« 広東料理 ダックみやざわ | トップページ | うどん家 あぶく »

QUINTOCANTO(クイントカント)

<大阪 中之島>

以前ランチに伺った際のblogはこちら
以前ディナーに伺った際のblogはこちら

昨年10月におじゃまして、すっかり気に入ってしまったお店 クイントカントさん
12月には、お料理教室の先生、友人とランチを楽しみました。
Facebookに、イイネしてるので、ほぼ毎日アップされる記事を読んでいるのですが、1月の一皿が魅力的で、早速予約~と12月にトライしたら、週末は全部うまってました。ガーン
で、1月はあきらめて2月に予約

お店の照明が前回、ディナーに訪れた時は白すぎるって感じたのですが、今回、少し落ち着いた白になっていたように思います。照明を少し、電球色よりに変えたのかな~
私のきのせいかもしれませんが...


フォアグラウェハース レモンマルメラータ マルドンの塩 黒胡椒
ビーツのカルド 雉
Bdsc02518
定番の一品

タコ ソラ豆 アルガ ディル
Bdsc02520 Bdsc02519
豆嫌いの夫もギリ食べれました。タコ美味しい♪
アルガは海藻で、そちらの風味の方が強く感じました。
もちろん苦手食材には対応してもらえるのですが、こちらは、事前の連絡で、大丈夫かな~と判断した私が、出しちゃってくださいとお願いしちゃいました(笑)

白バイ貝 イタリアンパセリ リンゴ
Bdsc02522 Bdsc02521
リンゴがいい仕事してくれます。

アンコウ イカスミ マジョラム
Bdsc02525 Bdsc02524
隕石にしか見えません(笑)
アンコウが超美味しい♪

鹿 ルバーブ イチゴ リコッタチーズ
Bdsc02527 Bdsc02526
鹿って言われても、ピンとこない感じで普通に美味しいお肉でした。
イチゴとこんな風にあわせるなんて、なかなか家庭では出来ないです。

イベリコ豚 ちぢみほうれん草 ジュニパーベリー
Bdsc02529 Bdsc02528
夫が、苦手を感じると言うので、ローズマリーとか、わからんけど、ジュニパーバリー?と思っていたら、なんとセロリだったようです。セロリ好きな私は、セロリの存在に全く気付いてなかったのですが、苦手な人は敏感
まあ、私もレバーには、激しく反応するのでわかります。
それでも、イベリコ豚の美味しさに、完食
こうやって、苦手が克服出来ていけば嬉しい♪

ペペローネ グラニテ フリッザンテ
Bdsc02531
科学実験的な(笑)
お口直し
超スッキリ
定番の一品

Bdsc02534
ここで、はじめてパン登場

バペッティーニ ウサギ クルミ ルーコラ
Bdsc02533 Bdsc02532
初ウサギかも~
普通に美味しかったです。想像したらダメですけど~

ラビオリ オマールエビ エストラゴン アーモンド
Bdsc02536 Bdsc02535
オマール美味しい~♪

Bdsc02537
お肉にはバローロ

神戸牛 和牛スーゴ 炭の香り
Bdsc02539 Bdsc02538
ワインを煮詰めたソースが美味しいです。もちろんお肉も!
シンプルなお肉料理も定番スタイルっぽいです。

アンコーラピアット シェーブルチーズ or トマトソースパスタ(30g/60g/90g)
Bdsc02541 Bdsc02540
次は絶対に注文しようと思っていた、リコッタのドルチェが選択肢になくて大ショック(泣)
ガッツリ60g頂きました。
シンプルなパスタだけど、とても美味しいです。

マリアージュ ラプサンスーチョン キウイ ライム
Bdsc02542 Bdsc02543
ラプサンスーチョン懐かしい~
学生時代に、インド系紅茶店でよく飲んだな~
薬みたいな味だけど癖になるのよね(笑)
夫は正露丸の味がすると...
でも、ライム、キウイで美味しいスイーツにちゃんとなっていました。

ドルチェ クインテット チョコラータ
Bdsc02545 Bdsc02544
バレンタインを意識したチョコのプレート
5種類のチョコが味わえます。
しょっぱいサブレがお好み

小菓子 アーリア ディ ノッチョーラ

エスプレッソ コーヒー ハーブティー 紅茶

Bdsc02546 Bdsc02547 Bdsc02548
こちらも定番

今回も大満足でした。
お若いシェフは変わらず、最初と最後の2回挨拶に来て下さり、感想を聞いてくださる。
遅い時間だったので、お見送りまでして頂きました。ありがたいことです。

お料理は12600円の1コースのみ
飲み物は、私はガス入りウォーター、夫は、シャンパン、ワイン数杯(3皿1グラスで飲もうと思っていたのに、なんか途中から、お料理ごとのハーフグラスワインになってしまってました)
結局、お会計は3万6千円ぐらいに
せっかく、たまのことなので、思う存分楽しんだ方が良いと思う反面、やっぱ酒類はお高いな~という気持ちも...
飲まない人間は、その飲み代で、行く回数を増やしたいと思ってしまうけど、お料理はワインとあうように作られてる面もあるし、ワインで採算あうようにもなってるだろうし、なかなか難しいです。

とはいえ、大好きなレストランなので、また季節を変えて訪れます。
毎月、メニューが変わるから、毎月通いたい気持ちもあるんですけどね~

オープンテーブルで予約できるので超便利です。
大阪スタッフさんも落ち着いてこられて、もう伝説のサービスマン藤巻さんがいなくても、大丈夫な気がしました。


 QUINTOCANTO(クイントカント)

 住所
  〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島3-6-32 ダイビル本館1F
 電話
  06-6479-1811
 営業時間
  12:00~13:00(L.O.)
  18:00~20:00(L.O.)
 定休日
  日曜日、第一、第三月曜日
 お店の公式HPはこちら

|

« 広東料理 ダックみやざわ | トップページ | うどん家 あぶく »

いたりあん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/54841135

この記事へのトラックバック一覧です: QUINTOCANTO(クイントカント):

« 広東料理 ダックみやざわ | トップページ | うどん家 あぶく »