« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

餅匠しづく新町店

<大阪 西区 新町>

コンヴィヴィアリテさんでディナーの日
少し早くつきすぎて、まだ開いてらっしゃらなかったので、同じビルに入っている、こちらのお店を覗いてみました。
とっても、おしゃれな和菓子のお店です。
非常に、シンプル。茶寮も併設しておられます。
Bdsc00764

昔ながらの和菓子やさんのイメージとは遠く、商品数は少な目で、カウンターの上に、ちょっとずつレイアウトされています。もうなくなっちゃったけど、京町堀にあった マメ6さんを思い出しました。

わらび餅があったので購入
これから、フレンチのコースを食べるって言うのに、買わずにはいられなかった...

帰宅後、結構、満腹だったのですが、早く食べないと味が劣化するので頂きました。
Bdsc00794
500円です。

Bdsc00795
お腹がいっぱい過ぎて、正当な判断が出来てるかどうか疑問ですが、まあ普通に美味しかったです。
特別感はなかったです。

おしゃれな和菓子屋さんなので、贈答用のものなど買うのに良い気がします。
自然なものを使うなど素材にこだわってらっしゃるので、安心して人に贈れますね~


 餅匠しづく 新町店

 住所
  大阪市西区新町1丁目17-17 新町ハウス1階
 電話
  06-6536-0805
 営業時間
  10:30~19:00
 定休日
  無休
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MAISON KAYSER(メゾンカイザー)

<大阪 天王寺>

この日を、どんなに待っていたことか!!!
まあ、その割には、気づいたの遅すぎですが...
なんと、なんと、メゾンカイザーがやっと大阪進出!!!

東京在住時、たまたま、会社の近くのパン屋さんが美味しくて、通っていたら、まさかのメゾンカイザーだったんですが、関西に戻ってきたら、なくて超悲しい
グランフロント大阪にも入らなかったから、すっかりあきらめていたら、なんと天王寺からのスタートとはっ!
渋すぎる!!!

メゾンカイザー行きたい~ってことで、オープン間もない、阿倍野ハルカスに行ってきました。
1階とだけ聞いてたので、探し回りました。
ないよ~と思ったら、入口は外でした。

今はどうかわかりませんが、入場制限かかってました。
数組ずつ入れるしくみなので、行列の割には、順番まわってくるのは早いです。

昔、大好きだったパンをいろいろ思い浮かべて、どれ買おう~って、待ってる間もテンションあがります。

Bdsc00702

チャバッタと、クロワッサンともう1点購入
お値段は703円也
シンプルなパンだと、リーズナブルです。具材が入ると、お値段アップしますけどね。

Bdsc00710

Bdsc00711 Bdsc00712
もうひとつのパンの写真がなくて、記憶もないです(笑)

天王寺だと、ちょくちょく行くわけには、いかないけど、気になるレストランもあるし、また買いに行きたいと思います。ヽ(^o^)丿
だって、大好きなんですものっ!
ここのフランスパンサンドを食べてて、前歯を折ったんですが、それでも好きです(笑)


 MAISON KAYSER(メゾンカイザー)

 住所
  大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店タワー本館1F
 電話
  06-6654-6190
 営業時間
  10:00~21:00
 定休日
  あべのハルカスに準ずる
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

cafe et Bistrot Bonne Chere(ボンヌシェール)

<大阪 福島>

2か月前ぐらいに行ったビストロ
なんかダイエットに燃えてて、ビストロ熱が高まっているわが家です。
本当は、二人ともイタリアンの方が好きなんですが、イタリアンだと、パスタとかピッツァとかどうしても炭水化物を摂取してしまう。でも、ビストロならパンを我慢すれば、おかずだけで楽しめます。

なんで、福島近辺のビストロへGO!

ボンヌシェールさんは、JR福島駅と新福島駅の間で、なにわ筋の東側のごちゃっとした所にあります。
Bdsc00675 Bdsc00676
こんな看板がお出迎え

ランチは、ビストロランチが1000円、カフェランチが800円、スペシャルランチが1700円、ステーキランチが1500円
カフェランチが単品、ビストロランチはメイン1つのセット、スペシャルランチはメイン2つのセット、ステーキランチはメインがステーキです。

ちょっと、そこを理解してなくて、ビストロランチで、肉、デザートと、スペシャルランチを注文
注文してから、スペシャルは魚と肉が両方あることを知ってビックリ
お値段安くない?!

Bdsc00677
窓からは、こんな景色です。いい雰囲気です。外から見るのと大違いだわ~
都会の真ん中で緑を植えて頑張っておられます。
赤い庇を通る光で、顔とかが赤く見えて、最初、夫の顔が腫れてるのかなって思いました(笑)

Bdsc00678
スペシャルランチのスープ
普通に美味しい♪

Bdsc00679
スペシャルランチの魚料理 サワラのムニエル カレークリームソース

Bdsc00680
バゲット

Bdsc00681
ビストロランチの目玉焼きのせハンバーグ

Bdsc00682
スペシャルランチの肉料理 牛リブロースのソテー バルサミコソース
うん、お肉はお値段相応です。

Bdsc00683 Bdsc00684
デザート

結論から言うと、めちゃめちゃ安いし、頑張っておられるお店ですが。個人的には、通いたい~ってテンションあがるほどではなかったです。まあでも、会社の近くにあったら、間違いなく周回コースでしょうね~
サラリーマンのおじ様達にも人気があるようで、ステーキランチ食べてらっしゃいました。まあ、それなりのお肉とはいて、1500円は安いよね。


 cafe et Bistrot Bonne Chere(ボンヌシェール)

 住所
  大阪府大阪市福島区福島5-6-2
 電話
  06-6452-2400
 営業時間
  11:30~14:30 17:30~23:00
 定休日
  月曜日・第3日曜日


| | コメント (0) | トラックバック (0)

つるとんたん TOP CHEFS

<大阪 梅田>

平日会社帰り、夫と大阪駅で待ち合わせして、何か食べて帰ろうと...
リーズナブル系を狙っていたので、駅ビル方面に向かう途中、朝食用のパンを買いに、大丸梅田店に立ち寄りました。そしたら、なんと、がらりと雰囲気が変わっていて、つるとんたんさんが出店してらっしゃいました。

ここにする?ってことで、リーズナブルから、一転、ちょっとリッチなおうどんを食べて帰ることに...

Bdsc00723
基本カウンターですが、複雑な座席配置
結構席数があります。
白基調でスッキリ明るい店内です。

Bdsc00724
夫は、サラダ仕立て近江牛冷しゃぶ 1180円也

Bdsc00726 Bdsc00727
私は、ピリ辛冷やし担々麺のおうどん 980円也

美味しく頂きました。
和デザートも魅力的でしたが、ダイエットダイエット!
これから、何度か利用させてもらうかもな~♪
デパ地下で、お手軽感がいいですね。


 つるとんたん TOP CHEFS

 住所
  〒530-8202 大阪府大阪市北区梅田3-1-1 大丸梅田店 B2F
 電話
  06-6451-0063
 営業時間
  10:00 ~ 20:00(L.O.) 金・土は20:30
 定休日
  大丸梅田店に準ずる
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BANDA

<大阪 福島>

念願のスペインバルにやっと行けました~
JR環状線福島駅の少し北側にある BANDA さん!!!

以前、平日に、会社帰りの夫と立ち寄った際は、お店に近づいていくと、店からあふれる人の山
なんか、たまたま2周年の日に行ってしまったみたいで、入れる雰囲気0でした(笑)
めっちゃ常連さんに愛されてる感じのお店ってことは、理解しました。

で、その後、何回か、店の周りを徘徊するも、空いてることはなく...
まあ、予約すればいいんでしょうが、なんかこう、バルなんだし、ふらっと行きたいというか...

で、夫が奥の手を考えました。
なんと、こちらのお店、15時から開いてらっしゃるので、そこをめがけて行こうと!
遅めの朝ごはんにして、この近辺で、カラオケして遊んで、15時前に店に行くと!

Bdsc00817
開店前から、お店の人が準備する姿を見守っていました。
すると、同じような人がいるではないですか
うむ。15時から来る人は、そうそういないだろうと、勝手に思っていたけど、やはり人気店
あなどれません。

Bdsc00818
そばにいてほしい 良いですね~

オープンして、中に入ると、ご予約は?のお言葉
ないことを告げると、テーブルなら時間制限、カウンターなら時間制限なしです。と告げられました。
うむ
皆さま15時でも、予約しておられます。絶対に行きたいと思ったら、やはり予約しましょう。
ダメもとなら、15時前に行けば、大丈夫な気はします。

早い時間だと、飲み物は、オール300円(600円以下のドリンクだけですが、ほとんどその範疇に入ります)
ボトルも1000円になってました。19時までが、かなりのオススメだけど、その後もお客さんいっぱいだから、安いことだけが魅力ではありません。けど、やっぱ、安いのは嬉しいね~♪

Bdsc00819 Bdsc00820
まずは、ミネラルウォーターとサングリアで乾杯
お酒が飲めないって悲しいな~

お料理は適当にいろいろ注文
お邪魔したのが7月で、もう細かいことは忘れてしまいました<(_ _)>
でも、どれも美味しいし、リーズナブルです。
Bdsc00821
自家製ベーコン

Bdsc00822
今日の畑サラダ ドレッシングが選べます。新鮮野菜♪

Bdsc00823
マッシュルームのアヒージョ

Bdsc00824
生ハムのクリームコロッケ

Bdsc00825
イカ炭のパエリア

お腹いっぱい食べました。
常連さんらしき方が多く、お店のスタッフの方とも盛り上がっておられます。
結構、一人で来てらっしゃる方もいて、偶然のお仲間の再会を楽しんでらしたり、陽気で楽しいバルです。
なかなか、初対面で打ち解けられない我らにはちょっと不利
だけれど、お料理も美味しいし、バルの雰囲気感を味わいながら、楽しさ満喫

Bdsc00826 Bdsc00828
スペインティー

Bdsc00829 Bdsc00830
クレマカタラーナは、目の前で焼き鏝でじゅわーっとやってくださいました。
しかもシャッターチャンスですよ~♪って言ってくださって、ブロガーとしては嬉しい♪

Bdsc00831
プリンさん

結構、お腹は良い感じだったけど、POSTRESも行っとかないとね!
クレマカタラーナ美味しいわ~
演出も楽しいしね~

人気の秘密がよくわかりました。
また行きたいっ!
姉妹店のGREENSさんも気になります。

お会計は、二人で 5930円
あれだけ、飲んで食べて 一人3000円って超お安いです。


 BANDA
 
 住所
  〒553-0003 大阪市福島区福島7-8-6 中村ビル1F
 電話
  06-7651-2252
 営業時間
  15:00~
23:30(L.O.)
 定休日
  日曜日
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cafe 婆沙羅 うさぎ堂

<大阪 上本町>

もういったいいつのことじゃったか(笑)
6月初旬に、淡路島に実家の母と姉と旅行に行った際、近鉄で三重に帰る母、姉と別れてから、上本町近鉄で夕食を食べました。

Cafe 婆沙羅さんの支店です。堀江にあるのが、かえる堂で、こちらは うさぎ堂
Bdsc00583
メニューの表紙が超可愛いです。

お店の雰囲気もステキです。
Bdsc00584

私は、季節の揚げ野菜のせカレー 900円
Bdsc00585
うん、やっぱり婆沙羅さんのカレーは美味しい♪

夫は、ナン・プレート 800円
Bdsc00586

旅行で食べ過ぎ傾向だったので、控えめに食べました。
えっ!!!
控えてない?!

かえる堂も良いですが、うさぎ堂もオススメのお店です。
ただ、自宅からは、圧倒的に、かえる堂が近いので、うさぎ堂には、伊勢に帰る前とかに時間があえばってとこでしょうかね~
上本町に他に用事ってないですしね...
あっなかたに亭さんがあった!!!

Cafe 婆沙羅 うさぎ堂

 住所
  大阪市天王寺区上本町6-1-55 近鉄百貨店上本町店 12F
 電話
  06-6771-0039
 営業時間
  10:30~22:00
 定休日
  近鉄百貨店の営業に順ずる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SALON DE The AU GRENIER D'OR(オ・グルニエ・ドール)

<京都市中京区>

リラックマ展目当てに、京都高島屋に行きました。
ついでに、ヨガとスポーツウェアのお買い物ってことで、チャコットとスポーツ館ミツハシにも行くことになり、ランチ所、休憩所を考えていて、ふと、そういえば、数年来行きたいと思っていた、グルニエ・ドールさんに行く良い機会では!!

夫に調べてもらうと、なんかルート的に、ビンゴな配置

四条京阪→柳小路(ランチ)→高島屋→錦通り→チャコット→グルニエドールさん→スポーツ館ミツハシ→京阪三条と歩きました。

グルニエドールさんは、数組待ちでしたが、タイミングよく、そんなに待たずに入れました。
町屋な雰囲気の外観ですが、お店の中はモダン
ショーケースの中は、キラキラしたケーキがいっぱいで、目移りしました。
Bdsc01290

席に案内してもらうと、中庭が見えて、その風景はめっちゃ町屋でした。
おしゃれだわ~
中庭の向こうにも客席がありました。

Bdsc01285 Bdsc01286
夫チョイス
パイナップルのケーキ(ほんとの名前は なんちゃらアナナスだったか...) 440 と アイスカフェラテ 550
パイナップルのケーキって、難しくって、調和がとれてないことが多いのですが、これは美味しかったな~♪

Bdsc01288 Bdsc01289
私チョイス
なんちゃらフロマージュ 450と、ゆずのティーソーダ 730
上のホワイトチョコを崩して、クリームと混ぜて食べるのですが、これが!!!
笑顔がこぼれるおいしさ!絶品
ちょっぴり、黒胡椒が効いてて、良い感じです。

さすがです。
もっと、早く来ておくべきだった
お店の雰囲気もとても良いし、やっぱり京都すごいですね~
遠くからでも、行く価値ありのパティスリーだと思います。


 SALON DE The AU GRENIER D'OR(オ・グルニエ・ドール)

 住所
  京都府京都市中京区堺町通錦小路上ル菊屋町519-1
 電話
  075-468-8625
 営業時間
  11:00~19:00
 定休日
  水曜日(月に1度連休有)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘味茶寮ほとり

<香川県 高松市>

一泊二日の高松旅行の際、栗林公園散策の後に立ち寄りました。
栗林公園までの移動手段が自転車だったので、8月ゆえに暑くて暑くて...
公園散策前に入ろうか?どうしようか?悩みましたが、後でこちらに伺うことを励みに散策しました(笑)

Bdsc01069
ほとりって名前もステキですね!

Bdsc01070
外観も良い感じです。

Bdsc01071 Bdsc01074
夫は、クリームコーヒーゼリー600
私は、ミルクセーキ氷にバニラアイスをトッピング650

氷の種類がいろいろあって、トッピングも 白玉、バニラアイス、ソフトクリーム バニラ、抹茶と選べたので、迷いました。他でみかけないミルクセーキにして大正解!美味しかったし、栄養あるから疲れがより癒されたような
しかし、氷って身体を冷やしてくれますね~

お店に入った時は、めちゃめちゃ暑かったのに、すぐに、温かいものが欲しくなりました。
で、いいタイミングに、温かいお茶登場
Bdsc01075
美味しいお茶でした。

栗林公園の中には、すごくたくさんお茶屋さんがあって、そのたびに、もう入っちゃうか?!と悩みましたが、最後まで我慢して良かったなぁ~としみじみ思いました。
オススメのお店です。

 甘味茶寮ほとり

 住所
  香川県高松市中野町32-3
 電話
  087-887-7711
 営業時間
  9:00~18:00(日曜は8:00~)
  18:00~22:00(予約制)
 定休日
  水曜日、第3火曜日
 お店の公式Blogはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神椿

香川県 琴平

金毘羅参りの途中
Bdsc01165  Bdsc01164
なんか、すごく洗練された 横断幕を発見
まあでもその時は、特に気に留めてませんでした。おしゃれだな~と思ったぐらい

大門から上がって、旭社に行く途中に、広いスペースがあって、この看板発見
Bdsc01157 Bdsc01156
なんか、おしゃれだと思ったら、こんなところに資生堂パーラー!!!
この時の時刻は、13:30頃
ランチはまだ食べていませんでした。
途中でうどんを食べようと思ったのですが、客引きがあまりにもしつこかったので、なんかお店に入るタイミングを見失ってしまって...
正直、セルフうどんも、もういいかな~って気分だったので、休憩がてら入ることにしました。
ここまで階段上ってきて、かなりボロボロになってたし...

Bdsc01155
おしゃれ~

扉を入るとセルフのカフェスペースがあります。
結構、にぎわっていました。
ランチもここなのかな~ってオロオロしていると、お店の方が気づいて声をかけてくださいました。
レディースランチとかを食べたいって旨を伝えると、用意するので少しお待ちくださいとのこと。
食事は、さらに地下に降りたレストランで頂くようです。

Bdsc01139 Bdsc01140
地下はすいてました。時間が大きく外れてることもあるんでしょうが、東京価格なのも影響してるのかな~

ガラス張りなので、森の木々が見えて景色良いです。
Bdsc01153 Bdsc01154


席に通され、ドリンクメニューを渡され、特に必要ないことを告げると、ピクルス登場
この時点で気づけば良かったのですが、しばし歓談していると、スープ登場
この時はじめて、オーダーが間違えて伝わっているのかもと確信
あれ?オーダーしてないんですが?
ちょっと気が引けたものの、伝えると、レディースランチと伺っておりましたとのお返事
その時、はじめて、レディースランチって男性も頼めるんだーと気づきました(笑)
いつも、違うものをオーダーする私達なので、一応、メニューを見せて頂いて、夫はクリームコロッケに変更
その対応が、すごくスマートで好印象
男性スタッフの方が、都会にもなかなか、ここまで素晴らしい人いないぞって感じの落ち着きなんです。
資生堂パーラーだから、都会から派遣されたのか、はたまた、資生堂パーラーの社員教育が素晴らしいのか!
癒されました。
こちらにも、少し落ち度があると思えたのですが、大丈夫ですよと優しく対応してくださいました。感激!

Bdsc01141
最初、この真ん中には、白地に青模様のきれいなお皿があったのですが、早々に引き揚げられてしまいました。
もっと早く写真撮っておくんだった
水のグラスがとってもきれい!

Bdsc01142  Bdsc01143
左 レディースセットのスープ
右 普通のセットメニューのスープ
内容は同じで量が違います。
一口飲んで、あー美味しい!って癒されるスープでした。

クリームコロッケ 2000 + 700(セット料金)
Bdsc01144 Bdsc01150
手前のコロッケが海鮮で、めっちゃ美味しかった
笑顔こぼれまくり
大きい方のコロッケはチキンクリームで、鶏がそんなに好きでない私はちょっと苦手感ありました。
パンも美味しいし合格点
香川は、うどんがお安いから、ランチでこの価格は破壊的に感じるでしょうが、山の上ってことと、ホスピタリティ考えたら納得のお値段です。

レディースランチ 1580
Bdsc01148
水曜だけのお得なメニューみたいです。
この日は、カレーとクリームコロッケとチキンフライと、パスタ
無難に美味しかったです。

全景
Bdsc01149

レディースランチのデザート
Bdsc01151
フルーツと抹茶のケーキ

Bdsc01152
セットメニューの珈琲

寛げました。
そして、山の上なので、トイレ事情悪くて、途中ではいかないつもりでしたが、ここならきれいかもって行ってみると、たぶんこの香川旅行中、最高レベルのトイレがそこにありました。めっちゃきれい
ここが利用できるだけでも、入る価値あり!

上まで登るのは、超しんどい こんぴらさんですが、ここで一休みすれば、御本宮までは、スッキリした顔で登れます。奥社まで行くときにも、イイ感じの途中休憩地点ではないかと思います。
是非、往路に立ち寄ることをオススメします。

お店を出発する際、素晴らしいホールスタッフの方から、塩飴を頂きました。
ほんと素敵な方だったわ~
紳士ってああいう感じだよな~

しかし、東京在住時、何度か迷いながらも、コスパの問題で、入るのを断念してた資生堂パーラーに、まさか、香川で行くとは夢にも思ってなかったです(笑)
東京の時も、行っておけば良かったな~


 神椿 レストラン

 住所
  〒766-8501 香川県仲多度郡琴平町892-1(金刀比羅宮境内 石段500段目)
 電話
  0877-73-0202
 営業時間
  11:30~14:30 
  17:00~21:00(完全予約制)
 定休日
  夜のみ月曜定休 他は年中無休
 お店の公式HPはこちら
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AUBERGE de OISHI(オーベルジュ ドゥ オオイシ) お食事編

<香川県 高松市>

お部屋編はこちら

オーベルジュの真骨頂 ディナーは、道を挟んだレストランで振る舞われます。
Bdsc01106

お庭の見えるお部屋でコース開始
まずは、苦手食材などの確認をしてくださいます。
苦手なものが多いので、いろいろ丁寧に聞いてくださいました。

Bdsc01107
テーブルセッティング
白基調 シンプルで清潔感があって落ち着いた雰囲気

シェフおまかせのディナーをお願いしました。

Bdsc01109
まずは、ノンアルコールカクテルと泡で乾杯

ポルト酒風味 メロンのジュレとイベリコ生ハム
Bdsc01110 Bdsc01111
右は、メロンが苦手な夫のために用意してくださった 海老とアボカドのタルタル系
見た目が似てるの嬉しいですね♪
どちらも美味しかったです。

フォワグラのソテーとトウモロコシのクリーム煮
Bdsc01112
フォワグラとコーンってあいますね~

Bdsc01113
自家製パン
リーンな美味しいパンです。

天然夏ガキのムニエルと軽い酸味の野菜マリネー
Bdsc01114

ハモの香草風味 イカスミの香り米と人参のリゾット
Bdsc01115
これ!めっちゃ美味しい!
イカスミいいわ~

メインディッシュは選択制
 地物 黒アワビのココット 色々な野菜添え
 天然大車海老の香草ソテー ホワイトアスパラガスのスープ仕立て
 オーストラリア ラムのプロヴァンス風 赤ワインソース
 讃岐オリーブ牛ロース肉のポワレ フォワグラ添え トリュフとマデラ酒のソース

私は、マダムのオススメに従って 讃岐オリーブ牛
牛と車海老で悩んでいたのですが、コース全体的に魚が多いし、夫がアワビを頼んだから、お肉にしてシェアされたらどうでしょう?!っていう的確なアドバイスでした。
Bdsc01116

黒アワビ
Bdsc01117
どちらも、とても美味しかったですし、つけあわせの野菜がたっぷりなのも嬉しいです♪

フロマージュ
好きなチーズが選べる仕組み
私は、グリュイエールチーズと、黒胡椒のきいたクリームチーズを頂きました。
Bdsc01118

夫は、青かび、ウォッシュ、山羊など際物系を...
Bdsc01119
これは食べれるって~って全部、少しずつわけてもらいましたが、全部ダメでした(笑)
チーズを極める道は遠し
まずは、納豆食べれるようにならないと、チーズには進めないかもな~

チーズまでは、即効食べ終わる驚異の速さの私達でしたが、チーズの時は、夫が若干酔っぱらってることもあって、いきなりのスローペースだったので、気のせいかもしれませんが、ホールスタッフの方が、何度も終わってないかチェックされてるように感じました。それまでは、まったく視線を感じず、するすると、次のお料理が運ばれてきてたんですけどね。想定外の行動をとると相手も戸惑いますよね~

デザート
ワゴンサービスでした。たくさんの種類のデザートに歓喜
で、どれにしようかな~って悩んでいると、酔っぱらい気味で気の大きくなった夫が、この人は全種類で~って勝手にオーダー
で、私の怒りの視線が怖くて自分も全部全種類オーダー
二人して食べ過ぎ(笑)
まあ、美味しかったから良かったですが、二人で全種類で、シェアするぐらいがちょうど良かったかな~
ただ、この日は、3組だけだったので、結構たくさん残っていたので、折角作ってくださったものを無駄にしないって意味では全部食べて良かったかもです。
Bdsc01120
ミントアイスとか、桃のクレープとか 全部、優しい甘さで美味しかったですよ~

食後の飲み物
Bdsc01121 Bdsc01122 Bdsc01123
カモミールと珈琲でほっこり

数日前に、大阪最高峰のフレンチでお食事したばかりだったので、ちょっと心配でしたが、杞憂に終わり、とても美味しく、楽しい時間を過ごせました。
スタッフの方々も、良い距離感のサービスで、寛げました。

ちなみに、ディナーのお値段は、税サ込で、2万8千円程でした。ドリンク 4杯、ミネラルウォーターを足したお値段です。


大満足の夕食のあとは、朝食
朝食はお部屋に運んでくださいます。
テラスで食べるか、お部屋の中にするかは選べます。
外で海を眺めながらと、行きたい所ですが、あまりにも暑かったのでお部屋の中にセッティングして頂きました。
Bdsc01128

Bdsc01129 Bdsc01130 
Bdsc01131 Bdsc01132
自家製パン、フルーツ、ヨーグルト、フレッシュジュースな朝食
自家製パンと、ジャム美味しかったな~
フレッシュジュースと、珈琲or紅茶は事前に希望を伝えていました。
夫は、リンゴジュースと珈琲、私はオレンジジュースと紅茶
ミルクもたっぷりついているので、オ・レにすることも出来ます。
贅沢な朝だな~!

お食事もとっても良くて、オーベルジュ ドゥ オオイシさん、オススメの宿です。

 AUBERGE de OISHI(オーベルジュ ドゥ オオイシ)

 住所
  〒761-0113 香川県高松市屋島西町65
 電話
  087-843-2239
 チェックイン/チェックアウト
  15:00 / 11:00
 レストラン営業時間
  11:30~15:00 17:30~22:00
 定休日
  月曜日、第1、第3火曜日
 公式HPはこちら


| | コメント (0) | トラックバック (0)

AUBERGE de OISHI(オーベルジュ ドゥ オオイシ)

<香川県 高松市>

香川に行ってきました。
目的は、うどんではなく、オーベルジュ!

関西付近のオーベルジュを検索して、一番候補になったお店!
以前、通っていた料理教室の先生も利用されていて安心感もあります。
6月ぐらいに予約しましたが、お盆と週末はすでに満室でした。ゆえに、平日にお邪魔しました。

今回は、車の旅ではなく、バス&自転車の旅だったので、高松駅からタクシーで伺いました。
20分ぐらい、運賃は2000円ぐらいで到着します。
屋島にあるんですが、途中、行き違いが出来ない狭い道もありました。
タクシーが到着すると、すぐに出迎えて下さいました。

ロビーでチェックインの手続きをして、お部屋へ
Bdsc01102 Bdsc01103
ドアを開けた瞬間、感動!広くて(100平米ぐらい)、おしゃれなお部屋です。

リビング
Bdsc01084 Bdsc01085
大きなソファー、クラシカルな机など落ち着いた雰囲気
広々としててすごく良いです。

窓からは、海が見えます。
Bdsc01087

化粧台
Bdsc01081
洗面とは別にスペースが設けられているのが嬉しい♥
まあ、化粧しないんだけどさっ(笑)

ベッドルーム
Bdsc01079

バスルーム
Bdsc01080 
奥にはシャワールームがあり、横のドアからは屋上に出れます。
バスルームには照明がなく、まわりからの灯りでお風呂に入る感じ...
ちょっと変わってましたが、雰囲気あります。

アメニティ
Bdsc01098 Bdsc01099

エントランス
Bdsc01089 
CDプレイヤーとオススメCD アイアンの椅子
テレビはありません。お願いすれば貸出してもらえるようですが、いらないですよね~
CDはたぶんフランス語で読めなかったけど、3枚ほど聞きました。
バッハとか良かった!そして、さすが、Bose!

オススメ本も
Bdsc01090

お茶セット
Bdsc01083

冷蔵庫の中も充実
Bdsc01091
近隣にお店はないので、これが生命線です(笑)

金庫と救急箱
Bdsc01082
救急箱がめっちゃ可愛い!

Bdsc01088
サーキュレーターは、アイアンのオブジェの中に入ってました。特注かな~
おしゃれです。

鍵もおしゃれ~
古い鍵っぽいのに、ディンプル錠でした。
Bdsc01086

ひとしきり撮影してから屋上へ
Bdsc01093 Bdsc01096 Bdsc01097
しばし、夕景を楽しみます。足で失礼します<(_ _)>


その後夕食へ
夕食は、道向のレストランで頂きます。
Bdsc01101
こんなワクワクする道を抜けていきます。

Bdsc01104
この扉から道へ出て...

Bdsc01106
レストランの入り口はすぐ!
お食事の模様は、次のBlogで!

翌朝、少しお庭をお散歩
お部屋からすぐ外に出れます。
迷路みたいに感じて、どういうつくりになっているか全く理解できてなかったのですが、外に出れば一目瞭然

Bdsc01125 Bdsc01127
音が全く聞こえてこなかったので、お隣は少し離れてる印象でしたが、めっちゃ隣接していました。

ひやー
ほんとに、素晴らしいお宿でした。
大人の旅にオススメです!
自信をもって人に紹介出来るお宿だな~と思います。
スタッフの方々も、とても良い感じの方ばかりでした。

 AUBERGE de OISHI(オーベルジュ ドゥ オオイシ)

 住所
  〒761-0113 香川県高松市屋島西町65
 電話
  087-843-2239
 チェックイン/チェックアウト
  15:00 / 11:00
 レストラン営業時間
  11:30~15:00 17:30~22:00
 定休日
  月曜日、第1、第3火曜日
 公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Point(ポワン)

<大阪 福島>

美味しいお店を求めて、食べログでちょくちょくランキング検索をしています。
大きな変化は少なく、だいたい同じ店が並ぶのですが、ある日、今まで見たことなかったお店を発見!
それが、Point(ポワン)さんでした。フランス語って読むの難しいぃ~

場所はなんと、うちのすぐ近く!
4月オープンの新しいお店
こんなに早く、上位にあがってきたのには理由がありました。

なんとなんと、ミシュラン2つ星だったのに、お店が入っていたビルのオーナーが変わったか何かで閉店された「アキュイール」さんが、場所も、店名も変えての再スタートとのことです。
実は、アキュイールさんには、ミシュランで星を獲る前に伺ったことがあります。その時のblogはこちら
その後、星を獲られたと聞いてとても喜んでいたのですが、残念ながら、当時は奈良在住だったので、その後伺うことはありませんでした。それが、なんと家から徒歩10分以内の場所にっ!!
嬉しすぎます♪

早速、予約!!!
と思ったら、まず最初の候補日は満席で断念
一か月前の10:00~予約開始なんですが、仕事の都合上 お昼休みにしかかけれないので、お昼休みにかけたらアウトでした。
で、次は、用事で午後出社の日の10時ジャストから電話。話し中の洗礼を受けましたが、過去にも、大人気レストランにリダイヤル攻撃で勝利を収めている私、めげません。頑張ってかけ続けて、つながりました~♪
嬉しい♪

で、一か月後に、訪れました。

Bdsc00993
このような外観
よく通る場所なのに、お店が出来たと知ってから、探してやっと発見しました。
2号線から なにわ筋とあみだ池筋の間にある道を南下するんですが、ちょっとだけ奥に入っているので注意していないと見過ごします。郵便局やラーメンの三くさんが見えたら戻りましょう(笑)

予約してから、前を通るたびに、中の様子を覗いていました。
厨房が見えて真剣に働いてられるお姿が拝見できます。

エントランスを入ると、手前に広くてきれいなオープンキッチンがあります。
そして、奥にテーブル席 見える範囲には5テーブルありました。
6人掛×1 4人掛×2 2人掛×2 18席

Bdsc00994
テーブルセッティング
シンプルでステキです。ナイフとバターナイフが変わってます。ちょっと捻ったものが好きな夫好みだったようです。

乾杯は、泡と、ノンアルコールのキールロワイヤルで!
ノンアルコールドリンクが数種類あったので嬉しかった♪

Bdsc00995 
Bdsc00996_2 Bdsc00997 Bdsc00998
アミューズ
ワクワクする2段のプレートに、5種類のお料理が運ばれてきました。

アンチョビのスコーンと生ウニのムース
ヴィシソワーズと毛蟹
生ハムパン
フォアグラのレーズンサンド
パルメザンチーズのチュイルと八尾の枝豆

どれも美味しいぃ~♪
夫は、フォアグラのレーズンサンド一押し
フォアグラに合うワインもついでもらって上機嫌
私は、ヴィシソワーズにノックアウトされました。ポテトの揚げたのがアクセントになってるし、底には毛蟹がっ!贅沢すぎます。
ガッツリ、ハートをつかまれました。

飲み物は、夫は料理に合わせたワインを、皿ごとにハーフで頂くことにし、私は、ガス入りのミネラルウォーターを頂きました。大好きなヴィッチーカタランもあったのですが、ここはフランスのお水に挑戦
美味しかったけど、ヴィッチーカタランの方が好みでした。どうやら、硬度の強い水が好きなようです私!コントレックスはダメだったのに不思議だわ~

前菜1品目
Bdsc00999
とうもろこしのブラマンジェ
甘くて美味しいです。ヤングコーンの輪切りが乗ってるのが、可愛いし斬新だったわ~

Bdsc01000 Bdsc01002
パンとバター
パンは形もきれいだし、めちゃめちゃ美味しい♪
ル・シュクレクールさんのパンです。さすがです。脱帽
で、このバターも美味しい♪燻煙されていて風味が絶妙。
たくさん食べてしまいました。

前菜2品目
Bdsc01003
淡路産鱧のベニエ 玉ねぎのコンソメ
鱧ってそんなに得意な魚ではないんですが、この鱧は、超絶旨かったです。
フワッフワに揚げられています。玉ねぎのコンソメと合えて食べると自然な甘みが口に広がって満面の笑みがこぼれます。

前菜3品目
Bdsc01004
モッツァレラとトマトのグラッサージュ
モッツァレラは水牛モッツアレラ、透明なトマトのジュレがかかっています。トマトが透明になるのは、前にTVでシェフと主婦の対決で、シェフ側が透明なガスパッチョを作る時にコツを説明していたけど、化学だな~と思いました。そしてこのお皿、チーズが美味しいぃ~

Bdsc01005
パン2種類目
美味しくて、おかわりしました。ただ、お腹はかなりいっぱいになりました。

魚料理
Bdsc01006
甘鯛のロティ とびあら海老のソース
鯛も美味しいけど、とびあら海老のソースの下にいた茄子が美味しかったです。

フルーツハーブティー
Bdsc01007
2日前から水出ししてあったというハーブティー
桃、生姜、レモンバーム、タイムなどが入っているそうです。
スッキリしてて美味

肉料理
Bdsc01008 Bdsc01009
オーストラリア産 プレサレ(仔羊)のロティ
シェフがテーブルで仕上げのソースをかけてくださいました。
折角の機会なのに、引っ込み思案なので、気の利いた会話が出来ず反省
ボキャブラリーが貧困で美味しいしか伝えられないのよね~
羊はもちろんなんですが、付け合わせのいろんなかぼちゃが面白くて美味しかったです。

チーズ
Bdsc01010
ミモレットとカリフラワー
カリフラワーがぺらんぺランで可愛くて美味しい一皿でした。
チーズは苦手なものもあるので、心配でしたが、ミモレットなら平気
まあ、もしかして、苦手なものでも、最初に聞いてもらえるので、伝えれば別のものに交換してもらえるようです。

デザート1品目
Bdsc01011
リ・オレ
フランスの伝統的なお菓子のアレンジで、Point風とのことでした。
以前、ケ・モンテベロさんのを食べたことがあるけど、こちらのは、また全く違うようです。
お米が揚げられてるしね(笑)
でも、この方が、私は好きかもっ!一番下にミルク、その上にマンゴーのシャーベット、そしてお米
ちょっと難しいデザートです。

デザート2品目
Bdsc01012
チョコレートのスフレ Point風
スフレはオムレットみたいだな~と思いましたが、熱々です。
フォークをいれると湯気が出ます。それと濃厚チョコアイスを一緒に食べると、フォンダンショコラのような感じになりますが、フォンダンショコラの何倍も美味しい♪
温度差を楽しみながら、あっというまに完食

Bdsc01013
食後は紅茶で、夫はエスプレッソ、他に普通の珈琲、ハーブティーなどが選べました。
紅茶は、この日は、セカンドフラッシュダージリンでした。
淹れ加減ちょうどよくて美味しかったです。
カップがすごく持ちやすくて気に入りました。
これなら、正式な作法、取っ手に指を入れずにつまんで持つってのも納得できる!

Bdsc01014
ミニャルディーズ
なんか可愛い響き!
マスカットの飴掛け、ピスタチオクッキー、マシュマロチョコ
どれも甘さ控えめで美味しかった♪

大満足
そして満腹

ホールは女性ばかりですが、みなさんよく勉強してらっしゃるし、気持ちの良いサービスです。
いろいろ提案もしてくださるし、きちんと説明してくださるので、戸惑うこともなく快適に過ごせました。

ちなみに、夜は10500円のコースのみで、サービス料が別途10%です。サービス料に見合うサービスが受けられるお店なので、納得価格っていうか寧ろお買い得です。

飲み物は、シャンパン 1500円、ノンアルコールジュース 900円、水1L瓶 1200円、グラスでハーフサイズのワインを7杯頂いて、お値段いろいろで〆て5700円也 飲み物で9300円(笑)
パッと見、お高く感じますが、いろんなグラスで、いろんなワインを楽しませて頂いたこと考えると、納得価格です。ハーフですが、結構しっかりした量を入れてくださいました。お酒が好きだけど、強くない人には嬉しいサービスです。

とっても気に入りました。
夫は、近いし、毎月通っても良いと言ってくれました。
やったー!
とはいえ、予約困難店なので、また、頑張って電話せねばっ!
翌月が土日の日に朝10時から頑張るぞっ!

お店を退出する時には、シェフが見送りに出て下さいました。
またもや、気の利いたことは言えない私でしたが、美味しかったことだけ伝えました。
そういう時に、心の中の感動を、きれいな言葉に出来る大人な女になりたいな~

絶対、また伺います。
オススメのお店だけど、あんまり知られて人気になると、予約がとれなくなって困るお店でもあります。


 Point(ポワン)

 住所
  大阪市福島区福島3丁目12-20 ツインコート1F
 電話
  06-6455-5572
  予約電話は10:00~17:00まで受付  一か月前の予約可能
 営業時間
  12:00~13:00(L.O.)
  18:00~20:00(L.O.)
 定休日
  月曜日
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOGART'S CAFE(ボガーツカフェ)

<大阪 福島>

ほたる町に新しくできたお店 BOGART'S CAFE さんへ行ってきました。
なんでも、まだ食材が安定調達できる状態にないらしく、プレオープンって形をとっていました。いつ本格オープンになるのかな~
以前は、マンションの案内所が入っていた場所を改装してオープンしました。テラス席は、堂島川と対岸を眺めながらゆったりできます。まだお店を広げるようで、現在増築工事もすすめられています。

ハワイのダイアモンドヘッドにある有名店が日本初進出で、大阪の地にやってきたようです。

Bdsc00905

しくみがわからなくて、入口でオロオロ
ファストフード的に、入口のレジで注文して、先払いするしくみでした。
番号札をもらって席で、待ってると、持ってきてくれます。
Bdsc00901
お水や、カトラリーなどはすべてセルフです。それに気づかず後で慌てました(笑)

せっかくなので、テラス席へ
Bdsc00900
お店的には、もっとオサレな人にテラス席に行って欲しいかもね~(笑)

堂島川を眺めながら気分爽快!と思ったら、タバコを吸う人が...
うっかりしてました。
テラス席ってことは、タバコ比率高くなるってことなんですよね~
禁煙のテラス席も欲しいな~

Bdsc00904
セルフのお水のグラスが超可愛い!

Bdsc00902
ドリンクの器も可愛い!
これは、ホットカフェラテ(450)と、アイスアールグレイ(400)です

Bdsc00903
コナコーヒーパンケーキ(1100)
マカダミアナッツがかかっていていい感じなんですが、この時点で、カトラリーは自分で用意するってことに気付き、とりに戻ってる間に、大参事一歩手前になってました。一瞬のうちに、上のクリームがとけて、お皿からこぼれそうになってました。あまりにも、焦ったので、その写真を撮ってないのが残念。
ガツガツ食べました(笑)
写真では大きさわかりませんが、かなり大きいです。お値段高いように思いますが、二人でわけても多いぐらいだったので、お値段相応だと思います。
パンケーキは結構裏切られることが多かったのですが、ここのは私的に気に入りました。
しっとりしてて美味しかった♪

近いし、本格オープンしたら、また来たいな~
とにかく、ほたる町、もっと活気が出て欲しいです。


 BOGART'S CAFE(ボガーツカフェ)

 住所
  〒553-0003 大阪市福島区福島1-1-12 堂島リバーフォーラム1F
 電話
  06-7664-9600
 営業時間
  8:00~20:00(L.O.)
 定休日
  不定休
  お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »