« La Ruche(ラ ルーシュ) | トップページ | LADUREE(ラデュレ) »

L'ottocento(ロットチェント)

<東京都 茅場町>

7月に、大阪のイタリアンの名店 クイントカントさん で働いてらした女性が、異動で東京へ
それより、少し遅れて、私達夫婦が、夫の異動で東京へ(住んでるのは千葉だけど)
大阪のお店は、高級店ですが、東京のお店はカジュアル店!
その女性は、サローネグループ初のカジュアル店を任されてらっしゃいます。
これは、応援に行かないとっ!!
(もうすでに大人気で、私が応援しなくても、全然大丈夫なんですけどね(笑))

ネット予約出来るので、非常に使い勝手が良いです。
今年は、引越しで、散財しているので、クリスマスは、少し控えて、カジュアルレストランでディナーにしようとのことでこちらを予約しました。

自宅が東西線沿いなので、茅場町まで一本だし、電車を狙えば、DoorToDoorで30分ぐらいで行けそうです。
でも、当日は、日本橋で買い物した後、日本橋から歩きました。10分ぐらいです。

Bdsc02281
めちゃめちゃオープン!外から丸見えです。
カジュアルな雰囲気

入口でコートを預けます。
予約の名前を告げて、久々の再会
大阪は、高級店だったから、そんなに訪れた訳ではないのに、覚えてくださっているところが嬉しいです。
大阪の時より、ちょっと大人っぽくなられた印象。
支配人だし、そりゃそうかな
東京には、よく来られるんですか?って聞かれたので、転勤したことを告げて、しばらく盛り上がりました。
ただ、最初、千葉ってお伝えしたので、距離感わかってらっしゃらないらしく、遠くからようこそと(笑)
まあ、大阪から転勤して、まだ半年経ってらっしゃらなくて、最初はお店の開店準備に奮闘されてただろうから土地勘育たないですよね。しかも、東京住んでたら、千葉のことなど知らないだろうし(笑)
かくいう私も、江東区に住んでた時に、千葉の市川市、船橋市、習志野市が、千葉市より東京に近いなんて、全く知りませんでした。

Bdsc02282
カジュアル店っぽく、スタッフさんは、デニムのエプロンを身に着けてらっしゃいますが、テーブルのお花もデニム地で、すごく可愛いです。
壁も青だし、お皿も青系統
このお皿が超可愛い!北欧柄に見えるけど、お店のコンセプトからすると、シチリア由来なのかな?!伺うのを忘れたことが悔やまれます。まあ、また行くから次の機会にでも!

Bdsc02283 Bdsc02286
テーブルセッティング
カトラリーは、使いまわします。
取り皿は、味が混じる恐れがある時に、変えて下さいます。トマトソースべったりついちゃった的なね...

乾杯のドリンクは、オススメされた 藤巻さんのワイン(800)と、グレープジュース(700)
Bdsc02284 Bdsc02285
藤巻さんのワイン、めっちゃ美味しかったそうです。ちなみに、ノンフィルターなので濁ってます。
グレープジュースも美味しかった♪
藤巻さんとは、サローネグループのゼネラルマネージャーで、ぶどう農家で、醸造見習いされてるそうです。クイントカントさんオープンの際に、しばらく大阪にいらしたので、何回かお会いしたことがあります。プロ中のプロの接客だったのですが、今はお店には出てらっっしゃらないのかな~?
また、せっかく関東に来たので、他のサローネグループのお店にも行ってみたいな~と思っているので、その時にわかるかな!高級店なので、長丁場ですけどね~

メニューの見方も説明して頂きました。
上の色付きの部分は小皿調理、白い部分は、大皿料理、一番下はパスタ料理
各メニューの右には、その料理に合うワインが記載されています。ハーフかフルか選べます。明朗会計で安心できますね。

気になるものを注文して行きます。

ハイカロリーサラダ(700)
Bdsc02287
レタスにチーズたっぷり!
ハイカロリーの正体はチーズでしたか!!!
シンプルだけど美味しいです。

フォカッチャ(200)
Bdsc02288
もっちもちでめっちゃ美味しいんですけど~!!!
低糖質ダイエットしてるはずなのに、夫がおかわりまで頼んでました。
こんなパン焼きたい!
とにかく美味しかった。
過去最高のフォカッチャかも!

マグロのタルタル アンディーブのお皿で(750)
Bdsc02289
こちらは、シェアする感じのお料理ではないとのことで、それぞれ頂きました。
手でつまんで、パクリと!
贅沢で美味しい!

濃縮トマトのオーブン焼き(300)
Bdsc02290
こちらも、シェアよりも、それぞれで食べた方が良い感じだったのですが、いろんな種類を食べたいがゆえにシェア
これまた美味しかった♪
全部美味しいわ!さすがサローネグループ!

ここまでが、最初にオーダーしたもの!
お腹の感じから判断して、メインは2種類いけるな~っって思いました。
食べ過ぎなんだろうな~と思いつつ...

ここで肉料理を見据えて、肉料理にあうワインを頼んだのに、肉料理の前に飲み終えて、おかわりしてました。ワインも美味しいようです。
私は、ガス入りのミネラルウォーターにチェンジ サンペレ500ml(500)でした。
サンペレは、家でおやすく仕入れたのを飲んでるので、ちょっと残念な気持ちになります(笑)

名物!たこジャガ(2800)
Bdsc02291
これが!
柔らかいたこと、くたくたに煮込まれたジャガイモが絶妙で超美味しい!
シチリアでは、もっといろんな魚介が入ってるらしいのですが、シチリアで3年間働いてらした樋口シェフは、その煮込み料理の、たことじゃがいもがすごく印象に残ったらしく、その印象をこちらのお料理に反映されたとのことです。

こちらのお料理は、すべてそんな感じで、樋口シェフがシチリアで、感じたことを、濃縮して現地のままでなく、印象をそのまま持ってきた感じとのことです。
違うかもしれないけど、例えばスカイツリーとかの写真を遠くから撮る時に、目で見ると、スカイツリーがすごく協調されるのに、ファインダー越しにみると、すごく小さかったりするのを、頑張ってスカイツリーが強調された写真を撮る感じのような?!

樋口シェフ渾身のメニューなので、季節ごとに変わるとかはなく、ずっとこのメニューで営業されるとのことです。
他のサローネグループのように、いつも違う新しい料理が食べられるお店ではなく、またあれが食べたいって訪れるお店とのこと!

ぶつ切りハラミのロースト(2800)
Bdsc02292
アンチョビソースとリンゴがあわせてあります。
これまた美味しいわ~
ペロリ...

パスタは二品注文
パスタ二品頼むからと思い、リゾットをあきらめたぐらいなので...

Bdsc02293
最初のパスタにあうワイン
ハーフにしてもらえば良かったな~と後で後悔

一品目のパスタは、この日のスペシャリテ まぐろのカラスミとピスタチオのパスタ(2300)
Bdsc02294 Bdsc02295
仕上げに目の前で、オリーブオイルをたっぷりかけて下さいます。
レモンのすりおろしがたくさんかかっているのですが、それ自体の味は、強調されることなく、全体的に爽やかな味。太麺がもちもちしてすごく美味しい!
美味しい!美味しい!言いながら食べます。

こちらのパスタの麺は、樋口シェフと、浅草開化楼さんがコラボして開発した パスタフレスカ(生麺)とのことです。知識不足で全く知らなかったのですが、浅草
開化楼さんは、ラーメンの麺開発で超有名らしいです。六厘舎の麺もこちらとか... まだ六厘舎さんには行ったことないけどその名前は知ってます。
ほんとに、めちゃめちゃ美味しいです。たまらん

二品目のパスタは、グランドメニューから 辛めのアラビアータ(1200)
Bdsc02296
これまた美味しいけど辛い!辛いけど美味しい!
辛さがあまり得意でない私は、ちょっとはぁはぁしましたが、絶品です。

美味しかったなぁ~♪

ドルチェも行っとこう!
メニューにあるドルチェは一品
リコッタチーズのムース(600)
Bdsc02297
うま~
リコッタチーズが凝縮されてる感じと、栗の蜂蜜の独特の風味が絶妙
どんだけでも食べれます。

メニューにない、ドルチェもあるとのことで、もちろんそれも注文
レモンソルベ(500)
Bdsc02298
さわやかで美味しい。ちょっともっちりしてて、幸せ気分♪

いいわ~
ランチは、予約なしで、1200円のパスタランチ(パンとドルチェ付)
絶対来ないと!
全種類制覇しなきゃ!

20時からの予約で、お店を訪れた時は、空席多いように見えましたが、すぐに満席に...
後からおもえば、20時に予約したのは、その前がとれなかったからなので、空席に見えたけど、たぶん、前の予約の方が帰られた後だったってことですよね。
うかつにも、予約せずとも来れたかもなんて思っちゃったけど、確実に予約した方が良いと思います。

カジュアル店とはいえ、そこはそれ、高級店のカジュアル店なので、私達のように、ガッツリ食べて、ガッツリ飲むと、お会計は、2万を超えてしまいます。(笑)
メニューの価格に、消費税と、サービス料5%が加算されます。
オステリアなので、二軒目のお店として、ワインと数品のお料理を楽しむ感じにすれば、1人数千円で十分楽しめるお店だとは思います。
でもでも、美味しすぎるから、がっつり行きたくなるのよね...

お世話になってる自転車屋さんの近くだし、電車は一本だし、かなり使いやすいお店。
支配人の高橋すみれさんに、大阪でもお世話になったってこともあって、これから、ちょくちょく利用させてもらいたいお店です。
ちなみに、高橋さん、大阪では、素敵な絵を描いておられてたのですが、こちらでは無くなっちゃって、私はそれがもったいないな~って思うのですが、ご本人は、ほっとしておられるとのこと(笑)
全く絵の勉強もしてないのに、毎月メニューの絵を任されて頑張っておられ、しかも、それを、提供された側が見て、絵を習ってらしたのですか?って思うほどに熟されていたからこそ、新展開のお店で支配人ですよね。お若いのにすごいです。尊敬だわ~♪

次行く時が楽しみ♪


そうそう、ロットチェントとは、1800年代って意味だそうです。
この年代に、イタリアでは、国家統一、大規模パスタ工場の誕生、コース料理の誕生、イタリア各地方のレシピ本が体系化され、一般的にトマトソースが食べられるようになり、お金を払って外食する文化が生まれたそうです。
「貴族の食」と「庶民の食」が融合して生まれたイタリア料理の原点をより深く理解し、現代のものとして表現していきたいとの想いでこの名前にされたとのことです。
ステキですね。
カジュアル店であってくれて良かった♪


 L'ottocento(ロットチェント)

 住所
  東京都中央区日本橋小網町10-9 ザ・パークレックス小網町第2ビル1階
 電話
  03-6231-0831
 営業時間
  11:30~13:30(L.O.)
  17:30~22:00(L.O.)
 定休日
  日曜日、第1,3月曜日
 お店の公式HPはこちら 

|

« La Ruche(ラ ルーシュ) | トップページ | LADUREE(ラデュレ) »

いたりあん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/68994681

この記事へのトラックバック一覧です: L'ottocento(ロットチェント):

« La Ruche(ラ ルーシュ) | トップページ | LADUREE(ラデュレ) »