« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

焼肉ジャンボ篠崎本店

<東京都 江戸川区 篠崎>

千葉に引っ越して来て、1年半…
家から近くて、お手頃な焼肉屋さんが見つけられていない現状…
おうち焼肉って手段も構築したのですが、やっぱりプロの味も恋しい…

ゴールデンウィークに肉を食べに行こう!と夫からの提案…
お肉が美味しいと評判の、焼肉ジャンボ篠崎本店さんへ行ってみることにしました。
予約は可能なんですが、なかなかハードルが高いってことで、少し早い時期に、5/3以降いつでもいいし、時刻もお店のオープン時刻というなんでもありな感じで、聞いてみると、あっさりとれました。
ただ、1時間30分だけのお席…
まあ、私たち早食いだし、大丈夫でしょう!

あと、心配なのは雨。
こちらのお店、自転車だったら、我が家から5キロなので、15分ちょいでいけるのですが…
電車だと、東西線の妙典駅から徒歩30分、新宿線の篠崎駅から徒歩15分…
もしかしたら、バスがあるのかもしれないけど、とにかく中途半端な場所なのです。
ドキドキしながら、時を過ごしましたが、なんとか晴れました。ほっ!
なので、自転車でいきました。
自転車を停める場所は、店横にありました。

お店はビルの二階でした。オープンちょっと前に到着したので、あがってみると、結構時間ギリギリまで、中には入れない感じでした。

Dsc07802
渡されたメニューは非常にシンプル。
よくある肉のランク表記もなく、焼肉ランキングで上位に君臨するお店なの?と思いましたが、なんか壁に書いてあるメニューもあるけど、ごちゃごちゃしていて、良く見えない(笑)
オムライスとかも書いてある気がするけどよくわかんない。

とりあえず、タン塩(1600)、カルビ(1250)、ロース(1250)、岩中豚のカルビ(800)、サンチュ(470)、ナムル盛り合わせ(620)と、ドリンクを注文。
Dsc07803

しばらく周囲の様子を観察していると、ハンバーグとか頼んでる人がいる。
それは行っときたいってことで追加注文。お値段失念。結構お安かったような気がします。
常連さんたちは、違うメニュー見てる気もする…

サンチュもりだくさん!
ナムルはちんまりでした。

Dsc07806
まずは、上塩タンから…
うん美味しい♪
満足!満足!

Dsc07807
岩中豚のカルビ
うん?食べてから早3週間以上が経過した今、豚の印象がまったくないです。
恐ろしや(笑)
ダメだったら記憶に残るので、美味しかったのだと思います。
やっぱりお値段無視して比べたら牛よね…

Dsc07809
カルビとロースは盛り合わせで来たのですが、ガツガツしてて、かなり食べ進んでから写真撮ってないことに気づきました。美味しかったよ〜♪

と、ここまでにしておいたら、たぶんお会計も、二人で8千円弱だったと思うのですが…

食べてる最中に、他のテーブルで、たぶんお店の大将さんと思われる高齢の方が、薄い肉を焼いて、数を数え、これが一番美味しい食べ方!どうぞ!的にやってるのが気になって、調べると、どうやら野原焼きというこのお店の名物らしい…
これは、行っとかないといけないんちゃう?となり…
なんと、一人前2000円ぐらいしたと思うのですが、二人前注文。
Dsc07810
来たら、有無を言わさず焼きに入ったので、生の状態の写真ナッシン…
しかも、もう大将さんらしき方じゃなくて、若者が焼いていて、さっきまでの元気な感じがなくて、ちょっと残念。焼き加減も、ちょっと鉄板変えたばかりで、最初、鉄板が熱し足りなかったのか、焼えきが甘い感じがしました。卵につけて頂きました。ただ、この野原焼きって、ご飯の上に肉を乗せて一緒に食べるってのが、オススメの食べ方みたいでもあるので、糖質制限中でご飯を食べない私たちには、ちょっともったいなかったかも…
まあでも、さすがに美味しいお肉でしたけどね。一枚二千円なら当然といえば当然ですが…
私個人的には、これは、次はもういいかな…
それより、普通のお肉をもうちょい頂きたいかな…
コスパ的に…

Dsc07812
最後にハンバーグがやってきました。
どーんってまんまるなハンバーグ!
中は、かなり赤いです。牛100%なので、大丈夫だけど、気になるようなら鉄板で焼いてね的な…
これは!!
飲めるハンバーグ系ですね。
美味しいわ〜♪

お会計は、二人で、1万5千円弱…
食べ過ぎぃ〜
ゴールデンウィークだから特別ですね…

1時間半の制限時間だったけど、1時間ぐらいで食べ終わった気がします。
ってか、私たちより早い人もいて、びっくりなぐらいでした(笑)

野原焼きにいかなければ、お値段もお手頃だし、日本が雨の多い国でなければ、通いたい焼肉屋さんだなって思えました。また来たい!
でも、こちら他にもお店があって、白金1店舗、本郷2店舗、香港1店舗となっています。
他に、別店舗名で、赤坂みすじ、南青山よろにく、本郷生粋があるようです。
そちらも気になる!

そして、中野区に一般人でも購入できる精肉店肉匠丸富があります。
美味しいお肉が買えるお店も探しているので、そちらも気になります。ただ、中野区は遠過ぎ(笑)

あー書いてたら、思い出して、また食べに行きたくなった…

Dsc07813
お会計時に、このガムもらいました。


 焼肉ジャンボ 篠崎本店

 住所
  〒133-0061東京都江戸川区篠崎町4-13-19 2F
 電話
  03-3679-8929
 営業時間
  17:00〜23:00(L.O.)
 定休日
  なし
 電話は13時から17時の間に…
 予約可能期間は、翌月末まで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CRIOLLO by Antoine Santos(クリオロ)

<東京 板橋区>

低糖質スイーツのお取り寄せしました。
少し前に、小竹向原の本店の方でイートインも経験済!
イートイン出来る低糖質スイーツは種類が少なかったし、自転車しか交通手段がないので、テイクアウトも制限があるので、通販を利用!

糖質制限ダイエットに成功して、かなり目標に近づいたこともあるので、ゴールデンウィークのご褒美ということでの購入。

全種類食べたいけど悩んだ結果、スリム・レアチーズ・フレーズのホール版(3740)と、スリム・ティラミス(1890)を購入。冷凍便で届きます。

Dsc07791 Dsc07792 Dsc07814
まずは、スリム・レアチーズ・フレーズのホールからいただきました。
ほんとは、ホールのまま、1日以上かけてじっくり解凍するのですが、さすがに二人でワンホールはきついので、冷凍のまま半分にカットして解凍しました。
1/6 カットで、糖質4.4gです。
私たちは、1/4カット頂いたので、6.6g
それでも、普通のチーズケーキだったら糖質は、20g以上はある感じなので、かなりの糖質制限。
しかも、これ、味に遜色ないんです。
過去に、低カロリー系のスイーツって、味がもうひとつってことが多くて、なんか気が進まなかったのですが…(それ食べるぐらいなら食べないで我慢する方がマシ的な…)
こちらのケーキは、たぶん言われなければわからないぐらい美味しいのです。
幸せ♪
ただ、上の苺は、ちょっとやっぱり生とは違って、コンポートのような感じになっていて、もうひとつでした。乗ってる方が、見た目は良いけどね♪
スリム・レアチーズ・フレーズは、長方形バージョンもあるので、次からはそちらで良いなって思いました。

そして、スリム・ティラミス
Dsc08002 Dsc08005  Dsc08007
こだわりの珈琲を使ってあり、マスカルポーネチーズはなんと蔵王の国産使用とのこと!
見た目も美しく、すごく美味しい♪
一本の糖質量は7.5gです。

個人的には、レアチーズ・フレーズの方が好みでした。また購入したい!
スリム・ショコラはお店で頂いたので、次は、スリム・レアチーズ抹茶を頂かないとっ!

でもって、ちゃんと最終目標まで体重を落として、こちらの低糖質以外のスイーツも食べれるようになりたい…
5月は、チーズケーキフェアをやってらして、めっちゃ気になっています。

低糖質スイーツは、ダイエットだけでなく、糖尿病の方などにも有効なものなので、これからも頑張っていただきたいです。ありがたい存在のお店です。

 CRIOLLO by Antoine Santos(クリオロ)

 住所
  東京都板橋区向原3−9−2
 電話
  03-3958-7058
 営業時間
  10:00〜20:00
 定休日
  火曜日
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

akordu(アコルドゥ)

<奈良県 奈良市>

この日が来るなんて、なんという幸せ♪
奈良在住時、お気に入りのレストランをみつけようと、頑張って毎月通ったレストランが、こちらのお店です。当時は富雄にお店がありました。1年続けた後は、さすがに毎月は無理なので、記念日に訪れたりしていました。シェフやスタッフさんにも、顔と名前を覚えて頂き、いい感じになれたと喜んでいたのに、建物老朽化のために閉店されてしまいました。
大阪の姉妹店「ドノスティア」さんと 生駒市の姉妹店「アバロッツ」さんはあったけど、やっぱり「アコルドゥ」さんが私のベスト1レストラン!
いつか再開されるとのことだったので、それを楽しみに過ごしていたのですが…
やっと待ちに待った再開って思ったら、夫に関東への転勤辞令…
10月に千葉にお引越し…
そして、「アコルドゥ」さんは、12月に奈良市の東大寺横で新しいスタートを迎えられました。
行きたい…
でも、遠い…

しかし、やっとそのチャンスがやって来ました。
夫が同窓会のために大阪へ
私もついていって、翌日の夜、行けばいいじゃん♪
でも、糖質制限がなぁとか、ちょっと悩む…
そもそも予約とれるのか?
私の実家もついでに行く?
とかいろいろな思いが錯綜し、ホテルをいろいろ物色してたら、奈良にリーズナブルで新しいホテル発見!とりあえず予約。
夜に予約取れるかなぁと検索したら、まさかの休日(貸切だったようです)
ガーン
じゃあ、翌日のランチは?って思ったら満席…
さらに、ガーン
念のため、ディナーを調べたらまだ空きがありました。ダメ元で夫に報告すると、予約しましょうとの嬉しい返事。早速予約しました。一休レストランで予約できるので助かります。
もう一泊するのは、いろいろ厳しいので、夜行バスで帰ることにしました。
なんせ、21頃奈良を出発すると、どうしても浦安には帰れないんですよね〜 遠いよ…
夜行バスは、22時過ぎに発車するものなど、いろいろあったので、シェフとお話しする時間も確保できるようにと、予約の時刻を遅くして、万全の体制
もう、行く前からワクワクが止まらない。

当日は、朝から奈良を夫と散策。
お昼に、お店を見に行ってみました。

Dsc07712 Dsc07713
塀と門は和風な感じ シンプルでオシャレな店名プレート
盛り上がるぅ!

Dsc07717_2
Dsc07715
Dsc07716
エントランス発見出来ず。勇気がなくて門から少し入っただけで撤退。
これは一見さんはこれないなぁ

夜が来るのを楽しみに待ちます。あーワクワクする♪

Dsc07734

Dsc07736 Dsc07737
やって来ました!
夜もいい感じ!

Dsc07739
色は違いますが懐かしい扉が迎えて来れました。

そして、懐かしい顔が現れました。アコルドゥ、ドノスティア、アバロッツ全てのお店でホールをまかされていた方!嬉しい!覚えてくださってる♪
嬉しすぎる♪

まずは、前室でお待ちくださいとのこと!
ここが素敵なお部屋でした。
お庭を眺めて過ごす時間…
川島シェフも挨拶に来てくださって感動!
このお庭には、鹿さんもやってくるみたいです。人間には慣れてないタイプの鹿さんなので、人の気配がすると逃げていくようですが…
あー会ってみたい!
Dsc07740 Dsc07741

ほどなくして、ダイニングに案内されました。
泣けるぐらい富雄のお店を思い出します。
嬉しい♪
Dsc07744

Dsc07745 Dsc07747

変わったのは、メニューの提示方法。
以前は、カードに全メニューが印象的な言葉で表現されていましたが、今は、カードケースから一枚一枚とびだしてきます。宝箱です。
Dsc07746

オリーブ
Dsc07748    
お肉はハツだったかな
今回、苦手なものはあえて知らせずに全部頂くつもりで訪れました。でも、夫に最初に食べてもらったところ、ハツは私には無理かもとの判断だったので、美味しく食べれる人に食べてもらいました。食べれなくて、かわいそうに…という夫の感想。当たり前ですが、とても美味しかったようです。
オリーブは、超美味しかったです。ワクワク

Dsc07750
最初のパンは、a の焼印入り!おしゃれ♪

野迫川のアマゴ
フェンネル 燻した卵
Dsc07752Dsc07753Dsc07754
野迫川村は雲海で有名な場所
それを思わせるような燻煙の中から徐々に現れるアマゴ達
なんかゾクゾクします。
すごい!
前から素晴らしいレストランだったけど、さらに先へ進んでいる感じです。

大和肉鶏の肝と真菜の根
生きるものと生かされるもの

Dsc07757 Dsc07758
これは、以前からおみかけしていたオリーブの土
しかしさらに哲学的に進化
レバーも残念ながら苦手食材、でもこれはかなり食べれる!
とはいえ、夫の好物なので、少し食べてレバーペーストだけ夫にわけわけ
シェフに申し訳ないなぁ
夫には、レバー嫌いを克服しようと提案されています。代わりに夫は香草を克服するようです。出来るかな…
でも、確かに、美味しく食べれるようになりたいのはなりたいのよね。
それには、慣れもあるから、食べる練習するのも手!
確かに、パクチーとかは、食べてるうちに食べれるようになりました。追いパクチーはしないけど…
出来たらのぞきたいけど(笑)

Dsc07759
夫は、デギュスタシオン(9500)をお願いしていましたが、日本酒も登場!
ちなにに、私は、大好きなお水 ヴィッチーカタラン(850)を頂きました。

醤酢に 蒜 搗き合てて 鯛願う
我にな見えそ 水葱の羹
Dsc07761Dsc07762Dsc07763
Dsc07764
万葉集の歌とかおしゃれすぎる
鯛を現代でいうところの醤油のようなものと、ニンニクなどのネギ類で食べたい お吸い物はいらない!
という歌なのですが、あえてスープを添える遊び心とのこと!
うんまい!

Dsc07765
2個目のパン
糖質制限 せめてパンだけでもって思っていたけど、無理!
パンも全部味わう!
美味しすぎる!

春のアブラナ
ブルーチーズクリーム
Dsc07767_2
ぬぉっ!
ブルーチーズ!
でもでも、克服するのだ!
これは行けるっ!
すると、なんとスタッフさんが、癖の強いチーズはお苦手じゃなかったですか?って聞いてくださいました。過去のデータから心配してくださったようです。ありがたい。
でも、今回は、全部そのままを頂くつもりで来ていますとお伝えしました。
どうしてもダメなものは、次回はお伝えするとして…

炙った牡蠣とみぞれ
過ぎ行く季節と新芽
Dsc07770Dsc07769
いちごと牡蠣!!!
びっくりな組み合わせ!
でも、これが合うんですよね。

魚のコンフィタード
アヴォカドと若いハーブ チーズのフォン
Dsc07773Dsc07772Dsc07774
美しい。そして、チーズのフォン懐かしい
ほっこりします

Dsc07777_2
3個目のパン なんか懐かしい感じ!

倭鴨とからし菜
土の香りのピュレ
Dsc07775Dsc07776
うーん悶絶。
川島さんの鴨美味しい♪
あーでも、そろそろコースが終わりに近づいているのがわかって悲しい…

五條のイノシシと米
山の景色と生きるモノ
Dsc07779
お料理の〆にリゾット登場です。
お口直しも兼ねてるのかサッパリします。
お味は秘密
いつもかどうかはわかりませんが、楽しんでください♪

ここからは、ポストレ(デザート)タイム

ブランマンジェとスパイシーな人参
曽爾のビールキャラメル
Dsc07782Dsc07781
川島さんのスイーツ最高!
めちゃくちゃ美味しい♪
この素敵な時間が後少しってわかっているので、ゆっくりゆっくり噛み締めながら頂きましたが、するする無くなっていく…
お皿舐めたいぐらい美味しい…

奈良の苺とあおいの香り
オリーブオイルのアフォガード
Dsc07785Dsc07784
そして最後は旬の苺スイーツ
奈良の苺 古都香!
お互いの実家に古都香を送りましたが、今まで食べた苺の中で一番美味しかったと言ってました。
送ったのは、別に高級な贈答用でなく、普通のスーパーの中で、ちょっといい苺ぐらいだったので、すごいことです。流通が少なくて奈良でしか手に入らないようなので貴重です。
こちらは、コンポートになっていましたが、いちごのコンポートは大好物。
美味しすぎる
そして、これが本当に最後で、寂しすぎる。

Dsc07786Dsc07787
ほうじ茶とエスプレッソを頂きました。
宝箱の最後は a でした…
Dsc07788

この完成されたコースが、13000円とかリーズナブル過ぎます。
東京なら3万とかで、予約困難店になるレベルだと思います。
でも、そうせずに、地産地消で素材に手間を惜しまずにかけて、感動の料理を提供してくれる川島シェフに感謝しかありません。


川島シェフとのトークタイムを期待して、少し予約時刻を遅くしてみましたが、食べるのが早すぎて、かなわず(笑)
最後のテーブルは、まだメイン的な…
どんだけ早いんだ私たち…
まあ、最初に、少しお話しできたし、帰りましょう。
バスの時刻もあるし…
そしたら、前室へどうぞと案内されました。
そこで、少しシェフとお話し出来ました。
ありがたいです。
そして、絶対にまた来よう!と心に誓いました。
夫もそう思って来れたようで嬉しい♪
遠くても、せめて一年に二回は来たいと…(私は四回は来たいけど(笑))
今は、オーベルジュ的に、宿泊できるお部屋も一部屋あるので、それ狙いでもっ!
川島さんの作る朝食が楽しみすぎて死んじゃうかも!

結婚式も行われているので、参列してみたいです。
誰か、ここで結婚式あげてくれないかなぁ
私たち結婚式あげてないから、銀婚式とかをここでとか?!
やれたらいいけど…
恥ずかしくて無理だな…

とにかく楽しい気持ちで奈良をあとにしました。
バスの時刻を間違えていて、最後ドタバタしたけど(笑)
次くるのが楽しみです。今年中に来れるといいな。

※金額には、消費税とサービス料(10%)が加算されます。

追記
「ゴ・エ・ミヨ」の東京・北陸・瀬戸内版2018にて、川島シェフが『今年のシェフ賞』を受賞されたそうです。やっと世間が追いついて来たようです。嬉しい♪
 ミシュランの目は節穴なの?って疑問だったので、ほんとに嬉しい♪


 akordu(アコルドゥ)

 住所
  奈良県奈良市水門町70-1-3-1
 電話
  0742-77-2525
 営業時間
  12:00〜13:00(L.O.)
  18:00〜19:00(L.O.)
 定休日
  月曜日(他に不定休あり)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほうせき箱

<奈良県 奈良市>

スイーツのお店を求めて商店街を歩いていたところ、最初のお目当のお店は、どうも定休日だったらしく開いてなかった…
で、周辺のランキングをみると、なんとなんと、あの有名なかき氷のお店が近い…
並んでるんじゃないのかなぁとは思いつつも、ダメ元で行ってみると、並んでないし、席も空きがある!!
ラッキーと思って、お店に入ると、すぐにお店の方が近寄ってこられて、システムを説明してくださいました。
空いてるように見えていましたが、今の時間は満席とのこと…
並ぶしくみではなくて、時間枠制の予約のしくみでした。希望の時間帯のフダを100円で購入して、その時間枠に戻ってきたら食べれるしくみです。
夕方の枠を購入しました。予約札には、時間は書いてないので、自分で覚えておかないといけません。私は、途中で完全に忘れましたが、夫が覚えていてくれて良かった(笑)

ちなみに、この日は、G.W.中の平日で、私たちがお店に行ったのは、お昼前ぐらいでした。で、まだ夕方とかは余裕で買える感じでした。なので、いっときの人気も落ち着いたのねって勝手に思っていましたが、今ちょっと調べたら、休日は、8:30にお店がオープンして、8:40に売り切れとかって状態なので、全然落ち着いてません。私達は超ラッキーでした。休日に、こちらのかき氷を食べようと思ったら、朝早くから並ばないといけないようです。

もう少し、落ち着いたら、この整理券方式は、食べてる時も行列を気にしてあせる必要もないし、すごくいいなって思えました。やっぱり、炎天下並ぶのは身体によくないし、他のお店でも導入して欲しいなって思います。

ちなみに、こちら最近移転されたようで、お店は、とてもきれいでしたし、胡蝶蘭がいっぱいありました。
Dsc07695 Dsc07696

Dsc07694

ここから、別のお店でランチを食べて、若草山まで歩いて、行きたかった窯元が空いてなくて空振りし、カフェで休憩し、奈良国立博物館で「春日大社のすべて」を見学。
なんと、ラッキーなことに、版権サービスで、ほうせき箱さんで、柿茶がいただけるとのこと!
ついてる!

時間になって、お店に伺うと、まず、整理券の札を返して、100円バックされます。
その後、注文。
春日大社のすべてとのコラボが、インスタ映えしそうでしたが、甘酒ってキーワードが私には無理だったので、普通に一番食べたかった「きうい苺ヨーグルト」(850)を選択。
夫は、「リトマス試験紙氷」に行くのかと思いきや 、これまた自分好みの「琥珀パールミルク味」(810)を選択。
キッチンを囲むようなカウンターに着席していたので、作るところをじっと眺めることができました。まあまあ待ちます。あっあれ私のかなって思ってても、他のお客さんのだったり、一喜一憂(笑)

Dsc07723 Dsc07724
きうい苺ヨーグルト
奈良産いちご、ヨーグルトエスプーマ、キウイシロップ
テンションあがるぅ
めっちゃ美味しそう!
食べるの難しい!
Dsc07730
中にも苺がゴロンゴロン入ってました。
幸せすぎる♪

Dsc07726 Dsc07725
Dsc07729  
琥珀パールミルク氷
ミルクエスプーマ、自家製カラメル、ナッツ、ミルクシロップ
これまためっちゃ美味しいです♪
奈良なのにスゴイ!
ってか、奈良は盛り上がってます。あとは、良いホテルがもうちょい出来て、リニアが来れば完璧かな?

Dsc07728 Dsc07731
柿茶も美味しかったです。
ありがたや…
試食もいただきました。
食品や、食器、雑貨なども販売されていて、趣味のいい上質なものばかりです。
お土産にも良いかも!
かき氷の器、益子焼の取っ手付きカップ買いそうになりました。
旅行中なので、重いし、また今度…
ネットでも買えるようです。

昔住んでいた奈良県が盛り上がってくれて嬉しいです♪


ほうせき箱

 住所
  奈良県奈良市餅飯殿町47番地
 電話
  0742-93-4260
 営業時間
  10:00〜19:00(整理券配布は8:30〜)
  状況によって変更あり
 定休日
  木曜日
 お店の公式Facebookページはこちら  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OBICA オービカ モッツァレラバー 梅田

<大阪 梅田>

久々の大阪!お料理教室の先生と、生徒ちゃん、それぞれの旦那様とディナー♪
GW中の突然の誘いに応えてくれて本当に感謝!

気になっていたお店、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、横浜にもあるんですけどね。

ハービスENTの5Fにお店があります。
とってもシックなお店!
となりのテーブルが女子会で、ちょっとにぎやかだったけど、それ以外は静かな感じ!

Dsc07670 Dsc07672
まずは、3種モッツァレラ盛り合わせ40g(1950)とリコッタチーズ40g(700)
3種盛り合わせは、クラシカ、アッフミカート、ストラッチャテッラの盛り合わせ!
ぜーんぶ、とっても美味しかった!
上質のものを入れてらっしゃるなぁって思いました。
この中で、特に特に美味しかったのは、リコッタ!べらうまだったのですが…
やっぱリコッタ美味しいわ!
もうちょいお値段が良心的だと、普段使いできるんだけど、高音の花!

Dsc07674
久々のパンもうまうま!

Dsc07676
生ハム盛り合わせ!全部美味しかった♪

Dsc07679
ズッキーニ アッラ スカペーチェ(1500)
ズッキーニのパスタが品切れで、代わりにこちら!
めっさ美味しい♪
大満足!
でも、ズッキーニのパスタが食べれなかったことが悲しくもある(笑)

パスタは写真撮るの忘れました。
オマール海老と渡り蟹のフレッシュトマトソース リングパスタ カラマレッティ(3200)
豪華なパスタでした。美味しかったけど、ちょっと塩がきつかったかな〜
私がお酒飲まないせいかもしれないけどね。

メインは、牛リブロースのタリアータ (3200)
Dsc07681
うんまい!
ここ本当に美味しいわ!

食事の最後は、ピッツァで!
Dsc07682
シーズナルメニューから、ピッツァビアンケッティ(2800)
白魚、しらす、ドライトマトペースト、オリーブ、唐辛子、水牛モッツァレラ
薄焼きピッツァでした。

そしてそして、禁断のドルチェへも!
3種ドルチェ盛り合わせ(1500)とエスプレッソダブル(450)
Dsc07687 Dsc07685
ティラミス、カンノーリ、トルタカプレーゼの盛り合わせ!
贅沢だぁ
カンノーリはちょっとあっさりしすぎな気もしましたが、ティラミスは絶品だった!
エスプレッソは、量が多くてびっくり!
ただ、ドルチェよりかなり先にエスプレッソが来たので、ちょっと本場と違うなぁって思ってしまった。

ホール人数が少ないのかもしれないけど、料理と料理の感覚が長くちょっとアンバランスな部分も多く感じてしまいました。もうちょいテンポ良くなってくれると良いのになって思いました。
まあでも、美味しくて大満足でした。


 OBICA オービカ モッツァレラバー 梅田

 住所
  〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZAENT5F
 電話
  06-4796-6411
 営業時間
  11:00~15:00(L.O.14:00) 土日祝は16:00(L.O.15:00)
  17:00~23:00(L.O.22:00)
 定休日
  不定休(ハービスPLAZAENTに準ずる)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

café&books bibliothèque OSAKA UMEDA

<大阪 梅田>

久々の関西帰省。
帰省っていってもホテル泊まりだけど…
夫が同窓会だったので、私もその間、学生時代の友人と女子会!
1年7ヶ月ぶりの再会!
そのうち、2人は東京に来てくれた時に会ってたけどね。

ゴールデンウィーク真っ只中だったから、集まってもらえるか不安だったけど、6人も来てくれました。
感謝です♪

お店は、全員の希望を聞いた結果、高級レストランより、おしゃれカフェが人気だったので、インスタ映えなスムージーで有名な、東京にもお店のある café&books bibliothèque (ビブリオテーク)さんにしました。ネット予約できるお店はやっぱり超便利。
ただし、予約はカフェメニューはだめで、ディナーメニューを注文する場合のみOKとのことでした。

当日、予約時刻より少し早めに、お店の前を通ると、満員御礼!
あれ、こんなんで、私たちが行った時、席あるの?予約大丈夫ってちょっと不安になりました。

予約時刻に訪れると、お店の奥の方に、ちゃんと席ありました。
でも、満席状態のまま
大人気です。

コース料理もありましたが、それだと単調かなぁってことで、前菜、サラダ、パスタ、メインを2皿ずつ頼んでみんなでシェアすることにしました。


Dsc07579
乾杯はあったかいジャスミンティーで(笑)
まさかの暖かいジャスミンティーだった…
ホットドリンクで乾杯って雰囲気でないー


Dsc07578
まずはサラダがやってきました。
バジルドレッシング少なめ
いちごが入ったサラダ
なかなか家庭では出来ない雰囲気で美味しかったです。
気分がアップする!

だが、しかし、ここからが大変
どんどんお料理がやってきます。
食べるのが追いつかない…
なんか、コース的にだしてくれるのかと思っていたけど、全部出来たら速攻持ってくるスタイルでした。
こちらで、アラカルトを注文する場合は、ちょっとずつ頼んだ方が良いようです。
なんか、フードを頼まないといけないってことで、一気に頼んだ方がいいかなぁって思っちゃったのよね…
しかし、テーブルに乗り切らないし、こんなサービスがあるのか?!
と、ちょっと疑問に思ってしまった。
飲食店としての基本が出来てないように感じてしまいました。
注文時にアドバイスしてくれるとかいろいろあると思うのですが…

Dsc07580
前菜盛り合わせ
結構豪華!2セットを7人でわけて十分な量でした。
お店の意図的には二人分って気はするけど…
それだと、他のもの食べれなくなっちゃう。

Dsc07581
パスタは、ホタテのパスタ。
さっぱりしてて美味しかった♪

Dsc07582
メインはハンバーグ!
スキレットに乗ってて、ポテトも美味しかった♪
味は、問題なしなので、ほんとに、出し方だけ改善してくれたら文句ないです。

そして、そして、ここからがお楽しみのスイーツ♪
お腹一杯なので、みんなでシェア!
7人で4つのスイーツを注文しました。
外せないのは、こちらの定番 コットンキャンディーボンボンスムージー
Dsc07583
絵になる…
コーンアイスがささってるタイプも(笑)
Dsc07584

二つ並べると圧巻
とっても美味しかったです。
お値段はかわいくないけど、シェアすれば平気!
Dsc07585

もう一つは、ブリュレパンケーキを!
切り分けてから、ソースをかけたので、ソースかけたあとの写真が悲惨(笑)
こちらも、ふわんふわんで美味しかった♪
Dsc07586 Dsc07588


〆の紅茶で、いっぱいおしゃべりさせてもらいました。

Dsc07587         

注意点は、夜遅くなると地下のディアモール入り口が閉まっちゃうことです。
要注意!

総合的に考えると東京のお店に行くことはないかなぁ

でも、インスタ映えのするお店に行けて女子会出来たのは良い経験になりました。
スムージーのビジュアルは最高!


 café&books bibliothèque  OSAKA UMEDA

 住所
  〠530-0001 大阪市北区梅田1-12-6 E~ma B1F

 電話
  06-4795-7553
 営業時間
  11:00~23:30
 定休日
  不定休(E
~maに準ずる)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »