« 宇 UDDA 陀 | トップページ | 清澄の里 粟 »

パン工房 のら

<奈良県 宇陀>

GWに三重に帰省した際に、立ち寄ったパン屋さん
実は、かなり前に夫がネットで見つけて、いつか行きたいと思っていたお店です。
宇陀は、三重への帰路の途中にあるので、帰省とあわせて立ち寄るのがベストなんですが、なかなかお店が開いてる時間に行けなくて

道の駅宇陀路大宇陀から伊勢本街道(370号線)を南下、左折して135号線に入りしばし(1kmちょいぐらいかな)走ると、パン工房 のらさんの看板が見えます。のらさんのお店は狭い坂道の上にあります。目で見て、これは車が上る道じゃないと私は判断したのですが、お店の車は登ってました。すごいっす!

駐車場はないので、端っこに寄せて車を路上駐車
交通量は少ないので、そんなに問題にはならないと思われます。

Blog6176

Blog6177
あれがお店かな?
半信半疑ながら坂を上りました。

Blog6178
ぱんやはこちら の看板がなかったら閉店かと思って、帰ってました(笑)

矢印の方向に進むと、フライパンをもった男性と遭遇
予約ですか?って聞かれて、違う旨を伝えると、ガラガラ戸を開けて、トレイにのった数種類(8種類ぐらいあったかな)のパンを見せてくださいました。たぶん扉の向こうは工房だったような気がします。
この男性が、パンを焼いてらっしゃる方でした。奥様は吹きガラス職人とのこと、おしゃれですねー

店舗スペースはなく、ほんと名前のとおり、パン工房です。

お外のベンチのところで、トレイの中身を説明して頂いて、購入するパンを3つ選びました。
今回は運よく予約なしで買えましたが、間違いなく予約した方が良いです。お互いのためにね。

Blog6179
購入したパンはこの3種類
手前は、自家製ベーコン入りのパン 400円、奥左はごまチーズ 350円、奥右はカンパーニュ 350円

カンパーニュは、チーズフォンデューの時に食べたんですが、外カリ中モチでめちゃめちゃ美味しかったです。

Blog6180
カンパーニュの断面
お店のオススメどおり、薄くスライスして冷凍したものをトースターで焼きました。
買ってから3日後ぐらいに食べたのですが、問題なく美味しかったです。

Blog6181
自家製ベーコン入りのパンの断面
ベーコンがドーンと入ってます。ちょっとビックリ!これまた超うまー

Blog6182
ごまチーズの断面
ごまが香ばしくてこちらも美味しい!

今回、購入したパンすべて美味しいです。とにかく皮はパリパリ、中はもちもち 遠くまで買いに行く価値のあるパンです。今度は予約して買いに行きたいです。

こちらのパンは、自家製天然酵母、国産小麦(可能な範囲で)、ドライフルーツ、ナッツを使って手ごねで作られています。

ラインナップは以下のとおり  価格は2011/5/1現在のものなのでご注意ください

ハード系パン 350円
 カンパーニュ、くるみ&レーズン、いちぢく&ナッツ、ごまチーズ
リュスティック系パン 350円
 いよかんピールとナッツ、甘夏ピールとナッツ(夏
限定)、くるみ、オリーブとチーズとドライトマト、りんごカマンベール(冬期のみ)
ライ麦パン
 ライ麦50 400円、ライ麦66 800円(ハーフ有)、フロッケンセサム 1200円(ハーフ有)、五穀パン 400円
緑豆あんぱん 180円
洋なしのタルト 2000円
パウンドケーキ
 ドライフルーツとナッツのケーキ 1300円、バナナとくるみのケーキ 1200円
クリスマスシュトーレン 2000円(12月限定 要予約)
そば粉のビスコッティ 300円

電話かFAX(番号同じ)で注文すれば地方発送もしてくださいます。天然酵母のパンなので、夏場2,3日、冬場4,5日美味しさキープ!
奈良にこんなにおいしいパン屋さんがあって良かったと、自信をもって勧められるパン屋さんです。是非!

個人的には、洋なしのタルトと、リュスティックとピッツァに興味津々


 パン工房のら

 住所
  〒633-2142 奈良県宇陀市大宇陀区田原859-1
 電話
  0745-83-0766
 営業時間
  お昼前から売り切れるまで
 定休日
  水・木曜日、28、29日(29日が日曜日の場合は営業)
 お店の関連ページはこちら

|

« 宇 UDDA 陀 | トップページ | 清澄の里 粟 »

ぱん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/39950968

この記事へのトラックバック一覧です: パン工房 のら:

« 宇 UDDA 陀 | トップページ | 清澄の里 粟 »