« 村のピザ屋 カンパーニャ | トップページ | PATISSRIE RYOCO(リョーコ) »

是山居(ぜざんきょ)

<東京 門前仲町>

ホワイトデーのディナーはどこに行こうか?とずっと悩んでいたのですが、ホワイトデー近辺には、都合がつかず、少し遅れて記念日ディナー
空いてるお店ないかなぁと検索していると、バレンタインの時に、諦めたこちらのお店が空いてるではないですか!!
夫に確認して、早速、オープンテーブルで予約!
と思ったら、なぜか、席が空いてるのに、オープンテーブルでは、満席になりましたと、言われる。
念のため、電話してみると、空いてるとのことで、予約できました。良かった。
どうも、オープンテーブルとは相性悪いです。

当日、17時という早い予約時間
というのも、こちらのお店は、総入れ替え制なので、次の予約は19時で、そちらは満席でした。
多少の時間の開きはあるようですが、17時30分までには、皆さんお揃いだったように思います。

門前仲町は、以前、住んでいた清澄白河のお隣の駅なので、何度か訪れていましたが、10年近く前に1年だけのことなので、すっかり忘れています。
昔は、あんまり食の宝庫ではなかった気がするのですが、今は、いいお店がたくさんあるようなので、東西線で一本だし、これから色々楽しみなエリアです。

Dsc03268
Dsc03269
Dsc03270
17時少し前に、お店に到着
なんか外観から異彩を放っています。
早すぎるかなぁと、お店の外観を撮影していると、お客さんが入っていかれる。
あっ大丈夫なんだと、私たちも入りました。
まずは、三階の待合室へどうぞ
とのことで、エレベーターで三階へ
靴を脱いで、待合室へ入ります。
美術品的なものが、たくさん飾られています。
Dsc03271  
Dsc03272
Dsc03273
Dsc03274
時間になると、一階へどうぞと案内されたので、靴を履いて、一階へ
今度は階段で降りてみました。
踊り場には、たくさんの仏像
店主さんのご趣味なんでしょうね。
これ、価値がわかる人には、たまらないものなんですかねぇ
数が多いので、圧倒されます。
Dsc03275

二階には、お座敷があるようですが、私達は、一階のカウンターへ
靴を脱ぎます。これ、ちょっと面倒です。

Dsc03276Dsc03277Dsc03280
まずは、大根おろしと天つゆを入れておいてくださいと言われました。
大根おろしは、たっぷりあります。少なくなると、新しい大根おろしを出してくださいます。
この大根おろしがまた美味しいのですよ!
なんか、棘がなくて、まろやか!これだけでもいけます!

Dsc03278
夫は最初は熱燗、後に冷酒、私は、ガス入りのミネラルウォーターで…
なんか頼まないとなぁって思ってしまったけど、あったかいお茶をいただいても良かったかもな…

Dsc03279
まずは前菜をいただきます。

そして、お待ちかねの天ぷらが始まります。
目の前で揚げられていく天ぷらがサッと来たら、パッと写真をとって、即座に頂きます。
お店からのお願いとして、
「天ぷらは 時間、間、呼吸、と 小さく刻んだ 時を食べる物です有ります。間髪を入れず召し上がって頂けると幸いです。」と記載されています。
多分、写真撮ってても、そこには抵触せずに素早く食べていたと思います。

最初は、車海老
Dsc03281Dsc03282Dsc03283
2尾と頭
これが、すごく美味しい。天ぷらは蒸し料理っていうのがよくわかる感じです。
塩で頂くのが美味しい!

Dsc03284
2つめは、キス
これまた美味しい♪
半分に分けて、塩と天つゆ両方楽しみました。やっぱ塩かなぁ〜

Dsc03285Dsc03288
墨イカ
悶絶!

Dsc03286Dsc03287
お吸い物

Dsc03289
うに大葉巻
二人ともうには苦手なのに、これめっちゃ美味しかった!!!
仕込みの様子見てたけど、どうやったらこんなに綺麗に大葉を揚げれるのかわからなかった…

Dsc03290
たらの芽 春の味ですねぇ〜

Dsc03291
しらうお
こちらは、春のスペシャリテですね。
4人分を一度に揚げておられたので、すごくにぎやかでした。
夏はあゆやぎんぽう、秋ははぜなどになるようです。

Dsc03292
めごち
初めて食べたかも!白身の美味しいお魚です。

冬ならここで、菊子(白子)とのこと!
気になったのは、パンフレットに、英語名が、Edible Chrysanthemumってなってたこと(笑)
外国の方に伝わるのかな???
まあ、こういうお店に来る外国の方は、もしかすると私なんかより日本の伝統に詳しいから大丈夫かな。
ちなみに、訪れた日も、半分ぐらい外国の方でした。一人で訪れてらっしゃる方もいて、すごいなぁって思いました。

Dsc03293
穴子
長いまま、敷き紙の上に置かれたのち、お箸で一刀両断です。鮮やか!
そして、ふっくら美味しい♪
私、穴子苦手なはずなんですが…
ハフハフ全部食べちゃいました。

野菜は、一人2種選べます。
先に、夫が、アスパラ、しいたけを選択。
クー私も、アスパラ行きたかったけど、ここは、別のものいっとかないと…
茄子とさつまいもを選択
あとは、ししとうがあったかな

Dsc03295
しいたけ大っきい!
お行儀悪いですが、少しかじらせてもらいました。
美味しかった♪

Dsc03297
アスパラ
夫は穂先を、私は軸を頂きました。
これが、ものすごく美味しかった。過去に食べたアスパラガスの中で一番美味しかったかも。
今回の天ぷらの中で、衝撃の度合いとしては、このアスパラガスが私の中で一番でした。

Dsc03298
なすは、普通だったかな

Dsc03299
さつまいも
これは、甘くて、ホクホクで美味しかった♪

お腹は、結構、満足なんですが、野菜の天ぷらもっと食べたい気持ちになりました。
価格帯的に合わないのだろうけど、高級天ぷらで、高級素材ではなく、野菜とかリーズナブルな素材を最高の技術で揚げたもの食べたいなぁって思ってしまう。で、一万以内に収まってくれるとありがたいのだけど、なかなかそれじゃ商売にならないのかなぁ

最後は、はし羅のかき揚げ
天丼か天茶か聞かれます。
私は天丼、夫は天茶!

Dsc03300Dsc03301Dsc03303
これは、天茶が正解!
いや、関東の人は、これでいいのかもしれないけど、天丼のタレが濃すぎるのです。
せっかくの天ぷらが勿体無いよ〜
めっちゃ美味しいのに、甘いタレの味になっちゃう
次があるかわからんけど、次は絶対に天茶!

っていうか、常連らしき方は、白ご飯とかき揚げ食べてらっしゃいました。
そんな選択もあるのか!!!
どうやって頼むのかしら、ドキドキ!

Dsc03304
天茶 これは、素直に美味しい♪
絶対こっち!間違いない!

Dsc03305
デザートは花豆
夫硬直(笑)
少し食べましたが、残りは全て私へ
まさかラストで、豆が出て来るとはね
和食のお店のデザートは、水菓子が多いですが、豆も注意しとかないとですね。

暗くなって、すごく良い雰囲気になっていました。
この生垣のおかげで、お店の中からの雰囲気が、街中感を感じさせないようになっています。
Dsc03307

二人で、四万弱 めちゃめちゃ贅沢な時間でした。
ここに常連で通うようなことは、まだまだ、いろんな意味で無理ですが、最高級の天ぷらに触れていい経験にはなりました。何より美味しかった♪
ごちそうさまでした。

 是山居(ぜざんきょ)

 住所
  東京都江東区福住1-3-1 乙ビル
 電話
  03-3643-8383
 営業時間
  11:30〜13:00
  13:00〜14:30
  17:00〜19:00
  19:00〜21:00
 定休日
  水曜日
 お店の公式HPはこちら

|

« 村のピザ屋 カンパーニャ | トップページ | PATISSRIE RYOCO(リョーコ) »

わしょく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/70033437

この記事へのトラックバック一覧です: 是山居(ぜざんきょ):

« 村のピザ屋 カンパーニャ | トップページ | PATISSRIE RYOCO(リョーコ) »