« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

sfida(スフィーダ)

<大阪 天満>

学生時代の友人と、大阪の人気イタリアンにランチに行って来ました。
いつもは、梅田でお食事しているのですが、今回は、私のお気に入りのレストランに行くってことで...
待ち合わせは、JR天満駅
みんな天満駅で降りたことなどなく、あまりの寂れどあいに「あってんのかな?」ってドキドキしたようです(笑)

天満駅から徒歩5分程
えーこんなとこに、こんなおしゃれなお店が?って感じです。

本日予約で満席の張り紙がありました。あいかわらずの人気です。

ほんとは、メニューを選んで 9皿のコースにしたかったのですが、人数が多かったのでおまかせしかムリってことで、2500円のおまかせコースをお願いしました。

まずはパンが登場
Blog6922
テーブルには、オリーブオイル、塩、コショーが用意されているので好みでつけて食べます。そのままでも十分美味しいんですけどね。オリーブオイルをつけるとさらに美味しさUPします。

Blog6923
一品目 コーンのパンナコッタ
これ、めちゃ美味しかった。コーンが甘いの!

Blog6924
二品目 カツオのカルパッチョ
下に、ゴロンと新鮮な野菜が入っていて、どれも素材の味が良い!

Blog6925
三品目 鱧のパスタ
パスタは、サフランがねりこんである生パスタで美味しい!

Blog6926
パンのおかわりは、くるみパン

Blog6927
四品目 鱸 皮はパリパリ

Blog6928
五品目 大山地鶏
手前のポテトが、柚子胡椒で味付けされてて新しい感じ めっちゃ美味しい

Blog6929
六品目 スイカのドルチェ
ジェラートは塩味がきいてて、スイカとすごくあいます。真ん中はパンナコッタ
正直、ドルチェがスイカって聞いた時は、テンションさがってたんですが大満足でした。

食後は、ドリンク
珈琲、アメリカン、エスプレッソ、カプチーノ、カフェラテ、紅茶から選べます。
Blog6931Blog6933
カプチーノには可愛いお顔

Blog6932
カフェラテにはピンクのハート

めっちゃ可愛くて興奮 みんなで撮影会です。
私は紅茶だったので、ちょっと寂しかったわ(笑)
紅茶は、ポットではなく、カップでのサービスです。味の濃い紅茶で私好みでしたが、薄いのが好きな人には濃すぎるかもっ!

お友達も気に入ってくれたみたいで、とっても楽しい時間になりました。


 sfida(スフィーダ)
  住所
   〒530-0035 大阪市北区同心2-4-25 T.D.M 1F
  最寄駅
   JR大阪環状線 天満駅 徒歩5分
   大阪市営地下鉄 扇町駅 徒歩5分
   JR東西線 大阪天満宮駅 徒歩8分
   大阪市営地下鉄 南森町駅 徒歩8分
  電話
   06-4800-4888
  営業時間
   11:30~14:00(L.O.) 18:00~22:00(L.O.)
  定休日
   無休
 お店のHPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドルチェ ポンテベッキオ

<大阪 梅田>

私がその誕生を心待ちにしていた 大阪の有名イタリアン ポンテベッキオのドルチェを楽しむお店、その名もズバリ ドルチェ ポンテベッキオ に行ってきました。

ダメもとで、伊勢丹の10Fにあがると、6組ぐらい並んでいました。とりあえず、順番をキープして、夫を留守番において、他のお店を探索 ルクアの方はどこもすごく並んでいて、エキ ポンテベッキオは数えられない人数が並んでました。正直、ここ以外にもあるお店にも、たくさん並んでいる状態だったので、並ぶのあきらめようかなーって、夫の元に戻ると、待ちが3組になり、ウェイティング用の椅子に座れました。

ここまで来たら待とうかってことになって、待っていると、タイミングが良かったのが、どんどん入れ替わりがあって、結局30分待ちぐらいで入れました。

Blog6883 Blog6884
こんな外観です。ガラス張りになっているので、外から中が見えます。ガラスの中には、お花のモチーフのような模様が金属の板で描かれています。天井も同じモチーフの模様になっていて、ところどころライトになっています。可愛い!

カウンターとテーブル席があります。カウンターは目の前でパティシェの技が見れるので、狙っていたのですが、残念ながらテーブル席でした。その後、すぐカウンターが空いたので、ほんのちょっとの差でした。
テーブルは丸い大きなテーブルで、椅子も丸いゆったりしたソファ 寛げます。
ドルチェのお店なので、単価が安いのに、こんなにゆったりスペースで採算とれるのかしら?と心配してしまいました。

夜のセットは3150円 サラダ、ラザーニャ、ドルチェ、カフェ、パン がついています。ドルチェは選べます。
他にドルチェ単品、単品料理(ポンテベッキオのスペシャリテ、生ハムメロン、ラザーニャ)、ドリンクなどがあります。

もちろんセットを!ランチは2100円のセットがあるようです。
ちなみに、こちらお水は0円です。メニューを開いたときに、最初がドリンクメニューだったので、何か頼まなきゃって思ったら、グラスに水が注がれました。ちょっとビックリ!

お水が有料っていうことに抵抗を感じる人は、まだまだ日本には多いようですが、ただだと思っている水も、決してただではなく、メニュー全体の値段にのってるんですよね。ポンテベッキオとかだと、水を頼まず、ワインを飲む人もいるし、必要な人だけが、お金を払って飲むっていうのは、ある種正しいスタイルだと思うのですが...
難しいですね。こちらは、どういう判断からか、お水は無料でサービスすることになったようです。

Blog6885
セット用のテーブルセッティング
柔らかなナプキン、ポンテベッキオのカトラリー
真ん中には、塩、こしょーとオリーブオイル

Blog6886
まずは、フォカッチャ登場 温かくて美味しいです。ついてると思ってなかったので、ちょっとビックリしました。しかも、センターにおかれたので、あれ?まずこれ食べるのかしら?と、パクパク
一品目が来る前に、ほぼなくなりました(笑) 美味しいし!温かいうちに食べないともったいないし...

Blog6887
生ハムで束ねたサラダのブーケ ナッツとりんごの2種のドレッシング添え
私の頭の中では、ラザーニャとドルチェだけのイメージだったので、これまたビックリ!嬉しいビックリですけどね。
「左手でしっかり押えてどうぞ」って言葉をかけられたので、手持ちの部分を左手で持とうとした私に夫の突っ込みが!左手はドレッシングの容器を押えてねって意味だと思うよ!と...
なるほど
気を取り直して、右手で手持ちの部分を持ち、左手でドレッシング容器を支え、中につけてパクリ
美味しい!

けど、正直食べにくいです。私は歯並びが悪いので、歯にひっかかるし、手持ち部分に生ハムがひっつくので、結局手を汚すことになったり、ドレッシングが垂れたり
食べ方が下手なせいだとは思いますが、アイディアは面白いけど、普通にお皿に盛り付けてもらった方が、食べやすくていいなぁーというのが私の感想

Blog6888
トラディショナルな仔牛とポルチーニ茸・たっぷりほうれん草のラザーニャ
優しい味で美味しいです。にんまり

まだオープンして1ヶ月未満ってこともあってか、スタッフの方の動きが慣れてない感じです。とはいえ、ポンテベッキオグループはお料理の質の高さに比して、サービスの質の低さが目立つお店 オープン直後ってことが原因なのかどうかはわかりません。

ちょっと待たされる時間が長いなーって思って、周りを見ると、ちょっとイラッてしてるっぽい人が多そうな雰囲気
テーブルに水しかない人が多かった。

私が気になったのは、床に落ちたブルーベリー
最初はコロンって転がっていたのに、何回かスタッフの方に蹴られて(わざとではなく気付かずにね)、移動し、踏まれて悲惨なことに...
一度、まだ粒のままの時に、スタッフの方の視線が行ったと思うのですが、片付けられることがなく
かなりたってからふき取られました。客も通る通路なので、もっと気を配って欲しいなぁ~と思いました。

しばし、待った後で、カプチーノとカフェラテがやってきました。
あれ?ドリンクってドルチェのあとじゃないの?と思いましたが、すぐにドルチェもお持ちしますってことだったのでまあいっかと納得
Blog6889 Blog6891
ポンテベッキオのカフェは美味しいので、普段は紅茶の私もカプチーノをオーダーしちゃいます。夫はめずらしくカフェラテ。このカップも、ポンテベッキオ独特。飲みにくいんですけどね(笑)

ゆっくり、カプチーノを楽しんでいても、全くドルチェが来る気配なし
なくなっちゃうよー
ちょっと夫も不機嫌に...

そんなところに、ドルチェ登場
Blog6892 Blog6893
夫は、ティラミス D スタイル
アルミホイル?って思える銀の紙は、なんと銀箔なんだそうです。金箔がお料理にっていうのはよくありますが、銀箔ははじめてかもっ!
いろんな食感があわさって、すごく美味しいドルチェです。ちょっと不機嫌になりかけてた夫、大満足!

Blog6894
温かいパンケーキのメイプルシロップがけ
季節フルーツのソテーとバニラジェラート添え
フルーツは、バナナ、パイナップル、マンゴー、ブルーベリー、ラズベリー
パンケーキは、シロップが染みていてしっとり、フルーツとジェラートと一緒に食べるといろんな味があわさってとっても美味しいです。バナナの温かいのは苦手なので、夫に食べてもらいましたが、他はすごく美味しかった。フルーツのソテーも良いですねー
ただし、マンゴーは夫は桜桃だというんですよね。私も自信もてなくなってきて(笑) ほんとバカ舌だわ
でも、桜桃って缶詰しか食べたことないし、ここで缶詰はないでしょーって思うのだけどね。


選べるドルチェは他に
・液体窒素で作った瞬間ソルベット
  パイナップル
  巨峰とデラウェア
  静岡産マスクメロン
・ナンゴッティ(5月おすすめメニュー) フルーツたっぷり南国風デザート
・焼きたてチョコレートスフレ
・ドライフルーツにたっぷり詰め込んだ
ステゥルーデル
・静岡産マスクメロンをアーモンドとココナッツのエスプーマと

モードとよく似たメニューだったのが私としてはちょっと残念
液体窒素のソルベは3月に食べたばっかりだったし、
チョコレートスフレとステゥルーデルは1月に友人がモードオで食べてたし、スフレは私も昨年スッドで食べてるし...
夫は、ポンテベッキオのドルチェだけが食べたいってのが希望だったのだから、これが正しいスタイルだと!
確かにそうですね。最近、ちょっとポンテベッキオ率が高かったので、同じ感が強くて、テンションがあがらなかったです。

また、もう少し落ち着いた頃に、訪れたいです。ラザーニャだけでなく、カネッローニもあるそうなので、めちゃ楽しみ♪次は、カウンターで、浅井シェフとお話したいなー

テイクアウトで、マカロンとDサンドを買えます。マカロンはどうでもいいけど、Dサンドはちょっと興味あったわー


 ドルチェ ポンテベッキオ (Dolce PONTE VECCHIO)
 
 住所
  大阪府大阪市北区梅田3-1-3 JR大阪三越伊勢丹10F
 最寄り駅
  JR 大阪駅 徒歩1分
 電話
  06-6485-7676
 営業時間
  11:00~22:00(L.O.)
 定休日
  不定休(三越伊勢丹に準ずる)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

戸隠本格手打ちそば 一乃庵

<奈良県 葛城>

GWの最終日に訪れたお店
近場で美味しくて訪れたことのないお店ということで、夫が選んでくれたのがこちら!
「戸隠本格手打ちそば 一乃庵」さん

當麻寺のちょっと南 30号線から竹内街道を堺方面に入ってすぐ左手にあります。
Blog6467_2
そばの幟と、このような看板が道沿いに出ています。

Blog6468
お隣の店舗は閉店されているようです。
こちらのお蕎麦やさん、お蕎麦がなくなりしだい終了なので、ちょっと心配しておりましたが、間に合いました。

Blog6478
技と心の店です。

Blog6469
おいしい蕎麦茶

メニューは、非常にシンプル
冷たいのは、天ざる、ざる、もり、ぶっかけ山菜、にしんもり
温かいのは、天そば、にしんそば、山菜そば、たぬきそば、かけそば、釜揚げそば
他に、おにぎりと、飲物
関東風のメニューですね。ざるともりがあります。違いわかります?
ざるには海苔が乗ってます(笑)

いつもは、二人で別々のものを頼む私達ですが、二人とも、天ざるを!
温かいお蕎麦って選択は、ないんですよねー 私には...

Blog6472
元NHKアナウンサー宮本さんのサインがありました。カレンダーの裏紙に書いてあるのが微笑ましい

Blog6473  
Blog6476 Blog6475 Blog6474_2
お蕎麦、まずはそのまま食べてみて、美味しいと納得
天麩羅も、さくさくで美味しいです。ちくわ天が入っているのも嬉しい!

Blog6477
蕎麦湯は、昔ながらのタイプ
お出汁が関東風で濃い目なので、頂いた蕎麦湯も全部飲み干しました(笑)


家の近くに、美味しい蕎麦屋さんがあるのですが、口コミでは、そちらより、こちらの方が美味しいって方がいらっしゃいまいした。私と夫は、お蕎麦は近所のお蕎麦屋さんの方が美味しいと感じたのですが、そちらは、天麩羅がないので、天麩羅蕎麦が食べたい!と思った時には、こちらに来ようってことになりました。

大阪から食べにこられる方も多そうです。


 戸隠本格手打ちそば 一乃庵
 
 住所    
  〒639-2155 奈良県葛城市竹内409-1
 TEL    
  0745-48-8014
 営業時間   
  11:00~17:00(土日祝は19:30)
 定休日
  火曜日


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちゃばたこ

<大阪 天王寺>

GW中に、4月にオープンした あべのQ'sタウン
ひととおりプラプラした後、ちょっと食事がしたいってことで、選んだのが、ViaあべのWalk
いろんなお店をみてまわって、天王寺の老舗店とか気になるところはあったものの トマトお好み焼きの京ちゃばなさんのたこ焼きのお店に行ってみることに!

ちゃばたこ さんです!

Blog6451 Blog6452 Blog6453
3種類のたこ焼きを頂きました。
ねぎ塩だれ(250)と、名物トマタコ(350)と、だしわさび(250)

こちらは、カウンター席もしくは、立ち飲みが選択できるのですが、私たちが行った時は、
立ち飲みだったらトリス一杯無料サービスでした。夫は、ウィスキー飲まないので、いじでもカウンターに座るぜって気分になりました。

たこ焼きはどれも美味しいぃ~
飲みながらってコンセプトなので、ちょっと味濃い目だと感じました。
たこ焼き以外にも、酒の肴系のメニューがあります。

歩きつかれたら、ちょっと休憩とか、お酒飲んだ後の〆にちょこっととかいいですね。


 ちゃばたこ

 住所    
  大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目6番1号あべのキューズタウン内
 最寄り駅
  JR 天王寺駅(12号出口より地下道直結) 徒歩3分
  近鉄 南大阪線 大阪阿部野橋駅 徒歩2分
  大阪市営地下鉄 阿倍野駅 徒歩2分
  阪堺電軌上町線 天王寺駅前駅(12号出口より地下道直結) 徒歩1分
 TEL    
  06-6632-7787
 営業時間   
  11:00~22:30(L.O.)
 定休日
  なし
 お店の公式HPはこちら



| | コメント (0) | トラックバック (0)

8bドルチェ

<大阪 北堀江>

GWに心斎橋から、cafeを探して歩いてたどりついたお店
ほんとは、口コミサイトで別のお店を目指していたのですが、そこが、もうひとつだったので、ロールケーキが美味しいこちらのお店へ

Blog6440
1階は、テイクアウト用の店舗
cafeは、2階以上にあります。何階まであるのかしら~

Blog6441_2
壁には変なパンダがっ!

Blog6448
めずらしく二人とも紅茶で 
ポットサービスですが、ティーバックなので時間がきたら取り出せます。私は濃い紅茶が好きなので、そのままいれっぽなしにしていました。2煎目の方が美味しかったかな
レゴの人形がありますが、これが伝票の変わりです。遊び心たっぷりですね。

Blog6449
デコロール
ロールケーキを横に寝かせて、いろいろトッピング
他にモンブランとチョコレートがありました。
美味しかったです。

Blog6450
ダブルチーズタルト
こちらも、普通に美味しかった。

スタッフの方が、すごくお店を愛してる感じで雰囲気良かったです。

 8bDOLCE北堀江本店

 住所    
  大阪府大阪市西区北堀江1-4-5 8bBLD.
 最寄り駅
  大阪市営地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅
6番出口 西へ徒歩1分
 TEL    
  06-6533-1230
 営業時間   
  テイクアウト:10:00~22:00
  カフェ:11:30~21:30(L.O.)
  ランチタイム:11:30~15:00(L.O.)
 定休日
  無休
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮田麺児

<大阪 心斎橋>

GWランチ企画で、前から気になっていた、シャンプーハットてつじの店 宮田麺児さんに行ってきました。
何かの番組でみてから気になっていました。正直、このお店の話があるまでは、シャンプーハットは、こいちゃんは面白いけど、てつじはな~的に思っていました。でも、つけ麺へのこだわりを知るうちに、てつじすごい!って思うようになりました。何かを極めるってスゴイことですからねー

Blog6425
店前に、食券販売機があります。食券制なんですね。
たまたま誰も並んでいなかったので、壁の張り紙を読みます。

Blog6426 Blog6427
麺についての説明と、テイクアウト用のセットの説明しかない
スープはどうなってるの?
と、二人で悩んでいると、別のお客さんがいらしたので、そそくさと券売機へ
券売機を見ればわかる!と思ったものの、やっぱり麺とトッピングしかない...
Blog6436

これは、麺を選ぶだけなのねと観念し、3種類の麺を選択 もちろん1つは追加用の麺
T2Gベースの麺児ネーゼ、NB100、JF100
知らない人が聞いたら「なんのこっちゃ」って感じですよね(笑)

Blog6428
のれんを、くぐって店内へ

入り口で、席の案内をしてくれます。1Fには、カウンター席がありましたが、私達は2Fに案内されました。

Blog6429
濃いポスターがはってあります(笑)
てつじって真面目な顔してると、まあまあカッコいいですよね。
夫は、外した方がいいと思うって言ってました~

Blog6431 Blog6430
つけ麺の食べ方が書いてあります。
こういうのダメな人もいるだろうなーと思いながら、てつじのこだわりを読みます。
日本蕎麦を食べるのと似たような注意書きですね。

しばし待って、麺がやってきました。
Blog6432ブラックペッパーを振ってはいけないNB50
Blog6433追加麺のJF100 追加麺にはトッピングの卵がないようです。もちろん追加はできます。
Blog6434 麺児ネーゼ アンチョビ春キャベツとパルメザンチーズがトッピングされています。

スープがくるまでに、少し時間がかかったので、夫が、もしかしてスープ頼まなあかんかった?と不安になってました。一緒にもってこれないなら、「スープすぐお待ちします」ぐらいの言葉は欲しいかなー

Blog6435
スープは、ベジタブルポタージュ系 イタリアン風で美味しいです。
ちょっと濃いけど、そこは、麺をつける加減を変えればなんとでもなります。

食べ方にしたがって、まずは麺だけを味わいます。 
麺だけだと、私はNB50が一番好きでした。
が、スープにつけると、JF100が俄然美味しくなる!
T2Gは、ちょっと物足りない感じ。
が、食べ続けると、またその感じもかわってきて、面白い
ブラックペッパーをかけたり、オリーブオイルをかけたり味を変えていろいろ楽しみました。
すごく美味しいと思います。近くにあったら、通うかもっ!

ひとしきり堪能して、お店を出ようかと思っている時に、めっちゃ派手な服の人が入ってきました。ん?どこかで見たことある?他の人がざわついてる
しかも、食券買ってなくて、店員さんに、なんになさいますか?って聞かれてる
すると、聞き覚えのある、しゃがれた声が...
あーM-1でダークホースで有名になった芸人さんだ~
が、名前が出てこない
階段降りながら、夫に「はりがねロック」みたいなイメージの名前だと思うんだけどって伝えると、夫もあーそんな感じって(笑)
店を出る時に、やっと 「スリムクラブ」だーって思いだしました。
夫は、TVで一回ぐらいしか見たことがなく、最初、食券買わずに入ってくるとは!と驚いていたようです(笑)

たぶん、てつじは先輩だろうし、「いつでも食べに来ていいで~」って言ってるのかなーとか話しながらお店をあとにしました。久々に、有名人みたわ!

Blog6437_2
宮田麺児には関係ないですが、道向に、私の好きなお店が移転してきてました。
前は、長堀通りより北にあって、スナックみたいな感じの、ちょっと雰囲気のよくない場所にあったのですが、めっちゃおしゃれな外観になってます。
こちらのシェフは、とっても面白くて、あんまり働きたくないからって理由でランチやめてたり、いるのに、店をCLOSEにしてたり...
でも、とっても美味しいお料理を食べさせてくれる
移転先をきちんと調べてなかったので、思わぬ発見が嬉しかったです。

宮田麺児と合わせて、またきたいですねー

 宮田麺児

 住所
  〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目13-5
 電話
  06-6243-1024
 営業時間
  11:00~23:30(日・祝は23:00)
 定休日
  年中無休
 お店の公式HPはこちら  (謎の漬け麺の歌聞けます。お店でもBGMにかかってたな~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cafe Bricks

<奈良県 天理>

GWランチ企画で、超有名店「粟」さんを訪れた後で、訪れたカフェ
夫があらかじめ、良さそうなカフェを調べてくれていたので、うろうろすることなく、すんなり入れました。
Blog6396
とっても良い雰囲気の建物です。

Blog6397
エントランスまでの道も緑がいっぱい!

Blog6398
ランチもいただけるようです。こういう看板もおしゃれですねー
優しい色合いがステキです。和の色って感じがするけど、どうなのかな?

Blog6399
大きなドア 横がガラスになってて中の様子が垣間見えます。

お店を入って正面が、ショップになっていて、右には階段があり、二階につながっています。二階はショップかな?行って見てないのでわかりません。カフェは左

いろんなスイーツがメニューにのってて悩む悩む
Blog6400
こんな憧れスイーツも(笑) 実際には2枚(あたりまえか)ってことで、テンションダウン

結局二人ともパフェにしました。

待ってる間、窓の外を眺めたり、おしゃれな店内を眺めたり
Blog6401Blog6402Blog6403
いろいろ物が置いてあるんですが、けっして、ごちゃごちゃ感がなく、いい雰囲気なんです。
私はセンスがないので、物を飾っても、ごちゃごちゃ感が出てしまうので、あんまり飾らないんですが、どうやったら、物をならべてもおしゃれに出来るんだろうと、いろいろ考えながら、眺めました。
わらかないな~
センスが欲しい!

Blog6404 Blog6405
お待ちかねのパフェ登場!
左が夫が頼んだ珈琲パフェ
 メニューの写真はもうひとつなんですが、本物はとっても雰囲気も良いし、美味しい!
 珈琲ゼリー好きの夫も大満足
右は私が頼んだチョコレートパフェ
 ケーキもささってます(笑)
 チョコパフェなんて、何年ぶりかしら? 高校生の頃はよく喫茶店で食べてましたけどね
 美味しいです。若返った気分かしら(笑)

しばし、談笑
ショップも見せてもらい、お庭にも出たり、とてもステキなカフェでした。オススメです。
近くに、こういうところが欲しいです。家から天理はちょっと遠いかな


 Cafe Bricks
 
 住所
  〒632-0018 奈良県天理市別所町319-4
 電話
  0743-63-3278
 営業時間
  11:00~18:30(金土日は20:00)
 定休日
  第1、第3、第5水曜日
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皆生の宿 ゆるり(お食事編)

<鳥取 皆生>

お部屋編はこちら

お食事は、大広間で頂きました。
Blog6609
箸置はくじらさんでした。

Blog6608
食前酒は梨ワイン みんなで母の日の乾杯

  Blog6607
旬味彩々
ゆるり特製白イカ燻製、今日の一品(なんかのお魚のたたき)、玉子豆腐 えんどう豆とチーズのソース、鳥取和牛煮込み、白バイ貝鉄砲和え
どれも、普通にですが、美味しかったです。

Blog6604
Blog6605 Blog6606
造りと、山陰の春ちらし寿司
お造りは、高知っ子と、伊勢っ子の私たちのハードルが高いので、ちょっと心配でしたが、さすが海が近い場所!美味しかったです。
ちらし寿司は、パフェみたいになっていて、面白かったです。

Blog6610
活天然平目と葱職人「河岡誠」の白葱春菜蒸しRich胡麻ダレ
葱職人は板前さんかと思いきや、葱農家の方なのですね。ブランド葱ってことか(笑)

Blog6611
旬魚と地野菜のグリル味噌ベシャメルソース
ベシャメルはあんまり味噌感がわからなかったけど、美味しく頂きました。野菜が多いのが嬉しい♪
魚はなんだったか完全に失念

Blog6612
揚物 白イカと百合根のコロッケ、ハタハタXO醤ダレ、パプリカ、アスパラ
昔ながらの画一的な天麩羅でなく、面白いです。コロッケは普通でしたが、ハタハタはすごく美味しかったわ!

Blog6613
野菜たっぷりアゴつみれ汁、ごはん、香の物、イカの一品
アゴは飛び魚らしく、だし汁は美味しかったですが、青魚が苦手な私にとってつみれはちょっとしんどかった...
残念ながら、御飯があまり美味しくなかったです。御飯大事なんですがねー

Blog6614
デザート 杏仁豆腐ハチミツソース、ショコラdeバナナ、メロン
メロンが苦手な夫は、デザートの手前で、私に好き嫌いはダメだぞーみたいなことを言っていたことを詫び、メロンを食べて下さいとお願いしてきました(笑)
母がメロン好きなので、母に譲りましたけどね。
デザートは頑張ってるんでしょうが、パティシェはいないなって結論
和の職人が、最近の若者が喜びそうなスイーツを考えるのは難しいんでしょうかねー
下手に頑張らずに、美味しいフルーツが一番良いと思うのですが、コストがきついのかしらねー
こちらのメロンは、甘くて、なかなか美味しかったです。

Blog6615
広間には大きなお皿と壺 壺は比較的新しい中国の方の作品でした。皿は4尺だったかな


朝食も大広間の同じ場所で...
よくあるバイキングではなく、個別に膳が用意されています。私はこのスタイルの方が好きです。

Blog6712
Blog6713 Blog6714 Blog6715
小さな小鉢にいろんなおかずが一杯
お芋の煮物、お漬物、もずく、貝、じゃこおろし、なすのお浸し、サラダ、酢の物、とろろ
それに、生姜ドリンク、のり、ヨーグルト
これだけで、じゅうぶんだと思っていたのに...

Blog6716 Blog6721 Blog6722
お豆腐 豆乳が固形燃料で熱されて、お豆腐になります。
多いです。めっちゃ多いです(笑)

Blog6718 Blog6717
御飯としじみ汁 宍道湖のしじみですねー
箸置きは河豚でした。

さらにさらに、
Blog6719
ハタハタとアジだったかしら 陶板で焼かれたものなので、陶板熱々

Blog6720
出し巻き玉子、蟹あんかけ
さすが日本海側 蟹は本物でした

御飯は、最初の一杯は仲居さんがよそってくださって、後はお櫃からどうぞーって感じだったのですが、おかわりは出来ないぐらいお腹いっぱい
さすがに全部は食べれなかったわ... <(_ _)>


夕食、朝食ともに、格別感はなかったものの、十分満足できるお料理でした。
昔ながらの、旅館料理ではなく、随所に工夫もあって面白かったです。


 皆生温泉の宿 ゆるり

 住所
  
〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉
 電話番号
   0859-38-3388
  チェックイン  
  15:00(食事する場合は18:00まで)
 チェックアウト 
  10:00
 お宿の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皆生の宿 ゆるり(お部屋編)

<鳥取 皆生>

母の日イベントで、夫の母と鳥取に旅行に行った際に、皆生温泉のこちらの宿を利用しました。
宿泊地候補としては、大山か皆生温泉かの二択で、三人が一緒のお部屋に泊まれて、出来れば2部屋に分かれていることってのと、鳥取で、良さそうなお店も発見できなかったので、夕食がついてるってのが条件でした。
鳥取は、まだクチコミ文化が成長してないらしく、美味しいお店を探すのが難しいです。

こちらの地方に詳しいブロガー仲間さんから、皆生温泉はあんまりオススメできないから、大山の方がいいのでは?っていうオススメなどもあったのですが、条件に合うお宿の中で、お値段とか考えると、こちらが一番良いとの結果になりました。

もうひとつの候補の大山付近のお宿は、部屋付露天風呂だったのですか、夫の母と3人で露天風呂ってのが、夫的にはありえんらしく(笑) 普通に、大浴場に入りにいくタイプが選ばれたわけです。

Blog6591

Blog6592

Blog6593

玄関で靴をぬいで、スリッパにはきかえます。昔ながらの旅館形式ですね。

女性は浴衣が選べます。
Blog6594
カラフルで楽しいです。夫は男のゆかたが、寂しすぎると嘆いておりました。
女性客の方が多いから仕方ないんでしょうねー

チェックイン後は、まずロビーで、冷たいおしぼりとお茶を頂きました。おしぼり冷え冷え(笑)
Blog6596_2

ロビーはアンティークなどっしりとした椅子
Blog6595
窓から見えるお庭は、足立美術館を見てきたあとなので、なんかこうレベルの違いを感じた(笑)
たぶん、普通にこのお庭をみたらスゴイなーって思えたと思うのだけど、完璧なものを見た後だと、物足りなさを感じる。どこがどうってのは、全くわからないんですが、なんか違う!

こちらの旅館、築年は古いのですが、いろいろリフォームされてて、おしゃれで美しかったです。
Blog6723
通路にかかっていた富士山の絵 桜と富士山が美しい

Blog6597
お部屋から見えるお庭は、なかなか良かったです。

お部屋タイプはいろいろあって、光雲閣、民藝館、離れ座敷松雲亭 に、和室Only、和洋室、露天風呂付、メゾネットなどなど

私達が、選んだのは、
光雲閣の和洋室タイプ
ほんとは、4月にくるつもりだったので、その時は、メゾネットタイプを予約していたのですが、今回はそちらのお部屋はなかったです。
Blog6603  Blog6602 玄関
おしゃれになってます。

Blog6598_2  洋室
クローゼットは、お隣の和室とつながっていて、両方から使えるようになっています。
TVもどちらの部屋にも、小さいですが、薄型TVが設置されていました。見ませんでしたけどね
夜、真っ暗になってしまうのを防ぐための電燈がなくて、枕もとの電気が少し明るすぎるのが気になりましたが、清潔感のあるお部屋でぐっすりお休みできました。

Blog6599 内風呂
リフォームで作られたであろう内風呂は広くてきれいでした。使いませんでしたが...

Blog6600 洗面
歯ブラシ、剃刀、シャワーキャップなどのアメニティーが用意されていました。
資生堂の男性用、女性用の化粧水、ドライヤーなど、必要なものはある感じ、最近ではあたり前ですね。
大浴場には、お部屋のバスタオルと、小タオルを持っていかなければなりません。濡れ物をいれるポーチと、身体洗いようのタオルがついてたのは、嬉しかったですが、最近、温泉宿でよくみかける、温泉に行くとき用の篭とかついてるともっと良くなるのになーって感じました。

Blog6601
電気のスイッチパネルは蒔絵風 ちょっと目立ちすぎて私好みではないけど、どこの電気かわかりやすくなってるのは嬉しいサービスです。

和室の方は、写真とってませんが、広い縁側に、籐の椅子があって3人でゆったり座れました。
旅館のお決まりですが、お食事中に、お布団をひいてくれていました。ちなみに、お部屋でお夕食のお部屋もあります。

お風呂は、まあまあの広さで、室内と露天風呂がある普通のタイプ
家族風呂もあったようですが、今回は利用しておりません。夫は一人寂しく入っておりました。なんと、まったくの貸切だったらしく。広いお風呂を自由自在だったとのこと
確かに、食事の時に、女性の数が圧倒的に多かったですからねー
とはいえ、私と母も、一組とちょっとかぶっただけで、ゆったり入れました。
皆生温泉は、塩泉 かなりしょっぱかったです。入浴後、ほんとにポカポカ!
母は、朝も一人で入りにいったとのことでした。
夫は、朝もいくつもりだったのに、寝坊!
実は、3時に目覚めてしまい。その時に、写真整理してて、ついうっかり、今回の旅行の写真を全削除しちゃったんです。気付いて、途中でキャンセルしたものの、ブログ用に縮小した写真以外は全部消えてしまって、パニックになった私がしばらく夫に話しかけたりしていたので、寝付けなくなってしまって、早起きができなかったそう
失礼致しました<(_ _)>

ネット環境さえあれば、ファイルを復活できたのですが、残念ながら私たちの宿泊したお部屋は、LANなかったです。本館に近い、民藝館にはLANあったようなんですが...

こちらのお宿、私は知らない方だったのですが、土と炎の詩人 河井寛次郎さんのデザインの建築物なんだそうです。たぶん民藝館がそうなのかな?!全部ではない気がします。あと、作品も数十点飾られているとのことでした。細部までチェックしていないので、気付かなかったです。もったいなかったかな~

あまり期待していなかったせいかもしれませんが、なかなか良いお宿でした。
チェックアウト時も、スタッフの方が数名、かなり長い間、手を振って見送ってくださいました。
カーナビセットしていたので、お待たせした時間長すぎました<(_ _)>

お食事については、長くなったので、次のblogで!

気になるお値段は、3人で5万ちょいでした。お部屋のお値段の他に、入湯税が150円かかります。
二食ついて、広いお部屋でこのお値段は、CP高いと感じました。

夫がいろいろ調べた時に、こちらのお宿が、No.1グループっていうホテルグループに入ってることがわかって、ビジネスホテルを利用すれば、そのポイントでこちらに泊まれるってサービスがあるらしく、それいいやん的なノリでビジネスホテル調べたら、高知、高松、松山だけだったとか(笑) 全く利用タイミングないです(笑)


 皆生温泉の宿 ゆるり

 住所
  
〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉
 電話番号
   0859-38-3388
  チェックイン  
  15:00(食事する場合は18:00まで)
 チェックアウト 
  10:00
 お宿の公式HPはこちら




| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬師寺門前 AMRIT(アムリット)

<奈良県 奈良市>

GWランチ企画で、薬師寺近くのこちらのイタリアンレストランにおじゃましました。
GW中のせいかもしれませんが、予約で満席でした。奈良が賑わっているのは、嬉しいことです♪

薬師寺南の大駐車場の横にあります。9号線を走り、薬師寺駐車場という信号を曲がれば後はまっすぐ簡単です。
が、うちのカーナビはきっちり!?薬師寺門前に案内してくれて、ひどく苦労しました(笑) ご注意あれ!
AMRITさんにも、広い駐車場があるので、薬師寺南駐車場をとおりすぎて、お店まで車を走らせてください。
Blog6212
この看板が目印

Blog6211_2
竹林のむこうがお店です。

Blog6214 Blog6215 Blog6216
とても雰囲気のある建物です。AMRITさんは、オープンされて一年ですが、この建物はそれ以前からありました。確か、昔は和食処だったような記憶があります。前に、薬師寺を訪れた時に、お土産ショップにも入りました。2008年のことです。はるか昔だ...

今は、リストランテ、カフェ、ギャラリー、ショップ があります。
入り口を入って、正面に、ショップがあり、左側がギャラリー、右側がカフェとリストランテになっています。
ショップは、無病息災の漢字を変えて、夢 美容 食 彩  をモチーフにグッズが販売されています。なかなかステキなものもありましたが、ちょっとお値段はお高いかな
奈良絵の食器とか、いつか欲しい気もしています。可愛いのよね。奈良絵!

レストランは、すごく広いフロアにテーブルが点々と設置されています。

ランチは、3種類 
PranzoA サラダ、パン、パスタ、珈琲 1500円
PranzoB 前菜、
パン、パスタ、デザート、珈琲 2600円
PranzoC 前菜、
パン、パスタ、メイン、デザート、珈琲 3990円

今回は、リーズナブルに行くという決まりがあったので、PranzoAで!
パスタは2種類から選べました。
PranzoBやCだったら、パスタの選択肢が増えたかもしれないって夫の言葉にちょっと後悔

Blog6218 Blog6228
白いテーブルクロスで、ナプキンもあり、きれいにテーブルセッティングしてあります。本物ですね。
5月だったので、お花は赤いカーネーションなのかなー

Blog6220
まずはサラダ 大和野菜のサラダです。シンプルですが美味しかったです。

Blog6221
パンは、丸パン オリーブオイルとともに オイルつけなくても十分味のあるパンでした。

Blog6222 Blog6223
夫選択のパスタ 海老のクリームソース
お皿の凹みは、ここをスプーンの代わりに使ってパスタを巻いてくださいって!
面白い!
イタリア人は、スプーンを使わないってことで、本格イタリアンのお店では、パスタにスプーンはサーブされませんが、スプーンの上でくるくる回すのに慣れてしまってると、フォークだけだと、食べにくくて苦労することも多いんですが、この窪みがあればスプーンなくてもOKです。アイディアですねー
そして、このクリームパスタ とても美味しかったです。ちょっとカレー風味で、プロの技を感じました。
正直、サラダ食べた時点では、普通のレストランだなー的な印象だったのですが、がらっと変わりました。

Blog6224
こちらは、私の選択したペペロンチーノ風のパスタ
ドライトマトが入っていて、ルッコラたっぷりで、美味しい!
ただ、インパクトはクリームパスタの方が上だったかなー

Blog6225 Blog6226 Blog6227
食後は、紅茶と珈琲で

ホールのサービスも丁寧だし、なかなか良いレストランでした。
夜も来てみたい気がします。
ちなみに、夜は、4500円のコースか、要予約の8400円、12600円の特別コースがあります。
ただ、薬師寺の近くには、私の大好きなイタリアン「オステリアバッヴォ」さんがあるので、悩みます。我が家から車で1時間以上かかるので、頻繁にはいけないですしねー

奈良にミシュランが来たら、星がつく可能性のあるレストランでもあるようです。ディナーを食べていないのでなんとも言えませんが、薬師寺に近いことや、建物に趣があって、外国人旅行者が喜びそうなところなど、可能性はあるのかなーって思えます。入るといいですねー あるとしたら☆1つぐらいかなー
イタリア料理に厳しいミシュランがどんな反応するのか、ちょっと楽しみ


食後は、お隣のカフェで、所さんのプリンを購入
所さんっていっても、歌手の所さんではなく、なめらかプリンの産みの親の所さんです。なめらかプリンの後、プレミアムプリンも開発され、現在は岐阜で、ご自分のお店 Plesic(プルシック)さんをオープンしておられます。
その所さんが、開発されたスイーツ AMP(AMRIT with Plesic) プリン、チーズケーキ、チョコレートケーキ、ロールケーキが販売されています。プリン 380円と、チーズケーキ 420円を購入。
Blog6233 左がプリン、右がチーズケーキ

Blog6234 Blog6235
プリンは、バニラビーンズがいっぱいでなめらかで美味しい!
もちろんチーズケーキも美味しい!けどCPが...
なかなか、普段使いは難しいかなーってお値段です。プリンのリピは有かな

ただ、カフェの方は、かなり混乱していて、食後の食器も、プリンのショーケースの裏に積み重ねられたままで、ちょっと印象悪かったです。ほんとは、すぐに食べたかったので、スプーンが欲しかったのですが、それをお願いするのも躊躇われるほどの混乱度合いだったので諦めました。
箱が4個入りで、かなり大袈裟な包装になりました。あまり、テイクアウト利用は想定されてないのかもしれませんね。

カフェでは、10名以上での予約が必要ですが、陳健一さんの朝粥も頂くことが出来ます。
朝粥をAMRITさんで頂いてから、薬師寺に拝観し、写経し、さらにランチをリストランテで頂くとか、心穏やかになれそうですね。

 薬師寺門前 AMRIT(アムリット)

 住所
  〒630-8041 奈良県奈良市六条町410
 最寄り駅
  近鉄橿原線 西ノ京駅 徒歩5分
 電話
  0742-32-5777
 営業時間
  11:00~13:30(L.O.) 17:30~21:00(L.O.)
  カフェ・ショップ・ギャラリー 10:00~18:00
 定休日
  火曜日(カフェ・ショップ・ギャラリーは年中無休)
 公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芦屋洋菓子工房 シェフアサヤマ

<兵庫県 芦屋>

GWに芦屋散策した際に、ティータイムにお伺いしました。
イートインは初めてですが、以前、芦屋のエステに通っていた頃に、何回かケーキを買って帰ったことがあります。

塩ブームが来る前から、塩スイーツとかあって、新しいことにもいろいろチャレンジされているお店です。

お店は、ロングライフ芦屋という有料老人ホームの建物の1Fにあります。お花がいっぱい植えられていてガーデン的な雰囲気になっていてとても良い感じです。イートインスペースは、ショーケースの前に少しと、外に数テーブルあります。全部で16席!お天気が良かったので、お外で!
Blog6121 Blog6122 Blog6123

ショーケースでケーキを選んで(種類豊富なので悩みます)、ケーキセット(945円)にしてもらいます。
Blog6120

Blog6130 Blog6132 Blog6131
暑い日だったので、めずらしく二人ともアイスで
私は、ほんとに久々にレモンティー すっきりしますねー
夫は、アイスカフェオレ

Blog6133
いちごのオペラ
濃厚でとっても美味しかった~

Blog6134 Blog6135
夫はメルモを選択
見た目も桃みたいです。求肥って美味しくて大好き♥
優しい味のケーキです。

種類も豊富で選ぶの大変ですが、芦屋に行ったら是非立ち寄ってみたいスイーツショップです。


 芦屋洋菓子工房 シェフアサヤマ

 住所
  〒659-0068 芦屋市業平町2-18 ロングライフ芦屋1F
 最寄り駅
  JR芦屋駅 南口より徒歩3分 
 電話
  0797-35-1998
 営業時間
  11:00~20:00(喫茶のL.O.19:00)
 定休日
  火曜日
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

清澄の里 粟

<奈良県 奈良市>

粟さん!過去に何回か予約のお電話をさせてもらいながら、いつも満席ですってお返事でなかなか辿りつけなかったお店。なんせ奈良県No.1のお店なので、直前予約じゃムリなのです。

で、このGWに、GWならいつでもいいですってノリで、空いてる日を確認してもらいました。なんとGWの1週間以上前に電話したんですが、2日しか空いてなかったです。さすがの人気

電話対応もとても丁寧ですごく印象が良かったです。予約時にメニューも決定します。今回は、はじめてなので、3500円の粟おまかせコースにしました。

当日は、お休みということもあって、遅れたらいけないので、早い目に自宅出発
夫がいろいろ清澄の里の近くで観光も考えてくれていました。ちなみにうちからは、車で1時間ぐらいかかります。

意外に道は空いていて時間がたくさんありました。帯解寺→弘仁寺→白川ダムとゆったり回りました。

白川ダムと弘仁寺は粟さんにかなり近いので、お食事ついでに観光されるといいかなーと思います。どちらも、そんなに時間はかかりません(笑) つまり...

粟さんの付近は、ここも奈良市?って思うほどの田舎っぷりです(失礼)
奈良市は市町村合併で、めっちゃ大きくなったんですよねー
ゆえに、以前は奈良市ではなく五ケ谷村でした。とはいえ合併は1955年なので、もう随分になりますね。

そうこうしてたら、いい時間になったので、粟さんへ
駐車場は、お店のある場所の麓にあります。高樋簡易郵便局と理容院の駐車場の敷地になっています。
Blog6349

粟さんの駐車場の場所は、看板があるので、そこに停めます。
Blog6348

駐車場の隣の民家?と思われるところを抜けて、粟さんに続く坂道を登っていきます。最初、そこが通り道かどうかわからなくて、駐車場からいったん公道に出て、向かいました。でも、よくよく考えると、きちんと通り道として整備されてる感じなので大丈夫だと思います。
Blog6350
はるか上に見えるのが粟さんです。自然がいっぱい

Blog6351
ステキな建物です。

Blog6380_2
入り口まで向かう道には、こんなステキな石畳もあります。外国みたいだねー

Blog6378
入り口はシンプルなガラガラ戸

建物の外で、わいわいしていると、お店の方が出てこられて、店内に案内してくださいました。
入り口で靴を脱いで、板の間にあがります。
スタッフの方が、みんな笑顔で迎えてくださいます。早めの到着だったので、好きな席を選ばせてもらいました。

Blog6355 Blog6365
端っこの席をゲット!

Blog6372
お席からの景色もステキ

Blog6352 Blog6353 Blog6364
席につくと、とってもテーブルが賑やか
自然のものがたくさん配置されています。お芋さんやかぼちゃ達は本物です。お花も野の花で素朴さがいい!

お料理は、食前酒ならぬ食前ジュースではじまります。ブルーベリージュースを頂きました。めっちゃ美味しかったけど、なぜか写真がないわ(笑)
がっついてたのかな

Blog6354
まずは前菜
一品一品、素材の実物もみせて下さいながら丁寧に説明してくださいます。
食べたことない野菜などもあるのですが、どれも美味しく頂きました。
優しい味です。

Blog6358
こんにゃく
Blog6356 Blog6357
こんにゃく芋さんも見せて頂きました。いろんなサイズがあるし、こんにゃくのお花は、こんな立派なお花なんですって!初めてみました。カラーと似てるなーって思ったら、同じサトイモ科でした。なるほど~

Blog6359
食事が進むとどんどんテーブルが賑やかになっていきます。

Blog6360
煮物
ふき、しいたけ、だいこん、サトイモ、ゴボウ、人参、ずいき、筍、わらび、まな、紫キャベツ、生麩
だったかな
うすーいお味なんですが、野菜そのものの味を楽しむ感じで美味しいです。

Blog6361 Blog6363
仏掌芋さん はじめて見ましたが、いろんな形があります。スタッフの方が、これが一番の気に入りですって、持ってきてくださったり、とても楽しいです。
どのスタッフさんも、優しいしゃべりで、柔らかい雰囲気で、とってもいいです。

Blog6366 Blog6367

仏掌芋と大和芋を使ったお焼きと、野菜さん、お豆腐さんの陶板焼き

Blog6368 Blog6369
このお皿には、こちらのお店の旦那様の故郷と、奥様の故郷のものが乗っています。なんかロマンチックでいいですね~
旦那様の故郷は舞鶴 いわしのみりん干し
奥様の故郷は東吉野 いたどりの卵とじ
いたどりは、ほんとに初めてみましたが、ちょっとアスパラっぽい外観です。味は全然ちがいますけどねー

Blog6370 
天麩羅 やっぱ揚げ物最高っす!

Blog6371
こちらむかごさんです。むかごって言うと、小さいイメージだったんですが、成長したものはこんな感じになるそうです。残念なのは、このむかごさんが何のお料理だったか覚えてない自分
はぁ~ 記憶力やばす やっぱ、その場でメモしないとダメなのね~
写真があるからなんとかなると思ってたんですが...

食事の〆は御飯とお吸い物と漬物
Blog6373 Blog6374
御飯も美味しい。そのままでも十分美味しいのですが、せっかくなので、ゆかりもかけたりして、いろいろ楽しみました。

大満足です。素朴だけど、食べたことのない野菜がいろいろ出てきて、すごく楽しめました。やっぱ、いくつになってもはじめての経験ってドキドキしますものね。きっと脳も活性化したはずっ!

食後にはデザートもあるのですが、こちらでは、16時まで寛いでもOKってことで、少し、お庭をみせて頂くことに...

Blog6375
テラスからお店のスリッパをお借りして、裏庭に行くと、こんな光景
ハイジみたいですね。おんじの家の後ろに森があったのを思い出しました。

Blog6377
ちゃんとやぎさんもいます。生まれて二ヶ月の子ヤギさんの名前は、ペーター君 あはは ハイジそのもの
ちなみに、もう一頭いて、そちらはユキちゃん。訪れた客があげるようの餌の草も用意されていて、しばらくヤギさんと遊びました。ペーター君は、めっちゃ活発で、餌の草が入ってるカゴに首をつっこんで食べてくれる(笑)
ユキちゃんは、恥ずかしがり屋さんですが、柔らかい草を口元に持っていくとむしゃむしゃ食べてくれました。
柔らかい葉っぱと、花は食べてくれますが、固い茎はいらないみたいです(笑)
ほんとかわいいですよー
ちなみに、お母さんヤギもいました。お腹がめっちゃ膨れていたのだけど、新しい赤ちゃん?ヤギの妊娠期間がわからないから謎だわ~

Blog6376  Blog6379
いっぱいの自然
都会からこられた人とか、古き良き日本に憧れる外国の方にはたまらないかもねー
夫のお母さんには、とても喜んでもらえそう。うちの母は、いつもこんな景色見てるので、あまり感動してくれなさそう(笑)

Blog6381
お外から戻るとテーブルはきれいに整えられていました。

デザートをお願いしました。飲物は大和紅茶と珈琲を選べます。ケーキはチョコとチーズの選択
もちろん全種類味わうべく別々に
Blog6382 Blog6383
Blog6384  Blog6385
大和紅茶ははじめていただきましたが、優しい味です。私は、味の濃い紅茶が好きなので、好みではなかったかなー 珈琲も普通だったとのことです。
ケーキはどちらも美味しかったです。いちごのシャーベットとフルーツがついています。

デザートは、喫茶メニューもあるので足りなければ追加することも可能です。って、量は十分ですけどね。
洋風デザートの他に、要予約ですが、粟生(あわなり)という手作りの和菓子があります。飲物付で600円
夫は、次に来るときは、粟生予約すると決めておりました。餡は苦手な夫なので、いかにこちらのお店を気に入ったかってことがわかりますよね。

Blog6386
田の神 カンサー様に見送られてお店を後に...

帰りは、行きにきた道ではなく、お庭の中の獣道みたいな道を帰りました。
Blog6387
ヤギのお母さんが見送ってくれていました。

帰りも観光 石上神宮に参拝しました。歴史ある神社です。

すてきなレストランでした。ほんとに人が良いです。優しい気持ちになれるお店です。
ヤギがとてもお好きみたいで、ヤギグッズを見つけると買っちゃうっておっしゃられていたので、めずらしいもの見つけたらプレゼントすると喜ばれるかもですねー
いつかまた、お互いの母を連れて訪れたいですねー
粟さんを、完璧に楽しむなら 清澄の里を訪れるべきです。でも、車がないとちょっとしんどいので、お料理を楽しむだけなら ならまち店を利用するといいと思います。そちらには、まだ行ったことがありませんが、こちらのお店なら、ならまち店でも大丈夫だと思えます。ならまち店だと、野菜の他に大和牛、大和肉鶏なども味わえるコースがあります。夜も営業されています。いつか、ならまち店にもいってみたいと思っています。 「大和と世界の野菜」コース 3900円を狙っています。

 清澄の里 粟

 住所
  奈良市高樋町861
 電話
  0742-50-1055
 営業時間
  11:45~16:00(L.O.15:30)
  14:30~(喫茶タイム) 事前にTEL要
 定休日
  不定休
 完全予約制(前日16時までに予約

公式HPはこちら







| | コメント (0) | トラックバック (0)

パン工房 のら

<奈良県 宇陀>

GWに三重に帰省した際に、立ち寄ったパン屋さん
実は、かなり前に夫がネットで見つけて、いつか行きたいと思っていたお店です。
宇陀は、三重への帰路の途中にあるので、帰省とあわせて立ち寄るのがベストなんですが、なかなかお店が開いてる時間に行けなくて

道の駅宇陀路大宇陀から伊勢本街道(370号線)を南下、左折して135号線に入りしばし(1kmちょいぐらいかな)走ると、パン工房 のらさんの看板が見えます。のらさんのお店は狭い坂道の上にあります。目で見て、これは車が上る道じゃないと私は判断したのですが、お店の車は登ってました。すごいっす!

駐車場はないので、端っこに寄せて車を路上駐車
交通量は少ないので、そんなに問題にはならないと思われます。

Blog6176

Blog6177
あれがお店かな?
半信半疑ながら坂を上りました。

Blog6178
ぱんやはこちら の看板がなかったら閉店かと思って、帰ってました(笑)

矢印の方向に進むと、フライパンをもった男性と遭遇
予約ですか?って聞かれて、違う旨を伝えると、ガラガラ戸を開けて、トレイにのった数種類(8種類ぐらいあったかな)のパンを見せてくださいました。たぶん扉の向こうは工房だったような気がします。
この男性が、パンを焼いてらっしゃる方でした。奥様は吹きガラス職人とのこと、おしゃれですねー

店舗スペースはなく、ほんと名前のとおり、パン工房です。

お外のベンチのところで、トレイの中身を説明して頂いて、購入するパンを3つ選びました。
今回は運よく予約なしで買えましたが、間違いなく予約した方が良いです。お互いのためにね。

Blog6179
購入したパンはこの3種類
手前は、自家製ベーコン入りのパン 400円、奥左はごまチーズ 350円、奥右はカンパーニュ 350円

カンパーニュは、チーズフォンデューの時に食べたんですが、外カリ中モチでめちゃめちゃ美味しかったです。

Blog6180
カンパーニュの断面
お店のオススメどおり、薄くスライスして冷凍したものをトースターで焼きました。
買ってから3日後ぐらいに食べたのですが、問題なく美味しかったです。

Blog6181
自家製ベーコン入りのパンの断面
ベーコンがドーンと入ってます。ちょっとビックリ!これまた超うまー

Blog6182
ごまチーズの断面
ごまが香ばしくてこちらも美味しい!

今回、購入したパンすべて美味しいです。とにかく皮はパリパリ、中はもちもち 遠くまで買いに行く価値のあるパンです。今度は予約して買いに行きたいです。

こちらのパンは、自家製天然酵母、国産小麦(可能な範囲で)、ドライフルーツ、ナッツを使って手ごねで作られています。

ラインナップは以下のとおり  価格は2011/5/1現在のものなのでご注意ください

ハード系パン 350円
 カンパーニュ、くるみ&レーズン、いちぢく&ナッツ、ごまチーズ
リュスティック系パン 350円
 いよかんピールとナッツ、甘夏ピールとナッツ(夏
限定)、くるみ、オリーブとチーズとドライトマト、りんごカマンベール(冬期のみ)
ライ麦パン
 ライ麦50 400円、ライ麦66 800円(ハーフ有)、フロッケンセサム 1200円(ハーフ有)、五穀パン 400円
緑豆あんぱん 180円
洋なしのタルト 2000円
パウンドケーキ
 ドライフルーツとナッツのケーキ 1300円、バナナとくるみのケーキ 1200円
クリスマスシュトーレン 2000円(12月限定 要予約)
そば粉のビスコッティ 300円

電話かFAX(番号同じ)で注文すれば地方発送もしてくださいます。天然酵母のパンなので、夏場2,3日、冬場4,5日美味しさキープ!
奈良にこんなにおいしいパン屋さんがあって良かったと、自信をもって勧められるパン屋さんです。是非!

個人的には、洋なしのタルトと、リュスティックとピッツァに興味津々


 パン工房のら

 住所
  〒633-2142 奈良県宇陀市大宇陀区田原859-1
 電話
  0745-83-0766
 営業時間
  お昼前から売り切れるまで
 定休日
  水・木曜日、28、29日(29日が日曜日の場合は営業)
 お店の関連ページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇 UDDA 陀

<奈良県 宇陀>

GW中に三重の実家に帰省したのですが、西名阪→名阪国道→伊勢自動車道を使う高速ルートでなく、高見山峠を越える下道で帰りました。
その際に、宇陀を通ります。こちらのお店は、宇陀路道の駅の近くにあります。うちのカーナビはかなり古いものなので、まだ目的地の姿も見えないうちに、「目的地付近です」ってほっぽりだされます(笑)
そんな時に、便利なのが、iPhoneの地図 無事にお店に到着できました。

簡単に説明すると、166号線を南向きに走って、大宇陀高校の角の信号を左折します。200mほど進んで、川の手前を左折、曲がってすぐさらに左折すると、右手にお店が見えます。大宇陀高校に向かう道の途中にあります。

Blog6153
この看板が目印です。雰囲気ありますねー

Blog6154
お庭にはお花がいっぱい。良い雰囲気です。期待大。
駐車場は、店前、この写真の横に数台分あります。
駐車していると、お店の方が出てきてくださって、後ろを見てくださいます。

お店の玄関は、普通のおうちの玄関のような雰囲気
玄関で、靴を脱いでスリッパにはきかえて上がります。

先客有り ちょっと相席的な感じになりました。大テーブルをわけて使う感じでね
十分お席は広いので、気にはなりませんでした。
Blog6166

カレーランチセットは、1日15食限定
 たくさんあるメニューから好きなカレー1品、ターメリックライス、ナン、ババト(豆粉せんべい)、辛味ペースト、アチャール(スパイシーな付け合せ)、ヨーグルト、チャイ
お値段は、カレーの種類によって変わりますが、1200円~1350円が多いと思います。

夫はキーマカレー、私はシーフードカレーを選択

Blog6157
お水のグラスも雰囲気あります。

待ってる間にお店を眺めると、いろいろ雰囲気のある調度品やスパイスがたくさんあります。
Blog6163 Blog6164
お茶も販売されておられます。断食のお茶とかあるんですねー

Blog6159Blog6158
これはシーフードカレー
ターメリックライスの盛り付けがとってもきれいです。
そして、ババトものすごく美味しいです。パリパリパリパリ あっという間に食べちゃいました。
シーフード自体は、たぶん冷凍のミックス的なものだと思われる(違ってたらごめんなさい。でも、そうでないと、メニューの多さに対応できませんよね)ので、特筆すべき所はありませんが、カレーはとても美味しかったです。
辛さは、あまり辛いのが得意でない、CoCo壱番屋ではノーマルカレーを食べてる私にも丁度良い辛さでした。
もっと刺激的なのが好みな人には、辛味ペーストがついているので、自分で調整できます。

Blog6160
こちらは、キーマカレー
見た目ではわかんないですね(笑)

Blog6161 Blog6162
そしてナン カゴに入ってちょっと遅れてやってきました。これがまた美味しい!
美味しい、美味しいって夫と話しながら全部頂きました。

他のお客さんは、量が多くて、ナンを残されたりしてましたが、ちゃんと包んでくださいます。

うちの近所には、カラカラ というインド料理店があるんですが、そちらはかなり前から予約しないといけないし、途中の道が超狭く、雨の日とか夜とかに近づきたくない感じなので、お料理自体は超気にいっているのに、なかなか予約する勇気がわかないんですが、こちらのお店は、距離こそ遠いですが、もう少し気軽にこれそうです。
もちろん15食限定なので、予約するほうが良いとは思います。近くに他のお店は期待できませんからねー

食後には、チャイを頂きます。珈琲もお願いできるようですが、ここでは是非チャイを飲んでもらいですねー
Dscf6167
実は、チャイは本格インド風のお店なので心肺していたのですが、とても美味しかったです。
と、いうのも、これまたご近所インド料理店のASiYANA さんのチャイがめっちゃ薄いからです。カレーもナンもめっちゃ美味しいのに、チャイだけうすうす。こちらは、インド人の方が調理されているので、本格チャイは薄いんだと理解しておりました(笑)

Blog6165

ホールは奥様が一人で担当され、お料理はご主人担当
なんでもインドに勉強にいかれたとか
お店を出る時に、ご主人にもお会いしましたが、とても雰囲気のある方でした。
お二人とも、とっても人柄が良い感じで、ほっこりさせて頂きました。
また行きたいです。近くに、美味しいパンのお店「のら」さんもあるので、定期的に訪れたいですねー


 宇UDDA陀 (本格派インドカレーレストラン ウッダ)

 住所
  奈良県宇陀市大宇陀区迫間56-1
 電話
  090-3658-2041
 営業時間
  11:30~17:00
  18:00~20:30は予約の場合のみ営業。2名以上の1組限定
 定休日
  火曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベッカライ・ビオブロート (BACKEREI BIOBROT)

<兵庫県 芦屋>

GWに芦屋散策を企画し、美味しいパン屋さんに行こう!ってことで、食べログで当時、兵庫県No.1だった、こちらのお店にうかがうことにしました。ちなみに、5.11現在も兵庫県No.1です。

Blog6119
JR芦屋駅から南へ徒歩10分程度です。阪神芦屋からも東へ10分ぐらい。
こじんまりした赤いひさしのある可愛いお店です。

ガラスのショーケースにパンが、ちょっとだけ並んでいます。
お昼過ぎに伺ったので、かなり売れてしまった模様

どんなパンを扱われているのか、きっちり調べてなかったので、この日、買えるパンは少なかった。
実は、翌日から実家に帰る予定で、実家でチーズフォンデューをするつもりだったので、それに使うバゲットを探していたのです。

残っているパンは、どれも美味しそうなんだけど、チーズフォンデュー向きではない...
しかも、うちの母は、パン焼き器でパンを焼くことにはまっているので、パンのお土産は受け付けないだろうし...
ってことで、せっかく来たのに、翌日の朝食用のパンのみ購入しました。
また、来たいです。クロワッサンとか売り切れでしたしね。

購入したのは、このうずまき
Blog6152
奥がシナモンロール、手前がヌスシュヌッケン
どちらも、とっても美味しかったんです。特に、ヌスシュヌッケンの方はナッツうま~です。

こちらのパンは、天然酵母かと思いきや、全くちがって、オーガニックイーストなんだそうです。
価格6倍使用量2倍という原価アップになるものなんですが、こだわりがあるとのこと!
そして、粉もお店で製粉されてるとのことで、ほんとに、こだわりいっぱい
その丁寧な仕事が、素晴らしい味になるんですよね。やっぱプロってスゴイ!


 ベッカライ・ビオブロート (BACKEREI BIOBROT)

 住所
  兵庫県芦屋市宮塚町14-14 1F
 最寄り駅
  JR 神戸線 芦屋駅 南へ徒歩10分
  阪神 芦屋駅 東へ徒歩10分
 電話
  0797-23-8923
 営業時間
  9:00~18:30
 定休日
  火曜・水曜






| | コメント (0) | トラックバック (0)

raffinato(ラッフィナート)

<兵庫県 芦屋>

GWランチ企画で、夫と、芦屋の名店 「ラッフィナート」さんに行ってきました。夫と来るのは、8年ぶりくらいか...
すごーく気に入ったレストランなのに、やっぱ奈良と芦屋は遠いのよね
ちなみに、私は昨年の初春にお料理教室の皆様とランチに来たので一年ちょいぶり 
前回のランチblogはこちら

ランチメニューは2種類
内容を見て、4200円のコースに決定 ドルチェは6825円のコースの方が魅力的だったんですが、他のものが4200円のコースの方が魅力的だったので...

他に、夫はワイン、私はガス入りウォーターを注文しました。たぶん、普通のお水でもいいんだろうけど、なんとなくガス入りウォーターの気分でした。

Blog6105
まずはパン どちらもとっても美味しいです。

Blog6106
にんじんのムースの上にうに コンソメのジュレ
これ、めっちゃ美味しいです。もう、うっとりするぐらい
最初から、胸を鷲掴みにされました。期待大

Blog6107
冷たい前菜
生ハムと豆のサラダ 桃色だけど生ハムなんです。こんなのもあるのねーって楽しんで頂きました。
とっても美味しかったです。

Blog6108
温かい前菜
4種チーズのクレープ こじんまりしてるけど濃厚で美味しい

Blog6109
冷たいパスタ
たことういきょうのカペッリーニ
フォークもひえひえ 美味しいパスタでしたー

Blog6110
温かいパスタ
ツナときのこのラグー
今度は熱々 触れるとあつって思うほどお皿が温められています。すごい!

Blog6111 Blog6112
メイン
3種類ぐらいから選べます。私は三元豚のグリル、夫は牛の煮込み料理
どちらも美味しいぃ~

Blog6113 Blog6114
お口直しは、紅茶のグラニテとグレープフルーツのジュレ
口がすっきりします。紅茶とグレープフルーツがあうのよねー

Blog6115
ドルチェはクレマカタラーナ
イタリアンお料理教室で習ったばかりなので嬉しいぃ~
お外で頂くのは初めてです。美味しいよー

Blog6117  Blog6118
食後はエスプレッソと紅茶で

大満足のランチでした。
小阪シェフ恒例のテーブル挨拶も受けて大満足
顧客リストがあるのか、前に来ていただいたことありますよねーってことで名刺はなし
そういう細かいとこも嬉しいです。もう随分前なのにね~

飲物を足して1万円ちょっと、豪華ランチとなりました。
通いたくなるお店なんですが、距離がそれを許さない。夫の会社の後輩の方が、芦屋近辺に住んでらして、こちらにも何回か来てるとのこと、うらやましす

raffinato(ラッフィナート)

 住所
  兵庫県芦屋市親王塚町13-15 岸の里ビル2F
 最寄り駅
  JR 神戸線 芦屋駅 徒歩10分
 電話
  0797-35-3444
 営業時間
  11:00~13:30(L.O.) 17:30~21:00(L.O.)
 定休日
  火曜日
 お店の公式HPはこちら





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »