« Le Nœud Papillon(ル・ヌー・パピヨン) | トップページ | 文世食堂(ふみよしょくどう) »

第7回 福島バル

<大阪 福島>

2年半前に、大阪に引越してきた頃、野田バル、福島バルと参加して、その後、野田・福島合体バルになってしまってから、ちょっと興味が下がって、お休みしてましたが、今回、また福島バルに戻ったので、行ってきました。
ただ、夫の仕事の予定がわからなかったので、前売りは買わず当日券で参加です。
ちなみに、野田バルは10/25にあります。その日は、アウトドアヨガだしな~

さてさて、今回、チケットは、ほたる町で購入
5枚セットが3500円 1枚券が700円
セットで買うメリットがないとこが悲しい...
前売りだと3000円なんですけどね。

ランチ2枚、ディナー3枚使うつもりで、お店探し
家が近くだと、そういうことが出来るから便利

まず、以前から、行きたいと思いながら、ランチはいつも予約で満席ですって断られている 黒猫 さんへ
Bdsc04701
お店の中可愛いです。結構こじんまりしてました。
鏡があるので、一瞬広く見えるんですけどね。
奥の席に双子さんがいるのかと思っちゃった(笑)

Bdsc04703
宮崎鶏と旬野菜の熱々とろとろチーズグラタン + 赤ワイン(私はウーロン茶)
700円って考えると、寂しいです。
ウーロン茶だと、完全に負けてます
ワインも、チリ産のカベルネ・ソーヴィニヨン まあ原価はお安いですよね。
夜だったら、そんなに違和感なかったんでしょうが、お昼に行ったので、福島界隈は、ランチ頑張ってるお店が多く、千円あったら、ボリューミーなランチと食後のドリンクもついてるお店が結構あるので、700円でこれはないな~と思ってしまいました。
やっぱり、バルには、お得感も必要だと思います。でないと、次につながらないような...
ただ、前から行きたかったお店なので、いずれ予約して、ランチに行くと思います。

次は、お隣の 浅草堂島店さんへ
Bdsc04705

井岡弘樹さん&南雲先生ご推薦メニュー 奇跡のデトックス鍋
Bdsc04704
夫は生ビール、私はウーロン茶
ひれ酒とかもドリンクメニューにありました。
デトックス鍋はだしが美味しかったですが、どうデトックスなのか説明とかないとこが寂しかったかな
まあ、食堂だからしゃーないか(笑)

ランチの部終了
物足りなかったので、帰宅して、あげ天焼いて食べました(笑)
しばしの休息の後、夜の部突入
自宅で戦略を練って、夜の福島へ

まずは、はずれた位置にある二軒目指してテクテク
どちらも、100Set限定だったので、危惧していましたが、終了してました。
ガーン
お腹スキスキだし、僻地だし、途方にくれる
うーん
お店としては、仕方ないんだろうけど、やっぱ19時頃に終わってると寂しいな~

遠いお店は危険と判断し、福島駅近辺まで戻りました。
高架下の、イタリアン GIULIOさんへ
Bdsc04707

ここは、ノンアルコールカクテルがあったので嬉しい♪幸せ♪
Bdsc04706
鶏モモ肉のボリート オリーブのマリネ 淡路玉ネギとオレガノ風味
夫は赤ワインで
スタッフさんが、まだ新人ぽく、シェフがちょっとイライラしてる感じだったな~
人に教えるのって難しいな~と、夫と後に会話することになりました。

人心地ついて次のお店へ

加藤商店バル肉寿司さんへ 炉とマタギさんの支店です。
Bdsc04708

今回のバルで初行列に参加
その前にも、「Mattu Rio」さんか「Chinese酒場エンギ」さんで行列してたのですが、お腹すきすぎててスルーしました(笑)
待ってる間に、10/27~11/7 に二周年感謝祭でプレモル100円で、特別料理の情報などをゲット!
ジビエに興味はあるけど、好き嫌いの多い私
何が食べれて、何がダメなのか、こういうお店で見極めたいと思います。
フレンチとかイタリアンのコースを頂くレストランとは違って、少量ずつ選べて食べれるのが嬉しい

Bdsc04710
と思っていたら、まさかのミス
こちらは、赤ワインor白ワイン と肉寿司2貫
まさかのソフトドリンクなし
白赤頼んで、夫が両方とも飲みました。
で、お寿司が、一つがお稲荷さんで、まるちょうが乗ってて、そのショックで写真撮り忘れ...
ホルモンだめなんですよね~
でも、夫が食べてみて、これならいけるって言うんで少しだけ食べました。
たしかに、ぶよんぶよんしてるのは気持ちわるいけど味はたれの味だったから大丈夫だったかも
まあでも、絶対また来ようと思いました。

最後は、ラグザスクエアへ
6店舗あるから、どっかは行けるし、安心のはがくれさんもあるしってことで...
今まで、みたことないぐらい混雑してるラグザスクエアにビックリ
福島バル効果!
で、恐ろしい行列発見!
目当てのお店かと思ったら、生牡蠣をメニューにしてるお店でした。牡蠣大人気なんですね。

我々は、行列に隠れている 笑くぼさんへ
Bdsc04711
串カツ2本(豚・海老)、サイコロステーキ、いか焼き + ドリンク
ドリンクメニューもそこそこ多かったし、ウーロン茶もドーンと来たし、お得感ありました。
サイコロステーキはそれなりだったけどね(笑)
これぐらいのボリュームは欲しいかな~

少し物足りなさを感じながら、福島バル終了
帰り道、タケルさんの行列と、はれ天さんの行列をみました。
やっぱ街バルはこうでないとね
でも、タケルさんって、普段も安いから、わざわざ今並ばなくても..ってちょっと思った

人気が出たら、バルから去っていくお店も多いけど、ずっと参加してる はれ天さん、土山人さんはすごいな~とか思いました。
それと、モード笹さんのバルメニューの絵が可愛かったので、ちょっと見直しました(笑)

次回、また参加するかどうかは、未定ですが、まあ楽しめました。




|

« Le Nœud Papillon(ル・ヌー・パピヨン) | トップページ | 文世食堂(ふみよしょくどう) »

バル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/57648720

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回 福島バル:

« Le Nœud Papillon(ル・ヌー・パピヨン) | トップページ | 文世食堂(ふみよしょくどう) »