« JEAN-PAUL HÉVIN JAPON - isetan Food Hall LUCUA 1100(ジャン=ポール・エヴァン) | トップページ | NATURICO(ナチュリコ) »

Pgreco(ピ・グレコ)

<大阪 西天満>

再訪したいとずっと思っていた、ピ・グレコさんに 約1年ぶりで行けました。
そのお店を知るには、1年ぐらい通わないとと思い、ポワンさんの次は、こちらにって思っていたのですが、ポワンさんがあまりにも美味しすぎて離れがたく、すっかり遅くなってしまいました。

今回で3回目の訪問
前回のBlogはこちら と こちら

5日前ぐらいに予約
席はとれましたが、当日は、満席でした。人気ですね。

今回はどの席かな~と思っていたら、まさかのまた奥の半個室でした。
落ち着いてて大好き♪

Bdsc07784
スッキリとしたテーブルセッティング
Cutipolのカトラリー買いたいな~

なんでもない日なので、夫は赤ワイン、私はミネラルウォーターで乾杯

お料理が楽しみ
HPをみたら、1万円のコースと、1.5万円のコースってことだったので、今回は、1万円のコースにしようって思っていたのに、いざ電話すると、2万円のコースもあることを知って、なんか真ん中の1.5万円のコースにしてしまいました。あー美味しいものには心が弱い私...
ちなみに、各コースとも、皿数ではなく、食材のグレードが変わるようです。
高級食材には、そんなに興味がないので、1万円のコースで良かったはずなのにね~(笑)

熊本桜肉フィレのタルタル
Bdsc07786
枯葉の上に乗ってる四角いのです。
湯葉を揚げたものに、タルタルが挟んで合って、上にキャビア
手でつまんでパクリ
うま~

山口阿武川スッポンのスープ
ペリゴールフォアグラの茶碗蒸し
Bdsc07787
写真ではわかりづらいですが、スープの下に、フォアグラの茶碗蒸しがあります。
スープ美味しいです。スッポンの身は苦手ですが、スープならOK!
旨味がスゴイです。

Bdsc07788 Bdsc07792
オリーブの枝
これ写真が全然うまく撮れなかった
オリーブ大きい(笑)
前はかわいい感じだったので、成長したのかと思ったら、新しい鉢を注文したら、こんなに大きかったらしいです(笑) 運ぶの大変そうです。
でも、探すのは楽しいかも♪

島根中トロ、サザエ、アオリイカ、塩イクラ
水晶文旦、黒マメのインサラータ
Bdsc07793
すいこまれそうなお皿に、新鮮な魚介
アオリイカ透けてました。
水晶文旦は、毎年お取り寄せしているフルーツなので、親近感あり
使ってもらえて嬉しいな♪

昆布森うにのブルスケッタ
Bdsc07794
緑色のソースはキュウリのソース
あまりのウニのすごさに、説明をよく聞いてなくて、食べる段になって、あれ?これって、ナイフフォーク?手?
と悩んで、残りのメニューみて、カトラリーを数えて、ブルスケッタだし、手かなって判断して、パクパクと...
お皿を下げる時に、カトラリーも下げておられて、はっと気づき、お店の方と一緒に、笑いました。
こういうフランクな所大好きです。

なんちゅう贅沢
うにって、夫婦して、そんなに得意な食材じゃないんですが、だんだん食べれるようになってきました。
ダメなうにと、OKのうにがあって、これはもちろんOKの方!

丹波イノシシロースのサラダ
Bdsc07795
お皿が美しい
そして、美味しい!
クレソンと紅芯大根があいます。
でも、イノシシって言われなかったらわかりません。豚肉に近い!

隠岐アワビの炭火焼き
Bdsc07797
調理前のアワビをみせてもらったのですが、過去にみたことない大きさでした。
めっちゃ立派
超贅沢
むふふふ って笑えてくる美味しさです。

鳥取せいこ蟹と北海道ブラータチーズのリゾット
Bdsc07798
そりゃもう美味しいでしょ♪

Bdsc07799
雪山烏龍
ガス入りでした。
ティーソーダって、なかなか流行らないよね~と、お茶と炭酸の話になりました。
生茶ソーダって確か売ってたよね~とか...
心待ちにしてるんだけどな...
スッキリしてて、お口直しにピッタリです。

Bdsc07803
ここで、はじめてパン登場
チャバッタ
超熱々でも美味しいぃ~

Bdsc07802
お肉料理は別のカトラリーでした。
そういえば前もそうだった
めっちゃ切れそうなナイフ

亀岡七谷鴨エトフェ ぶどうの香り
Bdsc07804
ぶどうの葉っぱがひかれています。これに包まれていたようです。
ぶどうの葉っぱは食べられないとのことでした。
鴨も美味しい!

イタリアンで、パスタがないのは、ちょっと寂しくおもいました。
替りにリゾットがあったけど、やっぱパスタも欲しいと思ってしまう。

Bdsc07806
ドルチェは、Sghrのカクテルグラスで...
このグラス!色違いが、我が家にもあるんですが、なかなかこんな風には使えないですね。
奈良あんぽ柿ムース、岡山ぶどう キンモクセイのジェラート
柿と葡萄と金木犀
あいますね~

Bdsc07807 Bdsc07808
紅茶は、可愛いポットでやってきました。
こんなの良いな~
小菓子は、ほおずきと、定番のブリュレ風クッキー
これ、ほんとに美味しい!
テイクアウト商品として売り出して欲しいぐらいです。

すごく刺激的で楽しい時間を過ごせました。
ピ・グレコさんは、やっぱりスゴイ!
出来れば、通いたいっ!
次は、1万円のコースにもチャレンジしてみたい。
そして、記念日とかに2万円のコース行ってみよう~(笑)



 Pgreco(ピ・グレコ)

 住所
  530-0047 大阪市北区西天満4-1-20 リーフプラザ1F
 電話
  06-6809-1800
 営業時間
  12:00~13:00(L.O.)
  18:30~20:00
(L.O.)
 定休日
  月曜日




|

« JEAN-PAUL HÉVIN JAPON - isetan Food Hall LUCUA 1100(ジャン=ポール・エヴァン) | トップページ | NATURICO(ナチュリコ) »

いたりあん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/62587993

この記事へのトラックバック一覧です: Pgreco(ピ・グレコ):

« JEAN-PAUL HÉVIN JAPON - isetan Food Hall LUCUA 1100(ジャン=ポール・エヴァン) | トップページ | NATURICO(ナチュリコ) »