« LE SUCRE-COEUR & quai montebello(ル・シュクレクール&ケ・モンテベロ) | トップページ | La Kanro(ラ カンロ) »

La cucina italiana OPIUM(オビューム)

<大阪 靱本町>

お料理教室の友人と、イタリア各州のレストラン巡りをしよ~と、不定期で食べ歩きをはじめたものの、メジャーな州以外のレストランはないし、〇〇州を謳っていても、ランチでは特色出してなかったりが多いので暗礁に乗り上げました。なので、大阪の有名レストランをまわることに変更

今回は、近くの、パティスリー ドゥブルベボレロさんに立ち寄るのも目標にしていたので、こちらのお店を選択しました。

事前に、電話予約して、訪れました。メニューは当日決めてもOKですが、一番リーズナブルなランチは予約の場合は選択できません。平日だったら、予約せずとも、飛び込みで入れる感じはしました。

Bdsc09833 Bdsc09834
場所は、四つ橋線の靭公園の向かい側を少し東に入った所
しょっちゅう前を通ってますが、ちゃんとした格好してる時じゃないので、入るの躊躇していました。

Bdsc09836
ランチメニューは4種類
PranzoA 950 サラダ、パスタ、自家製パン
PranzoB 1200 サラダ、パスタ、自家製パン、デザート、ドリンク
PranzoC 1500 サラダ、パスタ、自家製パン、デザート盛り合わせ、ドリンク
PranzoD 2400 サラダ、パスタ、自家製パン、メイン、デザート、ドリンク
お任せコース 3000 前菜、パスタ、メイン、デザート盛り合わせ、ドリンク
A,B,Cにもプラス1200でメインが追加できます。
パスタは、日替わりで一種類に決まっています。この日は、スパゲッティーニ エビとエンドウ豆のトマトソースでした。
パスタの大盛は+200円で出来るようです。
ランチの内容は、毎日、HPで更新されているので、好みの内容ならGOってするのも良いと思います。

Bdsc09847
扉を開けるとこんな感じ
古い地図があったり、雰囲気あって良い感じです。奥には、キッチンがあります。

Bdsc09846
階段を登って2階に案内されました。

2階もステキ。イタリアンなんだけど、なんだかビストロっぽい!
13時からのランチだったので、お仕事の方達がいなくなって、ほぼ貸切でした。
Bdsc09841

せっかくだからって、ことで、お任せコースにしました。
苦手な食材も聞いてくださいます。

注文から、コースがはじまるまで、かなり時間かかりました。お皿のスピードは、ややゆっくりめです。

Bdsc09839
前菜 レバーパテ、生ハム、まぐろのカルパッチョ
うぉ~苦手な食材言わなかったら、レバーきてもうた...
食べてみると、得意な味ではないけど、なんとか食べれました。
やっぱ、前菜で、レバー出てくる率高いから、言わないとダメだな~

Bdsc09840
自家製パン
ほかほかで美味しいぃ~♪

Bdsc09842
パスタ ペンネ ズッキーニのソース
美味しいぃ~

Bdsc09843
メイン 仔牛のコトレッタ
美味しぃ~ カツレツが大好きな夫に、思わず写真送っちゃいまいた。うらやましがっていた...

Bdsc09844 Bdsc09845
デザート盛り合わせ と オリーブ茶
ドルチェが盛りだくさんだとワクワク感すごいです。

老舗らしく、正統派イタリアンって感じがしました。
どれも、美味しかったです。
会社が近かったら、数日に一回訪れたい、普段はAランチで、たまに贅沢するパターンで!
カウンター席ではありませんが、席間が狭いので、1人でも平気だと思いました。


 La cucina italiana OPIUM(オビューム)

 住所
  〒550-0004 大阪市西区靭本町1丁目7-14
 電話
  06-6447-1044
 営業時間
  11:30~14:30(L.O.)
  18:00~22:00
(L.O.) 土日祝は21:00(L.O.)
 定休日
  月曜日
 お店の公式HPはこちら
 ぐるなびのページはこちら

|

« LE SUCRE-COEUR & quai montebello(ル・シュクレクール&ケ・モンテベロ) | トップページ | La Kanro(ラ カンロ) »

いたりあん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/66266446

この記事へのトラックバック一覧です: La cucina italiana OPIUM(オビューム):

« LE SUCRE-COEUR & quai montebello(ル・シュクレクール&ケ・モンテベロ) | トップページ | La Kanro(ラ カンロ) »