« ちどり | トップページ

海老昌

<東京 渋谷>

少し前にテレビで拝見!
えびふらい好きとしては、行っとかないと!!!
とはいえ、渋谷は遠いし、予約しないとってことで、後回しにしていました。
が、このG.W.に、渋谷に行く用事ができたので、早速電話!
できれば、ランチタイムに予約したかったのですが、20時に予約取れました。
この日の流れとしては、朝電話!
15時頃にならないと、夜受けることができる予約数がわからないとのことで、15時頃再度電話くださいとのこと!
15時に電話すると、20時に予約受付とのことでした。
G.W.中とはいえ、平日だったので、当日でも予約できたのか、それとも、普段からこんなものなのかは、よくわかりませんでした。海老の入荷次第ってところもあるようですしね。

お店は道玄坂から少し横に入ったところにあります。
Dsc03828
これが目印!うっかり通り過ぎそうになります。
エレベーターで地下に降りると、もうお店で、席に案内されます。
TVで見たはずなのですが、私のイメージでは、海老フライだけを頑張ってる元気なお店だったのですが、全然違って、めっちゃシックなバーのようなお店でした。大人のイメージ。一体何を見ていたのか(笑)多分、海老フライだけ見てたんでしょうね。

全席カウンターです。先客二人のみで空いているように見えましたが、実際は、そんなことはなく、間隔あけて予約を取っているだけのようでした。

Dsc03829  Dsc03830 Dsc03831
まずは、メニューの説明
この日は、一番大きい海老 「重明」 入荷してたみたいです。1食のみ すでに完売。
そして、次のランク、「渚」は、5食が完売。
実際に、この日あったのは、「香」、「京」、「琥珀」と普通の大昌。
お値段は、3,300円、2,900円、2,550円、2,400円。
普通のものも試した方がいいのか?とか悩んでいると、夫があっさり、
「香」と「京」でしょうと!

いやーしかし、このビジネスモデルすごいなぁ
和紙風の上等な紙に毎日の入荷ごとに海老の数を印刷して、説明も丁寧。海老好きだけど、こんな風に説明出来ない。そして、すでに売り切れてるものも出すことで、より上のメニューを選ぶ傾向があるだろうし、色々考えられてます。うまいわ!

しかも、大きな海老は、いつもあるとは限らないから、行った日にあれば、次なんて悠長なこと言ってないで、今行かなきゃってなりそう!
「重明」気になるなぁ 4,500円ってすごいお値段ですけどね。

「香」と「京」を注文すると、海老は2尾ずつあるので、シェアされますか?と聞いてくださいました。
もちろん!これは、ありがたいサービスです。食べ比べ出来ます。

Dsc03832
ドリンクメニューは結構あっさり
グラスワインの白(700)とウーロン茶(480)を注文
Dsc03835  Dsc03836_2 Dsc03837

Dsc03834 Dsc03833
テーブルセッティングはシンプル
ほんと大人な空間

Dsc03838
まずは、スープ!
ビスクスープですが、ちょっと薄めな感じ

Dsc03839 Dsc03840   Dsc03842
そして海老フライがやってきました。
おっきいです。でも、お頭付きなので、こんなもんといえばこんなもんでもあります。
手前が「香」で、奥が「京」です。
少しずつ食べ比べていきます。
正直、私は、そんなに違いがわからなかったです。身を何もつけずにそのままだと、やはり物足りないので、タルタルソースとかつけるから余計に…
夫は明らかに、「香」の方が美味しいと申しておりました。
むっ舌で負けたのか…

Dsc03843
身の断面はプリプリで食べ応えあって美味しいです。

でもね、全部食べ終わって思うことは、漣さんの海老フライには遠く及ばないってことなんです。
ボリューム感も、味も、値段も…
まあ、渋谷のど真ん中と、鳥羽の場所代とかも比べると、そうでもないんでしょうけど…
長い間、食べてないけど、漣さんは、伝説みたいになってるから、あそこを超える海老フライを発見するのは、無理なのかもなぁと思った次第です。

まあ、でもこちらのお店、海老フライ愛好家に喜ばれる店なのは間違いない!
だって、海老フライって、好きな人多いのに、トンカツみたいに専門店もないし、なんかちょっと、美味しいところを見つけるのが難しいジャンルだったのです。
なかなか渋谷は、遠いので、再訪は難しいかもしれませんが、次回は、「重明」に出会えるように、早めの予約を目指したいです。


 海老昌

 住所
  東京都渋谷区道玄坂2-22-6 CREA道玄坂ビル B1F
 電話
  03-6452-5913
 営業時間
  11:30~
20:30(L.O.)
 定休日
  水曜日

|

« ちどり | トップページ

其の他じゃんる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/70574703

この記事へのトラックバック一覧です: 海老昌:

« ちどり | トップページ