とんかつ栄ちゃん

<千葉 西船橋>

夏休みの旅行のチケットを受け取りに、JRの駅に行く必要ありってことで、どの駅に行くか悩んだ結果、雨ってこともあって、電車で移動して、交通費も少なめにいける西船橋に決定!
そして、西船橋駅付近のランチ処検索。
とんかつ大好きな夫に、こちらのお店がヒットしました。

西船橋駅からは、徒歩6分。(南口より)
駅前っていうよりは、もう住宅街って感じの場所で、えっこの先、お店とかあるの?って不安になりながら歩きました。日枝神社の少し手前にあります。
行列はなかったですが、満席で少し店前で待ちました。
Dsc04862 Dsc04866
Dsc04863
店主さんからのメッセージに期待が高まります。
綺麗な字だなぁ

全国各地のブランド豚を仕入れて提供してらっしゃいます。
この日は、米の娘ぶたが一押しなのか、店前に看板ありました。
Dsc04864
日によって違うので、HPを見ると良いと思います。
詳細は確かめていませんが、肉の予約なんかも出来る気がしました。
(翌日から出るメニューがすでに予約で完売って記載があったので…)

Dsc04865
店前には、亀さんがいました。

しばし待って入店。
カウンターに着席。
奥には、テーブル席もあって、想像していたより広かったです。

悩んで悩んでメニュー決定。
Dsc04869
夫は、飛騨旨豚の厚切りロースかつ(2400)
飼料にこだわった岐阜の豚さんです。

私は、ヒレ好きなので、どろぶたのひれかつ(2300)烏龍茶付きです(笑)
どろぶたは、北海道十勝産!広大な土地で、泳いだり、歩いたり、土を掘ったりと自然のままに泥んこになりながら健康に育った豚さんとのこと。

店主さんは、美味しい豚さんを求めて、フランスまで行っちゃうような、豚にこだわった方!
すごいです。
期待がどんどん高まります。

カウンターには、次に運ぶ定食のお膳がセットされていくのですが、そこに烏龍茶がセットされるたびに、次かな?次かな?ってドキドキしながら待ちました。これが結構長い…
じっくり揚げるから時間かかるって書いてあったもんな〜って理解しながらも、長いと感じたので、いらちの方には向かないお店です。奥に、あとどれだけ席があるかもわかってなかったので、余計に長く感じたようにも思います。

そして、待ってる間に、気になったのは、ご飯のサイズ。
お茶碗サイズと丼サイズがあったのですが、特に聞かれてないし、丼で来たらどうしよう?いまのうちに、ご飯少なめって声かけた方が良いのかな?でも、忙しそうだしなぁと、オロオロしてたら、私たちの番が来たらしく、ご飯のサイズどうしますか?って聞かれました。ほっ。迷わずお茶碗サイズでお願いしました。

Dsc04867Dsc04868
まずは、飛騨旨豚の厚切りロースかつ
ナスのフライもついてます。
胡麻は出来れば事前に擦りたいなぁ

Dsc04870_2Dsc04871
そして、どろぶたのひれかつ
こちらには、少し違うたれがついてました。
そして、一口カツ2枚と、切ったものが4枚とナスフライ!
塩、ついてたタレ、ごまを擦ってスタンダードなたれ全部試しました。
どれも美味しくて、もっとお肉欲しくなる!
ってか、お肉ひれもロースもめっちゃめちゃ美味しいんですが!!!
それなりにお値段は、しちゃうけど、これだけのクオリティーが保証されてるのだから、また来たいって強く思いました。これは美味しい!
ついてる豚汁も、美味しかったし、こだわりを感じました。

まあ、夫がとんかつ大好きだから、また確実にお世話になるでしょう。
いろんな豚が食べたいな♪

テイクアウトもあるようです。ご近所の方がうらやましぃ〜。
ちなみに、席の予約はできないようです。

 とんかつ栄ちゃん

 住所
  千葉県船橋市葛飾長2−446
 電話
  047-435-6922
 営業時間
  11:30〜13:30
  17:30〜21:00
 定休日
  月曜日、木曜夜、不定休あり(HP参照のこと)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿司栄

<千葉県千葉市>

結婚記念日の記念ディナー
生ハムが有名なイタリアンにしようと思っていたのですが、予約できず…
それならばと、方針を変えて、千葉県の美味しいものを食べにいこう!ってことになりました。

当時、千葉県No.1は、イタリアンのウシマルさん!
ただ、ここは遠いです。山武市なので、ほとんど九十九里!先日、近くまでいったのですが、自転車なので、こういうお店とは相性が悪い…
いついけるのやら

そして、二番目が、こちらのお店。
お寿司かぁと思ったけど、口コミ内容を読んでいると、なんかすごく良さそう!
記念日が和食だと、がっかりすることが多かったので、どうかなぁと思いつつ、予約しました。

最寄駅は東千葉ですが、住宅街の中にあるので、駅歩1Kmぐらいあり、15分ぐらいかかりそうです。なので、みなさんタクシーでこられる感じでした。それなのに、私たちは、さらに遠いモノレールの駅千葉公園から徒歩りました。健脚ゆえに(笑)
食事以外は節約する姿勢です。

Dsc04556 Dsc04495
普通のお寿司屋さんの店構えです。
浦安にある町のお寿司屋さんとなんら変わらない雰囲気。でも、何かが違うはず!
どきどきしながら扉の中へ

カウンター席に着席
目の前には、ガラスケースがあり、ネタがずらーっと並んでいます。
最近の高級寿司店ではあまりみかけなくなった光景です。ネタが桐箱から出てくること多いですよね。

あらかじめコースで頼んであります。
確か、値段が3コースぐらいあったように思うのですが、完全に忘れました。記念日なので、一番良いコースにしたような気はしています。

まずは、飲み物注文。
夫はおまかせで冷酒、私はウーロン茶
Dsc04496 Dsc04497 Dsc04498
おまかせの冷酒は、大将が名前を言って、ホールスタッフの方が用意するしくみ。冷蔵庫の中の位置も、大将は記憶しているらしく、右の奥とか指示が飛びます。すごいな。
最初の冷酒は、亜麻猫さん。かわいらしい名前です。ひょうたん型のお調子も美しい。

Dsc04499 Dsc04500
突き出しは、白子なんですが、私は内臓が苦手な旨を伝えていたので海藻。
あー記憶力がダメダメなので、完全に名前失念。コリコリしていて美味しかったのですけど。
海藻だけど、貴重品で高級とのことだったのですが…
m(_ _)m

Dsc04502
本日使っているわさびです。ってやってきたわさびがすごい立派。ほれぼれしちゃいます。

そして、コースが始まりました。
Dsc04501
まず大胆に、海ぶどうが飛んできました(笑)
塩抜きしてある分が、きれたようで、この後、おまたせの言葉と共に、また追加されました。
特に、私のは少なくて、少ないなぁとは思っていたのですが、お酒飲まない人だから少なめとか調整してるのかなって思ってました。

Dsc04503
一週間寝かせたシマアジ
ちょっと燻してあって良い燻製香。わさび醤油でとのことだったので、その通りに頂きました。
うーん。めっちゃ美味しいです。つかみOK!
そして、次々やってきます。
Dsc04505 Dsc04504
富山の白えび 夫のはたまごのせ、私のは竹炭塩のせ
甘くて美味しいです。
Dsc04506 
Dsc04507
ほたて
2切れあるので、ひとつは塩わさび、もうひとつはわさび醤油で…
悶絶。そんな大きなホタテ?!ってびっくりするほど大きな貝殻でした。すごいわ!


Dsc04508
のどぐろ
脂がのってるので、わさび多目での指示あり
真ん中にわさびをのせて、パタンと折ってお醤油につけて頂きます。
うまーい。のどぐろ最高!


Dsc04509
黒むつ

Dsc04511 Dsc04510
ここで夫は、冷酒チェンジ
次に選んでもらったのは、飛露喜(ひろき)。おちょこが青いガラスの涼しげなものに変わりました。


Dsc04512
海うなぎ
あっさりしてました。うなぎがちょっと苦手な私もこれなら大丈夫!
Dsc04513 Dsc04514
カレイ肝巻き
Dsc04516
蒸し鮑
Dsc04517
本ミルガイ
怒涛のように続きます。全部美味しい♪
夫は、お寿司じゃないの?的な不安も出てきたようです(笑)
Dsc04518 Dsc04523
ゴマフグの白子 炭塩 私にはのどぐろの塩焼き
白子も美味しかったようですが、夫いわく、のどぐろの方が美味しいと!勝った!
いやーこの、のどぐろ、めちゃくちゃ美味しかったのですよ。身もふっくらとしていて…
内臓苦手でラッキーしました。

Dsc04521 Dsc04519
次はカニ!黄金カニさんです。紅ずわいがにと松葉カニの合いの子で、1000匹に1匹しか水揚げされない貴重なカニとのことです。普通は住む場所が違うのでハーフはありえないらしいのですが、金沢近海でだけとれるハーフカニとのこと!はじめて知ったなぁ
Dsc04520 Dsc04522
手で受け取ってくださいとやってきたのは、黄金カニの握り 上には泡醤油!
美味しいです!って当たり前か!
かにみそは夫のみ。濃厚で美味しいと、酒のアテにするすると食べてました。

さあ、ここから、いよいよ、お寿司のはじまりです。
Dsc04524
生姜がごろんとやってきました。これがお寿司はじまりの合図なのかなぁ。
みなさんに、どんなネタが好きですか?と聞いてらしたので、好みも考えて握ってくださるようです。
海老!と迷いなく伝えました(笑)
そしたら、間髪いれず海老がやってきました。
Dsc04525
富山のえび
めちゃめちゃ贅沢なんですけど!!!
身が厚くて甘くて美味しい!!!

Dsc04526
冷酒チェンジ 次はNIWARINGO お酒っぽくない可愛いボトル。ワインみたい!

Dsc04527
卵焼きで休憩
これがまた美味しいのです。
あーいっぱい食べたい!
Dsc04528
毛ガニとトロの組み合わせ
うんまー
そして、怒涛のように今度はお寿司が!
Dsc04529 Dsc04530
マコガレイ
Dsc04532
ウニを箱のままみせてくださいました。
Dsc04534
バフンウニとムラサキウニともう1種類
私は、オレンジの濃い色のが一番好みでした。
ウニはそんなに好みではなくて、最近、食べ始めたところなので良くわかっていません。
もったいないことです。

Dsc04535
のどぐろ
ひゃーのどぐろは握りも最高!
Dsc04536
ネギトロ丼
ものすごく小さい丼です。可愛い!
Dsc04538
アナゴ 塩 たれ
大満足。アナゴが嫌いだったの嘘みたいです。
美味しい。夫は狙ってましたけど(笑)
Dsc04539
普通の薄切りの生姜もやってきました。

Dsc04540 Dsc04541 Dsc04547
イシガキ貝
すぐ食べてくださいとのこと!
あっつあつを頂きました。
はじめて頂きました。珍しい貝とのことでした。美味しかった。
実際の貝もみせて頂いて、カウンターの上に鎮座してたのですが、途中から大暴れ。
べろ〜んってガラスを舐め回していたのですが、そこは写真撮れず(笑)
Dsc04542
アマダイ
上品!
Dsc04543
アカガイ
美しい!そして美味しい。貝好きになったなぁ。
子供の頃は食べれなかったのがうそみたい!

Dsc04544
鯛の潮汁
どーんとどでかいです。頭が入ってました。結構身もありました。
出汁が美味しい!
そろそろ終わりかなぁ
結構お腹もいっぱいです。
でも、まだいけますか?って聞かれて、もうちょい行けますとお返事!


Dsc04545
アオリイカ
まだ行けますって答えてほんと良かったって思った一品
Dsc04546
カツオ
これまた美味しい♪
Dsc04548
白えび
えび好きなので、白えびも握りで!
Dsc04549 Dsc04550
うに
うには、そのままより、握りの方が美味しい♪
たぶんこれは、私がお酒を呑まないからだと思います。
米と合うのよね。うにには、米が必要なんだと思いました。
こちらも、手のひらで受け取るタイプでした。
Dsc04552
かました
お肉みたい!うまー♪
これは、3本指で受け取ってくださいって!
なんか楽しい♪
Dsc04553
金太郎イワシ
船橋で獲れるらしいです。
Dsc04554
トロ手巻き
海苔がめちゃうまなんですけど!
いい海苔使ってらっしゃるんでしょうね〜♪

なごり惜しいけど、そろそろお腹の容量がなくなりそう。
〆にしました。

Dsc04555
最後は、ほおずき。
ほおずきってこんなに美味しいの?!
初の美味しさな気がする。

大満足の結婚記念日ディナーでした。
お会計は、5万ちょい
私たちにしたら、かなりの高額出費ですが、銀座のお寿司屋さんとかで同じことしたら、この倍ぐらいしそうな内容です。
お店の雰囲気も、大将さんも、いい感じでした。
また、来れるように頑張らないとなぁ♪

常連さんらしき方も何組かおられて、いい関係を築いてらっしゃる感じでした。
そして、皆さん、帰りのタクシーを呼ばれる。
私たちは、帰りもテクテク東千葉!健脚ですから(笑)
この日は、なんと1万8千歩でした。

 寿司栄
 
 住所
  千葉県千葉市中央区道場北2-3-8
 電話
  043-224-1683
 営業時間
  18:00〜
 定休日
  日曜日・祝日(完全予約制)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんき 目黒店

<東京 目黒>

夫はとんかつが大好物。
大阪在住時、東京出張ばかりだった頃、一人で、何店舗かとんかつ屋さんを訪れていて、とても気に入ったお店に、いつか私を連れて行きたいと思っていてくれていたようです。
その一つがこちらのお店!

たまに、夫が目黒で仕事のことがあるので、その際に、行こうと狙っていたそうなのですが、直帰じゃなかったり、定休日だったりで、なかなかタイミングが合わず。

しかし、先日、いきなりその日がやってきました。
私は、お仕事休みで、家にいた平日の夕方。
仕事が早く片付きそうで、しかも目黒にいるから、とんきさんに行ける!っていうLINEが来ました。
その際、外出中で、しかも掃除を後回しにしていたので、少し焦りましたが、なんとか行けそうだったので、OKの返事をして、いそいそと目黒までお出かけしました。

目黒って、以前、東急目黒線の西小山に住んでた際には、山手線への乗り換え駅としてよく利用していたのですが、あんまり街を歩いたことがなく、駅構内しか懐かしい場所がなかったのが驚き。昔は、どんだけオタクな人だったんだか(笑)
今なら、自転車で付近を走り回っているはずなのに…
まあ、昔も、鮫洲まで、ママチャリで行ったりはしてましたけどね。

とんきさんの話に戻ります。
Dsc04330 Dsc04329
オープン前に、夫が通りがかった時は、店の外に、6人ぐらい並んでらしたそうです。
私たちが、行くと、店の外に行列はなかったですが、中には、待ち用の長椅子に、たくさん座ってらっしゃいました。立って待つ人はいないぐらいの混雑。
風が強い日で、暖簾がわけわかんない感じになっちゃってました。

待ち用の長椅子は、特に順番に座ってる風でもないし、名前を書く紙もないし、どうするんだろう?と思っていたら、カウンターの中から、何にします?といきなり注文を聞かれました。
メニューは簡単で、ロースかヒレか串カツの三択のみで、それを定食にするか、単品で頼むか。
あとは飲料ですが、それは後でも良さそう。
ロースかつ定食(1900)とヒレ
かつ定食(1900)を頼んで、適当に着席。

お店はとっても綺麗で、広いカウンターだけになっています。(日本橋の天ぷら飯金子半之助もそのような作りでしたが、さらに広い感じ)
ただ、二階席もあるみたいなので、そちらはどんな感じなのかわかりません。でも、今回一階で良かったなって思います。おじさまたちが働いてる姿をじっくり見学できたので…
調理場は、バックヤードもあって、そちらの様子は、見れませんが、カウンターの中は、ひたすら肉に衣をつけて油の中に投入する人、大きな天ぷら鍋を数個管理して上げどきを見極めてカットする人(この方はかなりのご長寿、背中も曲がっているけど、矍鑠とカツの番人されてました)、お皿に付け合わせをセットする人、お客さんの様子を見て、話しかけたり、キャベツを追加したり、ご飯のお代わりを運んでくれる人、そして、最初に注文を聞いてくれて、席の采配をする方。
素晴らしい連携プレイ!

20分ほど待って、やっと席に案内されました。
カウンターの席には、あまり荷物を置くスペースはないので、荷物は、長椅子の上の網棚みたいな所に置きます。入り口側の席は、棚が遠いので、荷物カゴを用意してくださっていました。

Dsc04323 Dsc04324
白木のカウンター美しいです。
ここから、さらに20分ほど待ちました。
その間もずっとカウンターの中の様子を見学。
揚げたてのカツを手でつかんで切る。手はどうなっているんだろう。熱くないのかな〜。
まあ、海外に、揚げ油に手を突っ込んでる人とかもいるから、人間の能力ってすごいです。
究極は、意志の力でどこまでコントロールできるのだろうか…
あと、カウンターには、ちらほら外国の方も!
外国語対応もバッチリでした!
厨房の中には、外国っぽい方いたけど、それは単に日本人で顔が濃いだけかもしれない(笑)
でも、これだけ人気なら、修行して、国に持って帰るなんて人もいそう!

Dsc04326 
Dsc04328
ヒレかつやって来ましたぁ〜♪
食べやすいように、縦横にカットされています。
あまり普段からしをつけることはないのですが、からしをつけて食べるのがちょうど良い感じ!
美味しいです。
Dsc04325

Dsc04327
ロースもやって来ました。
数切れもらいましたが、ロースも美味しい♪
脂が苦手なので、あまりロースは食べない私ですが、これならいけるかも!

串カツも気になっていたのですが、待ってる間に、他の方の注文を聞いてて、串カツを単品で頼んで、一人前二本なので、二人だったらそれぞれ一本ずつ皿に載せるなんて技もできるようです。次回はそうしよう!

大満足して最後はお会計。
そのまま席での清算です。
お隣の若い女の子達が私達のちょっと前に清算。
その際、小さいお菓子の袋をもらっていたのを、へぇ〜そんなサービスあるんだぁと何気なく見ていました。
で、私達のお会計の時、「隣で見られてたからなぁ」とお菓子の袋を頂きました。
Dsc04331
む!さては、若い女の子だけへのサービスだったか(笑)
その一言がなかったら気づかんかったのにな(笑)
お茶目なおじさまでした。


 とんき 目黒店

 住所
  東京都目黒区下目黒1-1-2
 電話
  03-3491-9928
 営業時間
  16:00〜22:45
 定休日
  火曜日・第三月曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

是山居(ぜざんきょ)

<東京 門前仲町>

ホワイトデーのディナーはどこに行こうか?とずっと悩んでいたのですが、ホワイトデー近辺には、都合がつかず、少し遅れて記念日ディナー
空いてるお店ないかなぁと検索していると、バレンタインの時に、諦めたこちらのお店が空いてるではないですか!!
夫に確認して、早速、オープンテーブルで予約!
と思ったら、なぜか、席が空いてるのに、オープンテーブルでは、満席になりましたと、言われる。
念のため、電話してみると、空いてるとのことで、予約できました。良かった。
どうも、オープンテーブルとは相性悪いです。

当日、17時という早い予約時間
というのも、こちらのお店は、総入れ替え制なので、次の予約は19時で、そちらは満席でした。
多少の時間の開きはあるようですが、17時30分までには、皆さんお揃いだったように思います。

門前仲町は、以前、住んでいた清澄白河のお隣の駅なので、何度か訪れていましたが、10年近く前に1年だけのことなので、すっかり忘れています。
昔は、あんまり食の宝庫ではなかった気がするのですが、今は、いいお店がたくさんあるようなので、東西線で一本だし、これから色々楽しみなエリアです。

Dsc03268
Dsc03269
Dsc03270
17時少し前に、お店に到着
なんか外観から異彩を放っています。
早すぎるかなぁと、お店の外観を撮影していると、お客さんが入っていかれる。
あっ大丈夫なんだと、私たちも入りました。
まずは、三階の待合室へどうぞ
とのことで、エレベーターで三階へ
靴を脱いで、待合室へ入ります。
美術品的なものが、たくさん飾られています。
Dsc03271  
Dsc03272
Dsc03273
Dsc03274
時間になると、一階へどうぞと案内されたので、靴を履いて、一階へ
今度は階段で降りてみました。
踊り場には、たくさんの仏像
店主さんのご趣味なんでしょうね。
これ、価値がわかる人には、たまらないものなんですかねぇ
数が多いので、圧倒されます。
Dsc03275

二階には、お座敷があるようですが、私達は、一階のカウンターへ
靴を脱ぎます。これ、ちょっと面倒です。

Dsc03276Dsc03277Dsc03280
まずは、大根おろしと天つゆを入れておいてくださいと言われました。
大根おろしは、たっぷりあります。少なくなると、新しい大根おろしを出してくださいます。
この大根おろしがまた美味しいのですよ!
なんか、棘がなくて、まろやか!これだけでもいけます!

Dsc03278
夫は最初は熱燗、後に冷酒、私は、ガス入りのミネラルウォーターで…
なんか頼まないとなぁって思ってしまったけど、あったかいお茶をいただいても良かったかもな…

Dsc03279
まずは前菜をいただきます。

そして、お待ちかねの天ぷらが始まります。
目の前で揚げられていく天ぷらがサッと来たら、パッと写真をとって、即座に頂きます。
お店からのお願いとして、
「天ぷらは 時間、間、呼吸、と 小さく刻んだ 時を食べる物です有ります。間髪を入れず召し上がって頂けると幸いです。」と記載されています。
多分、写真撮ってても、そこには抵触せずに素早く食べていたと思います。

最初は、車海老
Dsc03281Dsc03282Dsc03283
2尾と頭
これが、すごく美味しい。天ぷらは蒸し料理っていうのがよくわかる感じです。
塩で頂くのが美味しい!

Dsc03284
2つめは、キス
これまた美味しい♪
半分に分けて、塩と天つゆ両方楽しみました。やっぱ塩かなぁ〜

Dsc03285Dsc03288
墨イカ
悶絶!

Dsc03286Dsc03287
お吸い物

Dsc03289
うに大葉巻
二人ともうには苦手なのに、これめっちゃ美味しかった!!!
仕込みの様子見てたけど、どうやったらこんなに綺麗に大葉を揚げれるのかわからなかった…

Dsc03290
たらの芽 春の味ですねぇ〜

Dsc03291
しらうお
こちらは、春のスペシャリテですね。
4人分を一度に揚げておられたので、すごくにぎやかでした。
夏はあゆやぎんぽう、秋ははぜなどになるようです。

Dsc03292
めごち
初めて食べたかも!白身の美味しいお魚です。

冬ならここで、菊子(白子)とのこと!
気になったのは、パンフレットに、英語名が、Edible Chrysanthemumってなってたこと(笑)
外国の方に伝わるのかな???
まあ、こういうお店に来る外国の方は、もしかすると私なんかより日本の伝統に詳しいから大丈夫かな。
ちなみに、訪れた日も、半分ぐらい外国の方でした。一人で訪れてらっしゃる方もいて、すごいなぁって思いました。

Dsc03293
穴子
長いまま、敷き紙の上に置かれたのち、お箸で一刀両断です。鮮やか!
そして、ふっくら美味しい♪
私、穴子苦手なはずなんですが…
ハフハフ全部食べちゃいました。

野菜は、一人2種選べます。
先に、夫が、アスパラ、しいたけを選択。
クー私も、アスパラ行きたかったけど、ここは、別のものいっとかないと…
茄子とさつまいもを選択
あとは、ししとうがあったかな

Dsc03295
しいたけ大っきい!
お行儀悪いですが、少しかじらせてもらいました。
美味しかった♪

Dsc03297
アスパラ
夫は穂先を、私は軸を頂きました。
これが、ものすごく美味しかった。過去に食べたアスパラガスの中で一番美味しかったかも。
今回の天ぷらの中で、衝撃の度合いとしては、このアスパラガスが私の中で一番でした。

Dsc03298
なすは、普通だったかな

Dsc03299
さつまいも
これは、甘くて、ホクホクで美味しかった♪

お腹は、結構、満足なんですが、野菜の天ぷらもっと食べたい気持ちになりました。
価格帯的に合わないのだろうけど、高級天ぷらで、高級素材ではなく、野菜とかリーズナブルな素材を最高の技術で揚げたもの食べたいなぁって思ってしまう。で、一万以内に収まってくれるとありがたいのだけど、なかなかそれじゃ商売にならないのかなぁ

最後は、はし羅のかき揚げ
天丼か天茶か聞かれます。
私は天丼、夫は天茶!

Dsc03300Dsc03301Dsc03303
これは、天茶が正解!
いや、関東の人は、これでいいのかもしれないけど、天丼のタレが濃すぎるのです。
せっかくの天ぷらが勿体無いよ〜
めっちゃ美味しいのに、甘いタレの味になっちゃう
次があるかわからんけど、次は絶対に天茶!

っていうか、常連らしき方は、白ご飯とかき揚げ食べてらっしゃいました。
そんな選択もあるのか!!!
どうやって頼むのかしら、ドキドキ!

Dsc03304
天茶 これは、素直に美味しい♪
絶対こっち!間違いない!

Dsc03305
デザートは花豆
夫硬直(笑)
少し食べましたが、残りは全て私へ
まさかラストで、豆が出て来るとはね
和食のお店のデザートは、水菓子が多いですが、豆も注意しとかないとですね。

暗くなって、すごく良い雰囲気になっていました。
この生垣のおかげで、お店の中からの雰囲気が、街中感を感じさせないようになっています。
Dsc03307

二人で、四万弱 めちゃめちゃ贅沢な時間でした。
ここに常連で通うようなことは、まだまだ、いろんな意味で無理ですが、最高級の天ぷらに触れていい経験にはなりました。何より美味しかった♪
ごちそうさまでした。

 是山居(ぜざんきょ)

 住所
  東京都江東区福住1-3-1 乙ビル
 電話
  03-3643-8383
 営業時間
  11:30〜13:00
  13:00〜14:30
  17:00〜19:00
  19:00〜21:00
 定休日
  水曜日
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井泉本店

<東京 上野>

夫が久々に有休をとった日
丸の内でアフタヌーンティーの後、秋葉原へ移動し、その後テクテクと上野へ
ちょっと時間が早かったのですが、せっかく上野にいるんだしと、食べて帰ることに!
夫の大好きなとんかつの老舗があったのでそちらへ

井泉さん!
もとは、「セイセン」さんだったようなのですが、いつの間にか「イセン」と親しみを込めて呼ばれるようになったそうです。
昭和5年創業です。
そして、かつサンド発祥の店らしいです。いつか食べて見ないとっ!

Dsc03219  Dsc03220  Dsc03218
老舗っぽい外観です。ガラス戸は入り口専用で、出口は隣にあります。
店前には、可愛いキャラクターもいます。
一階がカウンター席と少しテーブル席があり、二階には広いお座敷があります。

Dsc03221
メニューは、カツ中心ですが、定食、丼物、サンドウィッチ、ハンバーグ、肉団子、オムレツなど洋風メニューや、豚の唐揚げ、かに玉、焼き豚など中華風メニューもあります。
後、蟹と胡瓜のサラダも気になります。写真もつけてアピールされてるので… 名物なのかな?!

夫はかつ丼(1350)、私は、夫とかつをシェアする前提で、色々食べたかったので、盛り合わせ定食(1950)にしました。

Dsc03214
お茶は、急須付きでくださいました。自分で足せるのでありがたい

カウンターの中を見ていると、皆さん役割分担がはっきりしてて面白いです。
揚げ担当の方は、ずっと揚げてらっしゃいます。
で、切り担当の方は、熱々のカツを専用のまな板の上で切るのと、豚汁の管理
豚汁は、寸胴鍋にすりきりいっぱい入ってる時があってすごいです。

Dsc03215
盛り合わせ定食 海老フライ、一口ヒレカツ、ホタテ、海老コロッケ ごはん、豚汁、香の物
ご飯は少なめをお願いしたつもりでしたが、結構多い(笑)
カツはサクサクでとっても美味しいです。
幸せだ♪

Dsc03216
かつ丼
これは!かつ重では?!まあいっか(笑)
こちらも、美味しいです。
やっぱ、美味しいお店は良いなぁ

上野の松坂屋、日本橋の高島屋、丸ビルにも入ってらっしゃるし、お弁当やサンドウィッチもあるので、また旅行の時とか、利用したいなって思います。


 井泉本店

 住所
  東京都文京区湯島3-40-3
 電話
  03-3834-2901
 営業時間
  11:30〜20:50(日・祝は20:30)
 定休日
  水曜日(祝日は営業)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本橋 天ぷらめし 金子半之助

<東京 日本橋>

日本橋で、日本一早いお花見鑑賞の後、こちらに並びました。
天丼と天ぷらめしと悩んだ結果、私がまだ食べたことない方を優先。
まあ、夫は、天丼はテイクアウトで食べてるしね

お店の近くに行くと、あっあそこがお店だなってわかる感じの行列。
10人以上並んでいたでしょうか…
寒さがこたえます。
お店の真ん前には、ストーブが2機と、あったかいお茶も用意してくださっています。
注文は、並んでいる時に、お店の方が聞きに来てくださいます。
ご飯少なめとかは、その時に、伝えないといけないようです。伝え忘れて、めっちゃ多かった。全部食べましたけど(笑)

Dsc03014

Dsc03015

席は、真ん中の厨房をコの字型に囲むスタイルです。
扉の近くは、開くたびに寒そうですが、そこもきっちりストーブが用意されています。
私たちは、奥の席になったので、ラッキー。寒くない!
コートなどは、壁にかけれるようになっています。

着席して、程なく、お茶、ご飯、お味噌汁、天つゆがやって来ます。
Dsc03016

テーブルには、山椒、醤油などと、取り放題のアテ
Dsc03018

Dsc03019
一応全て食べてみました。きんぴらと、いかと、漬物 どれも美味しい♪
夫は、生ビール(550)も頂きました。

次に、天ぷら第一弾がやって来ました。
ちなみに、夫は穴子(1380)、私は海老(1380)を注文しています。

Dsc03020
穴子、舞茸、烏賊のかき揚げ、インゲン、玉子

Dsc03021
海老2尾、舞茸、烏賊のかき揚げ、玉子

烏賊のかき揚げが、フワンフワンで超美味しいです。
たまらんです。
夫は、これが、1380ってめっちゃ安いと感動しておりました。

玉子は、ちゃんと食べ方を説明してくれます。
ご飯に乗せて、山椒と醤油をかけて崩して食べると…
Dsc03022  Dsc03023
これは!!!
めちゃめちゃ美味しいです。

そして、天ぷら第二弾
Dsc03024
穴子の方の撮り忘れました。m(._.)m
さつまいも、かしわ、海老2尾 穴子は海老1尾だったかな

私たちは、これで十分満足でしたが、追加オーダーもできます。

待ち時間は寒かったけど、大満足の夕食でした。
ちなみに、20時過ぎぐらいから、並ばずに入れる感じでした。
もっと遅く来たら良かったかもと少し思いました。まあ、日によってわかりませんけどね。

接客も良いし、ほんと、いいお店だなって思います。
ただ、高級天ぷらと違って、ちょっと胸焼けはしました。歳だなぁ…

 日本橋 天ぷらめし 金子半之助

 住所
  東京都中央区日本橋本町1−4ー3
 電話
  03-6262-3734
 営業時間
  11:00〜21:30(月〜金)
  10:00〜20:30(土日祝)
 定休日
  年末年始、不定休
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しょうが

<神奈川県 新百合ヶ丘>

神奈川に住む高校の友人と想い出の地、新百合ヶ丘でランチ&カフェ
彼女のオススメのパティスリー リリエンベルグが第一目的なのですが、まずはランチで腹ごしらえ
新百合ヶ丘は、3回目かな
全て彼女とのデートです♪

いつもは、彼女にお店を選んでもらっていましたが、今回は私がチョイス

大阪で気になっていた 生姜の専門店がこちらにもあると知って、決めました。
別に系列店ではないんですけどね。
毎日寒いし、温もればいいなぁと思って…

11:30待ち合わせだったので、大丈夫だろうと思っていたのですが、少し早めにお店に向かうと、何やら付近にたくさんの人
他のお店は、閑散としてるのに、ここだけ、開店前から人だかりです。

名前を書く紙があるので、そこに名前と人数を記入。
なんとか、1回転目には、入れそうでした。
危なかったぁ〜

11:20からメニューを聞くとのことが店前に記載されていました。
2組前まで、メニューを確認されていましたが、私たちは、お店に入ってから伝えました。
そういえば、価格が書かれてないので、友人がいくらなの〜って気にしていました。
まあ、こんだけ人気なんだから、とんでもない金額ではないだろうとは思っていましたが。
1080円でした。
皆さん、慣れてる感じだったので、常連さんなのかもしれませんね。
初めての人間には、ちょっとオロオロしちゃいました。

Img_4407
高知の生姜
お店の中に、古民家があるような内装になっていて、雰囲気もあります。

Img_4406
メニューはこんな感じで、黒板左のA〜Eのメインを一つ選んで、さらに、黒板右の小鉢を二つ選びます。
そして、これとは別に、サラダバーがあるので、自由に野菜をお代わり出来ます。
お茶もセルフです。

入店して、着席したら、注文がまだなら注文し、ドリンクとサラダを自分で取りに行きます。
サラダは、グリーンサラダで、ドレッシングが2種類あって選べました。
Img_4401

お箸は、木のお箸で、ちょっと気になるクオリティー。バラバラで、同じ種類の箸を探すのに労力が入ったり、先端が滑らかでなかったり…
気になる方は、マイ箸持参がオススメ。
エコだけど、金属のスプーンなどと違って、辛い時あります。郷に入れば郷に従えで、慣れの問題ですけどね。
Img_4402

Fullsizeoutput_203
まずは、小鉢とご飯とお味噌汁がやってきます。
これだけでも、ボリューミーで、千円ランチにしてはコスパ高いって思っていました。
すでにメインのこと忘れてた(笑)
小鉢は、春菊なすかぼちゃ生姜ごまあえと色々野菜の生姜ポトフにしました。
ポトフの方は、そんなに生姜感なかったですが、どちらも美味しかったです。

そうこうしてたら、メイン登場。ボリュームがすごい!
Img_4404
もち豚ローズのブラックペッパー焼き 生姜香味だれ
生姜というより、胡椒感が強かったですが、美味しかった♪

ご飯もお代わり自由です。私には必要なかったですが、おかずも豊富だし、たくさん食べられる方には魅力かと思います。これは、大人気になるわと納得のお店でした。

夜もなんか良さそう!


 生姜料理 しょうが

 住所
  神奈川県川崎市麻生区上麻生1-6-3新百合ヶ丘マプレ2F
 電話
  044-951-9797
 営業時間
  11:30〜14:30
  18:00〜22:00(L.O.)
 定休日
  月曜・年末年始・日曜は不定休
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はせ川

<東京都 両国>

かなり前、まだ大阪に住んでいて、夫が基本東京出張生活だった頃...
東京でホテルを連泊でとるのは至難の業で、夫は、いろいろな場所を転々としておりました。
浅草橋に泊まるっていう日、疲弊気味だった夫のために、近所の美味しいトンカツの店を検索!
ちょっと遠いけど、こちらのお店がヒットしたので、他の数店とともに夫に知らせてみました。
そしたら、行ってみるとのことで、行ったところ、ものすごく美味しくて感動したと...

11月中頃、浅草橋に用事があった際に、ここに行ってみよう!となりました。
なんでも、私と一緒に行ってみたいお店の一つだったそうです。

Bdsc01770
13時頃、お店に到着すると、待ち行列出来ていました。
まあでも、悩むことなく並びます。前の方なら、座って待てるようになっています。

Bdsc01769 Bdsc01771
平田牧場の三元豚を使われているようです。
メニューは、いろいろあります。
極上ロースかつは、三千円弱
結構いいお値段しています。

前に一組だけだったので、15分ほど並んで、お店に入れました。
Bdsc01772

お店に入ってからも待つからね~と、経験者の夫の言葉
確かに、まわりのテーブルをみると、まだカツにありつけてない人多し!

20分程待って、お目当てのカツが到着
Bdsc01773 Bdsc01774 Bdsc01779
これは、私が頼んだ、はせ川とんかつ(2484)
にんにく、しそ、チーズがサンドしてあります。
私は、本当は、かたまった脂が苦手なので、ロースは好まず、いつもヒレ派なんですが、この日は、夫が脂が美味しいんだからとロース押しで、同じものを頼むのもな~ってことで、お店の名前を冠したこちらにしたわけです。

Bdsc01775 Bdsc01777
これは、夫が頼んだ上ロースかつ(1944)

ここのカツは、とんかつソースではなく、わさびで食べるのがオススメ
これがね~
すごく合います。
わさびって脂と相性抜群なんですね。
悶絶ものの美味しさです。

過去最高に美味しいとんかつかもっ!
あっ!大阪八尾のマンジェとどうだろう?最後に食べにいけなかったから、記憶が遠いな~

ヒレも食べたくなります。
何かの記念の時に、夫に特上も食べさせてあげたいな~

宴会で、豚しゃぶとかも良さそうです。
新年会、忘年会コースでは、極上ロースが半額で追加できます!!!
これは、魅力的!
行きたいな~
とはいえ、4人~なので、夫婦で仲良い人がいない東京ではムリだ~
哀し~

そうそう、めったに行けないだろうってことで、リッチなものをランチから頂きしたが、1080円のランチメニューもいくつかあるし、お弁当や、カツサンドなどもあります。


 はせ川

 住所
  〒130-0026 東京都墨田区両国3-24-1 両国尾崎ビル103号
 電話
  03-5625-2929
 営業時間
  11:30~14:30
  17:00~22:00(L.O.)
 定休日
  年中無休(年末年始以外)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馳走 天乃(ちそう あまの)

<千葉県 浦安市>

勤労感謝の日、夫への感謝をこめて、ちょっとリッチに外食
ってのは、嘘で、なんとなく外食への流れになってしまった。
まあ、ご近所のお店開拓しなきゃってことで、気になっていたこちらへ

Bdsc01848 Bimg_4129
お店の外観は、夜は暗すぎて撮れなかったので後日撮影

飛び込みで入れました。でも、その後、満席になったので、ギリセーフ
居酒屋的に思っていましたが、割烹でした。
カウンターに着席。
落ち着いたランチョンマットと、箸置きが紙で折ってある割り箸
紙がどんどん汚れていくので、ここは箸置きが欲しい所!
それとも、私の食べ方が下手なのか?!
Bdsc01834

Bdsc01838  Bdsc01839  Bdsc01836
熱燗とウーロン茶で...
熱燗は、お湯の入った箱でやってきました。冷めないしくみ!
それなら1合でなくて、2合頼めば良かったぁ~と夫の後悔。まあ、この後で、さらに2合頼んでましたが...

Bdsc01837
突き出しは、カツオの漬け
うん。美味しいです。つかみOK!

メニューを見て、注文するものを検討
結構、どれも良いお値段しています。
まだ、さぐりさぐりなので、比較的リーズナブルなものを注文

Bdsc01840
10種野菜のサラダだったかな?!
これが、美味しかった♪
食感も味もバランス良い!
この店美味しい!ちゃんとしたお店だとだんだん思えてきました。

Bdsc01841
焼きナス
すごく美しい。こんなに美しくて、美味しい焼きナスはじめて食べたかも!
目の前で、焼かれていたのですが、気が付いたらこの姿で出てきました。
いつの間に(笑)

Bdsc01842
鶏胸肉の唐揚げ
上品なこと!そして、美味しい!

確信しました。このお店は、仕事が丁寧で美味しい!
お高いメニューを頼んでも大丈夫!なこと間違いなし!

Bdsc01843
厚揚げと白菜と豚バラの煮込み 料理名は失念
柚子胡椒でピリリと頂きます。美味しいゎ~
そして、あったまる

Bdsc01844
ふろふき大根
肉味噌たっぷりで美味しいです。

Bdsc01845
海老芋と帆立と?のグラタン 料理名失念
お値段も失念しましたが、一番最初に、食べたいと思ったものの、お値段にビビって躊躇した一品
こちらのお店の実力がわかったので、躊躇なく注文できました。
そして、間違いのないおいしさ!
海老芋最高!ほくほくで美味しい!

これで、終わりでも良かったのですが、もう一品〆を...
浦安は、海苔が有名なので、海苔茶漬け 頼んでみました。
Bdsc01846 Bdsc01847
ちゃんと、取り分けようのお茶碗も用意してくださいました。
ありがたや
美味しいです。
糖質制限で、外食以外では、ご飯を食べないし、それも、出来れば食べないようにしているので、お茶漬けなど久々です。子供の頃は、よくしてたんですが、最近、ご飯を余分に炊くってこともしないので、お茶漬け用のご飯とか余らないんですよね。

美味しくて大満足だった天乃さん。お会計は、1万円弱でした。
これだと、気軽に来ることは出来ないな~
でも、美味しい和食が食べたくなったら、こちらに来れば大丈夫ということがわかりました。

浦安で、リピートしたいお店も、ちょっとずつ増えてきて嬉しいです。


 馳走 天乃(ちそう あまの)

 住所
  千葉県浦安市当代島1-1-11
 電話
  047-380-3451
 営業時間
  17:30〜23:30
 定休日
  日曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつ甚

<千葉県 浦安市>

我が夫は、トンカツが大好き!
浦安に引っ越して来て、カツのお店が多いのにびっくりしました。浦安にも多いですが、東京にも多いですね。
東京の人は、トンカツ大好きなのかな?!

で、ご近所カツにも行かないとっ!ってことで、ちょっとビクビクしながら行きました。
と、いうのも、浦安は口コミが少なくて、お店の雰囲気がつかめないので...

Bdsc01575
まずは、夜行ってみました。

Bdsc01582
想像していたより、きれいで、ちゃんとしたお店でした。
かなり年配のおじさま方が頑張っておられます。

Bdsc01580 Bdsc01581
メニューも多いです。こんなに大丈夫なのかな。
地雷メニューとかありそうで怖いです。

まあ、カツは大丈夫でしょう。ってことで...
夫は、上ロースかつ定食 1450円
私は、ヒレかつ丼 1600円
深く考えずに頼みましたが、ヒレかつ丼 かなり高価でした。
ヒレかつ定食が1450円、上ヒレかつ定食が2050円って考えると、並のヒレってことよね
定食より丼が高いってちょっとビックリ 卵代かな(笑)

Bdsc01584
上ロースかつ

Bdsc01583 Bdsc01585
ヒレかつ丼

どちらも、全く心配なく美味しかったです。
これは、これからもリピートすると思います。
まあ、東京の超高得点のカツのお店と比較すると、いろいろ劣るのですが、そもそもお値段も違うし、近いってのも有利ですしね。


一月ぐらいして再訪
今度は、ランチに行ってみました。
Bdsc01970
ランチは、10種類のおかずを選べる定食になっていて、オール900円
なんか、とんかつとハムエッグが同じ値段ってピンとこないけど(笑)
ビールは200円でつけられるようです。

私は、メンチカツ定食 900円にしました。
夫は、悩んだ結果 カツカレー 1100円にしました。
Bdsc01972

Bdsc01971 

Bdsc01973 Bdsc01974
カツカレー サラダ or お味噌汁が選べます。
夫が、お味噌汁選んでてビックリ!
甘めの食べやすいカレーでした。昔懐かしい感じですね~♪
お味噌汁も具だくさんで良い感じです。

Bdsc01975 Bdsc01976 
メンチカツ定食 でかっ
そして、ご飯多い!
少な目にって言うの忘れました。
夫にかなり手伝ってもらって完食
次は、気をつけないと!
メンチカツ美味しかったです。食べ応えありました。

ランチもディナーも使いやすい良いお店です。
出前もしてくださるみたいです。


 かつ甚

 住所
  千葉県浦安市当代島1-13-8
 電話
  047-351-0648
 営業時間
  11:00~14:30
  17:00~22:00(L.O.)
 定休日
  木曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧