« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

PECK


 <東京・大阪>

東京にいた頃、好きだったパン屋さん 「PECK」
パン以外にも、惣菜や、食品を扱ってします。
イタリアの高級食料品店なので、パンもイタリアパンがあって、イタリア好きな私としては、とても嬉しいです。

大阪 難波の高島屋に存在するのを発見したので、買って見ました。
Blog2368

どのパンも美味しかったです。また利用しようと思います。
ただ、難波ってあんまりいかないんですよねー


 お店のイタリア語HPはこちら
 お店の日本代理店のHPはこちら
 お店の高島屋オンラインショップはこちら


| | コメント (0) | トラックバック (0)

十八楼

<岐阜県 岐阜市>

創業150年のお宿 岐阜 十八楼さんにお泊りしてきました。
Blog2534

夫の母と、私達夫婦3人でお泊りです。
古い旅館なので、きれいなところ好きで、築3年以内にこだわってる私としては心配だったんですが、全然、大丈夫でした。150周年を記念して改装されてて、その改装が、すごく良い雰囲気を出していて、気持ちよかったです。デザインセンスってすごいなぁ~って感じました。
Blog2557 Blog2558
この木の枠をつけるだけで、雰囲気めっちゃ変わるんですよおねー

よくみると、部屋の壁などは、そのままなので、古さが見えるんですが、水周りや、ちょっとしたデザインの変更で古さを感じさせず、さわやかで美しいお部屋になってます。
Blog2520 Blog2521_2

旅館なので、中居さんが、お部屋まで案内してくれて、お茶もいれてくださいました。
お迎えのお菓子は、鮎でした~
Blog2518

窓からの景色は、長良川
なんと鵜飼って6月でもやってるんですねー
なんか夏の風物詩ってイメージだったので、まったく調べてなくて...
間近で鵜飼やってるのに、その時間帯は、夕食でした(笑)
Blog2519

夕食は、十八楼さんが経営する土蔵レストラン「時季の蔵」さんで
4月にOPENしたばかりのピカピカです。ちょうど、そういうプランがあったので、そちらでの夕食にしました。
一応、洋服で行きましたが、旅館の浴衣とスリッパで行ってもいいとのことでした。
普通、浴衣とスリッパって、レストラン以外ってパターンが多いんですが、外もOKとは、さすが温泉の街ですねー(笑)
Blog2535 Blog2660

1階の座席はこんな感じ
Blog2556

2階のお席に案内されました。宿泊客はこちらなのかな?貸切感覚でよかったです。
Blog2541

テーブルセッティングはこんな感じ
Blog2536 Blog2537 Blog2552
150年のお皿(笑) 食前酒ならぬ食前酢 蜂蜜酢柚子風味 すごく美味しかったです。柚子っていいねー

Blog2539 Blog2540 Blog2542
前菜は、まず3人分が一緒にもられてきてます。
テンションあがりますよね~
もみじの下に隠れてるのは、夏野菜ゼリー寄せ(里芋、南瓜、枝豆、海老)胡麻風味でうまうま
あとは、笹鯛笹巻き寿司、鮎赤煮(ほおずきに入ってました)、新蓮根酢漬、卵カステラ、近江蒟蒻、畳いわし
畳いわしって初めて食べたこと美味しかった♪

Blog2543
吸物は、鱧葛打ち、とろろ昆布、ハスガラ、木の芽
ハスってはじめて食べたかも

Blog2544
向付は、鮪、鮃、帆立柱、烏賊、いくら
ちょっと高さがあって写真に入りきってないんですが、しょうぶが一輪刺さってるんですよん♪
つまの大根も、くるくる巻いてあってかわいいかんじで、良かったです。
お刺身自体は、普通でしたが工夫が良かったです。
いくらは、母も私も苦手なので、すべて夫の元へ!私には、母の烏賊がやってきました。
しょうぶは、持ち帰りたい旨を伝えたら、きちんと茎を湿った紙で包んで、ラップでくるんでもらえました。

Blog2546 Blog2547
焼物は鮎の塩焼き
鮎って苦手なんですが、美味しく頂きました。

Blog2548
蓋物は、里芋饅頭、南瓜麩、海老、隠元、湯葉あん、振り柚子

Blog2549 Blog2550
焜炉は、飛騨牛味しゃぶ 水菜、葱、榎木茸、舞茸、花人参
かるーく、しゃぶしゃぶして頂きましたー
十八楼名物って割には、普通だったかな(笑)

Blog2551
口代りは、順才とろろ、おくら、生雲丹
なんと私の苦手なものオンパレード とろろは大丈夫なんですが、順才とかあのまわりのぬめぬめが気持ち悪くて、まあ、食べましたけどね。しかも、なぜか、母と夫から雲丹がやってきました。雲丹は、みんな苦手(笑)
この私が、他の人の雲丹まで食べるなんてねー(笑)

Blog2554  Blog2553
食事は、鮎雑炊と香の物(野沢菜、茄子、赤蕪、胡瓜)
鮎雑炊ボリュームたっぷりでした。満腹です。

Blog2555
デザートは、琵琶、びわジュレ、巨峰、ミント

普通に美味しい感じでしたが、いろいろ工夫もあって、楽しんで食事できました。
旅館料理は苦手なんですが、コース仕立てになってると、熱々、冷
々で食べれるので良いですよねー

お風呂は、1Fと2Fにあって、夜と朝で、男女が入れ替わります。
夫は両方入ったのですが、1Fの方が広くて良かったとのことです。ちなみに、1Fは夜が女性、朝が男性。
朝5:30~入れるんですが、夫が5:30ギリギリにいったら、めっちゃたくさんの男性が、身体を洗っていたとのこと!5:00ぐらいから開いてるのかな?

朝ごはんは、バイキング
6:30~開いてるのは、うれしいです。さっそく行って見ましたが、かなりの人!みんな早いわー
Blog2566_2

これは私のお皿
Blog2567 Blog2568 Blog2569
たくさんの種類のお料理がありました。
1種類ずつなんて無理なので、厳選してね

これは夫のお皿
Blog2570
このお皿いいです。バイキング形式の所は全部採用して欲しいぐらい!

Blog2571 Blog2659
これは、ホットケーキ
なんかテーブルにサービスで配ってくださいました。
子供が少なかったので、ホットケーキは不人気でヒマヒマだったからかしら(笑)
私は、比較的若い女性(あくまでも比較的...)だったので、2回ももらってしまいました。

Blog2572
デザートも!メロンはもうひとつでしたが、パインは美味しかった。
他に、ミルクゼリーとかもありました。

まあ、普通に満足のいく朝食でした。

お値段は、一人18000円弱 土曜日だったし、鵜飼シーズンなので、平日だったら、もっと値段下がると思われます。すごく大きなお宿なんですが、従業員の方々の応対は丁寧だし、なかなかオススメの宿です。
鵜飼見学も、宿の1階から特別通路があって、わざわざ外からまわらなくても、乗船できるみたいです。
旅館の前の道も、すごくきれいにされてて、気持ちがいいです。
プチおかげ横丁みたいな感じ!
もうちょっと、お店があると、もっと賑わうのになぁ~って感じました。

岐阜にお泊りの際は、候補のひとつにどうそ!


 十八楼

 住所
  〒500-8009 岐阜市湊町10番地
 電話番号
  058-265-1551
 チェックイン
  15時
 チェックアウト
  10時

 公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麦の花 斑鳩店

<奈良県 斑鳩町>

JR王寺駅から、2Kmほど法隆寺方面に25号線を行くと右手にお店があります。
本店は、大阪の夕陽丘にあり、支店が学園前にもあるようです。学園前には、イタリアンレストランもあるようです。
斑鳩店も、とても大きな建物でレストランっぽい作りなので、昔は、レストランも併設してたのかもしれません。

Blog2196
入り口にかかるビニールの店舗名の汚れがめだったので、いっそ無い方がいいなぁと感じました。

パンは、たくさんの種類があって楽しいです。いくらか以上購入すると、コーヒーのサービスなんかもあります。
イートインも可能です。ただ、イートイン場所が間接照明のせいで、暗かったのが気になりました。もしかして、人が入ればさらに照明をつけてもらえるのかもしれませんが、テイクアウトしたので、その辺は確かめられず。

ベーコンエピ、いちごの天然酵母パン、フルーツカンパーニュを購入
Blog2197

フルーツカンパーニュには、大きいフルーツがたくさん入っていました。私は、ドライフルーツ系が苦手なので、あんまり嬉しくはなかったのですが、ドライフルーツ好きの方にとったら興奮するパンじゃないかなぁ~と勝手に思いました。いちごの天然酵母のパンもすごく美味しかった。
やっぱ、天然酵母は美味しいなぁ~とあらためて実感しました。
ベーコンエピもカレー風味で、良かったです。

家の近くなら、パン屋さんローテーションに加えたいのですが、王寺より北になると、ちょっと遠いのが残念。
しかも、このお店から王寺方面は、休日の夕方は、いつもかどうかはわかりませんが、渋滞してます。
行きは、王寺方面から向かいましたが、帰りは、法隆寺方面に抜けました。



 麦の花 斑鳩店

 住所
  奈良県生駒郡斑鳩町龍田南5-1-41
 電話
  0745-74-3213
 営業時間
  8:00~21:00
 定休日
  無休
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »