« 2018年6月 | トップページ

Auberge Feliz(オーベルジュ フェリス) 2日目 昼食

<静岡県 伊豆市>

2日目(お部屋と朝食)の内容はこちら
  
さあいよいよ、楽しかったフェリスさんでの時間も最後の時になりました。
ブランチをいただきに、ダイニングへ
スペイン風パエリャのブランチです。
  
シルエットの富士山を眺めながら、ワクワクしながらお料理が運ばれてくるのを待ちます。
ナプキンが、アコーディオンみたいにたたまれていて面白かったです。

朝のサラダ
Dsc09016 Dsc09017
 
サラダをいただいていると、次のお皿がやってきました。
合体!
Dsc09019 Dsc09018
 
面白いですどんどん形を変えていきます。
タパス5品
・余熱でつくる しらすのレブエルト
Dsc09024
・鶏と木の子のセゴビア風
Dsc09023
・マグロとアボカド ビナグレタソース
Dsc09022
・青魚とアリオリポテト
Dsc09021
・アルボンディガス
Dsc09020
特に、アルボンディガス美味しかったなぁ

  
パンもありました。
Dsc09025 Dsc09026
どちらも美味しかったのですが、下の方のパンがすごく肌触りが良くて、いつまでも触っていたい感じでした。
めっちゃ気持ち良かった…

そして、さらに、浜名湖・富士山・狩野川のスープ
Dsc09027
これが!!!
めちゃめちゃ美味しい♪
貝の出汁だと思うのですが、美味しいぃ〜とうなりながら頂きました。

そして真打登場!
Dsc09028
Dsc09029
豪華なパエリャ
1999 恵比寿からの海の幸パエリャ
とりわけ用のスプーンは魚型で可愛かった♪
とりわけは、スタッフの方がしてくださいます。
ありがたい!
Dsc09030
めっちゃ美しいとりわけ方!
フィンガーボールも用意してくださっているので、安心して、手をつかってガシガシ行きます。
あー美味しい♪
パエリャ美味しい♪
アリオリが欲しくなってしまうのだけども…
まあ、家で作る時より、量が少ないので、このままの味でも飽きずにいけます。
おこげも、スタッフの方がすくってくださって、おかわりを入れてくださいます。
美味しかったなぁ

さいごは、ドリンク
コーヒー・ハーブティー、カフェコンレチェから選べます。
二人とも、カフェコンレチェを選択。
Dsc09031 Dsc09032 Dsc09033
おしゃれ!
最後の一口まで楽しめました。

すてきなお宿です。
ランチまでがセットになった面白いスタイルも独特でいいなって思います。
ただ、そのようになったわけが、オーナーがこちらをオープン前に、いろんなお宿を泊まり歩いた際に、朝、身支度もそこそこに女性達が時間に追われて、朝食とかを食べているのをごらんになって、ゆったりとして欲しいなぁと考えて、このスタイルになった的なことを読んで…
ちょっと、私的には、ごめんなさいですが…
時間に追われてなくても、ノーメークだし(笑)、ボサボサだし…
もっと、ちゃんとしないとだなぁ
次に、訪れる時には、大人の女になってるかな…
無理だろうな…
チェックアウトをお部屋ですませて、鍵をお部屋においたまま、旅立ちました。
車まで、お見送りくださいました。感謝♪

 
Auberge Feliz(オーベルジュ フェリス)
 
 住所
  静岡県伊豆市修善寺4280−47
 電話
  0558-73-2377
 チェックイン
  15時
 チェックアウト
  13時
 ディナー
  18:30〜19:00(Last In)
 ブランチ
  11:00〜11:30(Last In)
 モーニング
  7:30〜8:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Auberge Feliz(オーベルジュ フェリス) 2日目 お部屋と朝食

<静岡県 伊豆市>
オーベルジュフェリスさんは、5部屋だけのオーベルジュです。
スタンダードルーム 2部屋、エキストラルーム 2部屋、デラックスルーム 1部屋です。
スタンダードルームとエキストラルームは同じサイズですが、1階と2階の違いがあります。お値段は、エキストラルームの方が眺望の分だけ少し値段アップです。私たちは、眺望はレストランから見えるしってことで、お値段重視で、1階のスタンダードルームにしました。
デラックスルームは、少し広くなって、お部屋に源泉掛け流しの温泉付きで、エスプレッソマシンもついてるようです。
お部屋の冷蔵庫には、ミネラルウォーターとビールが2本ずつ入っていて、自由に飲んでOKです。ありがたい!
スタンダードルームからの景色はこんな感じ
Dsc08922 Dsc08923
ベッドはツインです。
Dsc08924 Dsc08921
美しい鏡とシックな椅子
Dsc08931
TVとDVDデッキ、冷蔵庫はちょっと年代物
Dsc08925
クローゼットには、寝間着と毛布とスリッパが用意されていました。
寝巻きはちょっと厚手で暑かったな…
スリッパはビジネスホテルのものなどとは違ってふかふかでした。
Dsc08926 Dsc08927
鍵は小箱に入って渡されました。こういうのワクワクして好きです。
カラビナ付きの鍵です。オートロックではありません。
Dsc08928 Dsc08930
お部屋についてるバストイレはユニットタイプです。
貸切の家族風呂があるので、こちらのお風呂を使う方は少ないかもしれません。
私は、1日目の夜はこちらを使いました。
アメニティーの内容はビジネスホテル程度でした。なぜか歯ブラシは4本ありませしたけど。
まあ、お値段的に、そんなにお高いお宿ではないから当然といえば当然です。
Dsc08932 Dsc08933 Dsc08934
  廊下には、スペインらしき絵が飾られています。
Dsc08935

エントランスには、東北への募金箱がおいてありました。
Dsc08941
 
エントランス前には、猫ちゃんが戯れていました。
でも、最初にいた真っ白な子には、その後遭遇できず。
Dsc08936 Dsc08937
お庭には、羊の置物があったり、結構好きな感じです。
Dsc09000_2 Dsc08938
ガーデン
Dsc08998
そして、なんと本物のヤギさんもいました。
なんか、メーメー聞こえるって思ったら、目が合いました(笑)
ツガイなのかと思ったけど、オスだけとのことでした。
なので、チーズも作れないそうです。そりゃそうか…
Dsc08999 Img_9371
こちらのオーベルジュは、宿泊と夕食と翌日のブランチまでがセットになっています。
ブランチは、11時からなので、それまでの間に朝食が欲しい方にはってことで、オプションで朝食がつけれます。一人千円也。
ダイエット的には、食べてる場合ではないのですが、全部を堪能しないとっ!ってことで、もちろん朝食もいただきました。
特に、事前申告は必要なく、7:30〜8:30の間に、ガーデンテラスに行けば用意してくださいます。
Dsc08992
朝の景色 うっすら富士山が見えています!
Dsc08994 Dsc08993 Dsc08995
朝食は、ハーブティーとコーヒーをお願いしました。
生ハムのサンドイッチとサラダとチーズ
二人とも、前歯が差し歯なので、ちょっとドキドキしながら、かじりましたけど、とっても美味しかったです♪大満足♪

この後、ブランチまでに、運動してお腹すかせなきゃ!
と、思い立ち、自転車で、修善寺観光に出かけました。
1時間半ほど、観光して来ましたが、坂道が多くて、めっちゃ疲れました…
BROMPTONで、8%の坂は無理(笑)

戻った後、源泉掛け流しの貸切風呂でゆったりしました。
内風呂と露天風呂があって、くつろげます。
タオル等は、お部屋から持っていかなくても、お風呂の方に用意してくれています。
さっぱりして、ブランチへ
それは、また別のBlogに書きます。

オーベルジュフェリスさん素敵なお宿です。
Dsc08997 Dsc08996 
Auberge Feliz(オーベルジュ フェリス)

 住所
  静岡県伊豆市修善寺4280−47
 電話
  0558-73-2377
 チェックイン
  15時
 チェックアウト
  13時
 ディナー
  18:30〜19:00(Last In)
 ブランチ
  11:00〜11:30(Last In)
 モーニング
  7:30〜8:30
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Auberge Feliz(オーベルジュ フェリス) 1日目

<静岡県伊豆市>

18回目の結婚記念日♪
夫から素敵な提案♪
前から行きたかったオーベルジュ!へ行こうという計画。
もちろん、自転車付き…
小田原まで輪行して、芦ノ湖、御殿場と箱根を走って修善寺へ
もれなくヒルクライム付き…
2日目は、天城越えして下田までというヒルクライム満載の企画…

まずは、フェリスさんの予約から…
ホームページから申し込んで連絡を待ちます。
電話で連絡がありました。住所をお知らせして、封書が届くのを待ちます。
はじめての時は、予約金1万円を振り込む必要があるのですが、その振込先が封書で送られてくるとのこと!1万円を振り込んで、やっと予約確定です。
予約確定すると、もう一度封書が届きます。
気分が盛り上がってきます。

しかーし
ずっと晴れ予報だった天気が、梅雨明けしたとたん怪しくなります。
台風があるし、ずっと雨予報…
そして、雨だったらレンタカーの旅に変わるわけですが、そのレンタカーの在庫が少なくなっていく…
で、チキンレースに負けて、金曜日の朝、レンタカー予約。
それでも、希望の車ではなく、ワンランク上になってしまいました。
お天気の方は、その後、もしかしたら自転車でも行けるかもって感じの予報に…
まあしゃーない…

さてさて、オーベルジュフェリスさん、午前中に、チェックインの時刻を連絡との決まりがあるので、18:30着と電話しました。

伊豆半島を観光して、少し早く、フェリスさんに到着。
山の上にあるので、激坂で、自転車だったら大変だろうなぁって思いました。
大きな看板等ないので、地図を印刷してくださいねとのことでしたが、ほんとにすごい場所にありました。駐車場に車を停めて、エントランスに向かうと、スタッフの方が出迎えてくださいました。
置物のように美しい猫ちゃんもお迎えしてくれましたが、近づいたら逃げちゃいました…
残念。

まずは、2階のバーのところで、チェックインの手続き
眼下に狩野川の作った街並みが広がります。
Dsc08917
冷たいおしぼりと、ハーブティーをいただきました。
Dsc08919 Dsc08920
 
この後、少しお部屋で、休んでから早速夕食へ
お部屋の様子は、また次にして、まずは夕食を…

Dsc08939
螺旋階段をあがって、二階のダイニングへ
ちなみに、内廊下からも行けます。
なんとなく、螺旋階段の方が雰囲気出るかな(笑)

Dsc08942 Dsc08943
メニューと襟の形に折られらナプキンがおしゃれ。
まだ、空は明るいです。
食前酒を選んで、ディナースタート
夫はCAVA、私はオレンジジュースを選択。

ーAperitivoー
小さい食前酒とオリーブ
Dsc08944
グラスが面白いです。ちょっと飲みにくかったけど(笑)
オリーブには、猪ラグーとチーズの詰め物がしてありました。
どちらも美味しい♪
気分が盛り上がってきます。

食前酒は、コースに含まれていますが、ここからのドリンクは、注文制。
夫は、ワインのペアリングを注文 杯数によっていろいろお値段設定されています。夫は2800円のものを注文。4杯ぐらいあった気がします。ワインの値段が良心的で嬉しい。このクラスのお店だと、ワインのペアリング1万円弱ぐらいしそうなので…
私は、ミネラルウォーター(800)を頂きました。
ソフトドリンクの品揃えは、まあどこもそうですが、薄くて残念。まあ、私の場合、糖質制限中なので、果汁系がダメってのが致命的なんですが…
ロイヤルブルーティーとか置いてくれると嬉しいのですが…

ーPinchosー
8種類のピンチョスの箱 季
メッセージを添えて
トビ魚のソフリト、カマス貝(Ajillo)、マグロフェンネル、牛舌ぶどうソース、砂肝コンフィ、イベリコチョリソ24ヶ月ごぼう、タコのガリシア風、穴子フリット
ピザの宅配のような箱が登場!
面白いです。
蓋をあけると、わーっ声がでるような8種類のピンチョスが現れます。
Dsc08945 Dsc08946
ひとつずつ味わいながら、ゆっくり頂いていきます。
特に、マグロフェンネルが美味しかったなぁ
すごく楽しいです♪

Dsc08949
徐々に日が暮れて行きます。
ピンチョスのあった所には、キャンドルが灯されました。
演出が心憎いなぁ

ーTortilla Nubeー
スペインオムレツ ヌーベ 雲
Dsc08950 Dsc08951
雲のようにふわんふわんなオムレツ とろけます。

ーFruta de marー
駿河湾のタルタル 海の幸・新芽・ハーブ 香
3種のソースで遊んでいただく皿
Dsc08952
アリオリが一番の好みでした。すっぱいのはちょっと苦手なので…
でも、食べてると全部美味しくなってくる。ソースも全て頂きました。

ーJamon Serranoー
ハモンセラーノ 生ハムとメロン2017 華
Dsc08957
夫がメロンが苦手だから、どうだろうか?って思っていたけど、メロンが果肉じゃなくて、ソースだったので助かったかも…
生ハムは、そのままのものと、ムースがありました。生ハムのムースってその時点でまだ生ハムなのか?
とかちょっと疑問ですが(笑)
美味しく頂きました。

ーHortarizasー
イントロダクション
Dsc08959 Dsc08961
食べられる葉っぱと、カポナータ的なお料理
切り株のような器に入っています。

プロローグ
Dsc08962
これ何だったか…
記憶が…

モノローグ
Dsc08963
植木鉢風のこちらも内容の記憶が…
そろそろボイスレコーダーいるなぁ

そうそう、この頃、遠くの方に花火があがってるのが見えました。
この日、街中で祭りの風景をみたので、その関係だったのかもしれません。
結婚記念日を豪勢に祝っていただいた感じです。
そして、次のお料理が圧巻。
なんか、これまでの3つのお料理あわせて、菜園の…かと思っていたのですが、違いました。

菜園のフラワーアレンジメント風 彩
いろいろなハーブ いろいろなソース
Dsc08969
これはすごい!
めっちゃきれい!
左が生野菜、真ん中が蒸し野菜、右が焼き野菜です。
お花も全部食べれます。
まあ、お花はあんまり味は美味しい感じではないんですけどね。
ソースでいただくと、まあまあいけます。
まだメニューの半分なのに、最後まで食べれるのかしら?とちょっと不安になってきました。

ーNegro Blancoー
黒の料理 白の料理 結
静岡の自然の恵み
Dsc08970
ピントをあわせるのが難しくて、写真がボケボケ
でも、やっぱりすぐ食べなくちゃと、写真はてきとーな所で諦めて頂きました。
イカ墨美味しい♪

ーPescado rojoー
金目鯛 ソテー バポール オルノ 奏
ほうれん草のクレマ
Dsc08973 Dsc08974
金目鯛の加熱方法による違いを楽しむお料理。
ソテーが一番美味しかったです。身がしまる感じがいいのかな?!
次が蒸し(バポール)で、最後がオーブン焼(オルノ)でした。
オーブン焼きが一番水分が多かった気がしました。不思議
こうやって、考える時間があるのも楽しいです♪

ーGazpachoー
フルーツのガスパッチョ エスプーマ グラニテ 層
Dsc08975 Dsc08976
下の層が桃、上の層がトマト、そしてグラニテ なんのグラニテだったか失念
混ぜて頂きます。美味しい
さっぱりと口直し

ーCarneー
天城軍鶏 静岡の牛 トリッパ 陽
y
イベリコ豚のロースト
Dsc08977 Dsc08982
トリッパが苦手なのですが、一口だから大丈夫かなと思って伝えなかったのですが、やっぱり無理っぽくて、夫にパス。美味しかったようですが…
メインは、ほんとに、すべて一口ずつで助かりました。
豚さんの絵が可愛いです。

ーSopaー
駿河湾の恵みバスク風スープ 滋
Crema de zurugaina
クレマ・デ・スルガイナ
Dsc08984
これ!めちゃくちゃ美味しい!
ずっと食べていたかった…
何かの味に似てるなぁってずっと考えていたのですが、たらこパスタの味に似てました。
なんか一気に格式下がっちゃった感じですみません。
表現力乏しく語彙も少ないので…
お許しください。
まあでも、とにかく美味しかったのです。
そういえば、こちらのコースにはパンがないですが、この時は、ちょっと欲しかったです。
器をぬぐいたかった!
量的にパンはなくてOKです。

ーPostreー
冷たいデザート3種 ミロのデッサン風 画
Dsc08985
美術の世界はよくわからないのですが、ミロとは、ジョアン・ミロさんですかね?!
調べました。そんな感じがするけど…正解は不明
聞けば良かったな…
ポストレもこじんまりしてて良かったです。

と、思ったのも束の間…

ーDigestivosー
アナーキーと食後のお飲み物 狂
Dsc08988 Dsc08989 Dsc08990
黒い箱登場!
中には、いっぱいの焼き菓子!
えーこんなにぃ〜♪
これは、クレイジーってか、アナーキー(笑)
食べきれなかったら、お持ち帰りできるようです。あとから知りました。
私たちは、当然、普通に完食(笑)
どれも美味しかった♪
ハーブティーとエスプレッソをいただいてほっこり
とても刺激的で楽しい時間でした。
約3時間半食べまくりでした。
しかし、このディナーは少食の人無理だし、少しずつ長時間かけて食べるコース料理に慣れてない人はつらいかもなぁ。ここに来る前に、ちょっと皿数の多いレストランで予行演習必要ですね(笑)

この後、お部屋に帰って、すぐ夫はバタンキュー(笑)
ってか、ディナーの最中から、ちょっとウツラウツラしてたし…
スタッフの方に申し訳なかったなぁ
お酒を進めすぎたのかと気にされちゃって…
いえ、こういう人なんですって言っても、まあ、普通の大人が食べてる最中に寝るとか想像できないよね(笑)

朝食、昼食、お部屋の様子はまた別のBlogに書きます。


 Auberge Feliz(オーベルジュ フェリス)

 住所
  静岡県伊豆市修善寺4280−47
 電話
  0558-73-2377
 チェックイン
  15時
 チェックアウト
  13時
 ディナー
  18:30〜19:00(Last In)
 ブランチ
  11:00〜11:30(Last In)
 モーニング
  7:30〜8:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ARVA(アルヴァ)

<東京 大手町>

故郷から同級生がお仕事で上京!
延泊して、週末は一緒に過ごそうとのことで、同級生が集結。
ランチは、女子会で、憧れのアマンでイタリアン♪
ディナーは、男子も一緒になってまた別のところで…

私にとって、アマンは、新婚旅行で宿泊したホテルのグループなので思い入れは深いです。
宿泊したのは、インドネシアで、アマンジヲとアマヌサ。10年ぐらいは、ずっと新しいアマンのホテルが出来ると、ハガキが来てたけど、来なくなっちゃったなぁ
他のアマンにも行きたいと、CREAの特集ムックを大事に保管してたけど、ライフスタイルがいろいろ変化して、今はもう行くことはないだろうなぁって気持ちです。行きたい気持ちはあるけど、優先順位が変わった感じですね。行けるなら、アマンワナとアマンサラ行きたい!

そうこうしてる間に、日本にも出来るという噂があり、場所は、京都と千葉だっていうかなり信憑性の高い噂もあったのですが、実際にできたのは、三重にアマネムと東京に初の都会型ホテル!
わからないものですね。京都はこれから実現されるかもしれませんが… 場所はすでにあるしね…
まあ、日本にできても、お値段的に泊まれることはないのですが…

さてさて、ランチのお話…
アフタヌーンティーを利用したことはあるけど、イタリアンははじめて!
どこにレストランあるのかな?って思っていたら、アフタヌーンティーの場所と同じでした。
同じフロアの奥がイタリアンレストランのエリアでした。

少し早く到着したので、付近をお散歩
1Fカフェのまわりは、森のようで素敵です。

Dsc08581 Dsc08582
わかりにくい一階の入り口を入って、エレベーターで33Fへ
スタッフの方に声をかけて、レストランまでエスコートして頂きました。
まずは、ロビーの椅子にかけてお待ちくださいと…
アフタヌーンティーのセッティングがしてあるので、かなり座りにくい感じがしながらも着席。
まあでも、すぐに、席に案内されました。

Dsc08584
涼やかなセッティング
麦の穂が飾られていました。

ワンドリンク付きのメインが選べる全3品ランチ 五感で味わうイタリア料理(6700)を予約していました。前菜は2種類から、メインは3種類から選べました。

アミューズ
Dsc08586
トリュフ香るシューを手でつまんで…
美味しい♪つかみはOK
まあ、アマンですから美味しくないわけがない…

パン
Dsc08587 Dsc08588 Dsc08589
グリッシーニと食事用のパン
オリーブオイルをなみなみと注いでくれたのがもったいなくて、いっぱいつけて食べてしまった(笑)

前菜
Dsc08590 Dsc08591
私は、炙り鰹とわさび菜のインサラータを注文。
鰹美味しかった♪

Dsc08592
お友達が選択したのは、ビーツとイタリア産山羊チーズのインサラータ 松の実
少しビーツをわけてもらったのですが、トウモロコシのような味がするものがあって美味しかった♪
いろんな色のビーツがあるのもはじめて知りました。ビンチョウマグロっぽい色のもあって面白い!

メイン
Dsc08594 Dsc08595
鱸のソテー ズッキーニのスカペーチェ
めずらしく魚魚の組み合わせにしてみました。
ズッキーニ美味しい♪

Dsc08596
お友達が選んだのは、新潟県産豚バラ肉のカラメラータ プロヴォラアフミカータと白瓜
豚バラがめっちゃ柔らかくて美味しかったです♪

その他、誰も選ばなかったけど、フジッリ ジュゼッペコッコ サルシッチャ ブロッコリーとキクラゲというパスタ料理もありました。

ドルチェ
Dsc08597 Dsc08598
ティラミス ドモーリ社チョコレート
目の前で、チョコレートソースをかけてもらって完成!

Dsc08599
美味しいぃ〜♪
ちょっと大人のティラミス!

Dsc08600 Dsc08601
紅茶と小菓子をいただいて、ほっこりしていたら…
なんとなんとまだありました!!!
さすがアマン!
バジルのソルベ!
Dsc08602
さっぱりしていて、すごく美味しかったです♪

接客も当然ですが、しっかりされていて、それでいて、慇懃無礼な感じもなくフレンドリーで素晴らしかったです。質問にも、誠実にきちんと答えてくださいます。
今回、アマン内の表示がわかりにくいことの意味や、華やかなお花が飾られていない意味を教えてもらったりして、ほほぅって思いました。なるほどね…
イタリアンレストランは、そうそうこれないけど、またカフェや、ラウンジのアフタヌーンティーに来たいです。


 ARVA

 住所
  〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-6 大手町タワー 33F
 電話
  03-5224-3339
 営業時間
  11:30〜14:30
  17:30〜22:00(L.O.)
 定休日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ