« MUKU | トップページ | PAINDUCE(パンデュース) »

Splendido(スプレンディード)

<大阪府 西梅田>

2011年のクリスマスディナー
23,24,25が三連休という好スケジュールにもかかわらず、夫は全部仕事...
直前になって、一日だけなら早く帰れるかもっ!ってことで、21日になってから、予約開始
地元の奈良まで戻ると時間がかかるってことで、大阪で、20時以降に食べれるお店を検索しました。
で、いっぱい電話をかけるも、どこも満席で...
まあそりゃそうですよね

一休のレストラン予約で、ザ・リッツ・カールトン大阪の イタリア料理 スプレンディード に空きがあったので、ちょっとお値段張るし、贅沢すぎる感もあったんですが、夫が保険で抑えていた セントレジスの「ラ ベデュータ」でディナーのあと宿泊ってプランよりは、お手軽だってことで、決めました。リッツカールトンのサイトでは満席だったんですが、一休では空いてるってことは、企画会社で抑えてるってことがあるんですねー

少し早く終わった夫と、大阪のイルミネーションを堪能していたので、ギリギリになって、5分前に梅田到着
ザ・リッツ・カールトンはかなり西なので、梅田の真ん中を夫と二人で疾走しました(笑)
ムードどこ?

レストランの場所が1Fで良かった!
こちらのレストランは、ザ・リッツ・カールトンが営業開始した直後ぐらいに、姉とランチに訪れたことがあります。二人で一皿ずつ注文して、途中で交換しようとしてたら、外国人のホールスタッフの方が、お皿を取り上げてくれて、交換するときは、私にいってくださいね的なジェスチャーをしてくれて、めっちゃ緊張したのを覚えています。その後、また変えたい時に、その人の目を盗んで交換した庶民な私をお許しください(笑)

Blog0054 Blog0064
照明がちょっと落ちてて、シックな雰囲気
生演奏や、コーラスがあってクリスマスムードが盛り上がります。

Blog0048
テーブルセッティングは豪華
フルコースって感じですねー

夫は、あんまり飲むと折角の夜に寝ちゃうからってことで、ワインではなくイタリアのビールを飲みました。私は、ガス入りウォーター サンペレグリノ!

一品目
トマトと生ハムのパネ モッツァレッラとトマトのコンフィ
Blog0049
つかみはOKって感じで、ものすごく美味しい一皿でした。

Blog0050 Blog0051
パンは篭に入って登場!どれもすごく美味しくて、いっぱい食べちゃう
ビックリしたことに、パンが少なくなったら、篭ごと新しいものに交換
また全種類入ってました。これぞ、ホテルのサービス!
なんだろうけど、ちょっと、もったいなく思いました。残ってたグリッシーニ食べたのにぃ~ってね。
黒いのは、キャビア!パンにつけてどうぞっ!って!これも美味しかった。ただ、味のついたパンが多かったから、あんまりつける要素がなかったんだけど...
アルコールが入ってると進むかもですね。

二品目
マグロトロのカルパッチョ セロリのサラダ カラスミとバルサミコ
Blog0052
これはトロなの?と思いましたが、トロは苦手なので、赤身っぽい感じで、私は好きでした。
まあ普通に美味しかったな
一品目の、美味しさのインパクトに比べればちょっと弱め

三品目
カリフラワースープ 雲丹 トリュフとセルフィユの香り
Blog0053
これは、ものすごく美味しかった!夫に、作ってって言われましたよ!
出来るかいっ!
まあでも、良いカリフラワーが売ってたら買って作ってみましょう
カリフラワーって売ってるけど、あんまり売れないせいか鮮度の低いものが多いんですよねー

四品目
ボタン海老のラビオリ ヤリイカのコンソメ 酢橘風味
Blog0056
ボタン海老だからラビオリは美味しかったんですが、ヤリイカのコンソメがものすごく濃かったです。
酢橘はあんまりわからなかったなー

五品目
伝統的な魚のスープ バジルとクランチなライスを添えて
Blog0057
魚はなんだったか... 忘れちゃいました。
スープはとっても濃厚で、連続濃い魚介系スープにちょっと疲れた感じです。具は美味しいんですが...

六品目
プロセッコのジュレ ミカンフォーム
Blog0058
アルコールがちょいきつめで、アルコールに弱い私は、ほわほわーとなりました(笑)

七品目
和牛サーロイン ラルドとポテト ポルチーニ茸のソース
Blog0059
サーロインはものすごく上質なお肉(あたりまえですが)で、とても美味しかったですが、じゃがいもがものすごくしょっぱくてビックリしました

八品目
チョコレートソルベ ココナッツとパッションフルーツ
Blog0060
チョコレートソルベの甘さを、パッションフルーツの酸味がいい感じで緩和してくれて、美味しい一皿でした。

九品目
ラム酒風味のババ バニラホイップクリームとベリーコンポート
Blog0062
これは、かなりサイズが大きくて、ラム酒たっぷりだったので、ほわほわアップで大変でした(笑)
なんとか完食できてよかった...

十品目
コーヒー又は紅茶
Blog0061
クッキー付 ポットサービスでした。
実は、ババより先にきました。いつもデザート食べ終わった頃に来るのに、ちょっとあれって思いました。こちらのレストランでは、そういうルールなのかしらねー
夫はコーヒーでしたが、写真は忘れました。

そうそう途中で、夫が低アルコールのワインも頂きました。あんまり葡萄の香りがしなかったので、二人でクンクンしてたら、フロアスタッフの方が、「何か問題でも?」って声をかけてくださって、恥ずかしかった(笑)
ホテルなので、見られてないと思っても、ちゃんと目を配ってらっしゃるんですよね。
すごくフランクに話しかけてくださるし、人見知りさんじゃなかったら、もっと楽しく時間を過ごせたのかなーって思いました。私達は、人見知りなので、初対面だとなかなか打ち解けられないんですよねー

Blog0063
リッツカールトンのライオンさん
クリスマスディナーは、2コースあったのですが、欲張って皿数の多いコースを頼んでいたので、そちらのコースの方にサービスしていますってことで、頂きました。

サービスは一流だし、素材も素晴らしいお料理だったのですが、ちょっと濃い目の味付けのものが多くて、お酒を飲まない私には、ちょっとつらかったです。税サービス料込みで、一人20,340円のコースって考えると、正直、満足感は、ちょい残念な感じとなりました。アンケートにも正直に記入。
リッツ・カールトンってことで、期待も大きいですしね。
お隣の方の、話す声が大きくて、さらに話題もあんまりレストランにふさわしくない感じだったのも、雰囲気に水を差したかもしれません。クリスマス特別期間ってことで、時間制限有りの時間差の予約になっていたので、ほんとなら、途中からお隣は空席になるはずだったのですが、夜遅いってことで、時間制限がなくなっていて、結局、私たちの方が先に出ました。ワインをたくさん飲まれる方は長くなりますものね。
最初は、混雑してましたが、時間がたつにつれ、お店がすいてきていたのに、最後まで、落ち着かなかったのは、ちょっと運が悪かったですね。
ギラギラした青年実業家風の彼と、まだお付き合いしたばかりの若い女の子(お酒が進むと、しゃべりは大阪のおばちゃん風)のカップルは、ステキなクリスマスナイトを過ごしたかしらねー♪ 

食事の後は、少し、リッツ・カールトンの中を歩いて、クリスマス気分を堪能
Blog0065 Blog0066
Blog0067_2 Blog0068

Blog0107
自宅に帰ってから、メニューとライオンさんを撮影
タッセル付の豪華なメニューです。夫婦の記念品BOXに迷いなく投入!


 ザ・リッツ・カールトン大阪 スプレンディード(Splendido)

 住所
  〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番25号
 電話
  06-6343-7000
 営業時間
  朝食 6:30~11:30
  ランチ 11:30 ~ 16:00(L.O.)
  ディナー 17:30~22:00
(L.O.)
 定休日
  無休
 ホテルの公式HPはこちら

|

« MUKU | トップページ | PAINDUCE(パンデュース) »

いたりあん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/43632925

この記事へのトラックバック一覧です: Splendido(スプレンディード):

» セントレジスホテル大阪「ラ ベデュータ」 [リワドンのアフィリエイト生活]
ラ ベデュータっていう発音しにく店ですが、ディーナーに行ってみました。 & 落ち着いた雰囲気とオープンキッチンがグッド。 1時間に1度のペースでお姉さんがアカペラで歌を歌っていました 真鱈のマンテカート仕立て トリュフの香りと蕪のマリネ ズワイガニと…... [続きを読む]

受信: 2012/01/24 16:30

» リッツカールトンクラブフロアへ潜入 [リワドンのアフィリエイト生活]
引っ越しをしたおかげで以前より大阪へは近くなったけれど、 プライベートでは逆に大阪へ行く機会が減っている今日この頃。 今日は、久しぶりになんば花月で漫才&新喜劇を堪能。 チャーリー浜って最近見ないけどどうしてるのかな、と思った けれど、どうやら地方で出演…... [続きを読む]

受信: 2012/02/12 12:03

« MUKU | トップページ | PAINDUCE(パンデュース) »