« ARVA(アルヴァ) | トップページ | Auberge Feliz(オーベルジュ フェリス) 2日目 お部屋と朝食 »

Auberge Feliz(オーベルジュ フェリス) 1日目

<静岡県伊豆市>

18回目の結婚記念日♪
夫から素敵な提案♪
前から行きたかったオーベルジュ!へ行こうという計画。
もちろん、自転車付き…
小田原まで輪行して、芦ノ湖、御殿場と箱根を走って修善寺へ
もれなくヒルクライム付き…
2日目は、天城越えして下田までというヒルクライム満載の企画…

まずは、フェリスさんの予約から…
ホームページから申し込んで連絡を待ちます。
電話で連絡がありました。住所をお知らせして、封書が届くのを待ちます。
はじめての時は、予約金1万円を振り込む必要があるのですが、その振込先が封書で送られてくるとのこと!1万円を振り込んで、やっと予約確定です。
予約確定すると、もう一度封書が届きます。
気分が盛り上がってきます。

しかーし
ずっと晴れ予報だった天気が、梅雨明けしたとたん怪しくなります。
台風があるし、ずっと雨予報…
そして、雨だったらレンタカーの旅に変わるわけですが、そのレンタカーの在庫が少なくなっていく…
で、チキンレースに負けて、金曜日の朝、レンタカー予約。
それでも、希望の車ではなく、ワンランク上になってしまいました。
お天気の方は、その後、もしかしたら自転車でも行けるかもって感じの予報に…
まあしゃーない…

さてさて、オーベルジュフェリスさん、午前中に、チェックインの時刻を連絡との決まりがあるので、18:30着と電話しました。

伊豆半島を観光して、少し早く、フェリスさんに到着。
山の上にあるので、激坂で、自転車だったら大変だろうなぁって思いました。
大きな看板等ないので、地図を印刷してくださいねとのことでしたが、ほんとにすごい場所にありました。駐車場に車を停めて、エントランスに向かうと、スタッフの方が出迎えてくださいました。
置物のように美しい猫ちゃんもお迎えしてくれましたが、近づいたら逃げちゃいました…
残念。

まずは、2階のバーのところで、チェックインの手続き
眼下に狩野川の作った街並みが広がります。
Dsc08917
冷たいおしぼりと、ハーブティーをいただきました。
Dsc08919 Dsc08920
 
この後、少しお部屋で、休んでから早速夕食へ
お部屋の様子は、また次にして、まずは夕食を…

Dsc08939
螺旋階段をあがって、二階のダイニングへ
ちなみに、内廊下からも行けます。
なんとなく、螺旋階段の方が雰囲気出るかな(笑)

Dsc08942 Dsc08943
メニューと襟の形に折られらナプキンがおしゃれ。
まだ、空は明るいです。
食前酒を選んで、ディナースタート
夫はCAVA、私はオレンジジュースを選択。

ーAperitivoー
小さい食前酒とオリーブ
Dsc08944
グラスが面白いです。ちょっと飲みにくかったけど(笑)
オリーブには、猪ラグーとチーズの詰め物がしてありました。
どちらも美味しい♪
気分が盛り上がってきます。

食前酒は、コースに含まれていますが、ここからのドリンクは、注文制。
夫は、ワインのペアリングを注文 杯数によっていろいろお値段設定されています。夫は2800円のものを注文。4杯ぐらいあった気がします。ワインの値段が良心的で嬉しい。このクラスのお店だと、ワインのペアリング1万円弱ぐらいしそうなので…
私は、ミネラルウォーター(800)を頂きました。
ソフトドリンクの品揃えは、まあどこもそうですが、薄くて残念。まあ、私の場合、糖質制限中なので、果汁系がダメってのが致命的なんですが…
ロイヤルブルーティーとか置いてくれると嬉しいのですが…

ーPinchosー
8種類のピンチョスの箱 季
メッセージを添えて
トビ魚のソフリト、カマス貝(Ajillo)、マグロフェンネル、牛舌ぶどうソース、砂肝コンフィ、イベリコチョリソ24ヶ月ごぼう、タコのガリシア風、穴子フリット
ピザの宅配のような箱が登場!
面白いです。
蓋をあけると、わーっ声がでるような8種類のピンチョスが現れます。
Dsc08945 Dsc08946
ひとつずつ味わいながら、ゆっくり頂いていきます。
特に、マグロフェンネルが美味しかったなぁ
すごく楽しいです♪

Dsc08949
徐々に日が暮れて行きます。
ピンチョスのあった所には、キャンドルが灯されました。
演出が心憎いなぁ

ーTortilla Nubeー
スペインオムレツ ヌーベ 雲
Dsc08950 Dsc08951
雲のようにふわんふわんなオムレツ とろけます。

ーFruta de marー
駿河湾のタルタル 海の幸・新芽・ハーブ 香
3種のソースで遊んでいただく皿
Dsc08952
アリオリが一番の好みでした。すっぱいのはちょっと苦手なので…
でも、食べてると全部美味しくなってくる。ソースも全て頂きました。

ーJamon Serranoー
ハモンセラーノ 生ハムとメロン2017 華
Dsc08957
夫がメロンが苦手だから、どうだろうか?って思っていたけど、メロンが果肉じゃなくて、ソースだったので助かったかも…
生ハムは、そのままのものと、ムースがありました。生ハムのムースってその時点でまだ生ハムなのか?
とかちょっと疑問ですが(笑)
美味しく頂きました。

ーHortarizasー
イントロダクション
Dsc08959 Dsc08961
食べられる葉っぱと、カポナータ的なお料理
切り株のような器に入っています。

プロローグ
Dsc08962
これ何だったか…
記憶が…

モノローグ
Dsc08963
植木鉢風のこちらも内容の記憶が…
そろそろボイスレコーダーいるなぁ

そうそう、この頃、遠くの方に花火があがってるのが見えました。
この日、街中で祭りの風景をみたので、その関係だったのかもしれません。
結婚記念日を豪勢に祝っていただいた感じです。
そして、次のお料理が圧巻。
なんか、これまでの3つのお料理あわせて、菜園の…かと思っていたのですが、違いました。

菜園のフラワーアレンジメント風 彩
いろいろなハーブ いろいろなソース
Dsc08969
これはすごい!
めっちゃきれい!
左が生野菜、真ん中が蒸し野菜、右が焼き野菜です。
お花も全部食べれます。
まあ、お花はあんまり味は美味しい感じではないんですけどね。
ソースでいただくと、まあまあいけます。
まだメニューの半分なのに、最後まで食べれるのかしら?とちょっと不安になってきました。

ーNegro Blancoー
黒の料理 白の料理 結
静岡の自然の恵み
Dsc08970
ピントをあわせるのが難しくて、写真がボケボケ
でも、やっぱりすぐ食べなくちゃと、写真はてきとーな所で諦めて頂きました。
イカ墨美味しい♪

ーPescado rojoー
金目鯛 ソテー バポール オルノ 奏
ほうれん草のクレマ
Dsc08973 Dsc08974
金目鯛の加熱方法による違いを楽しむお料理。
ソテーが一番美味しかったです。身がしまる感じがいいのかな?!
次が蒸し(バポール)で、最後がオーブン焼(オルノ)でした。
オーブン焼きが一番水分が多かった気がしました。不思議
こうやって、考える時間があるのも楽しいです♪

ーGazpachoー
フルーツのガスパッチョ エスプーマ グラニテ 層
Dsc08975 Dsc08976
下の層が桃、上の層がトマト、そしてグラニテ なんのグラニテだったか失念
混ぜて頂きます。美味しい
さっぱりと口直し

ーCarneー
天城軍鶏 静岡の牛 トリッパ 陽
y
イベリコ豚のロースト
Dsc08977 Dsc08982
トリッパが苦手なのですが、一口だから大丈夫かなと思って伝えなかったのですが、やっぱり無理っぽくて、夫にパス。美味しかったようですが…
メインは、ほんとに、すべて一口ずつで助かりました。
豚さんの絵が可愛いです。

ーSopaー
駿河湾の恵みバスク風スープ 滋
Crema de zurugaina
クレマ・デ・スルガイナ
Dsc08984
これ!めちゃくちゃ美味しい!
ずっと食べていたかった…
何かの味に似てるなぁってずっと考えていたのですが、たらこパスタの味に似てました。
なんか一気に格式下がっちゃった感じですみません。
表現力乏しく語彙も少ないので…
お許しください。
まあでも、とにかく美味しかったのです。
そういえば、こちらのコースにはパンがないですが、この時は、ちょっと欲しかったです。
器をぬぐいたかった!
量的にパンはなくてOKです。

ーPostreー
冷たいデザート3種 ミロのデッサン風 画
Dsc08985
美術の世界はよくわからないのですが、ミロとは、ジョアン・ミロさんですかね?!
調べました。そんな感じがするけど…正解は不明
聞けば良かったな…
ポストレもこじんまりしてて良かったです。

と、思ったのも束の間…

ーDigestivosー
アナーキーと食後のお飲み物 狂
Dsc08988 Dsc08989 Dsc08990
黒い箱登場!
中には、いっぱいの焼き菓子!
えーこんなにぃ〜♪
これは、クレイジーってか、アナーキー(笑)
食べきれなかったら、お持ち帰りできるようです。あとから知りました。
私たちは、当然、普通に完食(笑)
どれも美味しかった♪
ハーブティーとエスプレッソをいただいてほっこり
とても刺激的で楽しい時間でした。
約3時間半食べまくりでした。
しかし、このディナーは少食の人無理だし、少しずつ長時間かけて食べるコース料理に慣れてない人はつらいかもなぁ。ここに来る前に、ちょっと皿数の多いレストランで予行演習必要ですね(笑)

この後、お部屋に帰って、すぐ夫はバタンキュー(笑)
ってか、ディナーの最中から、ちょっとウツラウツラしてたし…
スタッフの方に申し訳なかったなぁ
お酒を進めすぎたのかと気にされちゃって…
いえ、こういう人なんですって言っても、まあ、普通の大人が食べてる最中に寝るとか想像できないよね(笑)

朝食、昼食、お部屋の様子はまた別のBlogに書きます。


 Auberge Feliz(オーベルジュ フェリス)

 住所
  静岡県伊豆市修善寺4280−47
 電話
  0558-73-2377
 チェックイン
  15時
 チェックアウト
  13時
 ディナー
  18:30〜19:00(Last In)
 ブランチ
  11:00〜11:30(Last In)
 モーニング
  7:30〜8:30

|

« ARVA(アルヴァ) | トップページ | Auberge Feliz(オーベルジュ フェリス) 2日目 お部屋と朝食 »

おやど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/73842852

この記事へのトラックバック一覧です: Auberge Feliz(オーベルジュ フェリス) 1日目:

« ARVA(アルヴァ) | トップページ | Auberge Feliz(オーベルジュ フェリス) 2日目 お部屋と朝食 »