« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

是山居(ぜざんきょ)

<東京 門前仲町>

ホワイトデーのディナーはどこに行こうか?とずっと悩んでいたのですが、ホワイトデー近辺には、都合がつかず、少し遅れて記念日ディナー
空いてるお店ないかなぁと検索していると、バレンタインの時に、諦めたこちらのお店が空いてるではないですか!!
夫に確認して、早速、オープンテーブルで予約!
と思ったら、なぜか、席が空いてるのに、オープンテーブルでは、満席になりましたと、言われる。
念のため、電話してみると、空いてるとのことで、予約できました。良かった。
どうも、オープンテーブルとは相性悪いです。

当日、17時という早い予約時間
というのも、こちらのお店は、総入れ替え制なので、次の予約は19時で、そちらは満席でした。
多少の時間の開きはあるようですが、17時30分までには、皆さんお揃いだったように思います。

門前仲町は、以前、住んでいた清澄白河のお隣の駅なので、何度か訪れていましたが、10年近く前に1年だけのことなので、すっかり忘れています。
昔は、あんまり食の宝庫ではなかった気がするのですが、今は、いいお店がたくさんあるようなので、東西線で一本だし、これから色々楽しみなエリアです。

Dsc03268
Dsc03269
Dsc03270
17時少し前に、お店に到着
なんか外観から異彩を放っています。
早すぎるかなぁと、お店の外観を撮影していると、お客さんが入っていかれる。
あっ大丈夫なんだと、私たちも入りました。
まずは、三階の待合室へどうぞ
とのことで、エレベーターで三階へ
靴を脱いで、待合室へ入ります。
美術品的なものが、たくさん飾られています。
Dsc03271  
Dsc03272
Dsc03273
Dsc03274
時間になると、一階へどうぞと案内されたので、靴を履いて、一階へ
今度は階段で降りてみました。
踊り場には、たくさんの仏像
店主さんのご趣味なんでしょうね。
これ、価値がわかる人には、たまらないものなんですかねぇ
数が多いので、圧倒されます。
Dsc03275

二階には、お座敷があるようですが、私達は、一階のカウンターへ
靴を脱ぎます。これ、ちょっと面倒です。

Dsc03276Dsc03277Dsc03280
まずは、大根おろしと天つゆを入れておいてくださいと言われました。
大根おろしは、たっぷりあります。少なくなると、新しい大根おろしを出してくださいます。
この大根おろしがまた美味しいのですよ!
なんか、棘がなくて、まろやか!これだけでもいけます!

Dsc03278
夫は最初は熱燗、後に冷酒、私は、ガス入りのミネラルウォーターで…
なんか頼まないとなぁって思ってしまったけど、あったかいお茶をいただいても良かったかもな…

Dsc03279
まずは前菜をいただきます。

そして、お待ちかねの天ぷらが始まります。
目の前で揚げられていく天ぷらがサッと来たら、パッと写真をとって、即座に頂きます。
お店からのお願いとして、
「天ぷらは 時間、間、呼吸、と 小さく刻んだ 時を食べる物です有ります。間髪を入れず召し上がって頂けると幸いです。」と記載されています。
多分、写真撮ってても、そこには抵触せずに素早く食べていたと思います。

最初は、車海老
Dsc03281Dsc03282Dsc03283
2尾と頭
これが、すごく美味しい。天ぷらは蒸し料理っていうのがよくわかる感じです。
塩で頂くのが美味しい!

Dsc03284
2つめは、キス
これまた美味しい♪
半分に分けて、塩と天つゆ両方楽しみました。やっぱ塩かなぁ〜

Dsc03285Dsc03288
墨イカ
悶絶!

Dsc03286Dsc03287
お吸い物

Dsc03289
うに大葉巻
二人ともうには苦手なのに、これめっちゃ美味しかった!!!
仕込みの様子見てたけど、どうやったらこんなに綺麗に大葉を揚げれるのかわからなかった…

Dsc03290
たらの芽 春の味ですねぇ〜

Dsc03291
しらうお
こちらは、春のスペシャリテですね。
4人分を一度に揚げておられたので、すごくにぎやかでした。
夏はあゆやぎんぽう、秋ははぜなどになるようです。

Dsc03292
めごち
初めて食べたかも!白身の美味しいお魚です。

冬ならここで、菊子(白子)とのこと!
気になったのは、パンフレットに、英語名が、Edible Chrysanthemumってなってたこと(笑)
外国の方に伝わるのかな???
まあ、こういうお店に来る外国の方は、もしかすると私なんかより日本の伝統に詳しいから大丈夫かな。
ちなみに、訪れた日も、半分ぐらい外国の方でした。一人で訪れてらっしゃる方もいて、すごいなぁって思いました。

Dsc03293
穴子
長いまま、敷き紙の上に置かれたのち、お箸で一刀両断です。鮮やか!
そして、ふっくら美味しい♪
私、穴子苦手なはずなんですが…
ハフハフ全部食べちゃいました。

野菜は、一人2種選べます。
先に、夫が、アスパラ、しいたけを選択。
クー私も、アスパラ行きたかったけど、ここは、別のものいっとかないと…
茄子とさつまいもを選択
あとは、ししとうがあったかな

Dsc03295
しいたけ大っきい!
お行儀悪いですが、少しかじらせてもらいました。
美味しかった♪

Dsc03297
アスパラ
夫は穂先を、私は軸を頂きました。
これが、ものすごく美味しかった。過去に食べたアスパラガスの中で一番美味しかったかも。
今回の天ぷらの中で、衝撃の度合いとしては、このアスパラガスが私の中で一番でした。

Dsc03298
なすは、普通だったかな

Dsc03299
さつまいも
これは、甘くて、ホクホクで美味しかった♪

お腹は、結構、満足なんですが、野菜の天ぷらもっと食べたい気持ちになりました。
価格帯的に合わないのだろうけど、高級天ぷらで、高級素材ではなく、野菜とかリーズナブルな素材を最高の技術で揚げたもの食べたいなぁって思ってしまう。で、一万以内に収まってくれるとありがたいのだけど、なかなかそれじゃ商売にならないのかなぁ

最後は、はし羅のかき揚げ
天丼か天茶か聞かれます。
私は天丼、夫は天茶!

Dsc03300Dsc03301Dsc03303
これは、天茶が正解!
いや、関東の人は、これでいいのかもしれないけど、天丼のタレが濃すぎるのです。
せっかくの天ぷらが勿体無いよ〜
めっちゃ美味しいのに、甘いタレの味になっちゃう
次があるかわからんけど、次は絶対に天茶!

っていうか、常連らしき方は、白ご飯とかき揚げ食べてらっしゃいました。
そんな選択もあるのか!!!
どうやって頼むのかしら、ドキドキ!

Dsc03304
天茶 これは、素直に美味しい♪
絶対こっち!間違いない!

Dsc03305
デザートは花豆
夫硬直(笑)
少し食べましたが、残りは全て私へ
まさかラストで、豆が出て来るとはね
和食のお店のデザートは、水菓子が多いですが、豆も注意しとかないとですね。

暗くなって、すごく良い雰囲気になっていました。
この生垣のおかげで、お店の中からの雰囲気が、街中感を感じさせないようになっています。
Dsc03307

二人で、四万弱 めちゃめちゃ贅沢な時間でした。
ここに常連で通うようなことは、まだまだ、いろんな意味で無理ですが、最高級の天ぷらに触れていい経験にはなりました。何より美味しかった♪
ごちそうさまでした。

 是山居(ぜざんきょ)

 住所
  東京都江東区福住1-3-1 乙ビル
 電話
  03-3643-8383
 営業時間
  11:30〜13:00
  13:00〜14:30
  17:00〜19:00
  19:00〜21:00
 定休日
  水曜日
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村のピザ屋 カンパーニャ

<千葉県君津市>

自転車のイベントで、富津市役所に、朝7:30集合
当日でも行けなくはないのですが、厳しすぎるとのことで、前のり
で、せっかく行くのだから、ちょっとは走ろうと!
夫が、目的地になるお店を見つけてくれました。
美味しいと評判のナポリピッツァのお店、カンパーニャさん!

久留里駅までは輪行
そこから自走で向かいます。
結構、アップダウンがあります。

13時過ぎに到着
広い道に面したところに第二駐車場があり、結構、車が止まっています。
待ち時間あるかなぁと覚悟して、小道を入ってお店へ向かいます。
こちらのお店、予約はとっていません。なので、生地が品切れにならない限り、並べば食べれます。
それって、自転車にとっては、とってもありがたいことです。
予約必須のところだと、お天気次第なので、自転車以外の交通手段がない私達夫婦にとっては、賭けになってしまうので、なかなか踏み切れないので…

Img_4686
第一駐車場はお店の近くにあります。
お店の真ん前は、業者さん用なので、お車の方はこちらへ

Img_4685 Img_4682
めっちゃいい雰囲気の古民家です。
外に行列はないようです。ラッキー♪

Img_4662
四万十?! カヌーもやってらっしゃるんでしょうか? 気になる!
まあ、今は、ピッツァピッツァ!

Img_4661   Img_4684
こちらが入り口です。
あえてピッツァでなく、ピザ屋ってしてるところってポリシーなのかなぁ〜?
自転車を夫に任せて、ドキドキしながら扉を開けると、席があいていたようで、すぐに案内してもらえました。中は、土足でそのまま入れるようになっています。ちょっと、普通の古民家風なので土足そのままがドキドキしますが…

中すごく素敵です。センスあるっていいなぁとこういう古いものを活用して、なおかつ、おしゃれ感たっぷりに、快適な空間をつくってらっしゃるところに行くとしみじみ思います。
Img_4669

メニューを見て悩みます。色々種類があって、いっぱい食べたい!
とはいえ、普通のピッツァ2枚、デザートピッツア1枚が限度だよなぁ
まずは、普通のピッツァをMサイズを2枚注文することに!

Img_4667 Img_4668
ピッツァはカットしてないので、自分でカッターで切ります。
このピザカッター切れ味抜群でした。
フォークはありましたが、ナイフはなかったので、久々に、手で持って食べました。

ビアンカハーブ(1750)
地元産ベビーリーフと無菌豚の自家製ベーコンのピッツァ
これは行っとかんと!!
Img_4671
見た目のインパクトもすごいですが、このベーコンめっちゃ燻製香がして絶品!
生地もふわもちでめちゃくちゃ美味しい♪
ちなみに、このピッツァは、カットのハードルが高いせいかわかりませんが、最初から切れてました。
結構、ピッツァにはうるさい方なんですが、こちらのお店は合格!
過去の美味しいピッツァ店五本の指に入ります。

ボロネーゼ(1450)
本格ボロネーゼのピッツァ
Img_4670
これまた、めっちゃ美味しいぃ♪
大正解!
なんて美味しいんだ!

注文から、数分でやってくるイメージです。とにかく早い!
両方いっぺんに来たので、熱いうちに食べないとと、一生懸命食べました。
この速さなら、お店が落ち着いてる時なら、一枚ずつ頼めるかどうか聞いて見てもいいかなって思いました。

こちらのピッツァを食べにまた来たい!
ど定番のピッツァも食べて見たいし、変わり種や、季節限定にも興味津々です。
絶対また来よう!
特に、イチジクの季節にくるぞ!

さて、ピッツァ2枚は、あっという間に完食!
デザートピッツァとドリンクを追加注文。
リンゴのメープルシナモン(800)、アイスコーヒー(400)、ホットティー(350)
Img_4674 Img_4676

Img_4675
デザートピッツア用には、また新しいセットと取り皿が用意されました。

Img_4677
運ばれて来たときに、シナモンの香りがほわんと鼻を刺激しました。
他のテーブルの方も、シナモンの良い香りがするぅと言っておられました。
期待大!
でもね、美味しいのは、美味しいのですが、ちょっと具が生地に負けてる気がしました。もうちょいパンチが欲しい!
あっそのために、50円アップのパッションフルーツのソースをかけたバージョンがあるのかな?!
わたし的には、パッションフルーツはあまり好みでないので、マスカルポーネチーズのアイスクリームをトッピングにつけたかった!

まあでも、店の外観も、内観も、味も、接客も全部素晴らしいお店でした。これは人気になるわ!
近くに、釜飯屋さんもあって、そちらも気になるのですが、ここに来たら、このピッツァは食べたいし、悩ましいです(笑)

そうそう、今は利用されていませんでしたが、テラスにも席がありました。暖かい季節は、そちらの利用もあるのかな?!
Img_4680 Img_4681 Img_4679

それと、こちら、冷凍ピッツァの販売もされています。石窯で焼いたものを、急速冷凍するとのことで、自宅では、グリルで五分加熱するだけのようです。そちらも、一度試してみたいなぁと思います。冷凍ピッツァとか、はるか昔に売っていた、到底ピザとは言えないもの以外買ったことないんですが…
こちらのならもしかして、美味しいかもっ!


 村のピザ屋 カンパーニャ

 住所
  千葉県君津市大戸見296
 電話
  0439-29-2373
 営業時間
  11:00〜17:00
 定休日
  火曜、水曜
 お店の公式HPはこちら 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井泉本店

<東京 上野>

夫が久々に有休をとった日
丸の内でアフタヌーンティーの後、秋葉原へ移動し、その後テクテクと上野へ
ちょっと時間が早かったのですが、せっかく上野にいるんだしと、食べて帰ることに!
夫の大好きなとんかつの老舗があったのでそちらへ

井泉さん!
もとは、「セイセン」さんだったようなのですが、いつの間にか「イセン」と親しみを込めて呼ばれるようになったそうです。
昭和5年創業です。
そして、かつサンド発祥の店らしいです。いつか食べて見ないとっ!

Dsc03219  Dsc03220  Dsc03218
老舗っぽい外観です。ガラス戸は入り口専用で、出口は隣にあります。
店前には、可愛いキャラクターもいます。
一階がカウンター席と少しテーブル席があり、二階には広いお座敷があります。

Dsc03221
メニューは、カツ中心ですが、定食、丼物、サンドウィッチ、ハンバーグ、肉団子、オムレツなど洋風メニューや、豚の唐揚げ、かに玉、焼き豚など中華風メニューもあります。
後、蟹と胡瓜のサラダも気になります。写真もつけてアピールされてるので… 名物なのかな?!

夫はかつ丼(1350)、私は、夫とかつをシェアする前提で、色々食べたかったので、盛り合わせ定食(1950)にしました。

Dsc03214
お茶は、急須付きでくださいました。自分で足せるのでありがたい

カウンターの中を見ていると、皆さん役割分担がはっきりしてて面白いです。
揚げ担当の方は、ずっと揚げてらっしゃいます。
で、切り担当の方は、熱々のカツを専用のまな板の上で切るのと、豚汁の管理
豚汁は、寸胴鍋にすりきりいっぱい入ってる時があってすごいです。

Dsc03215
盛り合わせ定食 海老フライ、一口ヒレカツ、ホタテ、海老コロッケ ごはん、豚汁、香の物
ご飯は少なめをお願いしたつもりでしたが、結構多い(笑)
カツはサクサクでとっても美味しいです。
幸せだ♪

Dsc03216
かつ丼
これは!かつ重では?!まあいっか(笑)
こちらも、美味しいです。
やっぱ、美味しいお店は良いなぁ

上野の松坂屋、日本橋の高島屋、丸ビルにも入ってらっしゃるし、お弁当やサンドウィッチもあるので、また旅行の時とか、利用したいなって思います。


 井泉本店

 住所
  東京都文京区湯島3-40-3
 電話
  03-3834-2901
 営業時間
  11:30〜20:50(日・祝は20:30)
 定休日
  水曜日(祝日は営業)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普段着のフレンチ La mignonnette(ラ・ミニョネット)

<東京 日本橋>

大阪の友人がお仕事で東京へ
午後から八重洲付近でお仕事ってことなので、早めのランチを日本橋と八重洲の間ぐらいにあるこちらのお店で!
ランチは、予約してないとのことでしたが、オープン時刻付近に行けるので、入れるだろうとのことで決めました。

少し早めの時間に日本橋駅到着
先にお店に向かいます。
すごく狭い路地の二階なので、かなりわかりにくく、一回通り過ぎてしまいました(笑)
日本橋から来ると、桜通りの幸楽苑さんの横の道を入った右手にあります。
オレンジが目印です。小さな看板も出ています。
Dsc03154

八重洲方面から来るなら海鮮丼のつじ半さんの大行列の手前を入って左手になります。
最初、つじ半さんの行列みてビビりましたが、こちらのお店は、11時前に並んでる人は私だけでした(笑)

Dsc03155
下には、ランチメニューや、夜メニューも置いてありました。

Dsc03158
Dsc03159
狭い階段
11時前なのに、OPENの看板が出ていたので、上に上がって、扉を開けてみると開いた!
念のため、声をかけて、お店の方に伺うと、まだオープンはしてないとのこと…
そうだよね
で、扉の前で、しばし待ちました。

Dsc03160

しばらくすると、どうぞ!って声をかけてくれてくれました。でも、人数揃ってないこと告げると、案内は揃ってからのようで、席への案内はありませんでしたが、中に入って、入り口のところに座らせてくださいました。
コートは、入り口のところに、かけるところがあるので、そこへ

しばらくすると、友人到着
結局1番で、奥の席に案内されました。奥は、大きなガラス窓になってて、お店はこじんまりだけど、開放感があります。

ランチメニューは、なんと、この日から、リニューアルでした。

・ロールキャベツトマト風味 ライス添え
・辛口!特製欧風カレー
・オニオングラタンスープ 自家製テリーヌのサンドイッチ添え 限定20食

全て千円! ドリンク追加(珈琲、紅茶、アイスコーヒー)は+百円 ご飯大盛りは+百円

友達3人でのランチでしたが、全員、オニオングラタンスープ選択!
だってそれがこのお店のスペシャリテだからね。

Dsc03162
まずは、ミニ前菜。野菜にコンソメジュレがのってます。これ美味しい♪
そして、そして、お楽しみのオニオングラタンスープ!!!
Dsc03163
ひゃーテンション上がるわぁ
めっちゃ熱々!
ちゃんと写真撮れてませんが、横にあるのが、テリーヌを挟んだサンドイッチ!
美味しかった!
そして、オニオングラタンスープもめっちゃ美味しい♪
中にもフランスパンがいっぱい入っていてボリューミー♪

めっちゃ美味しかったのですが、個人的には、オニオングラタンスープもうちょい少なくて良いから、野菜サラダとか欲しかったかなぁ
まあ、日本橋で、千円ランチで、そんな贅沢は言ってられないかな…

でもでも、オニオングラタンスープは、大学の調理実習で、初めて作ってものすごく美味しいけど、手間が恐ろしくかかるのにびっくりして、その後、レストランで食べたり、自分でも作ったりして大好きです。こちらのも本当にすごく美味しかった♪
ごちそうさまでした。

お店は、すぐに満席になって、大多数の方が、オニオングラタンスープ食べてらっしゃいました。女子に大人気です。


 普段着のフレンチ La mignonnette(ラ・ミニョネット)

 住所
  東京都中央区日本橋3-1-15 2F
 電話
  03-5542-1601
 営業時間
  11:00~14:30
  18:00~22:30(L.O.)
 定休日
  日曜日(変則休日あり)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマン東京 ラウンジ

<東京 大手町>

憧れのアマン東京のラウンジに行って来ました。
アマンは、バリへの新婚旅行で泊まったアマンジヲ、アマヌサと同じ系列
その後、10年ぐらいは、新しいホテルがいろんな国にできるたびに、おしゃれなカードが送られて来ていましたが、その後、海外に行く余裕もなく、いつかいけたらいいなぁって思っているうちに、来なくなりました。日本にできるという噂を聞いて、それが、京都と千葉ってわかった時は、勝手に名前を考えたりしていました。アマンドスとかね(笑)
だがしかし、その話は、いつしかなくなってしまったようで、非常に残念がっていたら、まさかのアマン東京!しかも、アマングループ初の都会型ホテルを日本に作るなんて!なんかすごいわ!

で、オープン当初、たまたま東京に来た際に、ランチできないかなぁ〜って、近寄ってみるも、数時間待ちとのことで諦めた過去があります。

でも、今は、ネット予約できるようで、便利になりました。
さて、この度、行くことにしたのは、ラウンジ
いつもの、アフタヌーンティーが3月は特別バージョンで、いちごづくしなんです。
夫におねだりして、連れて行ってもらいました。
たまたま、有休を取るつもりだった日があったようで、平日に予約することに!
ところが、ネット予約は、アフタヌーンティーは4月からしかできなくて、電話することになりました。
4月は余裕で予約できる感じだったので、平日なら大丈夫だろうと高を括っていたのですが、お昼時を希望だったのに、17時とのこと… まあいっかと思ったら、カウンターなら14時でもOKとのことで、カウンターを予約しました。
それが10日ぐらい前だったと思うのですが、もうそこから、毎日楽しみで楽しみで♪心踊りました。

当日、夫ともども、何着てったらいいんだろう?ってとこから悩みました。ドレスコードは、特になかったようですが、大人の常識として、夫はジャケット着用を選んだようです。

アマン東京のカフェは、1階にありますが、ラウンジは、33階!
どうやって行くんだろう?
ドキドキ
カフェの前にあるホテル入り口を入って、受付で伺うと、エレベーターで33階へどうぞと…
33階についても、どうしたら良いかドキドキして、エレベータ前の受付で聞くと、ホールの真ん中に進んで、あちらで伝えてくださいと…
確かに、ちょっと入り口っぽいところあります。
とはいえ、33階は、どこまでがラウンジで、どこがロビーなのかよくわからない感じになっています。
高い吹き抜けの天井がすごく素敵です。
Dsc03197 Dsc03211 Dsc03213_2

カウンターに着席。
ドリンクを作るスタッフの方々は、忙しく行き来はされていますが、ビルの端なので、ガラス張りで、目の前に皇居と、さらに向こうに新宿が見えます。ソファ席も良いけど、カウンターはカウンターでいいなぁって思いました。椅子も、カウンターもゆったり広い椅子なので…
Dsc03179

テーブルセッティングは、普段のブラックアフタヌーンティーって名前の通り、黒で統一されています。
Dsc03180

最初に、コースの説明がありました。
アフタヌーンティーは、ドリンクは、飲みきりでの交換が条件ですが、フリーで、何種類も楽しむことができます。まずは、ドリンクを選びます。まあ、最初は、ポットティーよね〜
ブラックティー6種、フレーバーティー10種、ハーブティー4種、デカフェティー1種、日本茶3種あります。悩むぅ

マラクジャ デ グレナディージョに決定!
説明がないので、スマホで調べながら決めました。多分、伺ったら詳しく説明してくれるのでしょうが…
ちなみに、こちらは、パパイヤとパッションフルーツのフレーバーの紅茶。パパイヤもパッションフルーツも二人とも苦手なのに大丈夫なのか(笑)
Dsc03182 Dsc03181
結果、大丈夫でした。香り高くて美味しかった!
しばし、景色と紅茶を楽しみます。
そして、そして、やってきました。キャー!
Dsc03183

Dsc03187 Dsc03186 Dsc03185
素敵すぎる♪めちゃめちゃテンションが上がります。
見渡すと、ほとんどのテーブルにこれ乗ってます。まあ、そうよね。
でも、私たちと、一緒に入ってきた外国人の方二人は、普通にお酒飲みながら、違うメニュー食べてらしたし、逆にセレブなんだろうなぁって思いました。アルコールも、結構出て行ってました。すごいな!

Dsc03184
苺とピノノワールのジュレ 白苺添え から頂きます。
ちょっとアルコールが残ってるように思いましたが、食べてあげようかっていう夫を無視して、全部自分で食べました。美味しい♪
心を鷲掴みにされます。

そして、下段の食事系から頂いて行きます。普段は、ガツガツ食べる私たちですが、折角の上質な時間をゆっくり楽しまないとねってことで、かなり意識して、ゆっくり食べて行きます。

Dsc03188
苺と水牛モッツァレラチーズのカプレーゼ
ノルウェー産スモークサーモンと早摘み苺のピクルス
どちらも、超美味しいです。お食事系の苺って、日本人的には、ちょっとドキッとしますが、合うんですよね。昔、イタリアンで、苺のリゾット作りましたが、美味しかったし♪
スモークサーモンの方は、ほうれん草の入ったパンの上に乗っています。細かい所への気配りもすごい!

Dsc03190
フォアグラのプティタルト 苺のコンフィチュール
フォアグラと苺も合うぅ〜♪

Dsc03191
サンダニエレプロシュットのラップサンドイッチ 苺とバルサミコ
こちら、ガツガツしてしまったようで、切ってから写真撮ってないのに気づきました!
いかん!いかん!軌道修正せねばっ!

ここで、紅茶を変更!
夫は、あまりお茶系が飲めないのですが、もう一種類ぐらいとのことで、スモークドチャイナを選択
Dsc03192
燻製香が良いですが、味がちょっと薄めで好みではなかったかなぁ

ここで、スコーンがやってきました。熱々なので、そちらを先にどうぞってことだったので、しばし、スコーンに集中。
Dsc03193 Dsc03194
プレーンとベリーのスコーン クロテッドクリームと自家製ジャム2種
個人的には、プレーンの方が好みでした。もちろん、どちらも、私が探し求めていたスコーンです。
美味しい!美味しすぎる!
クロテッドクリームも、ハチミツも、ジャムも美味しすぎて、もっとスコーンが欲しかったぐらい!
だって、残すのもったいないけど、どうしてもこの量じゃ食べきれないし…
全体的に幸せな時間なんですが、ここは、さらに極上の幸せをもらえました。

Dsc03195
苺とライムのマフィン

Dsc03196
野バラととちおとめのマカロン

Dsc03198
あまおうとピスタチオのフィユテ

真ん中の段に突入。焼き菓子系です。
どれも、口に含んだ瞬間に幸せな笑顔がこぼれます。美味しすぎるんですけど!
特に、フィユテ まあわかりやすくいうとパイですが… パイ生地の美味しいこと!
この生地で、ミルフィーユ作って食べたいです♪
絶対、極上ミルフィーユができます。めちゃめちゃ美味しい♪
やっぱアマンはすごいなぁ〜

新婚旅行のとき、どの料理も美味しすぎて、ほぼ全ての食事をホテルで楽しんだんですよねぇ〜。
また、いつか行きたいなぁ
アンコールワットのアマンサラとか、インドネシア モヨ島のアマンワナとか 行きたい。夢のまた夢だけどね!
まあ、泊まることは不可能だけど、日本で、レストランや、ラウンジ、カフェが利用できるようになったことは、すごくありがたくで嬉しいことです。来れば、いつでも新婚旅行思い出せる!

Dsc03200 Dsc03201
ここで、ドリンクチェンジ
私は、アイスティー ガトーフレーズ!
甘かった… できるかわかりませんが、シロップ無しでっていうべきだった…
夫は、カプチーノ

Dsc03202
柚子とさちのかのダッコワーズ
中段がなくなってしまう悲しみを感じながら、パクリと一口で!
美味しい♪たまらん♪


とうとうラスト!
お皿を外して、カウンターの上に置きました。
最後は、苺本来の味を楽しむ感じなのかなぁ〜♪
Dsc03203

Dsc03204 Dsc03205
紅ほっぺのパートドフリュイコーティング
飴細工のもけもけも頂きました。

Dsc03206
シャンパンと苺のトリュフ
一口でパクリと行きましたが、かなりのシャンパン感に、半分食べて夫にあげれば良かったかもと思いました。美味しかったですけどね。やっぱりちょっとアルコールを感じると苦手感が出てきます。

Dsc03207
ホワイトチョコレートの器とスカイベリー
さあ、真打!スカイベリー!でっかい立派な苺です。
ホワイトチョコレートの器も、割りながらパリパリ一緒にいただきます。甘いけど美味しい♪

最後に、もう一回、ドリンクをチェンジ
カフェ ラッテ と エスプレッソを頂きました。
Dsc03209 Dsc03208

Dsc03210
綺麗に整列したグラス
夜は、どんどん使われていくんだろうなぁ
お酒が飲めないので、夜のラウンジに用はなさそうですが、憧れる大人の世界なんだろうなぁ
どんな方々が座っていらっしゃるのかなぁ

帰りに、ライブラリもチラ見
上の方の本は、梯子がないと見れませんね(笑)
Dsc03212

約2時間ほど、楽しい時間を過ごしました。
苺関連の食のイベントは、ニューオータニさんにもありますが、私的には、ビュッフェスタイルよりは、完全にこちらの方が満足感高いと思いました。やっぱ、食べ物のクオリティーが違います。年齢のせいもあるでしょうが、もう量は求めてないので…

また、来年も苺の季節に来たいし、普段のブラックアフタヌーンティーにもお友達と来たいなぁって思いました。お小遣い節約して、ここにパッと使う。メリハリメリハリ

またいつか、カフェやレストランも利用して見たいです。

 ザ・ラウンジ by アマン

 住所
  〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-6大手町タワー
 電話 
  03-5224-3339 (9:00am – 9:00pm)
 営業時間
  11:00〜23:30(L.O.)
 定休日
  無休
 公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステーキマエダ

<千葉県 浦安市富士見>

イクスピアリで映画を見よう!ってことで、自転車でお出かけ。
ランチは、イクスピアリでも良かったのですが、どうしても価格が上がっちゃうし、混雑してるだろうしってことで、途中で食べることに!
まだ行ったことないお店を検索して、浦安のフリーペーパーに掲載されてて気になっていたこちらへ

Dsc02901
お店の前には、鉢植えがたくさん。グリーンに囲まれています。

Dsc02902
店前には、アラカルトのメニュー
ランチとかあるのかなと思っていたので、少し?って思いましたが、他に候補もないので中へ

Dsc02903  Dsc02904
お店の中は、アメリカンテイスト
落ち着いた空間です。

どうやら週末は、ランチメニュー無いようです。
ちょっと贅沢ランチになっちゃったなぁ〜

夫はサービスステーキ200g(1880)、私はキノコソースハンバーグ(1180)を頼みました。
炭水化物はそんなに欲しくなかったので、サラダライスセット(280)は1つだけにして、ガーリックトースト(価格失念)
を注文。結局炭水化物だし(笑)

Dsc02906
ステーキ用のソースは、4種類。他にわさび、岩塩、胡椒も用意されています。

Dsc02907
セットのサラダは、無難な感じ

Dsc02909
サービスステーキ200g 写真ブレブレですみません。照明が暗いのでなかなか綺麗に撮るの難しいです。いろんなソースを楽しみながらいただきました。まあ、お値段相応な感じのお肉です。
まあでも、イクスピアリで食べたステーキよりは、圧倒的にこっちの方が美味しいかな。お値段もお安いし!

Dsc02910
ガーリックトーストは、想像では、フランスパンだったんだけど、まさかの食パン!!!
でも、美味しかった♪

Dsc02912  Dsc02911
キノコソースハンバーグもまあ普通に美味しかったです。 
ただ、ご飯がめっちゃ多くて、少なくしてくださいって言うの忘れたことを悔やみました。
まあ、全部食べましたけどね。基本は残さない!

美味しいのですが、ランチ二人で、3千円超えちゃうと、我が家には、少し贅沢なので、ランチの再訪は難しいし、自転車しか交通手段がないので、夜も少し自宅から距離があるので、なかなか来れない気がします。せめて土曜日だけでも、ランチがあれば嬉しいのですが…


 ステーキマエダ

 住所
  千葉県浦安市富士見1-17-9
 電話
  047-353-4910
 営業時間
  11:30〜13:50(L.O.)
  17:00〜21:30
(L.O.)
 定休日
  月曜(祝日の場合は翌日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本気の焼豚 プルプル食堂

<千葉 浦安市富士見>

自転車で、ディズニーシーに行った帰り、あったかくて美味しいものが食べたいとの夫のリクエストにより、ラーメンを食べにこちらへ
近くに、「プルプル55」ってお店もあります。姉妹店かな?!そちらは、台湾混ぜそばとかやっておられるようです。そちらは、またいずれ…

20時過ぎにお店到着
2名待っておられましたが、すぐに入れました。
テーブル相席とのことでしたが、食券買ってる間に状況が変わり、カウンターに着席。

夫は、定番メニューの本気の炙り焼き豚そば(980)、私は、悩みに悩んで、ヘルシーに行こうと思い、大人のどっさり野菜つけ麺(880)
つけ麺にはしようと思っていたのですが、ゴロゴロ焼豚より野菜の方がヘルシーだよなぁっている軽い気持ちだったのですが、大人のってとこに罠がありました。
大人のってつくと辛いんですよね。誤算でした。多分、普通の人なら大丈夫なんでしょうが、私、辛いの苦手なので…
舌が…

まぜそばもあったので、次回は、そっちもチャレンジしたいし、55さんにも行きたいな

店内は、80年代テイスト
BGMも昭和のヒット曲
ほぼ全部知ってる曲でした。
大場久美子押しなのが、なんかスゴイ!ご本人のサインもありました。

Dsc02968
鳩時計とかも可愛い!

カウンターの前には、食べ方を漫画で説明したものなどもあります。
Dsc02969

Dsc02972
大人のどっさり野菜つけ麺
辛いけど美味しいのは美味しい♪
浦安に引っ越して来て半年、初めて、また来たい!メニュー制覇したいってラーメン屋さんに出会いました。でも、辛くて舌が痺れていくぅ(笑)

Dsc02973
本気の炙り焼豚そば
焼豚の量が半端ない!スゴイ!高さもあります。
Dsc02974

夫も大いに気に入ったようで、すごく満足してました。
また違うの食べに、絶対来たい!
家からは、ちょっと遠いのが残念だけど、自転車なら来れるからOK!

テイクアウトもあるみたいで、焼豚弁当とか、焼豚屋のカレー弁当とか気になります。

 本気の焼豚 プルプル亭

 住所
  千葉県浦安市富士見2-9-39
 電話
  非公開
 営業時間
  11:00〜15:00
  17:30〜21:30
 定休日
  火曜日
 お店の公式Facebookページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本橋 天ぷらめし 金子半之助

<東京 日本橋>

日本橋で、日本一早いお花見鑑賞の後、こちらに並びました。
天丼と天ぷらめしと悩んだ結果、私がまだ食べたことない方を優先。
まあ、夫は、天丼はテイクアウトで食べてるしね

お店の近くに行くと、あっあそこがお店だなってわかる感じの行列。
10人以上並んでいたでしょうか…
寒さがこたえます。
お店の真ん前には、ストーブが2機と、あったかいお茶も用意してくださっています。
注文は、並んでいる時に、お店の方が聞きに来てくださいます。
ご飯少なめとかは、その時に、伝えないといけないようです。伝え忘れて、めっちゃ多かった。全部食べましたけど(笑)

Dsc03014

Dsc03015

席は、真ん中の厨房をコの字型に囲むスタイルです。
扉の近くは、開くたびに寒そうですが、そこもきっちりストーブが用意されています。
私たちは、奥の席になったので、ラッキー。寒くない!
コートなどは、壁にかけれるようになっています。

着席して、程なく、お茶、ご飯、お味噌汁、天つゆがやって来ます。
Dsc03016

テーブルには、山椒、醤油などと、取り放題のアテ
Dsc03018

Dsc03019
一応全て食べてみました。きんぴらと、いかと、漬物 どれも美味しい♪
夫は、生ビール(550)も頂きました。

次に、天ぷら第一弾がやって来ました。
ちなみに、夫は穴子(1380)、私は海老(1380)を注文しています。

Dsc03020
穴子、舞茸、烏賊のかき揚げ、インゲン、玉子

Dsc03021
海老2尾、舞茸、烏賊のかき揚げ、玉子

烏賊のかき揚げが、フワンフワンで超美味しいです。
たまらんです。
夫は、これが、1380ってめっちゃ安いと感動しておりました。

玉子は、ちゃんと食べ方を説明してくれます。
ご飯に乗せて、山椒と醤油をかけて崩して食べると…
Dsc03022  Dsc03023
これは!!!
めちゃめちゃ美味しいです。

そして、天ぷら第二弾
Dsc03024
穴子の方の撮り忘れました。m(._.)m
さつまいも、かしわ、海老2尾 穴子は海老1尾だったかな

私たちは、これで十分満足でしたが、追加オーダーもできます。

待ち時間は寒かったけど、大満足の夕食でした。
ちなみに、20時過ぎぐらいから、並ばずに入れる感じでした。
もっと遅く来たら良かったかもと少し思いました。まあ、日によってわかりませんけどね。

接客も良いし、ほんと、いいお店だなって思います。
ただ、高級天ぷらと違って、ちょっと胸焼けはしました。歳だなぁ…

 日本橋 天ぷらめし 金子半之助

 住所
  東京都中央区日本橋本町1−4ー3
 電話
  03-6262-3734
 営業時間
  11:00〜21:30(月〜金)
  10:00〜20:30(土日祝)
 定休日
  年末年始、不定休
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリア料理 ICARO miyamoto(イカロ)

<東京 中目黒>

バレンタインディナーをどうしようと、一ヶ月前から色々探し始めて、結局、2週間前ぐらいに決定。
OpenTableで予約できるのが便利です。

バレンタインとに近い平日の夜訪れました。
予定では、その日、夫は恵比寿でお仕事!直帰することにより、普段では不可能な平日ディナーも可能かなぁ〜と、遠いけど、目黒のお店に決めました。
と・こ・ろ・が…
恵比寿の仕事がなくなり、新木場からの移動に…
遠いし…

予約が遅かったのもあって、なんとか間に合いました。
中目黒駅で、南改札を出て、西口から線路沿いを歩きます。高架下におしゃれなお店がいっぱいで、すごく良い雰囲気。中目黒良いですねぇ。ちょっと大阪の福島思い出してしまった…
少し歩いたところで、線路をくぐって最初の角に、お店の入るビルがあります。
4階がお店です。羽のシンボルが素敵です。

Dsc02898

まずはドリンク注文
実は、予約の時に、気づいてなかったのですが、こちらのお店は、アルコールをオーダーしないと行けないというルールがあるようなのです。
でも、飲めないものは、仕方ないことなので、ミネラルウォーターの注文で良いかどうか確認しようと思ったのですが、ドリンクメニューを見て、悩んでいたら、「最初からワインにされますか」って聞かれて、夫が、最初はスパークリングでって言ったら、シャーっと帰って行かれて、スパークリングワインが2つ運ばれて来ました。まあいっか、夫が飲んでくれるでしょう。
グリッシーニもやって来ました。ポリポリ美味しいです。
Dsc02878

席だけの予約だったし特に、コースなどもなさそうだったので、アラカルトで注文。
二人なら4皿か5皿とのこと
私たちは、よく食べる方なので、躊躇なく5皿選びました。
前菜から2皿、メイン1皿、パスタ2皿

ちなみに、今、こちらのお店を調べると、一休さんで取り扱っておられて、シェフおすすめコースみたいなのもあるようです。

イカロ風サラダ(2200)
Dsc02882
イカのフリットがめちゃめちゃ柔らかくて、ものすごく美味しいです。
美味しいお店で良かった♪

Dsc02883
フォカッチャ
料理の出てくる感覚が長いので、たくさん食べてしまいました。

ポルチーニ茸のチーズオムレツ 黒トリュフがけ(3800)
Dsc02884
こちらは、銘々ではなく、二人でシェア
ちょっと、写真がぶれぶれになっちゃいました。
文句なしに美味しい。

ちぢみホウレン草とリコッタチーズのラビオリ フレッシュトマトのソース(2800)
Dsc02885
パスタ一皿目はラビオリ
大口開けて一口でモグモグと頂きました。美味しいよぉ〜

カルボナーラ(1800)
Dsc02886  Dsc02887_2
一つは定番的なものをってことで、カルボナーラ
生クリームの少ない本格的なっておっしゃられてたけど、生クリーム入ってるのかな?
本場のカルボナーラは生クリーム使わないと思うのだけど…
まあ、生クリーム入ってるかどうかは、私の舌ではわからなかったです。
チーズ感たっぷりの美味しいカルボナーラでした。

和牛ホホ肉の煮込み グーラッシュ(4000)
Dsc02888  Dsc02891
めちゃめちゃ柔らかい
アルコールを飲まない私には、ちょっと味が濃かったですが、付け合せの固くなったパンをふやかして固めたもの(名前失念 お料理教室で習ったと思うのだけど…)と一緒に食べるといい感じでした。

Dsc02892
そうそう、ワインは途中から夫は赤ワインをボトルで…
私は、ガス入りのミネラルウォーターを頂きました。
ボトルは、残った時は、持って帰れるそうですが、夫は全部飲みきってました。飲み過ぎ〜
おかげで、帰りは結構陽気な状態で恥ずかしかった(笑)

もちろん、ドルチェ(All 800)まで頂きました。
Dsc02893  Dsc02894
数種類ある中から悩んだ結果、定番のティラミスと、チョコレートのテリーヌ ピスタチオのジェラートしました。ピスタチオのブリュレもめっちゃ気になったのですが、バレンタインディナーとのことで、夫の好みを優先しました。でも、このティラミスめっちゃ美味しかったのでOK!

Dsc02895  Dsc02896
食後は、カプチーノと、エスプレッソで…
イタリアでは、食後に、カプチーノは飲まないそうですが、エスプレッソはあんまり得意じゃないので、滅多に飲まないので…
砂糖を入れて飲むのも苦手なんですよねぇ

お料理美味しくて、大満足でした。
本場のイタリアンにこだわってる感じもあって、とても良いお店だなぁとは思うのですが、お値段はアルコール含めて3万弱になってしまうと、我が家にはちょっと贅沢すぎる感じで残念。
記念日ディナーなら、頑張ってそれぐらい張り込めるのですが、こちらのお店は、記念日ディナーというよりは、気軽にふらっと来て、ワインを楽しみながら料理を楽しむところって気がするんですよね。
つまり、二人で3万ぐらいの出費が、普段の食事として、負担にならない層の方向けのお店なのかなぁ〜ってね。
あと、接客も、こちらが、踏み込んで行かないと、フレンドリーにはなれない感じでした。まあ、そうなるには、通って常連にならないとね。

まあでも、さすがシルバーのお店!めっちゃ美味しいのは美味しいです!


 イタリア料理 ICARO miyamoto(イカロ)

 住所
  東京都目黒区上目黒2-44-23
 電話
  03-5724-8085
 営業時間
  18:00〜24:00(土祝は22:00)
 定休日
  日曜日
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »