« 大衆ビストロ 原田屋 | トップページ | AL Fonte »

boulangerie labo ficelle(ラボ・フィセル) フィセルパン工房

<大阪市 西区立売堀>

お仕事をはじめることになり、最後の平日休みに、平日にしか出来ないことをしよう!
ってことで、いろいろ調べた結果、こちらのパン屋さんは、口コミ高得点なのに、平日しか開いてないってことなので、いかなきゃ!!
と、オープン時刻の12時を目指して、自転車でGO!
朝から、梅田にチョコレートを見にいっていたので、ちょっと12時に間に合わなかったら、お店はすでに行列
ちなみに、売り切れ次第終了なので、早く行かなければなりません。

女子ばっかりだったので、前を通る男性は、ちょっとひいてました(笑)
入りにくいだろうな~

Blog7704
外観も内装も可愛いお店です。
中には、小さ目のシャンデリアや、可愛い飾りつけ

列に並んで自分の順番を待ちます。
パンは、一部は包装された状態でカウンターに並べられ、それ以外のものは、大きなパンケースに並べられています。二人いるスタッフの方に、どのパンを購入するか伝えると、袋に入れてくれます。
どんどんパンがなくなっていくんですよねー
私も、ラスト1個のパンを2つ選んだので、後ろからの視線が少し気になりました(笑)

ただ、ちょっと気になったのは、スタッフの方は、可愛らしい女性で、ネイルもバッチリ
パンをとる手には、ビニール手袋をしてらっしゃるんですが、時々、手袋してない手でも、さわってしまってるんですよね。やっぱり長い爪は少し気になります。
たぶん、彼女たちは、パンは焼いてないんだろうなーって思います。

でも、あの可愛い店内なんだから、焼いてる人も、可愛い女の人なのかな~?
想像は膨らむ

Blog7705
お店の外には、12時からしかオープン出来ないお詫びがありました。
前は、もっと早くから開いてらしたんですねー
予約もできます。

Blog7706
ピンクのレジ袋に入れてくれました

Blog7707
透明感の薄い袋に入ってるのは、パンケースで販売されていたパンです。
それぞれのお値段は忘れましたが、だいたい200円弱です。
天然酵母のパンって考えると、かなりお買い得

Blog7743
もう買えないって気持ちから、いつもより多めに買ったので、2日にわけて食べました。
ほんとはすぐ食べたいんだけどね~
一日目は、よく似た形状のものを(笑)
どちらもクルミが入っていますが、片方はホワイトチョコ系、片方は生ハム系なので全然違います。
どちらも、ものすごく美味しかったです。

もうしばらく買いに行けないのは哀しいな~♪

二日目は、写真撮るの忘れました
雑穀カンパーニュと、
でも、美味しかった♪

また、仕事終わったら、行きたいな!


 boulangerie labo ficelle(ラボ・フィセル) フィセルパン工房

 住所
  大阪市西区
立売堀3-8-5
 電話
  080-5705-0805
 営業時間
  12:00~売り切れ次第終了
 定休日
  月曜日、土曜日、日曜日、祝日
 お店の公式blogはこちら
  blogを拝見すると、土曜日やっておられる日もあるみたいです。
  3日前ぐらいから売り出されるパンの告知もあるので、お店に向かう前には必見です。
  予約するのが良いかもですねー
 
    

|

« 大衆ビストロ 原田屋 | トップページ | AL Fonte »

ぱん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/49249641

この記事へのトラックバック一覧です: boulangerie labo ficelle(ラボ・フィセル) フィセルパン工房:

« 大衆ビストロ 原田屋 | トップページ | AL Fonte »