Nabeno-Ism(ナベノイズム)

<東京 浅草>

年末に嬉しいお知らせ!
なんと食べログアワードの投票で、当選しました!
一ヶ月以内に、食べログアワード金銀銅のいずれかのお店で食事して領収書を提示すれば、5万円のキャッシュバックされるという夢のようなお話。
えっ詐欺じゃないよね?って何回も何回もURL調べました(笑)

夫と二人で、金銀銅のお店を、真剣に検討し、選んだお店が、浅草のNabeno-Ismさん!
こちらに来て間もない頃、夫の誕生日かなにかに行こうとして、電話して撃沈したお店です。そう簡単に予約はとれなさそうでした。
今回は、ネットから予約が出来て便利でした。
楽しみすぎる♪

休日でしたが、夫が仕事だったため、大江戸線の蔵前駅で待ち合わせして、歩いてお店へ
徒歩5分くらいです。結構暗い道なので、女性だけの場合は、タクシー利用がいいのかも…
ってか、このクラスのレストランに向かう人は、ほぼタクシーよね(笑)
うちは、頑張って行ってるから、食以外のところは、節制してます。タクシーとか全然乗らない…

他にお店とかが、ほとんどない暗い道に、明かりが見えて来ました。お店到着。
Dsc01441 Dsc01440 Dsc01442

1Fで、コートを預けて、2Fへ
1Fの奥は、ガラス張りになっていて、厨房が見えます。ワクワクするぅ!
先に上がられた方が、2Fには見当たらなかったので、3Fもあるのか、個室があるのか、あんまりキョロキョロするのもなんなので、確かめておりません。
通された席は、隅田川が見える席。
女性はこちらにどうぞと言われ座ってみると、目の前に、スカイツリー!!!
素晴らしい♪
Dsc01443


サービスプレートには渡辺家の家紋とのこと!
そして、お店の名前は、シェフのニックネーム、なべシェフの意味もあるけど、Nをとるとabenoになり、卒業校辻調の本拠地大阪阿倍野に思いを馳せているとのこと!なんか素敵!
ホームページに書かれている想いを読んでいると、ほんとに素晴らしい方なんだなぁって思います。是非、この店を訪れる前に読んでおきたい内容だなぁって思います。
Dsc01445 Dsc01447

乾杯は、夫はシャンパンにしましたが、私はロイヤルブルーティーのお茶を頂きました。久々に飲んだなぁ。ボトルかと思っていたらグラスだった。おかわりすれば良かったかも…
この後は、ガス入りのお水をいただきました。
Dsc01446 Dsc01454

MENUの紙には、本日のお料理が書かれています。
金銀箔の入った和紙でここも高級感。
3Dバーコードが印刷してあるのが、文化の融合って感じがしました。
お料理の説明は、かなり丁寧にかいてくれていて、素材や調理法がわかるようになっていますが、フランス料理の知識がなさすぎて、これなんだったけ?
今回、ブログを書くにあたって、調べて、()で記載してみました。なかなか訳せない部分もありますが…
日本には日本の調理用語、フランスにはフランスの調理用語があって、それは、一言では訳せないものですよね。その国の言語で覚えるのが一番ニュアンスを伝えるのでしょうから、少しずつ覚えて、自分のものにしていけたらいいなぁって思います。

サービスプレートをひっくり返すと…

Dsc01448

シンプルな木の台になり…
その上に、アミューズ・ブーシェがやってきました。
お料理のはじまりです。

アミューズ・ブーシェ
京都直送聖護院蕪のクリアヴルーテ、ルッコラのほろ苦いエキューム(泡)を浮かべて、
近隣老舗(大心堂種亀)とのコラボスナックと
ニース風ウズラの卵、ソースアンショワ(アンチョビ)とラディッシュと共に
Dsc01449 
Dsc01450 Dsc01451 Dsc01452 Dsc01453
めっちゃワクワクする。
右上から食べて行き、最後は真ん中のスープへ
つかみはOK!っていうか、OKすぎる!
最中や雷おこしとコラボってるのも素敵です。
ちょとと、新年な感じもあって、おめでたい!

オードブル
両国江戸蕎麦ほそ川の蕎麦粉をソースエミュルッショネ(乳化)の技法で仕上げたそばがき
奥井海生堂蔵囲い2年物昆布のジュレとキャビア、ウォッカクリーム、山葵をあしらって
Dsc01456 Dsc01457
こんなに贅沢なそばがきがあっていいのでしょうか(笑)
器もすごく素敵。

日本伝統野菜とフランス伝統食材の融合、
活オマールブルー、純米酒と黒胡椒でポッシェ(ゆでる)し冷製仕立てに
蜂蜜とライムの香るヴィネグレットをぬり、アボカドのプレッセ(プレス)とのアンサンブル
ふじ林檎の真空マリネ、江戸伝統野菜小松菜のルーロー(巻く)、
甲殻類エッセンスのフォンダンと共に
Dsc01458 Dsc01459
オマール大好き♪
りんごがすごく細かい千切りになってて、なんかもうすごいなぁとただただ関心。

ここでパン登場
Dsc01460 Dsc01455
パンもめちゃくちゃ美味しい。
パクパク食べちゃう。超危険。
オリーブオイルと、バターと両方あって、そのままでも美味しいのに、つけると、もちろん美味しさアップなので、ほんとに止まらない。

広島県かなわ水産牡蠣のココット仕立て
フランス産黒トリュフ、ピエ・ド・ボー(豚足)、江戸伝統野菜千住葱とのハーモニー
黒胡椒入りブール・ノワゼットの香りと共に パセリのスポンジパンを添えて
Dsc01461 Dsc01463 Dsc01462
牡蠣も豚足も苦手なんですが、たぶんいけるだろうと、あえて苦手と伝えず…
大正解!
めっちゃ美味しかった♪
途中から、パセリのスポンジにスープを吸わせて頂きましたが、これまた絶品!
楽しすぎる♪

フォアグラ
フォアグラV.C.C.焼き バッハコーヒー粗挽き仕上げ
丹波産黒豆のスパイスエチュベ(蒸す)と焦がしピスタチオ、針生姜のハーモニー、
ルビーポルト酒のエキューム、コーヒーリキュール”カモク”とエスプレッソを
アンビベ(染み込ませること)した創業150年木村屋本店人形焼と共に
Dsc01464 Dsc01465 Dsc01466
こ〜れ〜が〜
絶品!!!
フォアグラとコーヒー合う!!!
過去に食べたフォアグラの中で、トップ3に入る!
人形焼もいい感じ!
遊び心が面白い!
ニッコニコで完食。

お魚料理
シェフ渡辺の冬のスペシャリテ 山口県産萩直送の釣り甘鯛
うろこ付きで香ばしく焼き、百合根と高知県産100年枯木ゆずのナージュ(ブイヨンで魚類や甲殻類を調理し、煮汁を生クリームなどでつないでソースにする調理法)
Dsc01467 Dsc01468 Dsc01469
わざわざ釣りって書いてあるってことは、網で採ったとのと味違うのかな?
って疑問を頂きながら、甘鯛を頂く。
うなる美味しさでした。

お肉料理 2品からの選択
蝦夷鹿をパテに仕上げてから、トリュフと共にクレピネット(クレープ包み)仕立てに
しっとりと加熱したフィレにのせ、キレのあるソースポワプラード(胡椒を強く効かせた)と
なめらかな栗カボチャのピュレ ジョエル・ロブション風
赤ビーツのタルタルをのせたアンディーブのサラダ添え
Dsc01475 Dsc01477 Dsc01476
夫は鹿
シェア出来る雰囲気でなかったので、一口頂きました。
美味しいです♪
シェア用のお皿もらえば良かったかもなぁ

国産牛フィレ肉をV.C.C.調理、
冬野菜達のメリメロ(取り合わせ)を添え、
黒トリュフ、極上コニャックの薫り高いコンソメアンフュージョン(煎じる)を注いで
+2000円
Dsc01471_2 Dsc01472 Dsc01473 Dsc01474
私は牛
コンソメを注ぐ感じも良いです。コンソメがめっちゃ美味しいし!
牛肉は面白くないって思いもありますが、やっぱり文句なく美味しいんですよねぇ
夫には、もっと食べさせてあげたくなったので、夫の鹿が終わったタイミングで、お腹いっぱいのていで、夫にお皿を移動してもらいました。

Dsc01478
デザートタイムの前に、あたらしいおしぼり

デザート
せとかをカンパリでマリネし、雪の結晶をイメージしたジンと
完熟みかん、シュクルペティアン(パチパチはねる砂糖)をふりかけて
Dsc01479
パチパチ大人気ですね。
いろんなレストランで出会います。
最初は、大阪福島のポワンさんだったけど、今はもうないんだよなぁ…
中多シェフはどうされてるのだろう…

フランス ブルターニュ地方郷土菓子”ファーブルトン”(小麦粉と牛乳のお粥から作ったお菓子)と
皮付きバナナソテー、ココナッツソルベのハーモニー
ヴァローナ社2種類のチョコレートのクロワゼ(意味がさがせず バレエ用語の斜めか鴨か… どちらも違いそう)を添えて
Dsc01481 Dsc01483 Dsc01482
バナナとチョコ合うよね〜
どころじゃない美味しさ!
バレンタインの二月にぴったりな気がしました。

あー終わっちゃったなぁ…

でもでも、まだまだ小菓子ありました。
Dsc01485 
Dsc01488 Dsc01487 Dsc01486
カヌレ、うーんなんだったか名前失念、舟和の芋ようかんを使ったデザート
舟和の芋ようかん、りんごのジュレをのせてクッキーで挟んで、全然別のものになってて感動!
こういうアレンジできるんだなぁ…

Dsc01484 Dsc01489
食後にはカフェ・オ・レを頂きました。ほっこり
幸せな時間でした。

今回頂いたコースは、2万円(税込サ別)のコース。
最終的なお会計は、ドリンクとあわせて、二人で、6万円弱になりました。夫がワインを数杯頂きました。私は、ロイヤルブルーティーの後は、ガス入りのお水のみで…

ディナーは他に、1万5千円のショートコースもあります。ランチは、1万円と7500円のコース。
フレンチと和の融合っていうか、浅草の地産地消が面白くて、また来たい!と強く思いました。
ディナーは高級すぎて、なかなか来れないだろうから、ランチ利用もしてみたい。
お昼の風景も素晴らしい気がします。
テラス席もあったし!

1Fに降りていくと、渡辺シェフが挨拶に出てきてくださいました。
感激!結構長くお話ししてくださって、お土産までくださいました♪
私たちが、かつて、ジョエルロブションレストランを訪れた際に、シェフをされていたかもしれないお方!あの訪問で、ますます高級レストラン熱が高まったような気もするから、感慨深いです。
そして、こちらのレストランがオープンしたのは、私達の結婚記念日と同じ日。まあ年度は違いますが…
なんか縁を勝手に感じちゃってます(笑)
結婚記念日にいつか訪れたいな…
Dsc01490

お土産は、ラスクでした。
Dsc01491 Dsc01525
きな粉が効いてて美味しい♪
翌日も、楽しかったディナーに想いを馳せられて幸せです。
またいつか!!

ちなみに、こちらミシュランガイド2019 2つ星で、ゴ・エ・ミヨ2019に掲載されてて、食べログアワード2019 ブロンズ店です。

 Nabeno-Ism(ナベノイズム)

 住所
  〒111-0043 東京都台東区駒形2-1-17
 最寄駅
  都営 浅草線 浅草駅 A2-b出口 徒歩3分
  東京メトロ 銀座線 浅草駅 4番出口 徒歩6分
  都営 大江戸線 蔵前駅 A7出口 徒歩5分
 電話
  03-5246-4056
 営業時間
  12:00〜13:30(L.O.)
  18:00〜21:00(L.O.)
 定休日
  月曜日・毎月第4火曜日(不定休あり 詳細はHP参照)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«多良間牛を食す