡瓜とセットで出てるから想像つきました)で、真ん中の2輪は?でしたが、フェンネルの花とのことでした。確かにフェンネルの味がするような気が...
こちらのお料理は美味しいんだけど、毛蟹が奥にひっこみすぎてるように感じました。フェンネルと一緒に食べた時は良い感じでしたが...
ミニミニきゅうりも隠れていて面白かったけど!

Bdsc09950
二皿目に行く前に、新しいワイン デギュスタシオンでお願いしました。飲める量をお伝えすると、加減してくださいます。ありがたい!

二品目 White Asparagus チョリソー アワビ
Bdsc09951
スプーンもなんかおしゃれ!
ホワイトアスパラガスは、クリーム状になっていて、チョリソーはジュレになっていました。
下には、アワビがゴロンゴロン入っていて、上には雲丹
なんだろ、めっちゃ美味しい♪
幸せすぎる♪ニコニコ笑顔になる!

パン
Bdsc09952
バターナイフが特徴的 お料理もですが、器もカトラリーもこだわりがいっぱい
ここまで来ると、ひとつの芸術作品ですよね

Bdsc09953
さらに、ワインは次のお料理用へと リースリング ラベルが可愛い!

3品目 Eggplant フォワグラ
Bdsc09954
フォアグラは、上にかかっているソースでした。
エッグプラントってなんだろう?どんなお料理だろうって話していたんですが、茄子のことだったんですね。
知らなかった...
これまた、悶絶ものの美味しさでした。

Bdsc09955 Bdsc09956
お茶も違うものがあるとのことで、おまかせでお願い 鳳凰単叢 蜜桃香だったかな?ちょっと違うかもしれないけど、香高くてすごく美味しかったです。
夫のワインも次のお皿にあわせて...

4品目 Open Sandwich 赤座海老 ホタテ
Bdsc09957 Bdsc09958
オープンサンドイッチってことで、どんなのが来るんだろうって楽しみにしていたのですが、予想を超えるものがやってきました。パンはどこ?見た目で、オープンサンド?って思ったら、説明で、具材の下のエスプーマがパンのエスプーマだそうです。すごすぎ!
ズッキーニやトマトやいろんな葉っぱに、赤座海老、ホタテどれもものすごく美味しいです。
何これ美味しい!と、この一皿を食べる間に何回言ったことか!!!
絶品でした!

いままでずっと白ワインでしたが、次のお料理にあわせたワインは、ロゼ
オーストラリアのグルナッシュ ラベルがモダンで良い感じ!
チェイサーもやってきました。グラスがなんともいえず可愛い♪
お水のボトルもおしゃれです。
Bdsc09959 Bdsc09960 Bdsc09962

5皿目 Comsomme 鮎
Bdsc09963
くー大人の味!
これが、鮎料理って、見ただけじゃわからないですよね
コンソメは鮎のコンソメ ちょっと苦味があって鮎の感じが伝わってきます。
鮎は苦手な魚なんですが、大人になるべく味わいました。
後半は、コンソメの苦味が気にならなくなって、さいごまで飲み干しました。
少し、大人になれたかな

さらに、新しいお茶 金賞肉桂と、つぎのお料理のためのワイン
金賞肉桂がまたすごく美味しかった。今回頂いた3種のお茶の中で一番薫り高い気がしました。何種類あったのかな~ 次に伺った際は、限界までチャレンジしてみたい気がしてきました(笑)
Bdsc09965 Bdsc09967

6皿目 Omble Chevalier オンブルシュヴァリエ 豆乳
Bdsc09968
オンブルシュヴァリエとは、フランスの川魚で、現地でも、幻の魚だそうです。アルプスイワナとも呼ばれるようです。すごく柔らかくて、美味しかったです。豆乳のソースと、わさびとたっぷりのキャビアと一緒に!

お肉料理用のワインは赤 スペインのピノノワール
飲めない私には、よくわかりませんが、スペインでピノノワールは珍しいとのこと!
しかも、ものすごく美味しかったらしく、我が夫は、お料理が来る前に、完飲(笑)
再度、注いでもらっていました。
Bdsc09969_2

7皿目 Piccata 仔牛ロース
Bdsc09971 Bdsc09972
絶品!
ピカタがこんなに上品に出来るなんて!!!
手前は、ジロール茸、ソースはオニオンって聞こえたのですが、そう思い込んでるだけかも、奥の白いのは、じゃがいもと思っていたのですが、それをつけて食べると、ビスクスープの味がするような気が...
混乱する
でも、ものすごく美味しい♪
なんだろ?なんなんだろ?この美味しいのはなんだ?と食べ進みました。
本当に美味しかった!

こちらは、内容がどんどん変わっていくので、次来た時は、もうこのお料理はないって思うと、一期一会なんですよね~(近い間に再訪すれば食べれるんでしょうが、それもね~)

またたくまに、お料理は終了 あとはデザート
まあ、ここまでに、1時間半以上かかってはいるのですが...

Citrus グレープフルーツ 蜂蜜
Bdsc09973 Bdsc09974
ピンクグレープフルーツに蜂蜜、キルシュのジュレ
ちょっと、私にはアルコール強かったかも
夫が大丈夫って聞いてくれた時は、美味しいし、大丈夫ってパクパク食べて完食したけど、その後、ちょっとほわんってなりました。アルコール弱すぎだ...

デザートワインも登場 カナダのコヨーテズランのワイン 名前が可愛い!
Bdsc09975

Coconuts ショコラ
Bdsc09976 Bdsc09977 Bdsc09978
大きなトリュフのような見た目
器はきのこみたいで可愛い!
手でつまんで頂きます。中には、ココナッツとブルーベリー
めちゃ旨!

食後の飲み物は、珈琲、紅茶、エスプレッソ、フレッシュハーブティーから選択
私は、迷わずフレッシュハーブティー アコルドゥさんが懐かしい(冬に奈良の東大寺の近くに再オープンされるのが本当に楽しみ♪)
夫はエスプレッソ
Bdsc09979 Bdsc09981
フレッシュハーブティー美味しかったです。幸せ♪

Bdsc09980

Bdsc09989
シュガーポットもオサレ

そして、なんとなんと、ミニャルディーズもありました。しかも、めっちゃオサレ
Bdsc09985 Bdsc09983
きれいな箱に可愛い小菓子
敷き詰めてあるのは、緑豆と、もうひとつの方は、伺ったのに、完全に失念

Bdsc09987 Bdsc09988
あー食べるのもったいない
奥の焼き菓子は、しっとりあっさり美味しい。胡桃をキャラメリゼしたものは程よい甘みでくるみの味が強く出てて悶絶ものの美味しさ!四角いチョコレートは、中がギモーブかなと一瞬思ったのですが、それとは違う、サクサクした感じで、何かわからなかったけど、めちゃ旨!

約3時間、どんなお料理が出てくるんだろうとワクワクし、予想外の外観に驚愕し、そして予想を上回るおいしさに、舌鼓を打って、楽しみつくしました。とても幸せな時間を過ごせました。
良い結婚16周年記念になりました。
夫は、この感動は、大好きなアコルドゥさん、ピ・グレコさんについで3店舗目と喜んでおりました。
創作系のお料理が大好きなんですよね
また、季節を変えて訪れたいお店です。

たまに、出てくる、厨房で働いてる女の子も可愛かった。笑顔がステキ!

ちなみに、お隣の席は、訪れたことがあるイタリアンレストランのシェフでした。4回ぐらいしか行ったことがないし、顔覚えてらっしゃらないだろうな~と思って、声掛けはしませんでしたが、プロも楽しむお店なんだな~と、しみじみ価値を実感しました。

こちらのシェフは福島のカモシヤクスモトさんご出身とのこと、私がアルコールダメなこともあって、カモシヤクスモトさんも躊躇しておりましたが、これは行かないとっ!って気分になりました。

お会計は、サービス料10%、税8%を足して、47,200円也
お茶が1600円、最初のスパークリングが1900円、デギュスタシオンは、7種類のワインを楽しんで、6500円でした。お料理のお値段と比べると、ワインが割安に感じました。これは助かります。結構、このクラスのフレンチやイタリアンに行くと、ワインだけで、1人1万円超えることが多いので...
そんなに、高級なワインを求めてない身の上にはありがたいです。

帰る際には、シェフも厨房から出てきてくださって、見送ってくださいました。ありがたや~

次は、いつ伺えるかな~


 La Kanro(ラ カンロ)

 住所
  大阪市北区東天満1-2-3 金屋ビル 1F
 電話
  06-6242-8586
 営業時間
  火~土
   18:00~
  日
   12:00~
 定休日
  月曜日
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NOUVE(ヌーブ)

<大阪市 北新地>

先日、誕生日を迎えました。
普段、当日にお祝いをしてもらうことは、ほとんどありません。
だって、毎日、まともな時間には帰ってこないので...

しかし、先日は、奇跡が起きて、当日祝ってもらえることになりました。
夫は、東京出張中だったので、最後まで、気が気じゃなかったですけどね。

21時から予約出来る、お祝いにふさわしいお店を探すのが結構大変でした。
最初、ねらっていた、スイーツバーは定休日でしたし...

遅くまでやってて、評判が良いってことで、新地のフレンチへ
北新地駅で、東京から戻ってきた夫と待ち合わせ
私は、いったん帰宅して着替えてから、行きました。(じゃないと、服が大変なことになってます(笑))

夜の新地は、いつ歩いても慣れない...
谷安ビル4階 
口コミ情報とかなかったら、絶対行かない場所にあります。
そう考えると、本当に、嬉しい世の中になりました。

Bdsc07551

夜は、ハーフコース(6000)があります。
Bdsc07552

入ってすぐが、テーブル席、奥がカウンター席
カウンターに通されました。
貸切状態!

Bdsc07553 Bdsc07556
美しいサービスプレートが置いてありました。

誕生日なので、夫は赤ワイン、私は赤ブドウジュースで乾杯♪
食事に適したブドウジュースをおいてくれてるお店嬉しいです。
Bdsc07555 Bdsc07554

アミューズ
Bdsc07558 Bdsc07557
自家製いくらとタルトとバターって合うんですね~
魚卵は、ちょっと苦手なので、いつも夫に食べてもらうのですが、これは、せっかく自分の誕生日で、一品目から、夫にっていうのも、なんかお店の方にも悪いな~と思ったので(苦手を聞かれた際に伝えなかったので)、一口食べてみたら、なんかすごく美味しかったです。

Bdsc07559
パンもすべて自家製とのことでした。
どれも美味しかったです。

Bdsc07560
お店からのサービス 生落花生
いけますね~

Bdsc07561 Bdsc07562
前菜
前菜とは思えぬゴージャス感!
中には、大きな帆立貝柱が隠れています。
そして、ポルチーニ茸のソースに、たっぷりのトリュフ!!!
美味しいのなんのって!
とろーんってとろけます。

メインは選べました。
いろんなお肉が揃ってました。
鶏、豚、牛はもちろんのこと
仔羊、鹿、鴨、鹿などなど
Bdsc07563
私は、3千円アップの、シャラン鴨を選択(誕生日なので豪勢に行ってみました)
さすがの、シャラン鴨美味しかったです。

Bdsc07564
夫は、2千円アップの鹿
普段、食べれないものを食べようってことで、鹿をチョイス
鹿って美味しいですよね。

デザートはなく、お茶菓子と食後の飲み物で〆です。
たぶん、お願いすれば、追加は出来ると思います。が、この日は、軽く食べるつもりだったので、ぐっと我慢(笑)
Bdsc07565
お茶菓子は、フィナンシェ、ギモーブ、スイートポテト
この写真を、Facebookに載せたら、友人が、「これは何なの?」って聞いて来たので、小菓子って答えたら、チーズと角煮と、あと一個なにかと思ってたって(笑)
確かに、そういわれると、ギモーブはチーズにしか見えない(笑)

Bdsc07566 Bdsc07567
美しいカップで、紅茶と珈琲

せっかくの貸切でしたが、シェフは寡黙な方だったので、引込み思案の私達が話しかけられるべくもなく
二人だけの会話を楽しみました。
チャンスなのにね~

サービスの女性は、とってもチャーミングで可愛かった。
なんか、笑顔がステキで、ちょっとドキドキしてました。

ワイン1杯は、コースについてるので、そう考えるとお得ですが、追加するとなると、グラスで1500円とかになるので、やっぱり新地はハードル高いな~というのが最終的な感想です。
お料理は文句なく美味しいし、落ち着いた雰囲気も素晴らしいのですが、リピートするかってなると、ちょっと難しいかもな~って印象です。まあ、家の近所に、素晴らしいフレンチがあるせいかもしれませんが...

でも、久々の、誕生日当日のお祝い、とても幸せでした♪


 NOUVE(ヌーブ)

 住所
  大阪市北区堂島1-3-4 谷安ビル4F
 電話
  06-6341-0141
 営業時間
  11:30~13:00(L.O.)
  17:00~23:00(L.O.)
 定休日
  日・祝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Point(ポワン)

<大阪 福島>

もう何回目なんだろうか...
大阪ナンバー1フレンチが、自宅から5分程の距離にあって、隔月ぐらいの間隔でリピート
超絶幸せ♪
でも、それも終わり...
最初から、1年通おうって決めていたのですが、あまりにも美味しくて、離れるのが名残惜しくて、ずるずる延長していましたが、ちょっと、そろそろ他のレストランにも行ってみたいと思い リピートしないことを決意
まあ、すぐに後悔して、またリダイヤルしまくって、訪れるかもしれませんが...

定番のアミューズ
ケークサレは、今回はかぼちゃ ウニのムースの下もかぼちゃ
それに、ホロホロ鶏のレバームース、フォアグラのレーズンサンド、オマール海老のコロッケ
Bdsc07593 Bdsc07592

イタリア産 ポルチーニ茸のロワイヤル
Bdsc07594
ポルチーニ♪

Bdsc07595 Bdsc07596
パンはいつものル・シュクレ・クールさんのものなんですが、バターがちょっとビックリ!
大きくなってます(笑)
ホールスタッフさんも知らされていなかったらしく、燻煙のガラスカップをあげたとたん驚かれたそうです(笑)
なんか遊び心があって楽しい♪
でも、皆様そんなにバターを使われるのかしら...?!

北海道産サンマとサフランのジュレ
Bdsc07597 Bdsc07598

日本ウズラのコンソメ
Bdsc07599
コンソメが美味しい...

長崎県産 ノドグロのポワレ 香草のソース
Bdsc07600
アワビとか銀杏とか...
夫は、このお皿が超気に入って、帰宅後も、ノドグロ美味しかったな~とつぶやいておりました。

Bdsc07601
お口直し 水出しフルーツハーブティー

スコットランド産 コルベールのロティ
Bdsc07602
ジビエです。青首鴨とのことです。
色とりどりの添えは、すべて人参とのことです。
美しい!
芸術作品のようです。
でも、ジビエの良さは、私の舌では、まだまだよくわかりませんでした。
美味しいんですけどね。最高!とはならない感じです。

ブリー・ド・モーとサマートリュフ
Bdsc07604_2
黴系のチーズが苦手な私ですが、かなり克服してきました。
でも、夫が大好きみたいなので、半分あげました。

洋ナシのタルト
Bdsc07605
想像の斜め上のものがやってきました。
あ~でも美味しい♪
洋ナシのタルト大好きなんですよね~♪
田舎育ちで、洋ナシってものを良く知らなかったのですが、今は亡き堂島のムジカティーさんの洋ナシのタルトを食べてから、大ファンになりました。

トリュフに見立てたトリュフと栗のスープ
Bdsc07607
ほんとに、きのこのトリュフのようなチョコレートのトリュフ
美味し~♪

ミニャルディーズ
Bdsc07608
マスカット、ピスタチオのマカロン、いちじく
いじぢくが磯辺巻みたいで面白いです。絶品でした。

至福の時♪
また戻ってこれますように!


 Point(ポワン)

 住所
  大阪市福島区福島3丁目12-20 ツインコート1F
 電話
  06-6455-5572
  予約電話は10:00~17:00まで受付  一か月前の予約可能
 営業時間
  12:00~13:00(L.O.)
  18:00~20:00(L.O.)
 定休日
  月曜日
 お店の公式HPはこちら   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧