« cord | トップページ | Le Comptoir de Benoit(ル・コントワール・ド・ブノワ) »

三く

<大阪 福島>

引越しで忙しく、しばらくblogをお休みしていたので、今は、2ヶ月ほど前のことをずっと書いていましたが、それでは、どんどん記憶が薄れていって、書くことがなくなってくるので、たまには、近々のこともと思い、ご近所のラーメン屋さんのことを

5月に1回、6月に一回 すでにリピート決定になってるお店です。

三くさんは、夫が、自宅近辺の美味しいお店を検索してるときに、名前だけあがってました。
たまたま、郵便局に用事があった時に、お店発見!平日の開店前なのに、すでに行列が出来ていて、人気店であることがわかりました。

最初に訪れた時は、ちょっと遅めの夕飯になってしまい、別のお店を目指した所、閉店していて、そういえば、三くさんはどうかなーとブラブラ歩いて到着
売り切れてたらと心配してましたが、ギリギリ間に合いました。少し後で来た人は、売り切れの洗礼にあっていたので、早めの来店がオススメです。

Blog2051 Blog2198 Blog2199

食券製です。

食券を渡してカウンターに座ると、お茶とお通しが出てきます。
バッグは、カウンター下に収納しても良いし、壁側のロッカーに入れてもかまいません。
Blog2044 Blog2046
普通に美味しい一皿

Blog2045 Blog2200
禁煙なのは、吸わないものにとっては、とっても嬉しいです。
だって、美味しいものは、タバコの煙のないところで食べたいからっ!

Blog2047 Blog2048
私は、ゆず風味にひかれて白壺ラーメン
薬味(三くさんで言うところの薬)は、このラーメンはゆず胡椒です。
すごく美味しかったです。私にはめずらしくスープも完食!

Blog2049 Blog2050
夫は、つけの道産 300g
この麺が美味しいこと!
まずは一本、そのまま食べてみましたが、小麦の味が生きてて美味しい美味しい。
つけ汁につけると、もちろんもっと美味しい!
最後は、〆のご飯でおじや風にしてスープも全部頂いて終了

他のメニューも制覇したいし、こちらのお店はリピートだなーって二人で話しながら帰りました。

ホールを仕切ってる女性の方がとにかくすごい
常連さんをちゃんと覚えてるし、会話もこなしながら、てきぱきてきぱき働いてらっしゃる
私には、真似できないなー
働かねばと思いつつ、私じゃ外食産業は無理だなと再認識!


二度目は、土曜日の夜の部の開店直後に行きました。
雨だったのですが、すでに行列
人気ですね~

Blog2201
お通しはこちら、グリーンピースは夫が苦手とするものなので、すべて私が頂きました。美味しいのにね。

Blog2202 Blog2203
この日は、二人とも つけで!
実は、先日食べなかったメニューと思い、最初に買った食券が、つけ道産(笑)
間違えて、前回と一緒のものを購入してしまったバカな私
どうしても、20分麵をゆでる 全粒粉が食べたかったので、両方とも つけになった次第です。
時間差をどうしようかとおもっていたら、ちゃんと合わせてくださいました。

Blog2204  Blog2205
左が道産で、右が全粒粉
道産も、もちろん美味しいですが、全粒粉がこれまた美味しい。味わい深いです。
やみつきになりそう

ただ、両方とも300gにしてしまったので、ちょっと多くて、〆のご飯は一人分だけ頂きました。
Blog2207 Blog2208
たぶん夫が400gぐらい食べた気がします(笑)

Blog2206
こちらは、毎時39分のサービス
30分に着席してた人全員に配られます。
39分オープンなので、一回転目の人には、チャンスなし、二回転目の人も最初の方の方は、すでに帰った後
行列がある店なので、狙うのは難しそうですね(笑)

三くさん、かなりオススメのお店です。


 三く

 住所
  大阪府大阪市福島区福島2-6-5 AKパレス 1F
 最寄り駅
  JR東西線新福島駅より徒歩3分
 電話番号
  06-6451-4115
 営業時間
  平日
   11:39~14:39
   18:39~23:39
  日祝
   
11:39~14:39
  麵・スープなくなり次第終了
 定休日
  第4日曜日






|

« cord | トップページ | Le Comptoir de Benoit(ル・コントワール・ド・ブノワ) »

そば・うどん・らーめん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/45716277

この記事へのトラックバック一覧です: 三く:

« cord | トップページ | Le Comptoir de Benoit(ル・コントワール・ド・ブノワ) »