« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

リストランテ濱﨑

<表参道>

念願のレストラン「リストランテ濱﨑」に行って来ました。

昨年、東京に来た時から、訪ねたかったレストランなのですが、とにかく予約が大変。
夫の仕事の関係上、平日は無理なので、休日ってことになるのですが、日曜日はお休みされているので、土曜日のみしか選択肢がありません。しかし、予約殺到店なので、土曜日に予約するのは至難の技なのです。
その予約とは、予約したい日の一ヶ月前の11:00以降に電話するという方法なのですが、まあ、かからないのです。何回もトライして、ずっと話中...で、一年前には、仕事中ということもあって、一旦あきらめて、お昼の混雑時は、失礼だろうなぁとちょっと遠慮して、二時前とかに電話すると「既に満席です」とのこと...その時は、高級レストランには、癒しとかを求めていくのに、予約がこんなに殺伐とした感じじゃなぁ~と思って、なんとなく熱が冷めてしまって、しばらく冷却...
それが、最近、もしかすると年内に東京を離れるかもしれないという状況になって再燃!!!
8月29日に、一ヵ月後9月29日の予約目指して、11:00からリダイヤルしまくりです。なんとか、電話がつながって予約できました。Victory!夫にもかなり褒めてもらいました。

で、とうとう、念願のその日がやってきました。小雨でちょっと気分はブルーですが、いざ表参道へ
表参道という街は、あまりにもおしゃれすぎて、足が遠のいていたので、かなり久しぶりです。
やっぱりおしゃれです。プラダのビルとかすごすぎw
お店は、住宅街の中にあるので、かなりわかりにくいですが、優しい光に包まれて佇んでいます。

お店に入ると、お出迎えされます。雨が微妙だったので、折り畳み傘だったのですが、畳んでいるのを途中で預かって下さいました。感謝!そして、お店の中に案内されました。

中は、とても落ち着いた空間です。お店の外観と同じく優しい光に包まれています。

店の奥の端の席に案内されます。2人掛けでしたが、バッグをいれるケースは用意されていて、ゆったり座れます。

そして、テーブル上の、食前酒のメニューの説明...
おすすめの巨峰のワインカクテル(ホントの名前は違います)を注文しました。
白ワインの中に、半分にきった巨峰(約6個)と、ジュレが入っています。フォークでかき混ぜてお飲み下さいとのこと。巨峰も皮のままどうぞ!ってことで、フォークで刺して頂きました。美味しかったです。今年の初物ですw

Blog0145
もっとステキな色なのですが、落ち着いたお店でフラッシュを焚くのは遠慮すべきだろうなってことで、ちょっとほんとの色彩は伝わりません。濱﨑シェフごめんなさい。

次に、「パルミジャーノ・レッジャーノ クロッカン」が登場!
パルミジャーノ・レッジャーノチーズを焼いて、チュイルのように薄くカーブさせています。
パリパリしていて、とても美味しいです。

Blog0146 

ここで、はじめてメニュー登場!
メニューは非常にシンプルで、コースは2つです。魚or肉 もしくは 魚and肉 で、他は同じです。
ちなみに、私のメニューには料金が記載されていませんでした。久々ですw
魚 or 肉のコースは8400円、 魚 and 肉のコースは10,500円です。もちろんアラカルトもOKです。
私たちは、最近、あんまり量が食べれないし、ダイエット中なので、魚 or 肉のコースを選択。
夫が魚、私が肉を選択しました。もちろん、二人でわけわけして食べる計画ですw

濱﨑シェフは、食事前に各テーブルを挨拶してまわられます。お顔は、何かで拝見したことがあるのですが、思っていたよりもお若くて驚きました。

さてさて、いよいよ、コースのはじまりです。

まずは、アミューズ。「バーニャカウダ濱﨑風」(注:名前は実際の名前と異なります。私の草臥れた脳みそでは覚え切れませんでした)
バーニャカウダは大好きなのですが、ここでの、バーニャカウダは濱﨑風とあるだけに、想像と全く異なりました。チーズのクリームソースの上に、いろんな野菜をさいの目にきったものがちょこんと盛り付けられているのです。でも、新しい感じでとても美味しかったです。

Blog0147
次は、前菜の盛り合わせです。圧巻です。

Blog0148
これは、夫のお皿です。私の方は丸いお皿でどちらもステキです。
上の左から、かぼちゃの冷製スープ(にっきのような香がして絶品でした)、あなごの焼いたの、洋梨と○と△のタルト、丸いのはなにの揚げ物だったのか完全に忘れました。
下の左から、焼き茄子とじゅんさいのスープ、たこ、ひらめのカルパッチョ、とこぶしのグリル
後の細長いのは、グリッシーニです。
とにかく、記憶力が悪いので、全然伝えられてないです。ごめんなさい。
どれも美味しかったです。私は特に、かぼちゃのスープが始めての味でとても気に入りました。
レストランに来て思うのは、安心できる定番の味ってのも、もちろん大事なのですが、斬新な新しい味も体験出来ないとやっぱり飽きちゃいます。そういう意味では、リストランテ濱﨑は、新しい味をいくつか提供して下さいました。感激です。

ここで、パン登場。丸くて可愛いパンです。オリーブオイルをつけて食べるのですが、このオリーブオイルがまた美味しい。普段は、ダイエットのためと、パンの味を楽しむために、あんまりバターとかつけないのですが、今日はあまりの美味しさにオリーブオイルをいっぱいつけちゃいました。パンも、表面がすごくカリッとしていて美味しかったです。どうやって焼いているのか気になるところです。パン自体にはフランスパンのように油脂分が感じられないので、焼成前に、表面に油脂を塗っているのかなとちらっと思いましたが、わかりません。

Blog0149
次は、パスタです。3品の中から、それぞれ1品ずつ選びます。3品とも全部食べたく、なくなく選びました。
夫は、白身魚のラグー、私は、ポルチーニ茸のパスタです。
ラグーは昔、芦屋のお店で絶品のパスタを食べてからはまっています。もう一つは、野菜のにんにくオイル風味のパスタでした。私は、最近、ペペロンチーニが好みなので、かなり悩みましたが。秋なのできのこにw
どちらのパスタも美味しかったですが、白身魚のラグーは最高でした。

Blog0150 Blog0152

すでに、パンを食べきったので、パンの追加です。今度は、大きいパンをスライスしたものです。
美味しかったけど、個人的には、最初のパンの方が好みかなw

Blog0151
次に、クラムチャウダー濱﨑風です。これが、もうホントに、クラムチャウダーの革命ですw
クラムチャウダーとは、二枚貝のスープってことらしいです。日本では、あさりが定番になっているので、なんとなくあさりのスープを想像するのですが、ほたて貝の貝柱が入ってました。それと海老、きのこ、チーズのラビオリです。ラビオリは口に含むとふわっとチーズが広がってすごく美味しいです。貝柱は、最初、じゃがいもかなと思って口にいれたのですが、噛んだ瞬間に幸せが広がりました。と、いうのも、私は、海老とかほたて貝柱とか大好きなのです。いやーほんとに美味しいスープでした。

Blog0153
次は、お口直しのグラニテです。沖縄パインのグラニテでした。文句なく美味w

Blog0154
さてさて、とうとうメインです。
夫の頼んだ魚は、いやーホントに美味しかったです。炭火焼にしたハタがなんとも言えずに香ばしくて美味しいです。

Blog0155
で、私の頼んだ肉は、うずら!他には、子羊と子牛があったのですが、濱﨑の定番とのことだったので挑戦しました。後悔しないと思いますよwって言われていたのですが、もちろん後悔しませんでした。美味しかったです。

Blog0156 

さあ、最後はデザートです。デザートメニューが登場し、選べるようになっています。
おっとは、黄金桃のスープを選択、私は、ピオーネのビアンコマンジャーレを選択。
ビアンコマンジャーレはフランス料理でいうところのブラマンジェです。
黄金桃のスープは、絶品です。美味しいです。桃の美味しさが良く出ていて、ちゃんと、桃をそのまま食べるより美味しく出来ています。

Blog0157
ビアンコマンジャーレは、皮を向いたピオーネがふんだんに乗っています。ピオーネ単品でも美味しいですが、下のビアンコマンジャーレと合わせて食べるとさらに美味。うっとりです。

Blog0158

最後は、エスプレッソ(夫)とカプチーノ(私)で〆です。ちょっとしたお菓子もw

Blog0161 Blog0162 

もうとにかく大満足でした。最初の心配などふっとびました。いろんな意味で、最高のお店だと思います。
すごーく、ゆったり時間をすごせました。
六時入店だったのですが、デザートの前に時計を見ると八時前でした。二時間もたったなんで信じられない感じでした。ほんとに、のんびり、ゆっくり、美味しい料理に舌鼓を打って、上質な時間をすごすことができました。
また来たい、また来ようって思えるお店です。
東京は、お店があまりにも多くてなかなかそう思えるお店には出会わないので、ほんとに、めっけものです。
これで、予約がとりやすければ言うこと無いのですが、お店の規模が小さいので難しいですね。一ヶ月前にリダイヤルしまくるべしです。その後に、待ってる至福の時を思えばなんでもないことかもしれませんw

お店を出るときに、本に気がついて、購入することにしました。

のんびり、ゆったり、僕流イタリア料理 のんびり、ゆったり、僕流イタリア料理

著者:濱崎 龍一
販売元:マガジンハウス

Amazon.co.jpで詳細を確認する

これですw
でも、お店で購入すると、濱﨑シェフが名前入りのサインして下さいます。本はまださわりしか読んでいませんが、、濱﨑シェフの高い志がわかるステキなレシピ本です。ただし、このレシピで家庭で作るのは、素材の問題でかなり難しいかなwと思いますが、素材に対する想いとか、お店にたいする想いとか、いろいろ知れて、自分の人間としての幅を広げることに役立ちそうな本だなと感じました。写真もたっぷりで、じゅるじゅるものです。
是非、来店してお買い求め頂く事をオススメします。来店が待ちきれない人はアマゾンでw

濱﨑シェフは、最後、戸口までわざわざ見送りにきて下さいました。心で味わった感動をうまく表現できなくて、ありきたりな言葉しかかわせなかったのが残念です。もっと表現力が身につくといいのだけど...

そうそうお会計は、二人で3万弱です。ワインを注文しなかったので、ワインを注文する方だと、どどーんと増えちゃいますが、追加料金のかかるメニューをやめて、食前酒も控えると、2万くらいで楽しむことが可能です。サービスの質、場所、料理のクオリティを考えると非常に安いです。コストパフォーマンス良すぎです。

リストランテ濱﨑
 住所
  〒107-0062 東京都港区南青山4-11-13
 電話
  03-5772-8520
 営業時間
  12:00-14:00L.O.(木、金、土のみ)
  18:00-21:30L.O.
 定休日
  日曜日

| | コメント (0) | トラックバック (5)

Wa Cafe macomo

<東急目黒線 西小山>

和カフェ 真薦(まこも)に行って来ました。
東急目黒線の西小山駅を降りて、駅の北側にある、にこま通りをず~とまっすぐ一番先までいった所にあります。ごくごく最近気がついたので、かなり新しいお店だと思います。壁は和風に飾られていますが、インテリアは洋風ですごくおしゃれです。ただ、レジカウンター周りがちょっと雑然としてたかなぁ~惜しい!って感じでした。

Blog00791

お昼は、和菓子のカフェになっているようです。
が、私たちは、夜に行きました。

山形に拘っているらしく(山形出身なのかな)、米沢牛とか、山形牛がメニューにいます。
お食事メニューは非常にシンプルで、2000円弱の10種盛と7000円弱のしゃぶしゃぶと後数品ある程度でした。

普通の夕飯気分だったので、当然ながら10種盛を選択。

食前酒の梅酒で乾杯。(私は飲めないので、一口飲んで後は夫にw)

料理は、まず、お猪口のような小さな器5つに入ったお料理が、折敷にのせて登場しました。
すごく可愛いです。
内容は、牛肉しぐれ、豆腐、青菜の和え物、魚?のあえもの、ぎんなんでした。
どれも美味しかったです。でも、かなり量が少なめなので、お腹いっぱいになるかな~?とちょっと心配。

次に、メインの豚の角煮。私は、あんまり好きでないのですが、美味しく頂きました。後で、夫に聞くと、私が角煮を残すだろうと思って、もらえるのを期待していたとのことw 気づかなくてごめんねでした。でも、美味しかったから、さくさくいただけました。

ここまでで、7品、あと3品です。お腹はかなりすきすき状態。どうなることやら...

次が、しゃけのおこわ、豚汁、お漬物。夫は、これで3品か~と残念がりましたが、もちろんお漬物は10種には含まれません。しかし、ここに来て、空腹の心配はなくなりました。おこわが、ものすごくたくさん入っているのです。男の人は丁度いいかなと思いますが、女性には多いんじゃないかなぁ~と感じました。私は、かなり大食いなのですが、ギブアップして夫に食べてもらいましたからw
でも、おこわも豚汁もすごく美味しかったです。豚汁はとても具沢山で良かったです。

最後に、デザート。お餅系のデザートを期待していたのですが、バニラアイスにキャラメルソースをかけたものでした。まあ、無難に美味しかったです。

おしゃれなお店で、この内容で2000円弱は、安いと思います。

でも、店は非常に狭く、10席ちょっとで、おしゃれだけど、なんとなく、落ち着いて食べる雰囲気ではないので、もう一つ上のコースにするのは、ちょっと私的には、抵抗があります。決して安くないしね。せめて、3000円~5000円くらいのコースメニューがあればなぁ~と、ちょっと残念です。まあ、OPENしたてだから、これから変わっていくかもしれないけどね。

食器とかも、おしゃれだったけど、テーブル上の、ナプキンフォルダーだけは、いただけなかった。よくある銀の物ですが、手でさわった後が残ってるし(客が触るから仕方ないけど)、ナプキンがすごくばらばらで清潔感がありませんでした。他がおしゃれだから、ダメなところが、逆に目立っちゃう感じでした。ほんとに惜しい。貴重な西小山の美味しいお店だから守っていかないと...


今度は、お餅系の和菓子を食べてみようと思います。テイクアウトもやってるみたいなので、興味のある方は行ってみるべし!ちなみに、お餅は夕方つくようです。なので、お餅目当てならば、夕方以降なのかな?

Wa Cafe macomo真薦

住所 
  〒152-0011 目黒区原町1-15-1 フェリーチェ101
TEL 
 03-6416-0404
営業時間 
 11:30~22:30(L.O.21:30)
定休日 
 日曜日

お店のHPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリアージュ ドゥ ファリーヌ

東京 東急田園都市線 駒澤大学駅 or 東急東横線 都立大学駅>

またまた、マリアージュ ドゥ ファリーヌ 今日はパンと、ケーキを両方購入。

ケーキは、以下の2つを購入。オペラとシトロン系のケーキです。Blog00561

オペラは洋酒を使ってないと説明がしてありました。すごく濃厚なチョコ味で美味しかったです。
シトロン系のケーキも、ほどよい酸味でうまうまでした。

やっぱり、はずれがないです。ほんとに美味しい。

パンは、翌朝食べたのですが、美味しかったです。写真はとるの忘れました。お腹すきすきだったので...

いつもながら、おしゃれなスタッフとおしゃれなお店でした。お店の外はこんな感じです。

Blog00541   ちょっとしたイートインコーナーもあります。テラスですが...

Blog00531

これは、お店のロゴです。うーん、前の景色が映りこんでて何がなにやらですねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グルメプラザ金剛閣

<山形県 米沢市>

東北旅行2日目のランチは、米沢まで足を伸ばして、念のため予約までして、グルメプラザ金剛閣(精肉店の黄木さんのレストラン)に行ってきました。
お肉本来の味を楽しむのが目的なので、ステーキが食べれるお店「明星」へ...
ほかにも、焼肉の「阿吽」、和食処の「毘沙門」があります。

夏休みとはいえ、平日だったし、ほとんどお客さんはいなかったです。ただ、駐車場はかなりのキャパがあったので、休日は混みそうな感じがしました。予約の時間より、かなり早くついてしまったのですが、すんなり案内して頂けました。

レストランの感じは、ちょっと昔っぽい感じのゴージャスってとこで、「伊勢海老の中納言」を思い出す感じでした。サービススタイルが古い感じですw
でも、清潔感はあったし、親切だし、そんなに気になりませんでした。むしろ楽しめた感じw
トイレもすごくきれいでした。たぶん改装してる...

さて、肝心の料理ですが、米沢牛が目的だったので、
夫が、特選サーロインステーキ 180g(9,450円也)
私が、最上級シャトーブリアン150g(12,000円也)
を注文し、二人でわけわけしました。
米沢牛は、お肉を頼むと、スープ、サラダ、パンorライス、コーヒーがセットになっています。

お肉には、薬味が3種類添えられていて、さらに、ソースが別添されていたのですが、ホースラディッシュが一番気に入りました。すごくお肉に合いました。もちろん、そのまま何もつけずに食べても美味しいです。
絶品です。
シャトーブリアンは、一見高そうですが、東京で食べると5万くらいするので、肉の産地で食べるのがオススメです。前に金沢で食べた以来ですが、ほんとに美味しいです。
サーロインもシャトーブリアンとは違う風味で脂の味が効いてて至福の時をすごしました。

大満足でした。東京にこの価格で食べれる店があればいいのになぁ~と、どうしようもないことを考えたり...

米沢にいかれるときは、是非、米沢牛を食べてみて下さいね。

グルメプラザ金剛閣 「明星」
 〒992-0017 山形県米沢市桜木町3-41
 tel  0238-22-4122(問い合わせ、予約専用ダイヤル)
 営業時間 平日   AM 11:00~PM 3:00 PM 5:00~PM 10:00 
        日祝日  AM 11:00~PM 10:00 
 定休日 毎週火曜日
お店のHPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京風オーベルジュ 別邸 山風木

東北旅行に行って来ました。
はじめての東北だったので、宮城、山形、福島の県境を攻めて、3県への到達実績を作りましたw
コースは、福島→蔵王→米沢→会津→磐梯山→郡山で、一泊目に、タイトルのお宿「京風オーベルジュ 別邸 山風木」さんにお世話になりました。遠刈田温泉にあります。

その日は、蔵王連峰の1つである後烏帽子岳(1681m)に登った後で、身体がぼろぼろな感じで18:00前に到着しました。

まずは、ウェルカムドリンクで、グレープフルーツのジュースがテラスにて振舞われました。
ちょっと、うすかったけど、真ん丸い大きな氷が入っていて、おしゃれでいい感じでした。

そして、お部屋にご案内。まだ、新しいので、今回は貧乏旅行ってことで、グレードの低い部屋を予約していたのですが、大満足でした。ただ、洗面の蛇口とか細かいところで、もう少し、工夫すればおしゃれになったのになぁ~と思うところが何箇所かあって、もったいないなぁ~と思ったりもしました。

着替えは、甚平と浴衣が用意されていて、レストランにも、それで行っていいことになっています。すごくありがたいサービスです。浴衣は上手に着れないので、迷うことなく甚平を選択w

いざレストランへ GO!

その日のメニューは、「葉月のお献立」ってことでこんな感じでした。

1.季節の前菜 蔵王仕立て
  蔵王チーズの醍醐味豆腐、アスパラのベーコン巻き、茄子の肉味噌、生湯葉刺身醤油、ゆりねの炙り巻き、帆立寿司、桜海老明太、白瓜の夕張メロン仕立て、トマトのモツァレラ、焼き貝柱の黄身和え、いんげんのパン揚げ
    細長いお皿に全てがほんのちょっとずつ盛り付けられていて、すごくおしゃれでした。味も良いし、なにより楽しかったです。

2.白石温麺入り 枝豆の”新緑”スープ

3.本日のお造り
 本鮪大トロ、真鯛、ほっき貝、甘海老、雲丹
 美味しかったです。貝はいままであまり食べたことがなかったのですが、ほっき貝が一番美味しくて以外でした。ただ、個人的には、山に行ったときは、あんまり刺身を食べたいとは思わないので、山の幸のお料理の方が嬉しいです。なんか旅館の宿命なのか、山奥行っても刺身が出るのが不思議。ここのは、鮮度も良くて合格でしたけどね。生まれが海に近いところだったから、少々のことでは、刺身に感動できなかったり...

4.温泉たまごと和風ハーブのシザーサラダ
 京菜、三つ葉、大葉などを温泉卵と混ぜて...仕上げにパルミジャーノチーズ
 大葉の味がアクセントになっていて、美味しかったです。

5.特選 仙台牛のステーキ
 山葵、柚子胡椒で...
 美味しかったです。何もつけなくても美味しい感じでした。

6.鰻と芋餅のひんやり旨味餡
 芋餅うまうま

7.彩り酢の物
 蟹の錦糸巻きと長芋

8.お食事
 鯛の炊き込みご飯&香の物

9.水菓子

以上の他に、カウンターに地元食材で作ったおばんざいが用意されていて、好きにとれるようになっています。
しかし、お腹いっぱいであんまり食べれなかったのが心残り...

夕食後、夜食用のお弁当を手渡されます。いなり寿司とゆで卵でしたが、美味しかったです。
しかも、楽しいですよね。うきうき気分になりました。

翌日の朝もステキでした。ご飯は、3種類から好きなものが選べて、おかずも基本的には用意してあるのですが、カウンターにおばんさいも用意されています。地元の名産品などが、上手に使われていて、好感もてました。

近くだったら、何回でも行きたいと思えるお宿でした。
今回私が泊まったお部屋はATyepで、和室10畳+テラスで、2食付で二人で、39,900円です。
すごく、すごくリーズナブルです。
ただし、お部屋にトイレはありますが、お風呂はついていません。
お風呂は、男湯 or 女湯 or 家族風呂のいずれかに...
家族風呂は空いてたら札を使用中にして、鍵をかけて入れます。内風呂ですが、エスニックな雰囲気でよかったです。男湯、女湯は、夜の8:00頃に入れ替わります。なので、早めにチェックインして、まずお風呂に入り、食事の後、さらにお風呂に入ると両方楽しめます。どちらも露天付でよい感じでした。9室しかないので、他の方と一緒になることもそんなにないのかなぁ~と思いました。わたしは、3回入りましたが、すべて1人でしたw

あと、エステとかもあります。
コースによっては、お部屋にも来て貰えるので、ゆったりしてマッサージが受けれます。
フットセラピーを頼みましたが、とっても気持ちよかったです。

京風オーベルジュ 別邸 山風木
 〒989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字小妻坂21-70
 Tel.:0224‐34‐2711(代表)

HPはこちら

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »