« Le Nœud Papillon(ル・ヌー・パピヨン) | トップページ | Point(ポワン) »

GIOVANOTTO(ジョヴァノット)

<大阪 心斎橋>

バレンタインディナーで訪れました。
友人の友人の旦那様のお店(ほとんど他人)
通っているイタリアンお料理教室の先生が出張レッスンしてらっしゃる教室で、先生されてたりもする上村シェフのお店です。以前のお店は、あの有名な「マーブルトレ」さんで、独立されたとのことです。

こちらのお店、以前私が勤めていたビルの2軒隣です。
以前は、レストランではなかったと思いますが、めっちゃ近いと思ってしまった...

Bdsc05763
ビルの近くまで行って、お店どこ~?と探してしまいましたが、すっごく奥まったとこにあります(笑)
おしゃれな廊下の先に自転車
ここなら、自転車で来て、こちらに停めさせてもらったら盗まれる心配ないかもっ!

扉をあけると、オープンキッチンとカウンター席
奥に、テーブル席が、10席分あります。
テーブル席に通されました。

アラカルトでも頼めますが、せっかくなので、おまかせコースに!
お値段設定はMAXで!
お値段失念しましたが、1万2千円ぐらいだったか...な?!

Bdsc05765
生ハムとトマト
甘くて美味しいトマト 産地と名前はすっかり失念

Bdsc05766
パンも美味しい♪
フォカッチャは自家製で、他は、パンデュースさんのものということでした。どおりで美味しいはずっ♪

Bdsc05767
カルパッチョ
トマトソースが美味しいです。

Bdsc05768 Bdsc05769
鶏団子のスープ
あっ伺った名前はイタリアンな感じでしたが、私の記憶の中ではすっかり勝手に和訳されてます。
これが、すごく美味しかったです。素朴なんですけどね。

Bdsc05770
たこのフリット
上にはカラスミがかかっています。
業界はガラス皿なのかしら?
同じ皿登場に少し驚きました。

この辺で、このお店、やるなって話で夫と盛り上がりました。
私達夫婦は、私が飲まないせいもあって、ものすごく食べるのが早いので、コース料理を食べに行くと、間隔があいてしまうことがしばしば
一度など、お待たせして申し訳ありませんって丁重に謝られたことも(笑)
こちらは、別に気にしていないのですが、お店の方は気になるようで、なるべくゆっくり食べなければっ!とも思うのですが、熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに食べたい気持ちもあるので、なかなか難しいのです。しかししかし、こちらのお店、私達のハイペースに負けることなく、次々お料理が運ばれてきます。
きっと、すごくきっちり仕込みをやっておられるのでしょうね~

Bdsc05771
チーズのクレーブ包み
メインはモッツアレラですが、ゴルゴンゾーラとかいろいろブレンド
ゴルゴンゾーラの黴の強い部分は、む~となりましたが、他は美味しい♪
夫がもらってあげるよ~と手ぐすねひいて待ってましたが、全部食べれました。

Bdsc05772
ホワイトアスパラ 半熟卵ソース
うまうま~♪

Bdsc05773 Bdsc05774
蒸し野菜 チーズのせ
ごぼうと、あとは何だったか...

Bdsc05775
黒トリュフパスタ
シンプルで美味しかった♪

Bdsc05776
メインは牛でお願いしたので、カツレツ
想像してたカツレツとは違ったけど、美味しかったです。
ちなみに、想像は、ウィンナーシュニッツェルみたいなのでした。
まあ、そんなに食べれなかったから丁度良かったです。

これで、料理は終わりのはずでしたが、〆にパスタもう一品どうですか?
って甘い誘いに負けて、さらにパスタ
Bdsc05777
カルボナーラ♪

ドルチェ
Bdsc05778
モンブラン、フルーツ、ボネ、パンナコッタ、ジェラートの盛り合わせ
これは、シェフの奥様が朝仕込まれてるとのこと!
他のお客様との会話から盗み聞き(笑)
私と同級生の奥様、頑張っておられます。

Bdsc05779
カプチーノ

素朴で美味しいお料理でした。
今回、奮発して素材UPのコースにしましたが、リーズナブルなコースにして、シェフの腕を堪能して、普段使いのレストランにするのが私達に向いてる使い方と思いました。
アラカルトを頂くのも良さそう。ちょっと割高になるかもしれませんが...
でも、それは、お子様連れの方がいらして、そのせいで、他のお客さんの声も大きくなっていて、少しお店が騒がしかったせいもあるかもしれません。
お子様連れOKなレストランなので、お子様連れで、本格イタリアン食べたいと思ってらっしゃる方には、ありがたいお店だと思われます。
そして、ソムリエさんがめっちゃかっこよかったです。
声もステキ、顔もステキ、マダムのファンがいそうでした。
目と耳の保養!

お会計は、ワインを数杯頂いて、3万3千円程でした。


 GIOVANOTTO(ジョヴァノット)

 住所
  大阪市中央区博労町4-2-7
 電話
  06-6243-5558
 営業時間
  17:30~23:00
 定休日
  日曜・第2月曜

|

« Le Nœud Papillon(ル・ヌー・パピヨン) | トップページ | Point(ポワン) »

いたりあん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/59051478

この記事へのトラックバック一覧です: GIOVANOTTO(ジョヴァノット):

« Le Nœud Papillon(ル・ヌー・パピヨン) | トップページ | Point(ポワン) »