« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

釜揚げうどん 鈴庵

奈良県 広陵町>

大好きだった 「和ラーメン いふり」のお店の後に、うどん屋さんが入りました。
釜揚げうどん 鈴庵 さんです。
口コミですごく美味しそうだったので、先日、行ってきました、

雰囲気は、「いふり」のままです。夫は、椅子とテーブルが変わったって言ってましたが、私には記憶なし(笑)
違うような、違わないような...
「いふり」は券売機システムだったのですが、こちらは、オーダーを取ってくれるので、券売機があった場所に、1テーブル増えてました。
でも、なんといっても違うのはキッチンの中、人がいっぱいいます。



Blog7465  Blog7466
夫は、口コミを読んで、メニュー見る前から心ひかれてた、いか天ざる 820円也
いかが軟らかくて美味しい♪


Blog7473 Dscf7469
私は、悩んだ結果、天盛り生じょうゆ 980円也
釜揚げうどんも食べてみたいけど、やっぱ、夏はね~
それに、大好きな 大阪福島の「はがくれ」でも、いつも生じょうゆうどん専門なんですよね。
うどんも、美味しいし、天麩羅もサクサクで美味しいです。

先日、五位堂駅前で、○○製麺系のうどん屋さんに行きましたが、麺はともかく、天麩羅は全然違います。

うどんも美味しい。
もう、「はがくれ」に、出かけていかなくてもいいかもっ!

こちらは、メニューも豊富なので、いろいろ楽しみです。
これから、何回も通ってしまいそうです。

食べ終わったら、突然の大雨
傘は持ってたんですが、車の中(意味ないやん!)

なんで、ちょっと雨宿り目的で、プリンを追加オーダー


Blog7475
目の前で、ざらめを振りかけてバーナーで焼いてくれます。
プリンというよりは、ちょっとブリュレっぽい感じの食感です。
美味しいけど、私には、ちょっと甘かったかな
杏仁豆腐もあります。そっちも気になる!

 釜揚げうどん 鈴庵
  住所
   奈良県北葛城郡広陵町馬見中5-1-26

  電話
   0745-55-9116
  営業時間
   11:30~15:00 17:00~21:00
  定休日
   木曜日



| | コメント (0) | トラックバック (0)

NANATSUMORI

<奈良県 上牧町>

3連休に、可愛いcafeに行ってきました。片岡台の三叉路にあって、ちょっとわかりにくいです。上杉食品の大きな工場の近くです。ローカルすぎっ(笑)

Blog7445
店構えはこんな感じ
2Fはphoto studioになってます。すっごくおしゃれ感のある写真がとれるようでした。
店前に4台停めれます。店からちょっと(150m)離れた東側に6台停めれます。
歩こうと思えば、JR 畠田駅から15分くらいでこれますが、オススメはしません(笑)

Blog7446
ドアの前も可愛い!

Blog7447
中もおしゃれ小物がいっぱい
こんな風に見せる収納で、おしゃれに出来るのってうらやましいです。私は、センス0なので、しまう収納なんですよね

ランチは月によって内容がかわるようですが、ランチプレート 1050円 と タコライス 850円があります。あと、休日限定で、キッシュ 400円  +200円で飲み物、 +500円でケーキ&飲み物がついてくるセットもあって、いろいろ楽しめそうです。もちろん、喫茶だけでもOK!ワッフルなんかもあります。

ダイエット中なので、ランチだけにとどめました(笑)

ランチプレート2つにするつもりだったのですが、たまたま スープが夫の苦手なグリンピースだったので、ランチプレート、タコライスを1つずつ注文。

Blog7448 Blog7451
ランチプレート 6種類のおかずに、スープ、玄米ご飯、デザート
ご飯は、予約しておけば白飯にしてもらうことも可能なようですが、せっかくなので、玄米を頂いた方が良いと思います。めちゃ旨ってことはないけれど、どれも素朴で美味しいです。
アイスクリームの器が可愛い!

Blog7449
タコライス
ピリ辛で美味しいです。本場のタコライスはちょっと苦手なんですが、こちらのは、ドライカレーっぽくって美味しかったです。付け合せのポテトもいいです!

Blog7452
伝票は全部手書きで、クリップのメッセージが優しい感じです。

すごく雰囲気のいいcafeでした。
いつもそうなのかわかりませんが、私たちが訪れた日は、スタッフ全員女性でした。
ケーキもパウンドケーキのような素朴なものなので、またの機会に食べてみたいです。

こんな雰囲気の良いところなら、良い表情の写真が撮れる気もして、あらたまった写真など長らく撮ったことのない私ですが、たまには、プロにとってもらうのもいいかなぁ~ってちらっと思いました。

すてきなお店です。


 cafe + photo studio NANATSUMORI
  住所
   〒639-0201 奈良県北葛城郡上牧町片岡台1-19-4
  電話
   0745-72-2523
  営業時間
   11:00~18:00
  定休日
   火曜日・第3水曜日
 お店のHPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Hajime RESTAURANT GASTRONOMIQUE OSAKA JAPON

<大阪 肥後橋>

行ってきました、現在の大阪No.1フレンチ 「
Hajime RESTAURANT GASTRONOMIQUE OSAKA JAPON」へ!
サミットの舞台になった、洞爺湖
ザ・ウィンザーホテルの「MICHEL BRAS」で修行された 米田肇さんが昨年5月にOPENされたレストランです。

現在、食べログで、大阪No.1フレンチで、たぶん秋に発表される大阪ミシュランで☆をとるであろうお店なので、混雑して予約がとれなくなるまえに行こう!ってことで、結婚記念日のディナーに行ってきました。大阪のフレンチは、かなり評判がいいお店が何件かあるんですが、いろいろ比べた結果、Hajimeレストランに一番興味を持ったしだいです。

大阪市営地下鉄 四つ橋線の肥後橋駅の一番南の出口 7番からさらに南にあるいて3分の所にあります。四橋線沿いではなく、ちょっと西に入ります。ビルの1階にあって、とってもシンプルな外観です。
Blog7406

まずは、受付にあるソファーで準備が出来るのを待ちます。名前を呼んで頂けたので、同じ時刻の予約が私たちだけか、人数が違うのかなぁと予想したのですが、次にこられた方には、顔を見るなり、○○様いらっしゃいませと、はじけた会話が続いていたので、常連さんが多く来店されるから、新参ものは、名前がわかるのかも!とか夫と話してました。ソファーの席から、実際のテーブルも見えてましたが、意外にこじんまりした空間です。シックな雰囲気で私は好きでしたが、豪華なフレンチを望む方には、物足りないようです。

メニューは、ディナータイムは15750円(税込、サ別)のコースのみです。ランチは7875円
(税込、サ別)
以前は、2パターンのメニューがあったようなのですが、最高のサービスのために、1コースにされたとのことです。数日前から準備に準備を重ねた繊細なお料理なので、仕方のないことだと思います。後でも、書きますが、コストパがすごく良いんです。それは、1コースならではなんだろうなぁ~と思いました。

さて、席につくと、きれいな紙がおいてあります。
表面には、米田シェフのお店に対する思いが書かれています。哲学的で、詩人で、芸術家!
裏面には、その日のメニューが詳しい説明つきで書かれています。
二人とも、本を読むのが大好きなので、読み物は好きです。丁寧に読みました。

お酒は、私は遠慮して、夫は、シャンパン→白ワイン→赤ワインと頂きました。グラスワインはリーズナブルなものを用意してくださっているので助かります。3種類頂いて4500円ぐらいです。普通のレストランに比べたらお高いですが、大阪最高フレンチって考えたらリーズナブル。以前、ジョエル・ロブションでハーフワインボトル15000円なんてのを経験してるので、おおらかになれます(笑)

私は、ジュースとお水を頂きました。お水は、もちろん有料。軟水、硬水、炭酸水など、それぞれ3種類ぐらい用意してくださってます。

メニュー書いてあるのは、有名な野菜のガルグイユーからなのですが、その前に、3種類のアミューズがあるとのこと...

どきどき、わくわくです。

アミューズ一品目
Blog7407
すごーく詳しく説明してくださったのですが、私の記憶力は...
エスカルゴのお料理で、二人分盛り付けてあります。手でつまんでパクリと一口で頂きました。
美味しいぃ~。下の生地がパリパリして美味しいし、なんともいえない味でした。最初から大満足です。

アミューズ二品目
Blog7408
こちらの定番のお料理のようです。卵に桃のピューレ、ナッツ、その他諸々
複雑な味なんですが、すごく美味しいです。おしむらくは、食べにくいこと、以前は卵の殻に入っていたようですが、ステキな器ゲットして変わったか夏仕様なのかわかりませんが、小さなスプーンから卵が逃げていって、なかなか食べれませんでした。そして、どうしても器に残っちゃった部分がもったいない!
ペロペロしたくなるぐらい美味しい!やりませんけどね(笑)

アミューズ三品目
Blog7409
ほたて、下にはクスクスのサラダ、上はサフランの泡泡
いやー美味しい。もう、笑顔でまくりです。ほたての火入れが絶品。美味しすぎる...
メインを頂いたような気分になりました。

Blog7410
こちらでは、パンもコース仕立てになっていて、お料理ごとにパンが変わります。それらのパンにつけて食べるのが、こちら!
オリーブオイル、北海道産無塩バター、有塩のエシレバター、塩
エシレバター美味しいです!

Blog7411 Blog7412  Blog7413
さてさて、紙に書かれたメニューの一品目 mineral です。
MICHEL BRAS」では、ガルグイユーって呼ばれてたお料理と似てますが、米田シェフのアレンジがいきてるきがします。なんと野菜は105種類
パンはそら豆のパンでした。グラスに入ってるのは、アスパラガスの粉末。たぶん、最近TVで見かける、液体窒素とか新しい技術で調理されたものだと思います。冷たくて美味しい!
お野菜の上の泡泡は貝のエキス、これと、お皿に色とりどりに盛り付けられてるピューレを野菜につけて頂きます。105種類もあるので、ちょっとエグミのある野菜なんかもありますが、ほんのちょっとずつなので、気にせずどんどん食べていけます。もっと味わいたいって思うものもありましたが、種類考えると、これぐらいの量がちょうど良いと思います。私の舌が残念な舌なので、ピューレがそれぞれ何のピューレかとかわからなかったんですが、もう分析なんかしてるのも無駄なので、思いっきり楽しみました。楽しいし、美味しい一皿です。
が、すでに、これでかなりお腹いっぱいになりました(笑)

想像ですが、野菜は一種類ずつ火入れしてる気がします。出ないと、こんな風に、105種類盛り付けるの難しいでしょうしね。って考えると、この一皿に、どんだけの手間がかかっているんだろうと...、シェフの皆様に感謝の気持ちでいっぱいになります。

Blog7414 Blog7415
メニューの二品目 mer
これもすごいです。皮の方は、ふわふわのパリパリな食感なんですが、身の方は、半生風
なんでも、魚の脂肪の融解温度で調理してるからなんですって!3種類のかんきつ類のソースもとても美味しいです。青梗菜は、低気圧でオリーブオイルをしみこませた一品!どれもすごいです。
はじめて味わう食感と味に脳が刺激されます。
パンはコーンのパン!いやん。これもすごく美味しい。

Blog7416
メニューの三品目 foie gras au naturel
ジャガイモの薄切りをシート状にしたものに、フォアグラといろんなものがサンドしてあります。
手で持って、サンドイッチの用にかぶりついて頂きました。
もうねぇ~
最高!
じゃがいものシートがめちゃめちゃフォアグラにあいます。にこにこ顔で頂きました。幸せ!

Blog7417
メニューの四品目 potimarron et truffe
最初に登場した時は、トリュフのアイスクリームなんです、それに、熱々のかぼちゃのスープをかけてくださって完成です。アイスの形が残ってるうちに、スープと頂くと、冷たさと熱さが同時に味わえて、なんともいえない感覚。そして、美味しすぎる!
早くたべなきゃって思いが強すぎて、あっというまに、なくなってしまったのが、ちょっと残念でした(笑)

Blog7418
牛さんのナイフ 可愛いのでとっちゃいました

Blog7419 Blog7420
メニューの五品目 pigeon
鳩です。ソースは内臓のソース、バルサミコ酢のソース、よもぎのソース、オレンジの皮
パンはよもぎのパンです。
鳩は、血が滴る感じの超レア。よもぎのパンがすごくあいます。
が、ちょっと私は苦手でした。生レバーに似た感じの食感で、ホルモン系が苦手な私にはちょっとつらかった。
でも、これが、鳩の料理として、最高レベルなんだろうなぁ~ってことはわかる気がしました。半分夫に食べてもらいました。
苦手なものは聞いてもらえるので、鳩がダメって人は伝えておけば、牛とか無難なお肉のお料理にしてもらえます。私は、鳩はちょっと心配だったんですが、せっかく最高レベルのシェフなんだからと、あえて伝えずにチャレンジしました。が、まだ子供すぎて、苦手なようです。次からは、鳩だったら、別のものにして頂こうと思いました。

Blog7421 Blog7422
メニューの六品目 fromage
チーズはワゴンサービスで、好きなものをとりわけてもらえます。
私は、本格的なチーズはダメなので、無難なものを少しだけ頂きました。これは夫のお皿。夫も、青カビのチーズとか、ヤギのチーズは苦手なので、無難なチーズを一通りのせてもらってました。つけあわせに、ナッツ、レーズン、はちみつ、香草なども選べます。
パンは、小さなスティックパン。ナッツとドライフルーツたっぷりなパンと、トマトのパンだったか...

Blog7423
メニューの七品目 renoue
イタドリ(スカンポ)のソルベ
下の石はキンキンに冷えてます。イタドリ(蓼食う虫も好き好きの蓼)のソルベは大人の味
味はちょっと癖がありますが、口当たりはとてもいいです。

ここでサプライズ
Blog7425
記念日ディナーってことを伝えてあったので、飴でつくったメッセージ入りのオブジェと、花束、スタッフの方の拍手で祝ってくださいました。完全なるサービス。嬉しいです。写真も頂きました♪

Blog7426 Blog7427  Blog7428
メニューの八品目 tarte aux fraises
イチゴのタルト<<未完成>>と<<完成>>
もうお題からして、哲学的。メニューと見たときから気になってました。
供されて納得
最初の写真は、タルトとバナナのアイスクリーム、次の写真はいちごのソース 熱々です。これを、かけて完成!熱々なので、夫は、タルトの外にソースを流してしまったようです。 残念。
こちらも、新食感!

Blog7429 Blog7431  Blog7430
珈琲タイムのお楽しみ
いやー大満足 満腹
でも、食べないわけにはいきません。余韻にひたりながら、ペロリと頂きました。

飲み物は、夫は珈琲でしたが、私は紅茶を頂きました。4種類から選べて、私はマルコポーロを選びました。マルコポーロがあるってことは、マリアージュ・フレールの紅茶なのかしら?それとも、アールグレイとかと同じように基本のフレーバーなのかしら?紅茶好きですが、あんまり詳しくないんですよね。もっと勉強しなきゃなー


あっというまに3時間が過ぎました。
ってか、ほんとに、幸せな時間が過ごせました。
フロアスタッフの方も、応対が丁寧で、予約のときもすごく感じ良かったんです。
そして、お料理は、新しいものがたくさんあって、美味しいし、楽しい!

最後に、米田シェフ自ら、挨拶に出てきてくださいました。しかも小走りで...
お忙しいのに、私たちみたいなものにまで、丁寧に挨拶してくださるなんて、感激です。
しかも、めちゃ若い。
脱帽
今後も、めっちゃ楽しみです。
再訪、決定です。ミシュランが発表されたら、予約が絶対とりにくくなると思うので、その前に、もう一回いきます。季節は変えたいので、9月か10月に!
今から、楽しみ!

大阪No.1フレンチは本物でした。
東京の三ツ星レストラン 「ジョエル・ロブション」に行った時以来の、感動だったかもしれません。
しかも、お値段は、一万円台とリーズナブル。スゴイです。


お土産も頂きました。
Blog7433 Blog7434
卵白のクッキー。ふわふわ

Blog7432
頂いたお花は、早速玄関に飾ってます。
みるたびに、レストランでの至福のときを思い出します。


 Hajime RESTAURANT GASTRONOMIQUE OSAKA JAPON

 住所
  〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-9-11-1F
 最寄駅
  大阪市営地下鉄 肥後橋駅 7番出口 徒歩3分
 電話
  06-0447-6688
  予約受付時間は、9:30~11:30と16:00~17:30で2ヶ月先まで予約可能
 営業時間
  12:00~13:00(L.O.) 18:00~20:00(L.O.)
 定休日
  月曜日、火曜日
 その他
  ドレスコード有(男性はジャケット着用 スマートエレガント推奨)
 お店の公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリル マルヨシ

<大阪 天王寺>

天王寺の病院に一人で行った時に、元気をだしたくて、お気に入りの洋食屋である グリル マルヨシさんに立ち寄りました。ランチ時だったのですが、運よく並ばずに入れました。

元気を出したかったので、ちょっと張り込んでお得なランチではなく、アラカルトメニューを!
Blog7348
車海老のクリームコロッケ 1600円也です。ランチをつけると1900円!
グリルマルヨシさんは、ホワイトソースが独特で、ホワイトじゃないし、ニッキのような味がするんですよね~
特徴があって面白くて大好きです。
しかも、このコロッケ!海老がそのまま入ってます。海老のお腹にクリーム種をのせて衣をつけて揚げてある感じです。

美味しい♪

大満足なんですが、一人だとカウンターになってしまうので、最初は両脇に人がいなくて良かったんですが、途中から詰め詰め状態になって、ナイフフォークを使うときに、肘を広げられず、脇につけたまま、片身の狭い思いで、キコキコ。食事をゆっくり楽しむことができませんでした。ランチに一人でブラって訪れるときは、ワンプレートのメニューがオススメです。それなら、多少狭くても、落ち着いて食べれますしね。


夫に、お持ち帰り用の、ミンチカツとクリームコロッケを購入して、お会計は3000円!
ちょっとお高めかな...
でも、ランチは1000円以内で食べれるし、オムライスも超美味しそうです♪
次、一人でくるときは、オムライスにします。きっちり食べるのは、夫と二人で行った時にします。


 欧風料理 グリル マルヨシ
  住所
   大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-11
  最寄駅

   阪堺 天王寺駅 徒歩1分
   大阪市営地下鉄 天王寺駅 12番出口 徒歩2分
   近鉄 阿部野橋駅 徒歩3分

   JR 天王寺駅 徒歩5分
  電話
   06-6649-3566
  営業時間
   11:00~14:30(L.O.) 16:30~21:00(L.O.)
  定休日
   火曜日(祝日の場合は翌日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

sfida(スフィーダ)

<大阪 天満>

天満の病院を夫が経過観察のために訪れることになったため、それにあわせて私も天満に向かい、久々の夫との平日ランチを楽しむことにしました。

天満にはお気に入りのお店が2軒ほどあるんですが、今回の通院はこれ1回切りで、次は、何か悪い症状が出ない限りはこなくていい!という健康についてのお墨付きを頂きました。すると、天満に食事に来ることなど、よっぽどでないと考えられないので、気になっている行ったことのないお店に行くことにしました。

sfida(スフィーダ)さんです。大阪のイタリアンランキングでかなり上位のお店です。

天満の駅からちょっと歩きます。商店街からは、離れて、普通のビルとかマンションのとおりなので、立地条件は決して良くないです。
が、予約の名前がいっぱい入ってる感じでした。運よく入れましたが、すぐにいっぱいになったので、平日でも予約した方がいいと思います。


Blog7329 Blog7330
外観はこんな感じで、とってもおしゃれです。
内装は、夜にぴったりなゴージャスな雰囲気です。

メニューは、ランチは、1800円、2500円のプリフィックスコースと、3800円、5000円のコースがあります。
プリフィックスコースは1800円だと2品選択、2500円だと3品選択です。一皿あたり3名分までシェアしてもらえるので、2人で3品を注文すると、6種類のお料理が頂けます。3人で行くと、なんと9種類!!!

悩みましたが、700円で1皿増えるのは、超お得ってことで、二人とも2500円のコースにしました。ちなみに、シェアする前提なので、同じコースにする必要はありません。選べるお料理は30種類ぐらいあるので、内容をみて決めてもいいと思います。

Blog7331 Blog7332
ほんのり温かいパン オリーブオイルで頂きます。もちろん、そのままでも美味しいです。

1皿目
Blog7333
ケンケン鰹のカルパッチョ(本当の名前はもっと長ーいんですが、覚え切れません(笑))
素材にもこだわってて、美味しい!

2皿目
Blog7334
伊勢赤地鶏でフォアグラを巻き巻きしてあります。上には卵の黄身、下にはアスピック
フォアグラと黄味ってあうんですよね~

3皿目
Blog7335
スモークしたサーモンとパプリカのムースソース
美味しかったです。パプリカのムースのソースが絶品!

4皿目
Blog7336
アホスープ スペインのお料理って説明でした。
ニンニクがほんのり効いてて美味しい!
ボリュームもたっぷり!

5皿目
Blog7337
なすびのパスタ
美味しい。美味しすぎる。やっぱ、イタリアンのパスタは、パスタやさんのパスタより断然美味しい。別物!

6皿目
Blog7338
完全になんだったか忘れました。が、美味しかったです。
ただ、かなりお腹いっぱいで、夫に少し食べてもらいました。

デザート
Blog7339
この日は、ヨーグルトのデザートでした。
デザートは普通だったかな

でも、ついてないと思ってたので、さらに驚き
パン、料理6皿、デザート、食後の飲み物 で 2500円って安いです。
デザート、飲み物、パンが400円とすると、一皿350円。原価どうなってんだろ?って感じです。
パンも、おかわり出来るし...
すごすぎです。

しかし、私は超満腹。二人で5皿でよかったかもと反省。
まあ、めっちゃ美味しくて、すごく楽しみましたけどね。
3人でいって、6皿食べるぐらいが、量的にはちょうどいいかもしれません。
が、やっぱ、9皿行っちゃいたくなりますよね(笑)

Blog7340
ちなみに、ドリンクは、エスプレッソと紅茶をオーダーしたんですが、あとで、ここは、可愛いラテアートをしてくれるお店だってことを夫が思い出しました。残念。
次は、カプチーノ頼まなきゃ!


大阪イタリアンランキングで上位にくるお店の実力はすごかったです。
美味しいし、CP面でも、かなりお得です。
ゆったり味わうお店なので、会社のランチには出来ませんが、たまーに贅沢するのにピッタリなお店って気がします。夜は7500円以上になるので、ちょっと通うってわけには行きませんが、ランチの1800円コースは、かなりお買い得!その場合は、3人以上でいくことをオススメします。

行った日の客層は、ほとんどが有閑マダムのグループ、平日が休みなのかなと思えるカップルが数組でした。
一組だけ、カウンターでワイン飲みながら食事してました。なんかすごいセレブな雰囲気を醸し出してました。
すごいなぁ~とうっとり眺めました(笑)

また行きたいです。夜も行ってみたい。けど、ドレスアップしないとなぁ~、お店の雰囲気を壊してしまいそう(笑)


 sfida(スフィーダ)
  住所
   〒530-0035 大阪市北区同心2-4-25 T.D.M 1F
  最寄駅
   JR大阪環状線 天満駅 徒歩5分
   大阪市営地下鉄 扇町駅 徒歩5分
   JR東西線 大阪天満宮駅 徒歩8分
   大阪市営地下鉄 南森町駅 徒歩8分
  電話
   06-4800-4888
  営業時間
   11:30~14:00(L.O.) 18:00~22:00(L.O.)
  定休日
   無休
 お店のHPはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »