« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

NEWLY BORN 近鉄八尾本店

<大阪 八尾>

八尾でディナー予定の日、翌朝のパンを購入するお店を、食べログで物色し、こちらのお店へ

Blog0396
駅から続く商店街の一角にありました。昔からある感じの店舗です。
閉店が近かったので、あまりパンは残っていませんでした。
ハード系のパンが、少ないように思いましたが、もしかしたら売れてしまったからかもしれません。

ホームページを見ると、とんかつのマンジェさんとコラボの調理パンなど、多彩なラインナップが魅力的なんですが、ほぼ売り切れ
その辺のパンを手に入れたければ、もっと早い時間にいかないとね。

Blog0422
3種類のパンを購入
ハード系は、紙袋に入れてくださいました。

Blog0423
左が甘栗のリュスティック、真ん中がフィグノア、右が紅茶のクリームパン

Blog0424
左がフィグノアの断面、右が甘栗のリュスティックの断面

甘栗のリュスティックは、天然酵母系のパンの酸味を甘い栗の味が緩和していて、とても美味しかったです。お食事パンというよりは、おやつパンといったところか!

フィグノア(正式名称はわかりません)は、普通に美味しかった。小振りなのが嬉しい♪

紅茶のクリームパンは、キューブ型なのが可愛いです。
中には、紅茶色のクリームがはいっているのかと思いきや、カスタード色だったので、間違ったのかな?って思ったのに、味はちゃんと紅茶味でした。

なかなか、こちらのパン屋さんに寄るためだけに、八尾で途中下車することはないでしょうが、八尾には最近、良い発見が多いので、また訪れた際には、立ち寄ってみたいパン屋さんです。
お昼頃にいって、マンジェさんとコラボのパンも食べてみたいです。
JR久宝寺にも支店があるようです。

誰もがほほえむパン屋さん」がキャッチコピー ステキですね


 NEWLY BORN 近鉄八尾本店 (ニューリー ボーン)

 住所
  〒581-0802 大阪府八尾市北本町 2-11-13
 最寄り駅
  近鉄 大阪線 八尾駅 徒歩7分
 電話
  072-923-7782
 営業時間
  7:00~19:00
 定休日
  毎週火曜日(祝日の場合、翌日水曜に)
  毎月第3月曜、火曜連休(祝日の場合、翌週の月・火が連休に)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

La Risata(イタリア食堂 ラ・リサータ)

<大阪 八尾>

休日出勤の夫と、八尾で待ち合わせて、気になっていたイタリアンへ

大阪のNo.1ブーランジェリー ル・シュクレ・クールのblogで紹介されているのと、食べログの有力ブロガーさんに八尾にいくならここがオススメと教えて戴いたことでかなり気になり度UP!
最初は、お友達とランチでと思っていたのですが、たまたま、休出の夫が、遅めのディナーだったら行けるって日に、狙っていた京橋のお店が満席だったので、こちらへ(もちろん予約してね)

近鉄八尾駅の西口から出て、さらに西へ
えっこの道?ってぐらい細い道(わたなべ皮フ科の交差点)を右折して少し進むと、電球色の暖かい光が見えます。
夜に限っての話になりますが...

Blog0397 Blog0398
暖かみのある色合いって落ち着きますよねー

Blog0399
イタリアンカラーの提灯もあります。

冬は使わないんでしょうが、テラス席もあります。お昼なら使えるかな?
Blog0411
壁際には、Staubの鍋、ルクのココット、キッチンエイドのミキサー、パスタやオリーブオイルなどの食材、大きなパスタマシーンなどがディスプレイされています。ガラス張りで、テラス席が見えます。扉の取っ手が、流木みたいな感じだったり、自然との調和も良い感じです。

壁は、多くの部分が黒板になっていて、シェフの熱い思いが書いてあります。すごく良いです。

ドアをあけると、手前にタイルのテーブル席が1つ、奥にむかってカウンター席が続きます。さらに奥には、個室もあるようです。テーブル席の横も、厨房に向けて解放されているので、中の様子が伺えます。夫は、シェフの手元とかも見えて楽しかったようです。私はちびっ子なので、全く見えず(笑)

Blog0400
タイルのテーブル可愛いです。透明のタイルっていいですね。

Blog0401
ライトもすごくおされ!

厨房には若い男性シェフ一人、フロアは背の高いステキな女性一人
勝手に、ご夫婦と思ってましたが、後でお話したところ、違ったようです。女性は、八尾まで通ってきてるとのことでしたので...

夜は、4500円のコースか、小皿料理かの二択
もちろんコース料理で!
前菜、パスタ、メイン、デザートが選べて、他に、アミューズと生パスタもう一皿がつきます。

Blog0402 Blog0403
飲み物は、ノンアルコールのワイン用のぶどうでつくったジュース白と、グラスワインの赤で!

Blog0404
アミューズ 栗のスープ 生ハム添え
いやーん美味しい!美味美味!生ハムも、カリッカリで、甘いスープと一緒に食べると、美味しさアップ!
つかみOK!

Blog0405
選択した前菜 いちぼ肉のカルパッチョ
横の黄色いのは、ウコン入りマヨネーズ
これもとっても美味しかったです。大満足

他の選択肢は、蟹と海老芋のミルフィーユだったかと、スモークサーモンのなんだったか(笑)
二人で一品しか選べないのがちょっと悲しい。まあ、お一人で調理されてるので、仕方ないですけどね。

Blog0407
ポルチーニ茸のパスタ 手打ちのタリアテッレ
地元の野菜として、芽キャベツが入っています。
ほんとは、この日の生パスタは、カキを使ったものだったのですが、私が苦手だったので、代わりに、選べるパスタ2品のうち、一つを生パスタにして提供してくださいました。
美味しいぃー
きのこたっぷりだし、芽キャベツがとても良い仕事してます。

Blog0408
パンは普通だったかな...
柔らかめのバゲットでした。夫はおかわりもしておりました。

Blog0409
パスタ二品目 ブカティーニの和牛ラグー
こちらは乾麺です。チーズもたっぷりで、すごく美味しい♪

Blog0410
ここで、ぶどうジュースを赤に変更 夫はグラスの赤ワイン4杯ほど飲んでました。

Blog0412 Blog0413
メイン 豚のロースト
付け合せは、鳴門金時、3種きのこ(エリンギ、マイタケ、シイタケ)、チヂミほうれん草
薬味は、岩塩、粒の大きなマスタード、レモン
付け合せも全部美味しかったし、薬味も良い感じでした。チヂミほうれん草って、徐々に浸透してますよね。美味しいですしね。

お料理すべて満足でした。
私達、食べるのがめっちゃ早いので、かなりシェフとホールスタッフの女性に気をつかわせてしまいました。
しかも、食事中iPhoneをいじる夫にいらっとしていたので、私の顔も怖かったのかもっ(笑)

ドルチェは、3種類から選べました。
夫は、リンゴのトルタをチョイス
Blog0414
リンゴのコンポートと、自家製のリコッタチーズがたっぷり添えられています。
これが、めっちゃ美味しかったわー

私は、みかんのコンポート
Blog0415
みかん丸々です。どこのみかんか説明していただいたのですが、すっかり頭から抜け落ちました
<(_ _)>
スパイスが効いてて、ちょっと不思議な味 吉野葛も使われています。はじめて食べる感じのドルチェでした。

選ばなかったのは、ベリー系の何かでした。

夫はエスプレッソ、私は紅茶で〆
Blog0417 Blog0416
可愛いハートのクッキー付です。
紅茶はちょっと濃い目好きな私にしては、薄かったかな~

最後に、少し、シェフとスタッフの女性とおしゃべりしました。
奈良から来た事や、来店の経緯などを説明。
すごく柔らかい雰囲気のシェフです。お料理されてるときは、すごく真剣に集中しておられましたが...
勝手な想像ですが、たくさんお客を入れて、人をいっぱい雇って手広く店を経営する器用なタイプではなく、こじんまりとした空間で、すべてに自分の目を行き届かせ、客の一人一人をみながら、真面目にお料理する、ある意味、不器用なタイプなのかなーと!もちろん、お料理の手は器用そのものですがっ!

夫の通勤途中の駅にあるので、また、たびたび訪れたいレストランです。
小皿料理にもチャレンジしたいなー
もっとメニュー見ておけば良かった。
そして、ランチも行きたい!


 La Risata(イタリア食堂 ラ・リサータ)

 住所
  大阪府八尾市北本町1-5-15
 最寄り駅
  近鉄 大阪線 八尾駅 徒歩7分
 電話
  072-990-6606
 営業時間
  12:00~14:00(L.O.)
  18:00~21:00(フードL.O. ドリンクL.O.22:00)
 定休日
  火曜日のDinnerと水曜日


| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Sweet Shoppe(ホテルニューオータニ大阪)

<大阪 OBP>

先日もお伝えしたばかりなのですが... こちら
またまた、夫が買ってきてくれたので、2回分まとめて報告

最初は、休出の時のお土産
わざわざ、閉店前に買いに行って会社の冷蔵庫で保存してくれていたとのこと!
しかも、その一週間前にも行って、スーパーモンブランがなかったから買わなかった時もあったとか...
お世話かけます<(_ _)>

そもそも、昨年末に、スーパーメロンを買ってもらった時に、美味しいけど贅沢すぎるから一年に一回でいいねーって言っていたのに、一ヶ月でありつけるとは...
夫曰く、「年変わったから」って...

Blog0350
スーパーpureプリン と スーパーモンブラン

箱を見たときに、「何買ってきたん?」と聞いたら、「スーパーボウル」と答えた夫
Blog0351
確かにスーパーボウル! まんまるー
定価 1260円也。 夫はもちろんボーナスアワーに購入してるので、30%OFF

お店の説明はこちら
苺前線が北上するように栗の品種も時期に合わせて収穫できる品種が変わります。それぞれの栗が一番美味しく感じられる瞬間を絞った、まさに厳選のモンブランです。
米粉と和三盆を使用し、軽く焼き上げた特製生地の上に、黒蜜で炊上げた特製あんこと、吉野本葛を固めた「特製葛餅」をトッピング。プルプルとした食感を加えました。


Blog0352
まん丸に見えますが、下には台があって、その上にまん丸が乗ってる感じです。

Blog0353
中は、いろんな層が!ぷるぷるが葛だったとは、今知りました(笑)
栗も、甘露煮みたいのとか、渋皮煮とかいろいろ入っています。ものすごく、ぎゅっと詰まっていて、二人で半分ずつ食べましたが、かなり満腹になりました。大満足のモンブランです。
確か1月中で終わりだと思うので、食べたい人は急がないとっ!まあ、また来シーズンには復活すると思いますが...

Blog0354
スーパーpureプリン 定価840円也

"三味一体"のコンビネーション
クリーム・プリン・カラメル、それぞれの素材にこだわり味の調和と滑らかな食感にこだわったプリンです。
"老若男女が楽しめるスタンダードスイーツの"究極の味わいをどうぞ!


オーソドックスなプリンです。上質な材料で丁寧につくった感じがよくわかります。ただちょっと、カラメルが多すぎる気がしました。しゃばしゃばになっていたので...



今年2回目は、平日の夜
連日連夜、ほぼ終電帰りの夫が、頭痛のため仕事にならないと19時頃に帰ることになった奇跡の一日
深夜シフトの家事スケジュールだったので、パンを焼く時間がないため、帰宅する夫にパンを御願いしました。
ボーナスアワーを利用して、パンを選んで購入してくれた夫
その間、ずっと電話でしゃべりながらだったのですが、ケーキもいっぱいあるよーとの甘い誘い
スーパーシリーズは、やめるとして、普通のケーキ買って帰る?ってことになり、熟考の末、たまの機会なので、買って帰ってもらうことに!

Blog0364
フルーツロール 定価500円(ボーナスアワー 350円)
メロンがドーンと入っていて、香り高く美味しかったです。まあ、夫はメロン苦手なので、した半分を食べておりましたが(笑)
しっかりした昔ながらのロールケーキ フルーツも美味しいし、クリームも生地も美味しかったです。


Blog0365 Blog0366
ナポレオン 定価630円(ボーナスアワー 441円)
イチゴもすごく美味しかったです。ミルフィーユって言うと、もっと層になってるのを想像しますが、これは、パイ生地は、下と上だけ
カスタードクリームたっぷりで、すごく美味しかったです。
ナイフフォークで食べましたが、無残な姿になりました~
ミルフィーユはお外では、食べれませんねー


スーパーシリーズで食べてないのは、あと、チーズケーキ(1050円也)だけ
ゴルゴンゾーラ使ってるってことで、ちょっと敬遠してたのですが、口コミで、りくろーおじさんのチーズケーキと同じような味で美味しかったってのがあったので、大丈夫かなーなんて思っています(笑)
すごいものと比べられて中島シェフパティシェが驚愕してないか心配だわ


 The Sweet Shoppe(ホテルニューオータニ大阪)

 住所
  〒540-8578 大阪市中央区城見1-4-1
 電話
  06-6941-1111(代表)
 営業時間
  10:00~20:00
 定休日
  無休
 お店の公式HPはこちら





| | コメント (0) | トラックバック (0)

nobu

<奈良県 上牧町>

夫が元気がない日に、天麩羅蕎麦を食べようと出かけたら、まさかの定休日で、ディナー難民になりかけたのですが、久々にnobuさんを訪れました。

2年ぶりぐらいでしたが、雰囲気変わらずそこにありました。
禁煙席もあいかわらず、入り口入ってすぐの狭い空間
田舎の方が、喫煙者が多いので仕方がないことなのかもしれません。

夫は、元気になるべくか、ビーフシチュー
Blog0330 Blog0331
普通に美味しかったです。

私は、ナポリタンスパゲティー
Blog0332 Blog0333 Blog0334
なぜかエビフライが乗ってました(笑)
タルタルソースがかかっているのですが、それがパスタにもつくのがちょっと苦手だったかもっ!
ディナーの一品料理には、もれなくパンorライスがついているのですが、ナポリタンスパゲティーにもついてました(笑)ちょっと量的に多いなーと感じました。

シェフはとっても礼儀正しい感じの若い方
ちょっとお店の古い雰囲気とアンバランスなんですよねー

でも、安心して、美味しい洋食がいただけるお店です。


 nobu

 住所
  奈良県北葛城郡上牧町服部台4-1-4 河辺ビル2F
 電話
  0745-76-4939
 営業時間
  11:30~14:00(L.O.)
  17:30~21:00(L.O.)
 定休日
  火曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリル十津川

<大阪 久宝寺>

休日出勤する夫と一緒に、お出かけし、途中の久宝寺でと下車して立ち寄ったお店「グリル十津川」さん

ビフカツ、トンカツ好きな夫のために、かなり前に検索して、行こう行こうと思いながらも、営業時間が11:50~13:10の一時間強しかないため、なかなか機会に恵まれなかったのですが、やっと行けました。

久宝寺駅から
179号線を南下し、跡部本町1丁目交差点で信号を渡った後、左折して少し進むと道沿いにお店があります。徒歩10分程でしょうか

お店の外観は、ひとことで言えば昭和!

開店数分前だったのですが、機嫌よく中に入れてくださいました。

座席は、カウンターのみ
カウンターの中では、かなり高齢と思えるおじいさんと、奥様が二人で働いてらっしゃいます。

この日は、ロースカツはやってなかったので、ヒレカツ中 2000円也 と、トンカツ中 900円也を注文
ロースカツがないって聞いた後、悩んでいたら、さりげに特別定食 1900円也をオススメするあたり、おじいさん商売上手です(笑)

おじいさんは、終始、掛け声を発しながら作業されます。
「よし、行くぞ」とか(笑)
その声にあわせて、奥様が、お皿を用意したり、ご飯をよそったり、息ピッタリです。
微笑ましい

注文が入ると、肉を出してきて、叩いて下味をつけて、衣をつけて油に投入
その間に、皿が用意され、つけあわせが盛り付けられ、ご飯がサーブされるって感じです。
Blog0267
お預け状態のご飯とお水

まずは、ヒレカツがやってきました。デミソースたっぷりです♪
Blog0268
私がヒレだったので、夫より先に頂きました。ここで、私ビックリ
調べたのが、かなり前だったので、こちらのお店がビフカツが有名ってことをすっかり忘れていて、ヒレカツって豚だと思っていたのです。食べると身は赤いし、これって牛だよね?とかなり混乱
まあ、お値段考えたら、そうですよね(笑)
夫はビフカツ好きなので、私が、ヒレをとったときにショックだったようです(笑)
まあ、半分こするので、問題はないんですが...
カット面の撮影をしなかったのは不覚。美味しさに夢中でバクバク食べてました。

次にトンカツ
Blog0269
油から上げた後、カットして、中に火が通りきってなかったとのことで、レンジでチン(笑)
電子レンジの調子が悪く、バチバチバチッ~って火花散ってる感じ(笑)
奥様は、それが怖いらしく、「ちゃんと中まで火が通るように揚げてよ」と注文!おじいちゃんは、「肉が厚いんや」と応酬
そのやりとりを、何回かみたので、微笑ましいなーと思いました。
もう電子レンジ修理入ったかしらねー

常連さんらしき方と、すっごく気さくにお話されてて、町の洋食屋さんだなーって思いました。
おじいさんは、とっても面白いし、楽しいけど、遠くから足を運ぶお店までは行ってないように思いました。
もちろん、こういう雰囲気が好きな人には、オススメです。

安くて美味しいご飯が食べれる町の洋食屋さん!
ランチ時に、JR久宝寺近辺におられる際には是非!

そうそうこの日は、新年最初の土曜日7日だったんですが、ロースカツがないってことを聞いた後、まだ新年始まったばかりだから、本調子じゃない!っておっしゃられたんです。なので、今日オープンだったのかーと勝手に解釈していたら、その後、常連さんがいらした時に、4日から営業してるってしゃべってらっしゃいました(笑)
今は、もう本調子になってらっしゃいますかねー
食べれなかったロースカツは気になるので、また行くかもしれません。

不思議なことに、メニューに、豚のヒレカツがないんですよね~


 グリル十津川
 
 住所
  大阪府八尾市跡部本町1-1-34
 電話
  072-993-4398
 営業時間
  11:50~13:10
 定休日
  日曜日






| | コメント (0) | トラックバック (0)

akordu(アコルドゥ)

<奈良 富雄>

2011年の目標として、毎月アコルドゥさんに通うというのがありました。
昨年の1月に、川島シェフに勝手に宣言し、11月までは、なんとか昼夜混ぜながら通えていたのですが、12月は、夫の仕事が忙しく、休みが0という悲しさだったので、ついに行けませんでした。

で、その代わりといってはなんですが、お節はアコルドゥさんで注文しました。
受け取りは、31日の12時~15時の間ってことで、夫が仕事なので、悲しくも一人で電車で取りに伺いました。
川島シェフとどんなお話しようかなーなんて、のんきに到着したら...
そこは、戦場でした(笑)

めっちゃ、ガシガシ働いてらっしゃるし...
私の前に、5組の方が待ち行列
テーブルが片付けられて、ガラーンとした空間に椅子が並べられ、そこで座って待ちます。

スタッフの方、かなり、てんぱってらっしゃいました。お手伝いしたくなりましたよ。

そうそう驚いたのは、厨房の男性が、私の名前を知っていたこと!
こっちは、顔覚えてなかったのに...<(_ _)> なんか嬉しかったです。

しばし、待って、受け取って帰りました。
川島シェフは奥にいらしたようですが、とても声をかけれる雰囲気ではありませんでした。戦場だから(笑) 
また、1月以降にゆっくり伺います。

Blog0152
荷物は2つ
めっちゃ重いです。
来年から、夫が車でとりにこれないなら、無理と決めました。
だって、この日はお天気が良かったからまだしもでしたが、これが雨とか雪だったら傘もさせないしね。
で、あまりにも重かったので、計量
あわせて、7.4Kg也 お花が2.3Kgで、お節が5.1Kgです。そりゃ重いわ!
たぶん、電車で一人で取りにいったのは、私ぐらいでしょう!片道1時間近くかけてね....

Blog0153 Blog0154
お花は、PontGarten さんのお正月アレンジメント
3種類から選べました。ゴールド系のアレンジがホントは一番気に入ったのですが、うちの暗めの玄関に飾ると映えないかなーと思い、白い明るいアレンジにしました。これもステキ
洋風の注連飾りとかも作られてて、めっちゃおしゃれです。近くにあればいいんですが、アコルドゥさんの手前と、登美ヶ丘と木津ってことで、今は遠いですねー

Blog0155
こんな感じで飾りました。今現在1/15も、一つお花を処分しただけで、残りは元気に玄関に鎮座しています。

待ってる時に、PontGartenの方を、先生と呼んでらっしゃる方が、何人かいらっしゃいました。お花のアレンジを習ってらっしゃる方って、なんか優雅ですよね。私も、優雅な人になりたいわー(生け花はほぼ10年やってたけど、今まったく活けてないし...水盤もないし...)

Blog0156
お節の方は、こんな内容
スペイン産のCAVA、ラスクのようなパンと、ソース類と、
リーフと、ガレット・デ・ロワの説明書がついております。

Blog0157
プーチェモルト社のCAVA ドライタイプ

Blog0158
風呂敷をあけると、中身の説明書

Blog0159 Blog0160

説明書の下には、生ハム
Blog0161

その下には、アコルドゥさんのロゴもありました。
Blog0162

Blog0216
1ノ重

左 → 中 → 右 と 上から下へ紹介します。

・アワビの低温調理 イカ墨ソース
 Blog0229 Blog0236
 真っ黒です(笑) アワビめっちゃ柔らかい!

・塩タラのコンフィ ピーマンのロースト
 Blog0230
 バスク地方のお料理 シンプルに美味しいです。

・イタリア産オリーブのマリネ
 Blog0231
 めっちゃ美味しい!

・バスク・イディアサバル・チーズ
 あれっ!チーズの写真とってなかった
 いつもアコルドゥさんで頂くチーズと、マルメロのジャムが入ってました。

・大和肉鶏のサラダ 根菜とトリュフ
 Blog0232
 トリュフドレッシングの香りがすごかったです。

・蟹とホタテのカダイフ
 Blog0221
 トースターで温めてエビマヨソースをかけて頂きました。鉄板ですよね。

・葛城産合鴨のテリーナ 小芋とリンゴのピュレ
 Blog0225
 うちの包丁の切れ味が悪いので、ぐでぐでになってしまった<(_ _)>
 夫が超気にいってました。私はちょっと苦手だったかな

・自家製野菜ピクルス
 Blog0233
 酸味が丁度良くて美味しかったー♪私はかなりお気に入りラブラブ

・スモークサーモンの鱒のキャビア添え
 Blog0234  Blog0220
 クルトンにキャビアを添えてってことだったのですが...
 クルトンがこのパンのことだと気づかず、そのまま食べてました(笑)
 まあ私は、たらこより大きい魚卵は苦手なので...
 サーモンはムースが巻き込んであって、めっちゃ美味しかったです。

Blog0217
2ノ重

・スペイン風 芋と玉葱のオムレツ
 Blog0227
 もちろん美味しい!トルティージャいいですねー

・マナガツオのグリル トマトと白隠元添え
 Blog0222
 あっ白隠元とトマトのソースが写ってないっ!
 マナガツオは温めるのがオススメだったので、取り出して温めました。

・海老のグリルときのこ、アヒージョソース
 Blog0219
 温めるのがオススメだったので、フライパンで温めて、アヒージョソースをかけました。
 アヒージョって、スペインバルに行くと必ず食べますが、アコルドゥさんではこういう感じで提供されることはないので、とっても新鮮。高級なアヒージョって感じで、ものすごく美味しかったです。殻ごと食べれました。

・酢橘牛のロースト、スペインのハム、チョリソー
 Blog0228  Blog0218
 鉄板ですね。どれもものすごく美味しかったです。
 生ハムは、普段食べてる日本製のと違って、味が濃くて美味しかった!
 牛ロースとも悶絶ものでした。もちろんチョリソーもね!

・大和ポークのチリンドロン
 Blog0226
 真空パックになっていたので湯銭で温めて!

・合鴨のコンフィ ネギのグリル
 Blog0224  Blog0223
 コンフィは温めて河目をを焼いて 別添えのルッコラとバルサミコドレッシングと!
 私はあんまり好みじゃなかったですが、夫は喜んで食べておりました。
 私って、鴨がそんなに得意ではないんですよね。

Blog0235
塩コショウも添付されておりました。残った分は、お料理に使いました。

3ノ重
Blog0163
奈良の超有名洋菓子店 ガドー・ド・ボアさんのガレット・デ・ロワ と アコルドゥさんのティラミス
昨年のは、ティラミスだけだったそうなのですが、今年は、ガドー・ド・ボアさんとコラボ
昔、同じ職場で働いておられた先輩・後輩の関係だと以前お聞きしました。

 Blog0237
 ティラミス 美味しい!5つもあって幸せラブラブ

 Blog0243
 ガレット・デ・ロワもすごく美味しいです。アマレットの香りが効いてます。
 6つに切って、2日夜、3日朝、4日朝と頂いて、やっとフェーブにありつけました(笑)
 Blog0249
 

お節の賞味期限は元日中だったので、朝、昼と頑張って食べました。
幸い?にも、私が、お雑煮の出汁用のかつお節を買うのを忘れていたため、お雑煮が作れず、お雑煮なしでお節だけ食べたので、思いのほか食べれました。残ったものは、一皿にまとめて、2日の朝に完食
二人だとちょっと多いです。4人で丁度良い量と感じました。


堪能させて頂きました<(_ _)>
美味しくて、大満足ではありますが、ちょっと難しかったかな(笑)
温めたり、ソースをつけたり、ちょっとバタバタしました。
ナマケモノの私としては、お正月は、もっとのんびりしたいかなーと...
まあ、温める方がオススメってレベルなので、そのまま食べても大丈夫なんですが、やっぱり最高の状態で食べたいですからねー
温めなおしちゃうと、お重に戻せないのも、残念だし...
4人家族とかだったら、一回で食べきるかもしれないから、お重に戻すのもアリなんでしょうが...

31,500円といいお値段はしますが、これ以外にお正月の用意は、元旦のすき焼きのお肉買ったぐらいで、他にな~んにも買ってないので、自分でお節つくるのと、結局とんとんぐらいな気がしています。材料費かかりますからねー

akordu(アコルドゥ)

 住所
  奈良県奈良市富雄北1-1-1
 最寄り駅
  近鉄奈良線 富雄駅 徒歩1分
 電話
  0742-43-0222
 営業時間
  11:30~14:00(L.O.) 18:00~20:00(L.O.)
 定休日
  月曜日
 
お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

守破離(しゅばり)

<大阪市 谷町四丁目>

昨年の大晦日
大阪でカウントダウンコンサートがあったため、通常なら、家で年越し蕎麦を食べるのですが、お外で頂きました。
いろいろお店を捜して、谷町四丁目のこちらのお店に伺いました。

19時過ぎにお店に到着
数組並んでらっしゃいました。
特に、順番を書く紙もなく、並んでいる人達がお互いに順番を覚えていて申告するスタイル
まあ、普段はこんなに混雑することないんでしょうが...

お蕎麦だから早いだろうと、勝手に思い込んでいましたが、これがなかなか...
21時までには、目的地に到着したいので、タイムリミットは20時半頃
お店に入った時は、1時間半近くあるし、丁度いい感じかなーと思っていましたが、だんだん不安は募り...

Blog0203
こちらは、のし場
お店は、古民家風。箱自体は昭和な雰囲気なんですが、今風なものもあり、すごくおしゃれでモダンです。センスがあるっていいですね。

19時半過ぎに、席につくことが出来ました。これで、一安心
夫は日本酒を注文
私は、お店のサービスのそば茶で!
そば屋さんでは、やっぱりそば茶が嬉しい!
Blog0204 Blog0205

安心したもののここからが長かった
20時過ぎにやっと... 薬味登場
Blog0206

そして、お蕎麦がやってきたのは、20時30分過ぎ...
ひぃ~
間に合わないよーと必死で食べました(笑)
Blog0207
これは、私がオーダーした辛味そば
お蕎麦は、ちょっと私の好みとは違いました。きれいなお蕎麦ですが、私はもうちょっと、田舎そばっぽい感じの方が好みのようです。
辛味大根の辛味がなかったのも、ちょっとマイナスポイント。がつんとした辛味を期待していたのですが、普通の大根より辛くない感じでした。なぜだろう?

Blog0208 Blog0209
ほどなく、夫のオーダーした小海老天おろしもやってきました。が、あれ?海老は?
お店の方曰く、海老はあとでお持ちしますと(笑)
お店も大混乱のようです。
あとで、海老をって聞いたあと、説明なく、かぼちゃの天麩羅がやってきたので、えび?!ってかなり悩みましたが、それは、サイドオーダーしていた天麩羅盛り合わせの一部でした(笑)

天おろしは、すごく美味しかったです。
こちらのお店のお蕎麦は、ざるで食べるより、ぶっかけとか、温かい方が向いてるのかもっ!と感じました。
まわりでも、温かいお蕎麦注文してる人多かったし!まあ、寒かったせいもあるんでしょうが...
私、お蕎麦は温かいのはあまり食べないので、ちょっとビックリしました。

大晦日なので、奮発して、天麩羅盛り合わせも注文しました。
Blog0211 Blog0210
これが、めちゃめちゃ美味しかったです。サクサクで野菜が美味しい!
でもね、途中でちょっと、疑惑が...
天麩羅盛り合わせは1400円で一つ注文したのですが、この盛り合わせって、全部2つずつあるし、あれ?もしかして2つ入っちゃった?ひょえー
それは、いくら大晦日とはいえ、贅沢すぎるのではー
うわーん
まあでも、もうどうにもならないし、楽しんで食べきり...
でも、お勘定は1400円でした。めっちゃリーズナブル! これはオススメです!

Blog0212
蕎麦湯も楽しんで...

日本酒も足して、4千円弱の年越し蕎麦となりました。
コスパが高いお店だと感じました。
もっと行きやすい場所なら、また絶対行くなーと思いました。
コース料理もあるし、居酒屋メニューもあるので、いろいろ楽しめそうです。

21時にギリギリ間に合う電車に乗るべく、席をたちましたが、会計で少し待ちが入り、結局、間に合わず。
まあ、開演が15分程送れたので、コンサートには間に合いました。ほっ
そういえば、お店の中で、待ってる途中で、次の予定に間に合わないからと、せっかく席に座ってらしたのに、帰っていったお客さんもおられました。

 自家製粉石臼挽手打蕎麦 守破離(しゅばり)

 住所
  〒540-0028 大阪府大阪市中央区常磐町1-3-20 安藤ビル1F
 最寄り駅
  大阪市営地下鉄 中央線・谷町線 谷町四丁目駅 ⑥番出口から徒歩3分
 電話
  06-6944-8808
 営業時間
  11:30~14:30
  17:30~21:30(L.O.)
 定休日
  日曜日
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PAINDUCE(パンデュース)

<大阪 本町>

クリスマスディナーの日は、21時からの遅いディナーだったので、奈良まで帰るのは諦めて、ビジネスホテルに泊まりました。本町のホテルで、朝ごはんもついてたんですが、それは食べずに、近くの人気パン屋さん PAINDUCEさんへ、てくてく

歩く途中で、そのホテルの朝食のパンも美味しそうだったねって話になって、もしかして、
PAINDUCEさんから仕入れてたりしてーって冗談を言い合いました。ただ、本当にそうだったら悲しいので、調べてはいません(笑)

Blog0091 Blog0097
9時過ぎに伺いました。
配達用の車には、スズメが群れていました。かわいいー
美味しいよー チュンチュン って感じでしょうか!(笑)

お店に入ると、美味しそうなパンがいっぱい
所狭しと並んでいます。
悩むー

家用には、また後で買うとして、まずは、朝食を選びます。お隣にイートインコーナーがあるのが嬉しい!
この近くにオフィスがある人はいいなー

Blog0093
悩みに悩んで決めた4品
パン屋さんのレジで、イートインであることを告げると、お皿にいれてくれます。パンのお金をいったん精算
これを、イートインコーナーにもっていくと、温めるかどうか聞いてくださって、指定したパンを温めていただけます。ドリンクもその時に、注文し、ドリンクのお金は、イートインコーナーで支払います。

タルティーヌは、魅力的なラインナップでいろんな具材がありましたが、蓮根をチョイス 260円也
リーズナブルな気がします。蓮根めっちゃ美味しい!

タコは、ベーグル生地がのってます。イカもあって面白い! 150円也

家からは遠いからすぐに食べるものを買うことは少ないだろうと選んだサンドイッチは、ゆでたまごが丸々入ってて面白かった。家庭ではあの発想はなさそう!とても美味しかったです。また食べたい!私、ゆでたまご大好きなんです。まあ、そのまま食べることは今はないですが...(笑) 360円也
Blog0096

デニッシュは、私が、パン屋さんごとに食べ比べたいパン
こちらでは、ショコラデニッシュを! 170円也
もちろん美味しかったです。が、こちらのパン屋さんは、デニッシュより、他のパンの方が、際立って美味しかったように思います。でも、また食べたいな

Blog0092
壁には、てぬぐいの宣伝 買っちゃいました。パンを焼くときに使おう!

Blog0094
イートインコーナーの座席は、カウンター形式
可愛いきのこや木の葉の工芸パンが飾ってあります。
作業場がちらっと見えるんですが、みなさん粉だらけで働いてらっしゃいます。女性が多いですが、めっちゃ重そうな粉の袋とか、がっつり持ってらっしゃいました。早朝勤務できる近くに住んでる従業員募集してらっしゃいましたが、私じゃ務まらないんだろうなー

Blog0095
野菜スープを頼みたかったのですが、この日はなかったので、紅茶 アールグレイ也 280円也
夫は何を飲んでたか失念 ブレンドだったか、カフェオレだったか...
ドリンクは、だいたい300円ぐらいで提供されています。


朝食を楽しんだ後は、またまたお店に戻って、家に持ち帰るパンを選びました。
イートインコーナーにも、お店にも、朝から、どんどん人がやってきます。

Blog0105
チャバッタ、丸パンセット、アップル系のパン、チョコオレンジベーグルを購入
レシートはあるんですが、どれがどれのお値段かよくわからず...
でも、120円~180円の間なので、どれもリーズナブル!

ほんとに、近くに住むか、近くで働くかして、通いたくなるパン屋さんです。


 PAINDUCE(パンデュース)

 住所
  大阪市中央区淡路町4-3-1 FOBOSビル1F
 電話
  06-6205-7720
 営業時間
  8:00~19:00(土曜日は18:00まで)
 定休日
  日曜日
  (淀屋橋Odona2Fのアドパンデュースは開いてます)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Splendido(スプレンディード)

<大阪府 西梅田>

2011年のクリスマスディナー
23,24,25が三連休という好スケジュールにもかかわらず、夫は全部仕事...
直前になって、一日だけなら早く帰れるかもっ!ってことで、21日になってから、予約開始
地元の奈良まで戻ると時間がかかるってことで、大阪で、20時以降に食べれるお店を検索しました。
で、いっぱい電話をかけるも、どこも満席で...
まあそりゃそうですよね

一休のレストラン予約で、ザ・リッツ・カールトン大阪の イタリア料理 スプレンディード に空きがあったので、ちょっとお値段張るし、贅沢すぎる感もあったんですが、夫が保険で抑えていた セントレジスの「ラ ベデュータ」でディナーのあと宿泊ってプランよりは、お手軽だってことで、決めました。リッツカールトンのサイトでは満席だったんですが、一休では空いてるってことは、企画会社で抑えてるってことがあるんですねー

少し早く終わった夫と、大阪のイルミネーションを堪能していたので、ギリギリになって、5分前に梅田到着
ザ・リッツ・カールトンはかなり西なので、梅田の真ん中を夫と二人で疾走しました(笑)
ムードどこ?

レストランの場所が1Fで良かった!
こちらのレストランは、ザ・リッツ・カールトンが営業開始した直後ぐらいに、姉とランチに訪れたことがあります。二人で一皿ずつ注文して、途中で交換しようとしてたら、外国人のホールスタッフの方が、お皿を取り上げてくれて、交換するときは、私にいってくださいね的なジェスチャーをしてくれて、めっちゃ緊張したのを覚えています。その後、また変えたい時に、その人の目を盗んで交換した庶民な私をお許しください(笑)

Blog0054 Blog0064
照明がちょっと落ちてて、シックな雰囲気
生演奏や、コーラスがあってクリスマスムードが盛り上がります。

Blog0048
テーブルセッティングは豪華
フルコースって感じですねー

夫は、あんまり飲むと折角の夜に寝ちゃうからってことで、ワインではなくイタリアのビールを飲みました。私は、ガス入りウォーター サンペレグリノ!

一品目
トマトと生ハムのパネ モッツァレッラとトマトのコンフィ
Blog0049
つかみはOKって感じで、ものすごく美味しい一皿でした。

Blog0050 Blog0051
パンは篭に入って登場!どれもすごく美味しくて、いっぱい食べちゃう
ビックリしたことに、パンが少なくなったら、篭ごと新しいものに交換
また全種類入ってました。これぞ、ホテルのサービス!
なんだろうけど、ちょっと、もったいなく思いました。残ってたグリッシーニ食べたのにぃ~ってね。
黒いのは、キャビア!パンにつけてどうぞっ!って!これも美味しかった。ただ、味のついたパンが多かったから、あんまりつける要素がなかったんだけど...
アルコールが入ってると進むかもですね。

二品目
マグロトロのカルパッチョ セロリのサラダ カラスミとバルサミコ
Blog0052
これはトロなの?と思いましたが、トロは苦手なので、赤身っぽい感じで、私は好きでした。
まあ普通に美味しかったな
一品目の、美味しさのインパクトに比べればちょっと弱め

三品目
カリフラワースープ 雲丹 トリュフとセルフィユの香り
Blog0053
これは、ものすごく美味しかった!夫に、作ってって言われましたよ!
出来るかいっ!
まあでも、良いカリフラワーが売ってたら買って作ってみましょう
カリフラワーって売ってるけど、あんまり売れないせいか鮮度の低いものが多いんですよねー

四品目
ボタン海老のラビオリ ヤリイカのコンソメ 酢橘風味
Blog0056
ボタン海老だからラビオリは美味しかったんですが、ヤリイカのコンソメがものすごく濃かったです。
酢橘はあんまりわからなかったなー

五品目
伝統的な魚のスープ バジルとクランチなライスを添えて
Blog0057
魚はなんだったか... 忘れちゃいました。
スープはとっても濃厚で、連続濃い魚介系スープにちょっと疲れた感じです。具は美味しいんですが...

六品目
プロセッコのジュレ ミカンフォーム
Blog0058
アルコールがちょいきつめで、アルコールに弱い私は、ほわほわーとなりました(笑)

七品目
和牛サーロイン ラルドとポテト ポルチーニ茸のソース
Blog0059
サーロインはものすごく上質なお肉(あたりまえですが)で、とても美味しかったですが、じゃがいもがものすごくしょっぱくてビックリしました

八品目
チョコレートソルベ ココナッツとパッションフルーツ
Blog0060
チョコレートソルベの甘さを、パッションフルーツの酸味がいい感じで緩和してくれて、美味しい一皿でした。

九品目
ラム酒風味のババ バニラホイップクリームとベリーコンポート
Blog0062
これは、かなりサイズが大きくて、ラム酒たっぷりだったので、ほわほわアップで大変でした(笑)
なんとか完食できてよかった...

十品目
コーヒー又は紅茶
Blog0061
クッキー付 ポットサービスでした。
実は、ババより先にきました。いつもデザート食べ終わった頃に来るのに、ちょっとあれって思いました。こちらのレストランでは、そういうルールなのかしらねー
夫はコーヒーでしたが、写真は忘れました。

そうそう途中で、夫が低アルコールのワインも頂きました。あんまり葡萄の香りがしなかったので、二人でクンクンしてたら、フロアスタッフの方が、「何か問題でも?」って声をかけてくださって、恥ずかしかった(笑)
ホテルなので、見られてないと思っても、ちゃんと目を配ってらっしゃるんですよね。
すごくフランクに話しかけてくださるし、人見知りさんじゃなかったら、もっと楽しく時間を過ごせたのかなーって思いました。私達は、人見知りなので、初対面だとなかなか打ち解けられないんですよねー

Blog0063
リッツカールトンのライオンさん
クリスマスディナーは、2コースあったのですが、欲張って皿数の多いコースを頼んでいたので、そちらのコースの方にサービスしていますってことで、頂きました。

サービスは一流だし、素材も素晴らしいお料理だったのですが、ちょっと濃い目の味付けのものが多くて、お酒を飲まない私には、ちょっとつらかったです。税サービス料込みで、一人20,340円のコースって考えると、正直、満足感は、ちょい残念な感じとなりました。アンケートにも正直に記入。
リッツ・カールトンってことで、期待も大きいですしね。
お隣の方の、話す声が大きくて、さらに話題もあんまりレストランにふさわしくない感じだったのも、雰囲気に水を差したかもしれません。クリスマス特別期間ってことで、時間制限有りの時間差の予約になっていたので、ほんとなら、途中からお隣は空席になるはずだったのですが、夜遅いってことで、時間制限がなくなっていて、結局、私たちの方が先に出ました。ワインをたくさん飲まれる方は長くなりますものね。
最初は、混雑してましたが、時間がたつにつれ、お店がすいてきていたのに、最後まで、落ち着かなかったのは、ちょっと運が悪かったですね。
ギラギラした青年実業家風の彼と、まだお付き合いしたばかりの若い女の子(お酒が進むと、しゃべりは大阪のおばちゃん風)のカップルは、ステキなクリスマスナイトを過ごしたかしらねー♪ 

食事の後は、少し、リッツ・カールトンの中を歩いて、クリスマス気分を堪能
Blog0065 Blog0066
Blog0067_2 Blog0068

Blog0107
自宅に帰ってから、メニューとライオンさんを撮影
タッセル付の豪華なメニューです。夫婦の記念品BOXに迷いなく投入!


 ザ・リッツ・カールトン大阪 スプレンディード(Splendido)

 住所
  〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番25号
 電話
  06-6343-7000
 営業時間
  朝食 6:30~11:30
  ランチ 11:30 ~ 16:00(L.O.)
  ディナー 17:30~22:00
(L.O.)
 定休日
  無休
 ホテルの公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (2)

MUKU

<大阪府 谷町六丁目>

夫と心斎橋でランチした後、パンを買いに谷町六丁目に移動し、BOULANGERIE gout さんへ
駅から歩く途中に、このMUKUさんを発見、悩んだ末、パンを買った帰りに立ち寄りました。

Blog9937 Blog9938 Blog9939
クリスマスシーズンだったので、可愛いディスプレイ!
リースの上の金属プレートは、お店のロゴです。MとKが可愛い!

中に入ると、きれいなショーケースの中には、小振りのケーキが並びます。お値段もリーズナブルで嬉しい!
ひとつをドカーンではなく、いろんな味を楽しみたい人には、もってこいの内容

ダイエットしないといけないので、最近は、ケーキは2個しか買わないようにしていましたが、その日は、迷わず4個購入!

Blog9940
箱はシンプルに白

Blog9941
こんな感じ!

Blog9948
プレーンロール(250円也)

Blog9949
みみっこティラミス(200円也)

Blog9950
マロンタルト(250円也)

Blog9951
クッキーシュー(150円也)

どれも皆シンプルに美味しいケーキ達でした。
お店の名前は、MUKU 無垢ってことですよね。
キャッチコピーは、「素朴で素直なお菓子のかたち」
この日の雰囲気からすると女性だけでやってらっしゃる感じでした。

プチシューセットがとっても魅力的だったので、また買いに来たいです。
近鉄上本町から歩けなくもないから、そんなに交通費かけずに行けるしねー
この付近、意外にも(失礼<(_ _)>)、スイーツショップとか、ブーランジェリーとか、良さそうなお店がいっぱいあるんですよねー

 MUKU
 住所
  〒542-0061 大阪市中央区安堂寺町1-3-13 1F
  電話
  06-6761-1169
 営業時間
  10:00~20:00(売り切れ次第閉店)
 定休日
  毎週火曜日、第1/第3月曜日
 お店の公式HPはこちら
 お店の公式blogはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »