« パン工房 のら | トップページ | 芦屋洋菓子工房 シェフアサヤマ »

清澄の里 粟

<奈良県 奈良市>

粟さん!過去に何回か予約のお電話をさせてもらいながら、いつも満席ですってお返事でなかなか辿りつけなかったお店。なんせ奈良県No.1のお店なので、直前予約じゃムリなのです。

で、このGWに、GWならいつでもいいですってノリで、空いてる日を確認してもらいました。なんとGWの1週間以上前に電話したんですが、2日しか空いてなかったです。さすがの人気

電話対応もとても丁寧ですごく印象が良かったです。予約時にメニューも決定します。今回は、はじめてなので、3500円の粟おまかせコースにしました。

当日は、お休みということもあって、遅れたらいけないので、早い目に自宅出発
夫がいろいろ清澄の里の近くで観光も考えてくれていました。ちなみにうちからは、車で1時間ぐらいかかります。

意外に道は空いていて時間がたくさんありました。帯解寺→弘仁寺→白川ダムとゆったり回りました。

白川ダムと弘仁寺は粟さんにかなり近いので、お食事ついでに観光されるといいかなーと思います。どちらも、そんなに時間はかかりません(笑) つまり...

粟さんの付近は、ここも奈良市?って思うほどの田舎っぷりです(失礼)
奈良市は市町村合併で、めっちゃ大きくなったんですよねー
ゆえに、以前は奈良市ではなく五ケ谷村でした。とはいえ合併は1955年なので、もう随分になりますね。

そうこうしてたら、いい時間になったので、粟さんへ
駐車場は、お店のある場所の麓にあります。高樋簡易郵便局と理容院の駐車場の敷地になっています。
Blog6349

粟さんの駐車場の場所は、看板があるので、そこに停めます。
Blog6348

駐車場の隣の民家?と思われるところを抜けて、粟さんに続く坂道を登っていきます。最初、そこが通り道かどうかわからなくて、駐車場からいったん公道に出て、向かいました。でも、よくよく考えると、きちんと通り道として整備されてる感じなので大丈夫だと思います。
Blog6350
はるか上に見えるのが粟さんです。自然がいっぱい

Blog6351
ステキな建物です。

Blog6380_2
入り口まで向かう道には、こんなステキな石畳もあります。外国みたいだねー

Blog6378
入り口はシンプルなガラガラ戸

建物の外で、わいわいしていると、お店の方が出てこられて、店内に案内してくださいました。
入り口で靴を脱いで、板の間にあがります。
スタッフの方が、みんな笑顔で迎えてくださいます。早めの到着だったので、好きな席を選ばせてもらいました。

Blog6355 Blog6365
端っこの席をゲット!

Blog6372
お席からの景色もステキ

Blog6352 Blog6353 Blog6364
席につくと、とってもテーブルが賑やか
自然のものがたくさん配置されています。お芋さんやかぼちゃ達は本物です。お花も野の花で素朴さがいい!

お料理は、食前酒ならぬ食前ジュースではじまります。ブルーベリージュースを頂きました。めっちゃ美味しかったけど、なぜか写真がないわ(笑)
がっついてたのかな

Blog6354
まずは前菜
一品一品、素材の実物もみせて下さいながら丁寧に説明してくださいます。
食べたことない野菜などもあるのですが、どれも美味しく頂きました。
優しい味です。

Blog6358
こんにゃく
Blog6356 Blog6357
こんにゃく芋さんも見せて頂きました。いろんなサイズがあるし、こんにゃくのお花は、こんな立派なお花なんですって!初めてみました。カラーと似てるなーって思ったら、同じサトイモ科でした。なるほど~

Blog6359
食事が進むとどんどんテーブルが賑やかになっていきます。

Blog6360
煮物
ふき、しいたけ、だいこん、サトイモ、ゴボウ、人参、ずいき、筍、わらび、まな、紫キャベツ、生麩
だったかな
うすーいお味なんですが、野菜そのものの味を楽しむ感じで美味しいです。

Blog6361 Blog6363
仏掌芋さん はじめて見ましたが、いろんな形があります。スタッフの方が、これが一番の気に入りですって、持ってきてくださったり、とても楽しいです。
どのスタッフさんも、優しいしゃべりで、柔らかい雰囲気で、とってもいいです。

Blog6366 Blog6367

仏掌芋と大和芋を使ったお焼きと、野菜さん、お豆腐さんの陶板焼き

Blog6368 Blog6369
このお皿には、こちらのお店の旦那様の故郷と、奥様の故郷のものが乗っています。なんかロマンチックでいいですね~
旦那様の故郷は舞鶴 いわしのみりん干し
奥様の故郷は東吉野 いたどりの卵とじ
いたどりは、ほんとに初めてみましたが、ちょっとアスパラっぽい外観です。味は全然ちがいますけどねー

Blog6370 
天麩羅 やっぱ揚げ物最高っす!

Blog6371
こちらむかごさんです。むかごって言うと、小さいイメージだったんですが、成長したものはこんな感じになるそうです。残念なのは、このむかごさんが何のお料理だったか覚えてない自分
はぁ~ 記憶力やばす やっぱ、その場でメモしないとダメなのね~
写真があるからなんとかなると思ってたんですが...

食事の〆は御飯とお吸い物と漬物
Blog6373 Blog6374
御飯も美味しい。そのままでも十分美味しいのですが、せっかくなので、ゆかりもかけたりして、いろいろ楽しみました。

大満足です。素朴だけど、食べたことのない野菜がいろいろ出てきて、すごく楽しめました。やっぱ、いくつになってもはじめての経験ってドキドキしますものね。きっと脳も活性化したはずっ!

食後にはデザートもあるのですが、こちらでは、16時まで寛いでもOKってことで、少し、お庭をみせて頂くことに...

Blog6375
テラスからお店のスリッパをお借りして、裏庭に行くと、こんな光景
ハイジみたいですね。おんじの家の後ろに森があったのを思い出しました。

Blog6377
ちゃんとやぎさんもいます。生まれて二ヶ月の子ヤギさんの名前は、ペーター君 あはは ハイジそのもの
ちなみに、もう一頭いて、そちらはユキちゃん。訪れた客があげるようの餌の草も用意されていて、しばらくヤギさんと遊びました。ペーター君は、めっちゃ活発で、餌の草が入ってるカゴに首をつっこんで食べてくれる(笑)
ユキちゃんは、恥ずかしがり屋さんですが、柔らかい草を口元に持っていくとむしゃむしゃ食べてくれました。
柔らかい葉っぱと、花は食べてくれますが、固い茎はいらないみたいです(笑)
ほんとかわいいですよー
ちなみに、お母さんヤギもいました。お腹がめっちゃ膨れていたのだけど、新しい赤ちゃん?ヤギの妊娠期間がわからないから謎だわ~

Blog6376  Blog6379
いっぱいの自然
都会からこられた人とか、古き良き日本に憧れる外国の方にはたまらないかもねー
夫のお母さんには、とても喜んでもらえそう。うちの母は、いつもこんな景色見てるので、あまり感動してくれなさそう(笑)

Blog6381
お外から戻るとテーブルはきれいに整えられていました。

デザートをお願いしました。飲物は大和紅茶と珈琲を選べます。ケーキはチョコとチーズの選択
もちろん全種類味わうべく別々に
Blog6382 Blog6383
Blog6384  Blog6385
大和紅茶ははじめていただきましたが、優しい味です。私は、味の濃い紅茶が好きなので、好みではなかったかなー 珈琲も普通だったとのことです。
ケーキはどちらも美味しかったです。いちごのシャーベットとフルーツがついています。

デザートは、喫茶メニューもあるので足りなければ追加することも可能です。って、量は十分ですけどね。
洋風デザートの他に、要予約ですが、粟生(あわなり)という手作りの和菓子があります。飲物付で600円
夫は、次に来るときは、粟生予約すると決めておりました。餡は苦手な夫なので、いかにこちらのお店を気に入ったかってことがわかりますよね。

Blog6386
田の神 カンサー様に見送られてお店を後に...

帰りは、行きにきた道ではなく、お庭の中の獣道みたいな道を帰りました。
Blog6387
ヤギのお母さんが見送ってくれていました。

帰りも観光 石上神宮に参拝しました。歴史ある神社です。

すてきなレストランでした。ほんとに人が良いです。優しい気持ちになれるお店です。
ヤギがとてもお好きみたいで、ヤギグッズを見つけると買っちゃうっておっしゃられていたので、めずらしいもの見つけたらプレゼントすると喜ばれるかもですねー
いつかまた、お互いの母を連れて訪れたいですねー
粟さんを、完璧に楽しむなら 清澄の里を訪れるべきです。でも、車がないとちょっとしんどいので、お料理を楽しむだけなら ならまち店を利用するといいと思います。そちらには、まだ行ったことがありませんが、こちらのお店なら、ならまち店でも大丈夫だと思えます。ならまち店だと、野菜の他に大和牛、大和肉鶏なども味わえるコースがあります。夜も営業されています。いつか、ならまち店にもいってみたいと思っています。 「大和と世界の野菜」コース 3900円を狙っています。

 清澄の里 粟

 住所
  奈良市高樋町861
 電話
  0742-50-1055
 営業時間
  11:45~16:00(L.O.15:30)
  14:30~(喫茶タイム) 事前にTEL要
 定休日
  不定休
 完全予約制(前日16時までに予約

公式HPはこちら







|

« パン工房 のら | トップページ | 芦屋洋菓子工房 シェフアサヤマ »

わしょく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/39953445

この記事へのトラックバック一覧です: 清澄の里 粟:

« パン工房 のら | トップページ | 芦屋洋菓子工房 シェフアサヤマ »