« 2006年9月 | トップページ | 2007年6月 »

ジョエル・ロブションレストラン

恵比寿のシャトーレストラン ジョエル・ロブション に行って来ました。

私の?歳のお誕生日ということで夫のおごりです。Lucky!

まずは、シャンパンで乾杯!後で知ったのですが、グラス2500円とな!さすがw
笑うしかない感じw とっても美味しかったけど、値段分かどうかは?
ちょっと、もったいなかったかな~。でも、気分は最高!

料理は、22000円のコースと35000円のコースの2つ。あとは、アラカルト!
さすがですw アラカルトも一皿6000円くらい
フレンチはイタリアンみたいに、一皿を分けて食べれる感じでもないかなぁということで、今回は22000円のコースに決定!

1品目 有機栽培レモン バニラ風味のジュレに、アニスの香るクリームと
 語彙が少ないので、うまく表現できないけど、レモンとバニラとアニスの香りと味がまざりあってなんともいえない素敵な香と味が素敵でした。とっても口がさっぱりしました。

2品目 ランド産フォアグラ スモークし、四国産鰻と共にミルフィーユ仕立てに、トリュフのクリームを添えて
 私は、ウナギが苦手なんだけど、これはもうウマウマでした。

ここで、パンがワゴンサービスで登場!
最初に、スペシャルの小さなフランスパンがあったのだけど、小さなパンが、何種類だったか...
やばい!もう記憶が... 至福の時だったのに...
覚えているのは、ドライトマトのパン、バジルのフォカッチャ、ミルクのパン、アンチョビのパン、デニッシュ
ぐらいか...orz
悩んでいたらお店の方が、小さいパンを全て一皿に入れてくれたw幸せ。全部、夫と半分こしました。
小さなパンの他に、フランスパンもいろんなのがあって、言えばスライスしてくれます。
変わってたのは、ブリオッシュを円筒形に焼いたのがあって、それは、スライスしてもらいました。
美味しかった。パンは、全部美味しかったです。手造りって感じで、その辺で売ってるパンとは格が違います。
レストランには、滅多にいけないけど、パンは地下のブティックって売ってるみたいなので、いつか行って見たい。

3品目 スープ(名前忘れました)
 これだけは、ちょっと...
 美味しかったんだけど、食べにくかったので...
  いろんなハーブの味が、複雑にからみあってて良かったんだけどね。高級レストランは食べやすさも追求して欲しい

4品目 讃岐産スズキ 五香粉の香りと共にポワレし、ソースベルジュテを添えて
 スズキってフレンチとかイタリアンでしか食べたことない気がするw
 語彙がないのが、哀しい。とにかく、とっても美味しかった。ソースがいいよねぇ~

5品目 特撰牛ロース肉 エシャロットコンフィとグリーンアスパラガスを添えて
 グリーンアスパラがとっても大きくて、味がしっかりしてて超うまうま
  エシャロットのコンフィもちょっと味が濃い気はしたけど、パンとかと一緒に食べることを考えるとちょうど良いかな。肉なくても満足なぐらい美味しかったw もちろんお肉も美味でした。
 トリュフもたっぷりのってて、もしかしたら、トリュフだけで2000円分くらいのってたかもw
  はじめて、あんなに贅沢にトリュフ食べました。

6品目 グラニテ(名前忘れました)
 ゆずの味のシャーベットなんだけど、ゆずだけでなく、またもや、いろんな味のミックス
 確かパッションフルーツとかも入ってたかな。とにかく美味しかった。
 やっぱ、幸せのエッセンスは、複数の素材が絶妙のバランスでであったときに生まれます

7品目 カネルカシアとポルトの香りに包まれた、黒イチジクのファーブルトンカフェのクリームを添えて
 デザート~
  イチジクって昔は苦手だったけど、今はかなり好きかも。レストランのデザートって、ケーキ屋さんとは違ってアイスとかとのコラボレーションがいいよね~
 ニューヨークで、日本人がやってるデザートのコースが食べれるお店が人気になってるって、TVでみたけど気持ちわかる。ジョエル・ロブションのデザートだけが、食べたいって思う日もあるだろう...

8品目 珈琲or紅茶 と プティ・フール
 プティ・フールはパンと同じように、ワゴンでサービス
 カヌレ・フィナンシェ(数種類)、マドレーヌ、マシュマロ、マカロン、チョコレート、アーモンドチョコ、オレンジチョコなど、ほんとに一口サイズのプティ・フール達を自由に選べます。かなりお腹いっぱいだったので、5つしか選べなった。残念。どれも、みな美味しそうだったし、実際に食べたものは全て大満足の味。
  ちょっと、のんびりしてたら、珈琲も紅茶もおかわりをいれてくれて、超うれしかった。

料理も超一流だし、サービスも嫌味がなくて、洗練されていました。間違いなく超一流です。

有名なお店に行っても、なんかありきたりな感じで新しい発見がなくて、ちょっとがっかりすることが最近多かったのですが、ジョエル・ロブションは流石でした。高級料理を食べて、久々に大満足できました。
最近、東京ってやっぱもうひとつかな~と思ったりしてたのですが、このレストランを経験して、やっぱり東京はすごい!と再認識しました。

会計をすませて、お店を出ると、なんとパンのお土産を頂きました。3日にわけて頂いたので、しばらくロブションがくれた幸せを自宅でも満喫しましたw

会計は、二人で約7万円w 内飲み代が2万くらいです。ワインがとにかくお高いので、あんまりお酒の味がわからない人なら、ミネラルウォーターにしてしまうべきかも。なんしか、万円単位なのです。まあ、お料理が高級なので、それにあわせると自然とそうなるんでしょうねぇ~。
夫は、ワインを飲んだのが自分だけなので、ワインやめて、35000円のコースにすればよかったかなぁ~とちょっと後悔してたりしましたw
二人とも美味しいものが大好きなので、料理の口はかなり肥えてきて、分不相応な料理でも味がわかる感じになってきているのですが、お酒の方は、私はほとんど飲めないし、夫も、普段は、発泡酒で満足って感じなので、高級なお酒の味はわからないw
1Fのレストランにはリーズナブルなワインもあるようですが、2Fは高級ワインのみでした。メニューには60万のワインとかもあったwおそろいしいw

2Fは、さすがに、めったにいけそうにないけど、1Fだったら、ちょくちょくいけそうなので、また行って見たいんだけど、1Fは、予約をとるのが大変。ランチ、ディナーともほぼ毎日、満席で人気のほどが伺えます。でも、予約もWebで出来るし、とても親切です。胸を張ってオススメ出来るレストランです。東京に来てから4件目かな?!
是非、お試しあれ!

こんな幸せな時間をくれた夫に感謝!

ちなみに、35000円のコースは、18品のコースらしくって...興味津々
お金ためて、東京から去る前には行きたい。猶予は最短で、1年半!頑張らねば!

店 名  : シャトーレストラン ジョエル・ロブション
所在地 :
 〒153-0062東京都目黒区三田1-13-1恵比寿ガーデンプレイス内
最寄駅  : JR恵比寿駅 or 日比谷線恵比寿駅
 小学生以下の子供はムリみたいです。
お店のHPはこちら 

この日は、白金台駅から、庭園美術館を見学して、てくてく歩いて行きました。
庭園美術館では、旧朝香宮邸をみたのですが、旧皇族のすごい生活にびっくり!
シャトーレストランなので、ロブションのお店もとても素敵なんだけど、旧朝香宮邸の贅沢さとは比べ物になりません。皇族と民間の違いに複雑な気持ちでした。でも、概観は、ロブションのシャトーの勝ちw
そうそう、服装はドレッシーな感じの方が、気分が盛り上がっていいと思います。正装チックな方も何人かいらっしゃったので、おめかししていくのが、良いです。ホントニ!

また、行ける日を夢見て!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2007年6月 »