« el cielo | トップページ | ペペローニ »

リストランテ ロアジ(Loasi)

<奈良県吉野郡>

3回目ですが、夏は初めてです。ものすごく楽しみです。

お店は、奈良県の吉野の山深い場所にあります。他にはなんにもありません。
Blog2759
道沿いにこの看板をみつけたらすぐに右折です。右折っていっても、Uターンに近い感じで、坂道を降ります。ちょっとカーブになってるところなので、1回目の時は、見落としてとおりすぎちゃいました。


吉野観光をして、時間調整しやすくしたのに、結局、40分前に到着してしまいました。
ちょっと、その辺を散策したりして、時間がたつのを待ちます。わくわくします。
Blog2762
こんな感じで本当に田舎です。

Blog2760 Blog2761
お店の建物です。

Blog2758
建物の横にも看板が... 車は、建物の横に停めれます。

Blog2763 Blog2764
入口の前は、素朴な飾り付けがされています。裏手には、犬が寝てました。

18:00 十分前になったので、お店の中に...
実は、あんまり早く行くと入れて貰えないのです。準備が整ってから入店OKになるので、早くついたら、しばらく周りの自然を堪能するのが良いみたいです。もしかしたら、今は、違うのかもしれませんが、以前に、そういうことだったので、あえて、訪ねては行きませんでした。他の方のブログで、強引に入ったっていうのも読んだことありますが、その方は、永松シェフの知り合いの方なので、断られてもめげずに!って書いてましたが、そこまでの勇気はありません。気持ちよくお料理してもらう方がいいしね。

信じられないほど田舎にあって、お店に客があわせる形になってます。時間も、お昼は12:00、夜は18:00厳守です。予約は3日前からキャンセルできません。別の方にきてもらって下さいって言われます。
でも、それは、3日前から、準備してくださってるからなんです。せっかく心を込めて用意していただいたものを無駄にしないためです。


18:00になるとパンが焼きあがります。焼きあがったものから、どんどん、目の前に持ってきてくださいます。
Blog2765  →Blog2766 → Blog2768
最初のパンは、全粒粉入りの田舎パン、次のは、まだ名前のきまってない新作パン、周りをオリーブオイルでコーティングしてあるそうです。そして、インカのめざめを使ったフォカッチャ。インカのめざめは最近いろんなところでみかけます。黄色いからさつま芋のようですが、ジャガイモです。
パンが増えてるようで減ってるのは、あつあつをどんどん食べてるからです。とにかく美味しいです。水は湧き水を使われてるようなんですが、どのパンもそのままパクパク食べれます。
でも、あんまり食べ過ぎると、お腹いっぱいになっちゃって、せっかくの料理が食べれなくなるので要注意です。
残った分は、ちゃんとお持ち帰りできるので、ほどほどがいいようです。

Blog2767
大和地鶏レバーのパテです。パンにつけて食べます。パンはそのままでも十分美味しいのですが、このパテがまた最高に美味しいです。これは、お持ち帰り不可なので、お店で十分味わって下さい。私は、レバー苦手なんですが、全然、レバーのくさみとかなくて、食べれます。夫はものすごく好きみたいで、完食しました。
カロリーは心配かも!

Blog2769
お待ちかねの1皿目。フルーツトマトの冷製カッペリーニです。フォークもひえひえでした。
パンの時から、笑顔炸裂だったんですが、さらに、ニッコリです。美味しい~
もともと、薀蓄などないのですが、ここに来ると、笑顔と美味しいという言葉しか出てこないんです。

Blog2770
2皿目は、カポナータです。自分でもたまに作りますが、なんかこう違うんですよね。魔法のエッセンスが入ってるに違いないっ!

Blog2771
3皿目は、いいフォアグラが入ったのでってことで、生ハムとフォアグラとメロンです。
もうねぇ~とろけました。フォアグラも生ハムもも、美味しすぎます。そして、メロンがまたいい熟れ具合で、口の中でとろりーんって... 興奮しちゃう感じです。
夫は、メロン苦手なので、回ってくるかなぁ~って密かな期待をしてましたが、食べてうっとりしてました。

Blog2772
4皿目は魚料理。鮎です。パリポリで頭も全部食べれます。尻尾の部分とかは、おせんべいみたいな感じです。実は、鮎も苦手なんですが、全く、気にせず、とっても美味しく食べれました。下にひいてあるソースは、そら豆のソースです。

高級レストランでは、よく嫌いな食材を聞いて別の物に変えてくれますが、ここでは、そういうことはありません。頼めばやってもらえるかもしれませんが、アレルギーとかでない限り、おまかせするのがいいと思っています。苦手な食材でも、永松シェフの手にかかれば、ステキ食材へと変貌をとげます。チャレンジしないのは、もったいない!と考えているからです。是非、おためしあれ!


Blog2773
5皿目はパスタ。アラビアータです。そのままで、少し食べると、奥様がチーズを持って、かけますか?って聞いて下さいます。このままでも、すごく美味しいのですが、チーズをかけた味も食べてみたい!ってことで、半分だけかけてもらいました。もう少し、後からきましょうか?とも聞いてくださいました。
チーズをかけると味が変わって、それはそれで美味しいです。どっちがってことは、なく、どちらも美味しいです。ぜひ、両方試してみて下さい。って、メニューに選ばれるかどうかはわからないですけどね。

6皿目はメインです。
この日は、メインは3種類から選べました。
松阪牛のステーキ、子羊の~、牛すね肉の煮込み
夫が、煮込みを選んだので、ここは、子羊!と行きたい所だったんですが、ちょっと前に、別のレストランで食べた子羊があんまり美味しくなかったのがトラウマになってて、ついうっかり無難に松阪牛にいっちゃいました。
反省。

Blog2774
でもね。当然ですが、ものすごく美味しいんです。口のなかでさーって溶けていく感じで美味しいんです。良いお肉です。夫とシェアして、にっこり食べました。上にのってるのは、山椒で、一緒に食べると風味がいいんですよね~

Blog2775
夫が頼んだ煮込みです。こちらも、すごく美味しいです。お腹いっぱいだったので、ちょっとしか食べれなかったのが悔しい!

Blog2776
お口直しのブラッド・オレンジのグラニテです。スプーンもひえひえでした。チェリー2個が不思議でしたが、お口さっぱりです。もっと欲しい!いえ、量は十分だったんですけどね。美味しいんですもの!

Blog2777
デザートです。手前はキャラメルのアイスクリーム、チーズケーキ、ぶどう、桃です。ぶどうは、巨峰とデラウエアかな?
デザートは、お料理のとんでもないレベルの高さと比べると、ちょっと普通です。もちろん、美味しいですよ。キャラメルのアイスはめちゃうまでした。

デザートの後は、食後の飲み物。
エスプレッソ、珈琲、ハーブティから選べます。
夫はエスプレッソ、私はハーブティを選択です。この日のハーブティーは、カモミールとレモングラスのブレンドでした。
Blog2778 Blog2779
エスプレッソの味を聞くの忘れましたが、ハーブティーは超美味しいです。過去最高に美味しい気がします。


コースはこれで終了です。9500円のコースで、10%のサービス料がついて、2人で20,900円です。
 
時がたつのは早く、全部食べ終わったときに、2時間以上経過してました。
ゆっくりしてくださいね~ってことで、珈琲のおかわりも聞いて下さいましたが、帰りに1時間近くかかるので、しばらくまったりした後、帰途につきました。

この日の、お客さんは、私たちも含めて3組6名でした。他の方々は、まだくつろいでいらっしゃいました。常連さんなのか、奥様とお話も弾んでます。いいなぁ~
こういうとき、引っ込み思案なので、自分から話しかけること出来ないんですよね~


約3年ぶりに訪れて、東京生活で、ちょっと舌肥えちゃったし大丈夫かなぁ~と思って心配もしてましたが、杞憂であることが分かりました。変わらず、No.1なイタリアンレストランです。
ちょっと、遠いので、全ての方にオススメすることは出来ませんが、ものすごく食べるのが好き!で、好奇心旺盛な方は、是非是非いらしてください。

食事が始まる前に見せていただいた雑誌には、東京からの日帰りプランとかのってました。それぐらい価値のあるレストランなんです。予約必須なので、そこのところよろしくお願いします。

近くの民宿とかも教えてもらえるって話も昔ありました。電話されるときに、聞いてみるといいかもしれません。

それと、冬の間は、自家製の野菜が収穫できないので、お休みです。永松シェフの真冬の料理も食べてみたいけど、適わぬ夢のようです。


リストランテロアジ
 住 所
  〒633-2441 奈良県吉野郡東吉野村狭戸450-1
           (近鉄榛原駅からタクシーで40分・西名阪針ICから1時間)
 TEL
  07464-3-0088
 営業期間
  12時~、18時~
 定休日
  火曜、水曜と1月~3月

吉野の里のスローフード―畑の野菜とイタリア料理 (別冊太陽―生活をたのしむ) 吉野の里のスローフード―畑の野菜とイタリア料理 (別冊太陽―生活をたのしむ)

著者:永松 信一,永松 清香
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« el cielo | トップページ | ペペローニ »

いたりあん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/22202206

この記事へのトラックバック一覧です: リストランテ ロアジ(Loasi):

« el cielo | トップページ | ペペローニ »