« es koyama(エスコヤマ) | トップページ | しま牛 »

味季 和遊

<奈良県 香芝市>

ご近所和食の「和遊」さん
とっても美味しい和食が頂けます。しかも、ランチはとってもリーズナブル!
そんな「和遊」さんで、今年のお正月はお節を買って見ました。

ちなみに以前のblogはこちらです。何回も行ってるのですが、書いたのは3つだけですが...
平日ランチのblog
ディナーでコース料理 
ディナーでアラカルト

お節は2種類
4人前 33600円
2人前 18900円
品数は一緒で、4人前には、さらに伊勢海老がつきます。とのことでした。
二人家族だし、お正月に来客の予定もないので、二人前を注文しました。

受け取りは、大晦日の15時までに、お店にいくしくみ

Blog5002
不織布の風呂敷に包まれています。

Blog5003
お願いとお品書きが丁寧に書かれています。
消費期限は元旦の23時までとなっています。まあ、持ちますけどね。一部は3日ぐらいまで食べてました。

Blog5005
白木のお重なので、ちょっと地味です。夫が風呂敷の上で撮影して、華やかにしました(笑)

Blog5006
一の重
あわび柔らか煮
数の子
田作り
いくら醤油漬
紅白蒲鉾
鶴松風焼
合鴨くん製
柚子甘露煮
紅白なます
酢花蓮根
身巻サーモン
さごし龍皮巻
菊花かぶら
さごし生寿司
初神
酢橘柚子柿
柚子伊達巻
くるみ甘露煮
丹波黒豆
栗金団
からすみ
つくばね
ちょろぎ
叩き牛蒡  二十四品也

Blog5007
二の重
サーモン灘焼
鰤柚庵焼
さわら西京焼
梅人参
竹の子
車海老艶煮
慈姑
里芋
棒鱈
子持ち鮎甘露煮
絹鞘
椎茸甘露煮
にしん昆布巻
煮れんこん
射込大浦牛蒡
手毬麩
海老団子
穴子八幡巻 十八品也

プロの仕事はすごいですねー
自分でつくるお節は、せいぜい 煮しめを分割して数えても 二十品ぐらいですからねー

元旦の朝から、一品ずつ頂いていきました。

Blog5012
田作り
あわび柔らか煮
紅白蒲鉾
いくら醤油漬
数の子

私は、数の子パスでしたが、あんまり好きでないと思っていた夫が食べて、美味しい♪と新発見をしておりました。あわびも柔らかくて美味しいです。家のお節だと、あわびは入ってこないですねー

Blog5013
鶴松風焼
酢花蓮根
紅白なます
柚子甘露煮
合鴨くん製

我が家では、酢の物は苦手とされていて、あまり登場しないのですが、夫がめずらしく美味しい美味しいと食べておりました。ジェラシー(笑)

Blog5014
さごし龍皮巻
身巻サーモン
初神
さごし生寿司
菊花かぶら

初神 随分探しました。消去法で、はじかみに到達して、夫婦で 「あー」って声を上げました(笑)
はじかみ ねー 勝手にういじんって読んで探してましたよー

Blog5015
酢橘柚子柿
ちょろぎ
栗金団
丹波黒豆
叩き牛蒡
くるみ甘露煮
柚子伊達巻
つくばね

つくばねは食べれるのかわからなかったので、かじってみて、ムリだなと判断しました(笑)
形可愛いですよね。
ちょろぎも、はじめて食べました。家では、いれる習慣なかったし、存在を知ったのも社会人になってからです。高知の友人が、お節にいれるものとして、一生懸命説明してくれたときに、ちんぷんかんぷんだったのを思い出します。
栗金団とか黒豆って、家でつくると大量になって、最後の方は、飽き飽きしてくるものですが、丁度良い量でよかったです。

元旦の朝は、一の重を、からすみ以外制覇したところで、満腹になりました。
制覇といっても、一個ずつなので、複数個あるものは残っています。


続きは、元旦のお昼に!

Blog5026
竹の子
梅人参
サーモン灘焼
絹鞘
車海老艶煮

海老の煮たのって、夫の嫌いなものなんですが、この海老は美味しかった♪
たけのこもすごく美味しかったです。

Blog5027_2
鰤柚庵焼
煮れんこん
さわら西京焼
椎茸甘露煮
手毬麩

椎茸もすごく味が煮しめられてて美味しかったです!
お昼は、ここで満腹
量的にも十分です。
元旦1日 二人で、ほぼお節だけで、満腹感が得られる感じです。
朝とお昼は、お節以外に、お餅を食べただけです。

Blog5028
これまでは、食べながら撮影していたのですが、そろそろお重からだして、冷蔵庫に入れようかってことで、大皿にうつしました。

海老団子
里芋
慈姑
子持ち鮎甘露煮
穴子八幡巻
射込大浦牛蒡
棒鱈
にしん昆布巻

からすみだけアップでとるの忘れました。

で、二食食べた後のお節の中身ですが、まだまだ、こんだけあります。
Blog5029
大皿にドーンと!

正直、お節って、二人ともあんまり好きではなく、毎年、作っても、いつまでも、余ってしまうっていう哀しいことになっていたのですが、このお節は美味しいし、量も丁度いいので、だいたい元旦で食べきれて、満足でした。

苦手意識のあった素材も、食べれることがわかったりと、好き嫌いの克服にも役立ちますね。

今回初めて食べた素材
慈姑、ちょろぎ、棒鱈、大浦牛蒡

自分でお節を作ると、どうしても、年末の貴重な時間を2日ほど要してしまうし、材料費でお金も結構かかるので、二万円ぐらいなら、かえってお得な気がします。オススメです!

お店から年賀状も頂きました♪
また、食べに行かなきゃ!


味季 和遊(わゆう)

 住所
  奈良県香芝市西真美2-2-20 「丹下ビル」1F
 電話
   0745-76-1325
 営業時間
  11:30~14:00(L.O.) 18:00~21:00(L.O.) 土日祝は 17:30から
 定休日
  水曜日
 お 店のHPはこちら

|

« es koyama(エスコヤマ) | トップページ | しま牛 »

わしょく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/38438926

この記事へのトラックバック一覧です: 味季 和遊:

« es koyama(エスコヤマ) | トップページ | しま牛 »