« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

お菓子工房 ファヴリット(Favorite)

<京都 四条>

昨年秋に購入した自転車で、ちょっとついてないことが続いた夫
今の子は、街乗りにして、本気走り用に、自転車買えば?!って気軽な気持ちで言ったら...
すっかり本気モードになり
気になる自転車の試乗会があるってことで、京都まで遠征

せっかく京都まで行ったのだからと、お土産のケーキを買いにテクテク

五条壬生川付近から、四条西洞院まで...
自転車だったらもっと楽なのにな~♪

Bdsc06744
お店の外観は、ちょっと地味目
昔ながらのお店っぽく、正直、あまりワクワクしませんでした。

Bdsc06745
ただ、このアップルパイの写真には惹かれるものが...

お店に入って、ショーケースをみて、ちょっと興奮
アップルパイの厚みがスゴイです。
こんなの見たことない!
これは、アップルパイを買って帰らねばっ!

ほんとは、ホールを買って、冷たいまま、温めてアイスを添えてとか、いろんな食べ方にチャレンジしたい~♪
とはいえ、そんなことをしたら、さらなるデブまっしぐらなので、グッと我慢
なんとか2つのケーキを選びました。
Bdsc06746

Bdsc06747
アップルパイ(470)
この厚み!
スゴイ!
興奮!
昔ながらのアップルパイ美味しい♪

Bdsc06748
ノワゼット(460)
くるみのケーキ
美味しいけど、アップルパイのインパクトに比べると印象が薄いです。

私的には、こちらのお店は、アップルパイ押しです。
通販もやってらっしゃるので、遠方の方も食べれますよ~♪
とにかく、アップルパイ食べてみてください!


 お菓子工房 ファヴリット(Favorite)

 住所
  京都市下京区西洞院通四条下ル妙田寺町705
 電話
  075-344-6596
 営業時間
  11:00~20:00
 定休日
  水曜日(祝日の場合は営業)
 お店のページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近畿大学水産研究所

<大阪 梅田>

グランフロント
大阪がオープンして早2年
オープン当初から話題になっていて、今も大人気の「近畿大学水産研究所」
G.W.にやっと行けました。

想えば、はじめてグランフロントにいった際
なんだ?この行列って思ったのが、こちらを認識した最初でした。
その後、TVなどで、近畿大学の頑張り度合を知って、応援していました。
そして、いつか行きたいと思いながら時はすぎ...

今年のG.W.は、かなり寂しい内容でした。夫は出勤で、しかも東京出張
29日の祝日は、午前中大阪で用事があったので、帰阪していて、翌朝出発の予定が、なんと、ホテルの予約変更するの忘れてたってことで、急遽、夜移動に...

大阪で、軽くディナーにしてから出発するとのことで、ダメもとで、様子を見に行ってみました。
すると、行列はしてましたが、比較的少なく感じられたので、並ぶことに...
20時までに、梅田を出発すればOKという感じで、並び始めたのが、18時半過ぎだったかな...
待てども、待てども、列は短くならず
迫りくるリミットタイム

そろそろ諦める?と考えていると、ふいに何組も呼ばれていくではありませんか!!!
2組目まで到達
ヽ(^o^)丿
そして、さらに、嬉しいことに、前の組が、カウンターは嫌とのことで、先に順番回ってきました。
ありがと~♪

かなり、リミットタイムギリギリなので、大急ぎで注文

Bdsc06385
近畿大学 頑張ってますよね。
私が学生の頃は、あんまり魅力を感じてませんでしたが、今は本当にスゴイです。
当然ですが、難易度もあがってるみたいですね~

お通し(410)
Bdsc06382
マグロの煮物
ここでもマグロ!美味しいです。

平目生春巻き(1026)
Bdsc06383
ボリュームもあって良い感じ

マグロとアボカド最中(702)
Bdsc06386
これ!美味しいぃ~♪
最中の皮大好き♪
アボカドとマグロも鉄板の組み合わせですね。

3貫鮮魚のお造り(2916)
Bdsc06387
オープン当初は、マグロの食べ比べ的なメニューがあったようなのですが、今は、生産調整で、マグロづくしはなくなったようです。かわりに、和歌山の郷土料理などで盛り上げているとのこと!

お刺身は、3切れずつの5種盛
まずは、1切れずつ食べて、最後は、お互いに好きなネタを言って、順番に食べて行きました。
私は魚の脂が苦手なので、運よくかぶらずにお互い満足。
注文する際は、ちょっとお高いかなと思いつつも、折角来たのだしと思って、頼んだのですが、これだったら大満足です。なんせ、1切れが大きいです。
最近、お刺身って言うと、おちょぼ口の人の一口サイズのものしか食べてなかったので、新鮮でした。
実家のある、伊勢志摩とか、夫の母の実家の高知だったら、こういうサイズで食べるんですよね。
しかも、山盛り的な...(笑)
どれもすごく美味しくて大満足!

卒業証書もついてました。
卒業って...魚にとっては(泣)
Bdsc06393

イシガキ鯛造り(972)
Bdsc06388
私の過去に食べた刺身No.1は、26歳ぐらいの時に実家で食べた 石鯛
誰から頂いたかは忘れたけど、あまりにも美味しいから、私のために残しておいてくれたものだったのですが、悶絶するほど美味しかったのです。でも、その後、なかなか石鯛にはお目にかかれず...
大阪のちゃんとしたお店で食べようとすると、ものすごく高価だし
なかなか手がでません。
これは、イシガキ鯛。ちょっと違いますが、科目は同じ
なかなか美味しかった♪

ものすごい勢いで食べました。
なんとか、新幹線にも間に合いそう。
ってか、時間単価すごく優秀な客だった気がします(笑)

Bdsc06390
最後は、温かいお茶でほっこり
魚の字が、ダイヤモンドみたいでステキ!

お会計は、テーブルで!
お酒2杯とお料理で、8千円弱
内容考えると、コスパ良い方だと思います。

ダイナッククラブ加盟店でした。
17年前に、会員だったな~
当時、ダイナックのお店結構まわってました。懐かしい♪


 近畿大学水産研究所

 住所
  〒530-0011  大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪北館6F
 電話
  06-6485-7103
 営業時間
  11:00~15:00
(食材がなくなり次第終了)  
  17:00~23:00(食材がなくなり次第終了)
 定休日
  不定休(グランフロント大阪に準ずる)
 お店の公式HPはこちら
 ぐるなびのページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HAJIME

<大阪 肥後橋>

結婚記念日に久々に HAJIME さんに行ってきました。
前回訪れたのは、大阪ミシュランがはじまる少し前と、ミシュラン発表直後
ミシュランに入りそうなお店ってことで、最初に訪れ、絶対獲るって確信したので、発表前に予約して、発表直後に2回目
2009年のことです。もう6年も前
当時は、まだ、奈良に住んでいました。それから、大阪に引越して、とても近くなったのに、他のレストランに行くのが忙しく、すっかりご無沙汰してしまいました。
ご無沙汰している間に、リニューアルされて、価格帯も変わっていまい、かなり手の届かないお店になってしまいました。私が訪れた中で、最高峰のレストラン、シャトージョエルロブション級です。

でも、もしかすると、大阪を離れるかもしれないってこともあって、今のうちに行っておかねばと、意を決して予約しました。
予約方法は、電話か、ホームページからのWeb予約 希望日を3候補あげて、お店からの連絡を待つしくみです。
一か月前ぐらいに予約しましたが、第一希望日はアウトで、その翌週の予約がとれました。
開始は、20:30 かなり遅いです。
二回転されてるのかなって思いましたが、違いました。時間差で、予約をとってらっしゃるようでした。
一週間前に、確認の電話があります。メールで、苦手食材を伝えていましたが、予約確認の電話で、さらに詳しく聞いて下さいます。さらには、当日、メニューを見ながら再確認。丁寧です。

待望の当日
ドレスコード 男性は、ジャケットと革靴着用 とても暑い日だったのですが、夫、頑張ってジャケット着用
自宅から歩いて向かいました。なんかこう、中之島→渡辺橋 だけ乗るのも違うし、北新地に行って、四ツ橋線乗り換えも、直接行くのと対して歩く距離も時間も変わらないしってことで、全部歩くことに
20分弱です。
HAJIMEさんを、普通に利用できるセレブの方々なら間違いなくタクシーだろうなって思いながらも、庶民はそんな近い距離でタクシーには乗れず、テクテクと歩きます。
夜だったので、暑さも少しはマシでした。
お店の界隈は、よく自転車で走ってる場所なのですが、お店の前を通った記憶がなかったので、たまたま、通ってなかった道だね~とか言いながら歩きましたが、なんと、よく通ってる道でした。斜め向かいのジャングルのようなお店に目を奪われて、HAJIMEさんには気づかなかったようです(笑)

ドアをあけて中へ
まずは、入口のソファーにどうぞと!
あー前もそうだったな~と記憶がよみがえります。
そこで、荷物を預け、化粧室の利用をきかれ、落ち着いたら席へ

ど真ん中の席でした。緊張!
ほぼ満席。1卓だけあいてましたが、すでに終わられた席かもしれません。

まずは、メニューの確認
すごく細かい素材リスト
なんと、主要素材だけで、150弱でした。
どんだけ...

コースは、予約時に決めなければいけません。
TASTING MENU STANDARD           32,400円
TASTING MENU SHORT              21,600円
VEGETABLE TASTING MENU           26,250円
おののきながらも、せっかくなので、スタンダードにしました。

ドリンクは、当日決めます。
WINE PAIRING
Standard(9glasses)           26,800円
Half(9glasses)              16,500円
Short(5glasses)             10,800円
NON-ALCOHOLIC PAIRING 8,640円
ワインリストもあるようでしたが、夫は、ハーフで、私は、ノンアルコール
前菜の4皿目以降のドリンクなので、それまでのドリンクとして、夫はシャンパン(4200)、私はガス入りミネラルウォーターVoss(1050)を注文

写真はNGでしたので、必死で記憶
帰宅後、覚えていることを、ざっと書きとめました。

夢の時間のはじまりです。
コースの名前は、地球との対話2015
壮大です。

1皿目
夏のほか
 forget the summer heat
  涼し

冷製のトウモロコシのスープと、トウモロコシの鞘に包まれた蒸しパン

2皿目
生命
 life
  小さな生命

真ん丸の鮎のクロケットと、葉っぱのような形のライスペーパーの上に蓼、ヒラメ、カズノコ、黒オリーブなどがちりばめられたもの 細かい素材は、メニューの素材リストをみないとわからない感じです。
ライスペーパーの方は、ちょっと食べにくかったけど、美味しかった♪
クロケットは、鮎の苦味が大人な感じでした。
表現力が乏しいので、ビジュアルの説明が出来ませんが、小さな命って感じです。

3皿目

 rocky coast
  海の森

手前に、ムール貝の貝殻に入ったムール貝、らっきょう、キノア...
奥に、Sghrのグラスに入った、ウニと茄子上には泡泡
ムール貝は、貝の身をすくうのが至難の業でした。オリーブオイルが台の上にこぼれそうで四苦八苦
細かい細工がされていて、食べるのがもったいない感じでした。芸術品です。

4皿目

 lake
  清明

真ん中に琵琶マス 八丁味噌で作ったお魚 可愛い細工の一皿です。

そして、ここからは、ドリンクのペアリング
ワインは、滋賀県のワイナリーの 田舎式微発泡にごり白ワイン
ソフトドリンクは、ソムリエ調合の自家製ジンジャーエール

5皿目
地球
 planet earth
  自然への敬意、地球の循環、ミネラルの表現
  メニューでは、米田シェフの言葉が続きます。
  料理人であり、詩人ですね。

リニューアル前のメニュー 
mineral がスケールアップしています。
テーブルの真ん中に、ドーンと丸い50cmぐらいの大きなお皿
山に雨が降り、川になり、海になり、雲になり、雨が降りっていう循環がお皿の上に表現されています。
使われている素材は100種類ほど
圧巻です。
素材の一つ一つが美味しいです。

ここに、入ってた 5cmぐらいのもやし一本 たぶんもや史上、もっとも丁寧に扱われたのではないでしょうか

大きなお皿の端と端で、つつきあう姿はちょっと滑稽でしたけど、これ何だろ?って、素材と見比べながら食べるのは、とても楽しかったです。未知の野菜もありました。

ワインは、アルザス地方の白ワイン
ソフトドリンクは、透明なトマトのジュース

6皿目、7皿目

 sea
  満ちる

ノドグロ のお料理、温かいスープを目の前で注いでくれます。先にスープを3口程飲む間に、ノドグロの火入れが完成しますとのこと!
スープがものすごく美味しかったです。ノドグロは、魚の脂がちょっと苦手な私には、少しくどかったです。夫は、とても気に入ってました。

ワインは、京都伏見の純米大吟醸 ワインにこだわらず日本酒もありなペアリングです。

  つながり

熱い石にもたれかかる手長海老、ラビオリに包まれたスッポン、蝦蛄
海のものと、川のもの つながり

ワインは、ボルドーの白ワイン
ソフトドリンクは、京都宇治玉露水出し

8皿目
破壊と同化
 destruction and assimilation
  食べるとは

ジェノワーズ生地の上に、細かく温度管理されたフォアグラ、上に飴
八つ橋のような形と大きさ
手でつまんで、一口で...
悶絶のおいしさ♪

ワインは、貴腐ワイン
ソフトドリンクは、古代米

9~12皿目
希望<<生命と大地の芽吹き>>
 hope
  露

松の香りのグラニテ

  空

鴨 鮮やかな緑のラインと赤い鴨

ワインは、Chambertin2008 赤ワイン
ソフトドリンクは、濃厚なカシスジュース


 大地

桜の木の上に燻製された仔羊肉 これを目の前で白いお皿に移して下さいます。
黒ニンニク、きのこ、ザクロ、カシスなどと一緒に頂きます。
燻製の香りが、口の中に広がって、ものすごく美味しいです。
絶品!

ワインは、エルミタージュの丘から出来た葡萄の赤ワイン。
ソフトドリンクは、ヒノキの香りを移したお水

 野菜

自家製のフレッシュなチーズ 花びらがちりばめられていてとても可愛い♪

ワインは、
米の栽培から酒蔵が行った日本酒。エチケットもワインのようにオシャレでした。
ソフトドリンクは、ジャスミンの香りのシードル
ここに来て、ドリンクとお料理のマリアージュを強く感じました。
アルコールが飲めない私にとって、ワインに合うお料理であるフランス料理は、じゅうぶん楽しんでいるとはいえ、究極の所にはいけていないんじゃいないかっていう寂しさも秘めていたのですが、このシードルと、フレッシュチーズは、一緒に頂くと、味の増幅を強く感じました。合う~っていうのが、よくわかった感じ!
嬉しい♪

13皿目
梅雨
 rainy season
  雨音

大きな蓮の葉っぱの上に、グレープフルーツのジュレ
その上に、液体窒素で凍らせたグレープフルーツのジュレをさらに目の前で乗せる
その音が、雨音なのかな~
ジュレの中にもしかけがあって、パチパチと爆ぜます。楽しい♪
梅雨は、ちょっとうっとおしい季節ですが、子供の頃は、雨を楽しんだりもしてたので、なんかそういうの思い出しました。パチパチ

ワインは、山形県産のシードル

14皿目

 love
  地球に広がる

ピンクのドームの中に、いちごやフランボワーズ
そこに、温かいイチゴのソースをかけて、崩して頂く
唇型のゼリーがちょっと艶めかしい
でも、とても美味しい♪
愛だね

ワインは、ロゼ これも愛

そして、ここで、スペシャルデザートのお知らせ
てっきり、他のテーブルに出てた綿菓子のことだと思って、食べれます!って元気よく答えたら、全然違うお皿登場

ちなみに、それまでも、何回も、お腹の具合を尋ねてくださいました。
量の調整してくださるんでしょうね。
ってか、私、食べ過ぎかな(笑)
たぶん、同年代の女性と比べたら、かなり量が食べれる方だと思います。

スペシャルデザートは、
メロンボールと、アマレットクッキーの上に、マカロン
メロンが苦手な夫には、ピーチボール!
ニッコリ美味しい♪

そして、結婚記念日の記念プレート
日付をお伝えした記憶がないのですが、日付を入れてくださってました。
たぶん、2009年の時の記録があったのかな?!
感動です。
円筒状の飴細工
せっかくなので、ちぎってパリポリ
夫が、下から崩していったので、途中、倒れそうになり焦りました。
記念撮影もして頂いて、とても幸せ♪

ラスト
ミニャルディーズ
綿菓子、飴のドームに入った林檎のお菓子、マスカルポーネチーズのケーキ、キウイのお菓子、ポップコーンのプリン、フランボワーズのチョコレート
見た目も楽しい小菓子達
キウイの真ん丸さんは、一口でどうぞってことでしたけど、中は、完全に液体でした。

エスプレッソと紅茶でまったりと余韻を楽しみました。

そうそうパンは、たぶん今もル・シュクレ・クールさんのパンだと思うのですが、以前は、料理ごとに異なるパンで、パンの存在感強かったのですが、今回は、ジャガイモのパン以外は、パンの存在感が薄かったです。
最初は、美味しいのですが、すぐに乾いてしまう感じもしました。
外パリ、中モチのパンが少なかったような...

とはいえ、素晴らしい時間でした。
なんとなんと、12時過ぎてました。
私達、かなり食べるの早いのですが...
3時間超

お会計は、10万超え(笑)
ジョエルロブション超えてます。
でも、今のジョエルロブションのメニューみたら、1人分42,000円でした(爆)
滅多には、これませんが、また頑張って働いて、貯金して、いつか来たいな

レストランを美術館に例えるなら、こちらのお店は、ルーブルや、エルミタージュと言えると思います。
ジョエル・ロブションレストランに匹敵します。
ただ、規模が違うので仕方ないですが、パンや小菓子のインパクトは、ジョエル・ロブションかなって個人的には思いました。お料理とサービスは完璧!

最後に、花束とお土産を頂きました。
そして、米田シェフも出てきてくださいました。
気の利いたこと何も言えず...
まあ、夜遅かったし、もうお疲れでしょうしね

そして、また余韻に浸りながら、歩いて帰宅
タクシーも考えましたが、やっぱ近すぎるのよね

帰宅後、記念撮影
きれいな花束ありがとうございました。
お土産は、紅茶のジャムでした。
Bdsc07002

メッセージカードには
Wish you be always filled with happiness

この素晴らしい時間をくれた夫に感謝!
今年は、結婚15周年
これから、幸せな夫婦生活が贈れますように!


 HAJIME

 住所
  〒550-0002 大阪市西区江戸堀1丁目9-11アイプラス江戸堀1F
 電話
  06-6447-6688
 営業時間
  17:30~20:30(L.O.)
 定休日
  日曜日、月曜日
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OFICINA DEL CAFE & OLD ROSE GARDEN(オフィシナデルカフェ & オールドローズガーデン)

<大阪 淀屋橋・肥後橋>

本町で知人とランチした日、家で仕事をしながら留守番の夫に何かお土産を!と、ケーキ店を検索
月並みでない感じと思って、範囲を広げてみていると、懐かしいカフェを発見!

OFECINA DEL CAFEさん
私が、社会人になってはじめて就職した会社の後輩達とお茶しに来たお店
まだあったんだ~って感慨深いです。
だって、お茶したのは、もう20年以上前...
恐ろしや(笑)

当時、ネットなんてなかったから、雑誌か何かで、知って、訪れたのだと思います。
ただ、場所が当時と同じかどうかは、記憶の外...

淀屋橋と肥後橋のちょうど中間ぐらいにあります。
Odonaのすぐ南の通りをまっすぐ西へ
大阪倶楽部のレトロなビルの向かい側、地下にお店があります。
階段を降りると、都会の真ん中とは思えない、別世界な空間が現れます。

地下に3店舗あります。
tea salon OLD ROSえ GARDEN
English cafe OFICINA DEL CAFE
ENGLISH PUB ROYAL HAT

最初、よくわかってなかったので、一番入口が近かった オールドローズガーデンさんへ
ショーケースでケーキを物色
種類少ないな~と思っていたら、お店の方が、あちらのお店にも、別のケーキがあるので、そちらを選んでいただいても良いですよのお言葉
それで、今度は、オフィシナデルカフェさんへ

両方のお店のケーキを、選んで、注文
待ってる間、席に座って、しばし休憩

Bdsc06922
お水を頂きました。
ありがたい!

イングリッシュガーデンに、アンティーク雑貨、とても雰囲気が良いです。
席数も多いし、個室もあるようなので、女子会とかにすごく良さそう!
いつかまた何か計画したいな

Bdsc06924

Bdsc06925
大きなケーキを3つお持ち帰り
ダイエット中なのにね(笑)

Bdsc06926
レモン風味のチーズケーキ
さっぱりしてて美味しかった♪

Bdsc06927
フルーツミルクレープ
キウイ、いちご、桜桃、バナナ
鉄板ですね。

Bdsc06928
あれ、なんだったかな...
ホワイトチョコムースだったような...

お値段失念ですが、500円近辺だったと思います。
ボリュームがあるので、妥当だとは思いますが、内容からすると、ちょっとお高い気も...
3個も買っておいてなんですが、もうここまでのボリュームを求めていないとこがあります。
若い頃なら、平気だったんだろうけどね。
って、ほんと、3個買って言うセリフではないです。はい <(_ _)>


会社が近かったら、仕事終わりでカフェとかいいな~♪


 OLD ROSE GARDEN(オールドローズガーデン)

 住所
  〒541-0042 大阪市中央区今橋4丁目3-18 HK今橋ビルB1F
 電話
  06-6204-1318
 営業時間
  11:00~
20:00(L.O.)(土曜日は17:30)
 定休日
  日曜・祝日


 OFICINA DEL CAFE(オフィシナデルカフェ)

 住所
  〒541-0042 大阪市中央区今橋4丁目3-18 HK今橋ビルB1F
 電話
  06-6204-1317
 営業時間
  11:00~21:00(L.O.)(土曜日は17:30)
 定休日
  日曜・祝日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

vodacoa(ボダコア)

<大阪 中央区淡路町>

6月の末頃、イタリア食器ブランドのファミリーセールの招待状を頂いたので、イタリアン料理教室の先生をお誘いして、堺筋本町にお出かけ
お得に、イタリア食器をゲットした後、先生をお誘いしてのランチ

事前に考えていたわけではなく、その時、検索してHitしたイタリアンへ
なんと、先生は、こちらのお店をご存知でした。ただ、食べに来たことはないとのことで、行ってみることに!
野菜ソムリエさんが、シェフをされています。

Bdsc06916
お店の前は、緑が多くて素敵です。
プチトマトがたわわに実っていて、とても良い感じでした。

千円未満のランチもあって、すごくリーズナブル
とはいえ、せっかくなので、1680円のコースにしました。

前菜
Bdsc06917
スープ、キッシュ、サラダ
野菜が美味しい♪

Bdsc06918
パン これは普通

Bdsc06919
プラス料金のパスタ 水ナスのカペッリーニ
さっぱり美味しかったです。
プラス料金は、100円か200円か失念
<(_ _)>

Bdsc06920 Bdsc06921
ドルチェは、3種類から選べました。
私は、グレープフルーツとオレンジのジュレ
他には、ガトーショコラと、ジェラート盛り合わせがありました。
食後の飲み物もついてます。

コスパ良いと思います。

夜メニューが黒板に書いてあって、それもいろいろ美味しそうなものがありました。
来てみたいな
自宅からは、ちょっと遠いのがネック
とはいえ、北浜も近いので、よく行く自転車屋さんの近くでもあるわけで、夜に行く機会もありそうです。
次は、夫とかな...


 vodacoa(ボダコア)

 住所
  〒541-0047  大阪府大阪市中央区淡路町2-6-1 アペックス本町ビル1F
 電話
  050-5798-7345
 営業時間
  11:30~14:15(L.O.)
  18:00~21:30(L.O.)
 定休日
  日曜日、祝日
 お店の公式HPはこちら
 ぐるなびのページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪モノラル

<大阪 福島>

以前は、猫の大きなオブジェが外壁についてる、シャノワール というケーキショップだったお店
シャノワール閉店後(チェーン店だったので、他の店舗はまだ健在)、すぐに改修工事がはじまり、大阪モノラルさんになりました。
Bimg_0984 Bimg_0983 Bimg_0985

が、出来た当初は、私が飲めないせいもあって、お酒を飲むのが主体の場所に行く習慣はなく、気になりながらも行かずに時が過ぎました。でも、ほぼ毎日、前を通るので、最初は、お客さんが少なかったのに、どんどん、人気になっていくさまがわかりました。

時が経ち、我が家のライフスタイルが少し変わりました。
糖質制限をはじめたので、炭水化物を食べずに外食できる場所って考えたら、居酒屋とかバールが丁度いいんですよね。で、5月にはじめて行って、気に入ったので、6月に再び伺いました。

まずは、5月の時の内容を
Bimg_0974 Bimg_0975
プレミアムビール ガージェリースタウト 生 と ソフトドリンクで乾杯
ガージェリースタウトは、こちらでしか頂けないとか...
グラスが変わってて面白いです。
ドリンクメニュー豊富で楽しい♪

Bimg_0976
突き出し
燻製かっぱえびせん と ゆで落花生
燻製かっぱえびせん激ウマ~♪

Bimg_0977
油揚げの炙り(480)

Bimg_0978
燻製盛り合わせ(650)

Bimg_0979
ハイボール めずらしく夫がウイスキー

Bimg_0980
ふんわりだし焼き卵(580)
うーんこれは、だし巻き卵には勝てないかな...

Bimg_0981
大人のからあげ(580)
普通かな

Bimg_0982
ポテトフライ(480)
うますぎる...

雰囲気も良いし、素敵なお店です。
今まで来なかったのが、もったいない感じ
人気なのわかります。
2軒目以降に丁度良いお店だと思いました。

6月訪問時

今回は、日本酒から
Bdsc06716 Bdsc06717

Bdsc06718
突き出しは、もずくとししとう

Bdsc06719
イカにんじん

Bdsc06720
なんだったか...

Bdsc06722
なんだったか...
私の一杯目?ノンアルコールカクテルかな?

Bdsc06725
たこ

Bdsc06727
里芋のめんたいコロッケ

Bdsc06728
蒲鉾の粕漬

Bdsc06731
さば

Bdsc06732 Bdsc06733
記憶がなくて、写真のみ
都美人の瓶の次は、この泡泡のグラスなんだけど、絶対別物
泡泡は、私が久々に飲んだカクテルかな~
薄々でお願いしてみました。

Bdsc06735
和風生パスタ

一か月前のことなのに、もう記憶がない...
ヤバすぎる
二回目は、夫は日本酒を頂いたので、しぶいアテをチョイス
おかげで私は、少し食べるものがなかった
和風パスタはあっさり美味しかったです。

これからも、月一回ぐらいのペースで通いたいお店です。
お会計は失念しましたが、いずれも、八千円ぐらいではなかったかと思います。


 大阪モノラル

 住所
  大阪市福島区福島3-6-15
 電話
  06-6343-7447
 営業時間
  18:00~26:00(L.O.)
 定休日
  日曜日
 お店の公式HPはこちら
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STORY

<大阪 福島>

休日ランチ
木古里さんを目指して来ましたが、ランチは平日だけのようででした。
口コミサイトでは、その辺がわかりにくいのがちょっと悲しい...

ランチ難民になるかと思いましたが、目の前のお店が開いてるようだったので、行ってみることに!
以前から名前は知っていて、姉妹店の Cocoloさんには伺ったことがあります。
Bdsc06975 Bdsc06978
お店は二階です。
急な階段を上ります。上った先で、満席だったら哀しいな~と思っていたけど、その心配はなく、すいてました。
逆に、少し心配になったり(笑)

カウンターとテーブル席、さらに上にも席がありそうな気配
Bdsc06966

Bdsc06969 Bdsc06968
良い雰囲気のお店です。

Bdsc06965 Bdsc06964 
Bdsc06976 Bdsc06977
ランチメニュー
ONE PLATE 前菜3種、季節野菜のキッシュ、フランス田舎風パテ、群馬県産ハモンセラーノ、ゼッポリーニ
 ドリンク付(カールスバーグor赤白ワインorスパークリングワインorサングリアor焼酎) \1200
パンケーキ、フレンチトースト、サンドイッチ + ドリンク(ソフトドリンク) |1000

ONE PLATE と ベーコンエッグパンケーキにしました。

Bdsc06970 Bdsc06972 Bdsc06974
ベーコンエッグパンケーキ と アイスティー
アイスティーは流行りのジャーで登場
せっかくなら、もう少し量が欲しかったかな
十分多いんですが、なんか折角の瓶がちょっとしか入ってないともったいない感じがして...
パンケーキは薄いタイプ、味が変えられるように、シロップも添付
半分をバターと、玉子焼き、ベーコンで食べて、残りはシロップでデザート感覚で頂きました。
素朴だけど美味しかったです。
ふわんふわんパンケーキの威力には負けるけど、これはこれでアリです。

Bdsc06971 Bdsc06973
ONE PLATE と スパークリングワイン
お昼から優雅~
夫は、もっとボリュームのあるものを期待してたようですが、ダイエット中にはいい感じかも
えっダイエットなら酒やめろ?(笑)

パンケーキとか男性は、ちょっと敬遠する場合もあるので、こちらのお店だったら、女性はパンケーキ、男性は、ちょい飲みが出来て、お互い満足!
良いじゃないですか!

雰囲気良かったので、また夜も来たくなりました。L.O.が23:30なので、運動帰りでも、なんとかギリギリ間に合いそうです。近いうちに是非!
混んでそうですけどね~

たまたま、1周年が近い日だったので、お土産と、1周年のお知らせハガキ頂きました。
Bdsc06979

14日が一周年の記念日

イベント
7/14 自家製野菜のバーニャカウダ(取り放題) 1000円
7/15 おすすめ国産DRINK ALL 500円
両日 鳥取県産黒毛和牛のローストビーフ~わさび醤油~ 1500円
一周年オリジナルTシャツ + 1ドリンク 2000円


 STORY

 住所
  大阪市福島区福島2-8-10 2F,3F
 電話
  06-6450-8465
 営業時間
  12:00~15:30(L.O.)
  17:00~23:30
(L.O.) 土曜日は12:00~通し営業
 定休日
  日曜日
 お店の公式HPはこちら



| | コメント (0) | トラックバック (0)

STRABAR(ストラバール)

<大阪 福島>

日曜の夜、食べログ予約してお店へ
蒸し料理系イタリアン ちょっと変わってますよね!
Bdsc06847
あみだ池から、JR環状線の高架下を少し西に入った所です。
お隣の店も気になる

手前はスタンディング、奥はカウンターとテーブル席。

どこでも良いですよ~って言われたので、カウンターに着席
丁度、キッチンスタッフさんが、洗物の時に立つ場所の前だったので、ちょっと気まずい(笑)
人見知り炸裂なので...

でも、途中から、いろいろ話しかけて下さって...
お店の方、頑張ってくださいました。

夫曰く
お互い人見知りっぽかったねと...

お店の方「お近くなんですか?」
私「そうです」
会話しゅうりょ~(笑)
これは、私が、会話を切断

夫が、これは、話をつなげないとと...
夫「〇丁目なんですよ」
お店の方「そうなんですか」
会話しゅうりょ~(笑)
これは、お店の方が、会話を切断

そこで、「あっ〇丁目なんですか、近いですね~」的な感じで進めていくのだとか...
たぶん、福島に詳しくなかったのよね。
私も、もっと会話をつなげられるように、頑張らないとな。
どうも、終わらせてしまう...
慣れてくると、しゃべれるのだけどね

Bdsc06851
お花がステキ

前菜3種盛り合わせ(900)
Bdsc06852
美味しい♪
結構、本格的です。

蒸し野菜盛り合わせ(1000)
Bdsc06853 Bdsc06854
4種類のソースがついています。
ボリュームたっぷりで美味しかったです。

コクレのヴァポーレ(2500)
Bdsc06855
キャー丸鶏~
コクレなので小振りです。
とかいいながら、鶏の大きさによる名前の違いは、はじめて知りました。
注文の時に、コクレって何?
と、まずはネットで調べたので、知識入ってました。

で、ホールスタッフさんと話してたら、雄雌が違っていて、まあいっかと思っていたら
後ほど、私が間違ってましたって訂正に来てくださいました。
そういう姿勢ってすごく大事ですよね。
良いお店だなって思いました。
勘違いとか誰にでもあることで、それをちゃんと認められるかだよね~

コクレさんは、まずこの姿を見せてもらってから、スタッフさんが、ちゃんと捌いてくれました。
ほっ
Bdsc06856
美味しい♪

メニューには、人気上昇中の エッグスラットもありました。
良い感じのお店なので、これから流行っていくかな~
蒸し料理ってヘルシーで良いし!!!

ソフトドリンク×1、ワイン×2 を合わせて、お会計は6千円程でした。
なかなかリーズナブルかな

ちなみに、こちらのお店
天満橋の Lecce(レッチェ)さんと、本町のBar ISTA(イスタ)さんが手を組んでオープンされたとのことです。
後で知りました。バールイスタさんと言えば、ずっと行きたいなって思っていたお店です。
まさか、自宅のこんな近くに!
食後の珈琲とか頂けば良かったと後で後悔

まあ、ほんと近いし、また行くと思います。


 STRABAR(ストラバール)

 住所
  大阪市福島区福島8丁目1-3
 電話
  06-6225-8828
 営業時間
  15:00~24:00 土日は14:00から 土曜は27:00まで
 定休日
  不定休(Facebookページ参照のこと)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPAIN BAR URALOBBY(ウラロビー)

<大阪 中之島>

ダイエットしなくてはいけないのですが...
最近、平日は、東京出張な夫の気分が盛り上がらないとのことで、日曜の夜に外食することに!
炭水化物を避けるために、選んだお店 スペインバル

なにわ筋沿いにあります。
朝日放送から玉江橋を渡ってすぐ左です。
Bdsc06944 Bdsc06945

いつの間にか、出来ていたお店

L時型のカウンターと、その周りにテーブル席
カウンターに着席

女子会が行われていて、ちょっと騒がしかったのが残念
仕方ないけど、甲高い声は、なかなかツライことがあります。
はじまりが早かったらしく、早い時間に解散されたので、そこからは、まあまあ静かな空間

Bdsc06946 Bdsc06949
チャコリ(750)とミネラルウォーター(600)で乾杯 ライムがついてました。

Bdsc06950 Bdsc06951 Bdsc06952
300円タパス2種
アンチョビたまごと、オリーブ
すごく早いです。
そして、美味しい♪
食べるのも早いけど(笑)

Bdsc06954
マッシュルームとしいたけのアヒージョ(850)
あれ、糖質制限するはずが、パンついてるし!
アヒージョなら、当然のことなのに、まったく忘れて注文してました。
おかわりは、かろうじて我慢
残ったオリーブオイルもったいなかったけど、やむなし

Bdsc06955
夫の2杯目 CAVA(780)

Bdsc06956
鮮魚の前菜 鯵と水ナスのなめろう(600)
あれ、ここにもパンが~
でも、なめろう美味しい~♪

Bdsc06958 Bdsc06959
サザエときのこのクレピネット包み焼き(900)

ここ、お料理美味しいよね~とパクパク食べます。
カウンターを選んで座ったのですが、料理を頼む量が尋常ではないので、テーブルからあふれ気味
テーブル座るべきでした(笑)

Bdsc06960
夫 3杯目突入 サングリア赤(480)

Bdsc06961
ムール貝のコロッケ(400)
ムール貝の味がしっかりしました。美味しいです。

Bdsc06962
備中鶏のプランチャ(1000)
皮がパリパリで美味しい、そして、下には、お芋がたっぷり
これがまた何ともいえず美味しい♪
バター風味
ってか、糖質....(笑)

そして、〆が イカ墨のフィデワ(1900)
Bdsc06963
イカ墨って、完全に食べ物の見た目してませんよね。
でも、これが美味しい♪
もう、糖質制限?それなんでしたっけ?状態です。
楽しまなきゃね
すごく美味しかったけど、さすがに二人とも満腹
ちょっと食べ過ぎました。

お会計は、税込で1万弱
たぶん、鶏のプランチャぐらいで、丁度良い量だったので、普通なら1人4千円ぐらいで、飲んで食べて楽しめるお店って感じです。料理が美味しくて、ほんと良かったです。

ラストオーダーが25:00なので、運動帰りにも利用できそうです。
川を渡るとなんか遠い気がしてしまうのですが、距離的には対して変わらないしね。
また、ふらっと行ってみたいです。


注:価格は税抜きで記載


 SPAIN BAR URALOBBY(ウラロビー)

 住所
  大阪市北区中之島4-3-37常安ビル1F
 電話
  06-6459-7577
 営業時間
  18:00~25:00(L.O.) 土日祝は17:00~
 定休日
  火曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パン工房 のら

<兵庫県 三田市>

奈良在住時、三重の実家に帰る際に、高速を使わず、高見峠を超えていく際に、道中立ち寄ったお店、宇陀市大宇陀のパン工房のらさん

いつの間にか、三田に引っ越されていました。
三田といっても、ものすごい奥地です。ほとんど篠山と言っても過言ではないです。
ド田舎からド田舎へ
きっと、自然がお好きなんでしょうね~

早速、三田の友人に、行ってみて~とお知らせすると、一緒に行こうよ~とお誘い
なかなか、メンバーの都合が合わせられず、最初の呼びかけから三か月が過ぎてやっと実現
車でないと行けない場所なので、三田の友人が、車を出してくれました。感謝です。

新三田の駅に集合して、約30分のドライブ
三田市街を抜けて、昔の集落地域を抜けて、山の中へ
結構な斜度の道
途中、対向が難しい道なんかもあって、ほんと運転してくれる友人に感謝!

お花が有名な永沢寺のすぐ近くにあります。
三田市街地側から向かうと、49号線を走って、永沢寺の少し手前を右折して、300mぐらいです。
Google Mapにも、パン工房のらって出ています。なんかスゴイ!
角に看板もありますが、下の方に小さくなので、目立ちません。
私達は通り過ぎてしまいました...

Bdsc06895
お店の前には、この看板
これも小さい

Bdsc06896
そしてこれ

こちらは、定休日が、火水木
伺ったのは、金曜でしたが、雨の強い日だったので、ほんとに営業されているか超不安
外からの雰囲気では、看板は出てるものの、営業してる雰囲気ゼロでした。

Bdsc06903
やってないんじゃない?!
と不安になりつつ、このドアをあけると、女子の声
やってました~♪
しかも、先客有!

入口入ってすぐの所に、焼きたてパンが並んでいます。
めっちゃ美味しそう!

イートインの場合は、パンを選んで、レジカウンターへ
ドリンクを注文して、お会計してから席へ
パンは温めてもらえます。

4人で行ったので、ランチとして食べるパンを3つ選択
ピッツア・カンパーニュ(550)、ピッツア・カルツォーネ(550)、夏みかんとチョコのパン(440)
たぶんこれぐらいのお値段だったと思います。
消費税がどうだったかは失念しました。
ドリンクは、珈琲 400円、カフェ・オレ 450円、紅茶 450円、チャイ 450円、ココア 500円
りんごジュース 450円
珈琲は、注文後、ミルで挽いてました。こだわりです。
時間はかかりますが、そんなゆったり感もステキです。

Bdsc06897
テーブル席、カウンター席、テラス席があります。
厨房はオープンで、大きな石釜があります。店主さんの手作りとのことです。
建物もすごく良い雰囲気です。

温められたパンが、順番にやってきます。
Bdsc06898
ピッツァ・カンパーニュ
パン屋さんのピッツァって感じですが、すごく美味しい♪

Bdsc06899
ピッツァ・カルツォーネ
包み焼きピッツァ
端っこの生地の部分美味しい~♪

Bdsc06900
夏みかんんとチョコ
ハード系のパンに、柑橘とチョコレート
ベストマッチ!

Bdsc06901
紅茶のポットが味があってステキです。
パンを入れてる気の器もすごく良い感じです。
奈良にあった時は、これ本当にパン屋さん的な感じでしたが、今回は、お店の雰囲気もとても良いです。
これは、ファンがどんどん増えそうな予感
奈良の時より、都会に近い分、来やすい気がするし...

Bdsc06902
紅茶は、月ヶ瀬茶にしました。
他に、母子のお茶もあって、奈良と三田両方のを置いてるあたりなんかいいなって思いました。


パンは、焼きあがり時間がだいたい決まっていて
11:00~
 ピッツァ、白い生地のパン、ハード系のパン
13:00~
 胡麻チーズ、緑豆あんぱん、ライ麦パン

それと、たまたま遭遇した、友人のママ友さんによると、15時頃タルトが焼きあがったとのことです。
タルト食べたい!

日替わりで、いろいろされてるみたいなので、その日何があるかは、電話で伺ってみるのも良いかもしれません。


自宅にもお土産でパンを購入
Bdsc06909

Bdsc06910 Bdsc06913
まずは、当日の夜 レーズンと胡桃のパンを食べました。
めっちゃ美味しい♪
一口食べて、うなる感じの美味しさ!
こんなパンは、ル・シュクレクールさんと、パリ・アッシュさんと、エイトノットベーカリーと、ここぐらい
有名店度合は、全然違うけど、個人的には、そこに並ぶくらいの味なんだと思っています。

Bdsc06929
翌日、オリーブのパンをお肉料理と一緒に頂きました。
一日経っちゃったけど、それでも美味しい♪
糖質制限してるはずなのに、夫と争うように、パンをパクパクと食べてしまいました。

また買いに行きたい!
今度は、夫と、自転車で行ってみようかな~♪
調べると、永沢寺に向かう道は、ヒルクライム好きのチャリダーにとっての練習コースとしてオススメされていました。たぶん、私は、登れませんが...

今度は、ライ麦パンにチャレンジしたいな~

しかし、ほんとに、山奥なんですが、満席になるほどのお客さんでした。
平日でそれなら、休日は混雑してるのかな?
手ごね、手作りなので、1種類につき、そんなに量がありません。
どうしても、食べたい方は、オープン直後にいかれた方が無難かと思います。


 パン工房 のら

 住所
  〒669-1502 兵庫県三田市永沢寺16
 電話
  079-506-4951
 営業時間
  11:00~17:00
 定休日
  火水木(ただし、祝日は営業)
 奈良の時のHPはこちら(三田のお店の情報もあります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »