« イル カフェ・モリタ(il caffe morita) 3回目 | トップページ | ASiYANA (アシヤナ) »

U:PONTE VECCHIO(ウ・ポンテベッキオ)

<大阪 淀屋橋>

言わずと知れた有名店 北浜の山根大助さんの 「ポンテベッキオ」の姉妹店 淀屋橋odonaにある、「U:PONTE VECCHIO」にクリスマスディナーに行って来ました。

クリスマス期間中は、18:00~と20:30~の2部制になっていて、メニューもクリスマス限定メニュー(10500円 サ別)ONLYです。

予約の電話の時の対応が、もうひとつだったので、ちょっと不安要素。

淀屋橋odonaのテラスから入るようになってます。外から見ると黒と赤が基調となった、ものすごくシックな大人っぽいお店に見えます。20:30ギリギリに行くと、もうすでに、ほとんどの席がうまってました。ちょっと早めに行っても良かったかも...

コースのしくみはかわっていて、席の左右で一部違うメニューになってます。
あとから考えると、右側が女性、左側が男性を想定したメニューのような感じなんですが、席に案内されるときに、特に指示がなかったので、私が左、夫が右に座りました。
で、コースの説明がありました。可もなく不可もなくな感じのセリフ...

その後、ドリンクオーダーがあって、夫は、ほんのちょっとお得なドリンクセット(食前酒、白ワインor日本酒、赤ワインor焼酎) 4200円を、私は、お水 Natia 525円を注文。ドリンクセットの食前酒は、アスティスプマンテといちごのお酒の二択でした。いちごが飲みたいっていう私のリクエストを受けて、それを注文しました。
しかし、出されたお酒はこれ
Blog5189
いちご?と思いながら飲みますが、特に香りもないし、こんなものなのかなぁ~と思っていたら、オーダーが通ってないことが後で発覚しました。なぜ、ドリンクセットが通らずアスティスプマンテが来ちゃったのかは謎です。
確か、夫は、ドリンクセット1つで、いちごと白と赤って注文したんですが、勝手に、ドリンクセットの1番目とか理解されたのかな?ドリンクセットを注文された場合は、白と赤のグラスを目印におくみたいなんですね。後からわかりました。なんかねフロアスタッフの質が低いです。サービス料10%とるお店の応対じゃないことは確かです。

まあ、後で謝っては下さいましたが、フロアスタッフの教育はもっとしっかりして欲しいですね。サービス料無しなら仕方ないかもしれませんが、今回は、2572円のサービス料だったので、その分は仕事してもらわないとね。

Blog5190
私の頼んだお水。まあ、普通のお水です(笑)
VOSSもありましたよ。高級すぎて頼めませんでしたが(笑)

Blog5191
まずは、共通の冷たい前菜
生ハムで覆った水牛のモッツァレラの凝縮カブと羊乳のスープ添え
羊乳にビクビクしましたが大丈夫でした。コースは決まってますが、苦手食材は聞いてくださいます。今回は、あえて、苦手食材を伝えず冒険しました。だって、山根さんのお店なら大丈夫かなぁ~って♥
うん。生ハムと水牛モッツァレラは文句なく美味しいです。カブもめっちゃ柔らかかったです。でも、全体のバランスはなんかもうひとつだった気がします。

Blog5192Blog5194
暖かい前菜 左右で違います。
左が、暖かいポテトのティンバッロとキャビア
右が、天然ぶりといくらのサラダみたいなジャガイモポレンタ入りオニオンスープ
お店の方針も、お2人でシェアしてくださいってことなので、そうでなくてもシェアする私達、もちろん半分ずつ食べました。ただし、私はいくらが苦手で、やっぱりダメだったので、右側を夫大目で食べました。
ティンバッロとは、太鼓の形をした詰め物料理のことらしいです。いやーこれ美味しかったです。キャビアも○
右のオニオンスープもとても良いお味でした。

Blog5195Blog5198
パンです。左のパンは、すでに2個とったあとです。
前菜を食べて、周りをみわたすと、パンの籠があるではないですか?忘れられてる?と心配したので、次に頼もうと思ってたら、やってきました。しかも、さらにあとからもう1籠。さきほど、間に合わなかったのでとのこと...
2部制にしてることでうまく回ってないのかな~などと心配になりました。私たちの食べるスピードが速くておいつけないのかもしれませんけどね。最後の方に入ったので、すべてが後回しなので、もっと早目に入ればよかったねぇ~と後悔しました。
パンには、オリーブオイルと、岩塩、コショーが添えられてました。コショーが美味しくて、普段はあんまりパンに何かをつけたりしないんですが、オリーブオイルとコショーいっぱい使いました。
Blog5209
パンももちもちで美味しかったです。

Blog5197
トラフグとその白子のオイル煮 ゆず風味 たっぷりの菜花を添えて
2人とも白子は苦手なんですが、ゆずの風味で独特の気持ち悪さを感じずに、美味しく頂くことができました。
お店のコンセプトに伊と和の融合ってのもあると思うので、すごく和風なんでしょうが、なんかこう個人的には、もう一つな感じがしました。夫は、そのコンセプトは気にいってたようです。

Blog5199Blog5200
皮付小里芋の蒸し焼き グリーンペッパー アンチョビ エシャロットソース
里芋の皮をむいて、ソースをつけて頂くんですが...
ソースは美味しいですけど...って感じです。
半熟卵は、ものすごく食べにくかったです。こういうお店は食べやすいものを提供しないといけないと思っているんですが...
ゆで加減とかは、さすがな感じなんですけど、この一皿はちょっと...

Blog5201
フォアグラを包んだ雛鳥の紙巻き焼き カリフラワーのピュレとそのフリット添え トリュフ風味
美味しかったです。フォアグラ旨い!
でも、ちょっと皮の部分がお箸では切りづらくて、ナイフフォークで食べたかったです。ソースもせっかく美味しいので、スプーンも欲しかったかも(笑)

Blog5205 Blog5203

パスタは左右別メニューです。
左は、仔牛の圧力煮込みソースのタリアテッレ 鳴門金時のほくほく焼き芋添え
右は、卵白だけで練り上げたタリオリーニのズワイガニと下仁田ネギ、うすいえんどうのソース ボッタルガを散らして
どちらも美味しかったです。ボッタルガ好きなので、右に軍配だけど、どっちも合格!ちょっと沈んでた気分が上昇しました。

こちらのお店では、コースのお料理の最後は、パスタになってるみたいです。イタリアンとしては、異例ですが、和とのコラボのお店なので、有りかなと思います。日本は主食最後ですもんね。

あっそうそう、ここからメニューの左右とは逆におかれるようになりました。
一番最初のメニューは、セッティングしてあるカトラリーの影響で逆には出来ないようだったんですよね。
それにしても、左右別々に出しますって宣言しながら、途中から逆転するのもどうかと思いました。それぞれ、男性女性を意識したメニューだったんなら、最初に、案内するときに、気をつけるべきだし、それが出来ないなら、こちらが男性、こちらが女性にお出しするお料理ですぐらいの紹介にしておけばいいのにと思いました。

おかげで、最後のドリンク エスプレッソと紅茶も逆転しちゃいました。自分達で、交換してたら平謝りでしたけどね。これは、個人の力量の問題でなく、お店全体の意識統一が出来てないせいだと思います。このお店の課題かなぁ~と感じました。

Blog5211
お茶菓子です。2人分です。私はスプーンに乗ってるチョコを頂きました。美味美味

Blog5213Blog5212
デザートも左右で違います。
左 チョコラート Blanco nelo 50+50
右 ミルキージェラートと飴的なバルケッタを浮かべたたっぷりイチゴのズッペッタ
左には、メロンとパウンドケーキが添えられてました。
デザート出るまでは、このお店の評価は、お値段高いこともあるので、3点(平均点)だと思ってましたが、デザートにやられました。美味しいです。美味しすぎます。私がイチゴに目がないのもありますが、ズッペッタ(スープのこと)めちゃうまです。ミルキージェラートも濃厚でめちゃめちゃ美味しくてイチゴにあいます。
さらに、左の方も、超美味しかったです。
ポンテベッキオってデザートの質が高いです。デザート専門店もつくってほしいぐらい。ポンテベッキオのデザートが好きです。

Blog5214

Blog5207Blog5208
暗くて、bんやりですが、お店はこんな感じで黒と赤です。照明がおされです。
一番奥は厨房になってて、そこはとても明るいです。

お店全体は、暗いですが、個々のテーブルの上の照明が、うまくテーブルだけ照らしてて、お料理はとても明るく照らされます。なので、写真もかなりとりやすかったです。ただ、その照明が、不幸にも、皿の拭き跡を浮かび上がらせます。サーブするまえに、お皿の汚れとか拭き取っておられると思うのですが、それが濡れ布巾なんでしょうね~見事に拭き跡が浮かび上がってます。あんまり気持ちの良いものではありません。たぶん、全体が明るいところだと気づきにくいのではないでしょうか?個々のテーブルだと、皿の明るさが浮かびあがるので目立ちます。拭くときは、乾拭きしないとダメかもしれませんね。

Blog5210
お店からみた外の景色です。御堂筋はライトアップされてませんでしたが、裏手はライトアップされててきれいでした。

お会計は、しめて 28,297円でした。デザート最高で、お料理もまあまあでしたが、サービスがやっぱちょっと...でしたね。1メニューだけでこんな状態だったら、普段は大丈夫なのか?とかなり心配してしまいます。
淀屋橋のビジネスマンをターゲットにした落ち着いたお店、日本酒とイタリアンを楽しめるお店ってコンセプトは面白いので、もうちょっと、フロアスタッフが成長したらいい感じになるのかもしれません。

あとクリスマス特別ディナーでしたが、クリスマスっぽくはありませんでした。まあ、それを期待してもいなかったので、食べてる時はなんとも思いませんでしたが、後から、そういえば...って思いました。

U:PONTE VECCHIO(ウ・ポンテベッキオ)

 住所
  〒541-0042 大阪市中央区今橋4-1-1 淀屋橋odona2F
 電話
  06-6205-0500
 営業時間
  11:30~14:00(L.O.) 18:00~22:00(L.O.)
 定休日

  不定休
お店の公式HPはこちら


|

« イル カフェ・モリタ(il caffe morita) 3回目 | トップページ | ASiYANA (アシヤナ) »

いたりあん」カテゴリの記事

コメント

素敵なイタリアンレストラン

素晴らしいお店嬉しいですね

投稿: ryuji_s1 | 2009/01/13 14:29

>ryuji_s1さんへ

コメントありがとうございます。
難点もありますが、ステキなレストランであることは間違いないです。

投稿: Yukino | 2009/01/13 15:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/26519352

この記事へのトラックバック一覧です: U:PONTE VECCHIO(ウ・ポンテベッキオ):

« イル カフェ・モリタ(il caffe morita) 3回目 | トップページ | ASiYANA (アシヤナ) »