RISTORANTE SAKURA(さくら)

<千葉県 千葉市中央区本町>

誕生日ディナーは千葉のイタリアンで!
東京のお店をいろいろ探したのですが、ここ!と思ったお店は、予約がとれない…
で、夫が、せっかく千葉に住んでいるのだから千葉のレストランも極めないとっ!って…
で、こちらのイタリアンに行ってみることにしたわけです。

千葉県で日帰りにいけるところってことで探したので、細かい場所については、気にしてなかったのですが、こちら、我が家からは結構行きにくい…
京成千葉中央駅徒歩10分、千葉都市モノレール葭川公園駅徒歩8分
どちらも、東西線から西船橋で乗り換えて、さらに乗り換え…
遠い…
しかも駅からもちょっと遠い…
まあ、普通はタクシーで行くんでしょうね。
千葉中央駅から歩きました。

ほんとにこんなところに?っていう、通りから離れた少し寂しいところにあります。
Dsc05613 Dsc05615

落ち着いた店内
Dsc05624

ナプキンが独特で面白かったです。
Dsc05616

Dsc05642
  ハートが入ったフォーク可愛い♪

すっかり忘れていたのですが、コースは、瞬(シェフ下田渾身のお任せフルコース)(10500)を注文していたようです。

Dsc05617
ドリンクメニュー
和歌山県産の手摘みみかんジュース(700)を頂きました。夫は、泡(800)のあと、おまかせのワインコース(4100)で!

Dsc05619

お通し シェフからのお愉しみ
冬瓜のポタージュ
Dsc05620

フォカッチャ、グリッシーニ、北イタリアのパン
南から北へと並んでいます。
うーん
パンは小ぶりでカットしてあるので、乾燥してしまって、どんどん味が落ちてしまいました。
残念。もったいない
Dsc05621

Dsc05622
ワイン 1グラス目

前菜1
鯖のマリネと焼き茄子のタルタル
Dsc05625 Dsc05626

Dsc05627
ワイン 2グラス目

前菜2
ピアディーナ イチジク ビーツとワインのソース いの豚プロシュートコット
えっと、なぜか写真がない…
かなちー
ピアディーナは、お料理教室で作ったので懐かしい
でも、もうちょいだったかなぁ
小麦使いがあんまりお上手じゃないのかも…

前菜3
オマール海老と帆立のグラタン
うわーん
これも写真なっしん
前菜とは思えない立派な海老と帆立だったんですが…
もう当然、めちゃ美味です。

Dsc05631
ワイン 3グラス目

パスタ
本日のラヴィオリ
これも写真ナッシン
いったい何をしていたのやら
ほろほろ鷄のラヴィオリでした。

Dsc05632
緑茶(700)を頂きました。

リゾット
秋刀魚と牛蒡
Dsc05633
うん美味しかった♪
苦手な秋刀魚も全然大丈夫でした。
リゾットって、なかなか頼まないので、こうしてコースで出てくると嬉しい気がします。

魚介
本日鮮魚と牡蠣のソテー マリナーラソース
Dsc05634 Dsc05635
うん普通に美味しい♪

お口直し
すだちと梨のグラニテ
Dsc05636
梨いいなぁ

Dsc05637 Dsc05638
ワイン 4グラス目 たぶん…  もう一本ぐらいあったかも… 自信ないや
とにかく今回は珍しく撮り忘れが多かった…


国産和牛
Dsc05639 Dsc05640
ちょっと面白みに欠ける気はするけど、鉄板で美味しいです。

甘味
本日のデザート
Dsc05643 Dsc05644
Dsc05645 Dsc05646
グレープフルーツのテリーヌ的な感じだったかな
さわやかなドルチェ
食後の紅茶とエスプレッソもいただきてほっこり
エスプレッソはお代わりも出来るようでした。

ホールスタッフの男性は、よく気のつく方で、ありがたかったです。
一生懸命スマホに料理内容メモっていたら、メニューの紙くださいました。
ほんとは、できたてをすぐ食べたい人なので助かりました。
写真を撮るように、ワインのボトルもおいてくださいましたし、細かい気配りに感謝です。

美味しかったし、内容を考えたらリーズナブル♪
税・サービス料足して3万ちょいでした。

ただ家から遠いので、通うことにはならないかなぁという感じです。
近くなら、もう少しリーズナブルなコースや、ランチなど利用してみたいなと思います。

帰りも、千葉中央駅まで歩きました。
遅い時間になったので、駅の近くにはめっちゃ客引きっぽい人たちがいてびっくり
千葉の歓楽街だったのですね。

 RISTORANTE SAKURA(さくら)

 住所
  千葉県千葉市中央区本町2-5-5 プライムスクウェア 1F
 電話
  043-306-5587
 営業時間
  11:30~
13:00(L.O.)
  18:00~
21:00(L.O.)
 定休日
  月曜日(祝日の場合、その翌日)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« BACARI da PORTA PORTEST(バカリ ダ ポルタ ポルテーゼ)